大和但馬屋日記

この日記について

2015年02月28日土曜日 72.0kg

起きてすぐに三周分、十八キロを三十分で。心拍数平均139bpm、ケイデンス78rpm。前回より心拍の効率が上つてゐる様に見えなくもないが、そんな一日二日で変る訣がない。

f:id:yms-zun:20150228121447j:image

グラフを三等分して、一周目二周目三周目で分けた時に平均ケイデンスが下つていくのが見てとれる。前回は二周必死で走つた後の三、四周目の値だから今回もそれと大差はない。三周目のグラフが乱高下してゐるのは心拍数が安定しなくなつて漕ぐ回数の調整で何とかしようとしてゐるから。かういふのも判つてしまふからテレメトリは面白い。

昼間は「レギンレイヴ」やつて、タ方にコーヒーを買ひに十キロを実走。コーヒーを買つた後は二キロ程離れた店で夕食を頂いて、十二キロ走つて帰宅した。色々データは取れるけど、ローラーのデータが実験室的に綺麗に取れてしまふのに比べると実走では不確定要因が多すぎるな。むしろそこから読み取るべきものも沢山あるのだらうが。

「レギンレイヴ」夜の部、ノーマル難易度をクリアした。プレイ時間は二十九時間弱。やられた分を含めれば軽く三十時間は超えておらう。面白かつた、けど途中ちよつとダレたのも事実。何だらう、ステージ数も敵の数も「地球防衛軍」と似たり寄つたりだと思ふのだが、ストーリーに縛られてゐるせゐか今一つ組合せの妙を感じるまでに至らなかつた。まあ、サンドロットのこの手のシリーズを遊びすぎたといふのが一番の理由だらう。遊びたかつたゲームをやつと遊ベて満足した。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150228

2015年02月27日金曜日 72.8kg

朝ギリギリまで起きられず、ローラーはおろか風呂もなし。かうなるとまだまだ寒さが骨身に泌みる。ところで昨日「十年前の体重に戻つた」なんてふざけたことを書いてしまつたが、過去の日記を調べたところ六年前に七十一キロ台だつたりして、十年も前だと六十六キロあたりが標準で七十キロになつたことを殊更に嘆いてゐたりするのだつた。いかんいかん、記憶といふのは斯くも容易く改竄されてしまふのだ。日記をつけてゐて良かつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150227

2015年02月26日木曜日 72.8kg

さういへば「Wii Fit U」で体重を測り始めてから昨日で一箇月経つてゐたのだつた。

f:id:yms-zun:20150227004821j:image:w600

概ね四キログラムほど減つた。まだまだ「太り気味」の範疇だが、やつと十年くらゐ前の体重に戻つた感じか。ズボンのベルトが緩くなつたので切つたらハセンチメートルも切れてしまつた。ここ二週間程停滞気味ではあるが、安定してゐるのは悪いことではなからう。せめて七十キログラムは下回りたい。

朝に二周分、十二キロメートル漕いだ。平均ケイデンス89rpm。結構頑張つたが、もう一踏張りが効かない。

帰宅してからは二周連続を二本。一本目は下ハンドルのまま八キロ回して、残りは上ハンドルで。やはり89rpm。心拍数の最大が190bpmなんて出てるけどこれは流石に嘘だ。計測誤差だらう。平均は150bpm。二本目はわざとペースを落して、心拍数を140bpmに維持しつつ十二キロ回してみた。ケイデンスは75rpmだつた。これをひとつの指標として長期的な推移を見たい。結構長持ちする様になつてきたな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150226

2015年02月25日水曜日 72.2kg

起き抜けに測つたら七十キ口グラム台に突入してゐて糠喜びしたが、流石にいきなり二キロ以上も減つてゐる訣がないし減つてゐたとしてもそれはそれで怖いので二回測り直した。どうもバランスボードの水平が出てゐなかつた様で、置き直して測つた二回分は適正値に収まつた。

朝は眠くて帰りは遅くてローラーに乗れないパティーン。そして「Wii Fit U」のフラフープすら回す間も惜しんで「斬撃のレギンレイヴ」。槍を持つて立回つてみた。これが何とも面白い。敵の巨人を倒すのに部位破壊といふ概念があつて、手足や頭や武器を壊すと各々異なるアイテムが手に入る。「EDF」には部位破壊といふものはなくて敵はただの巨大な的だから、これもまた「レギンレイヴ」の独自性である。そこで槍の使ひ途だが、これを使ふと他の武器では難しい頭を狙つた攻撃が面白い様に決まる。頭を落して得られる霜の結晶もザクザクだ。高難度だとそんな余裕もなくなるだらうから、今のうちにへッドショットの気持良さを存分に味はつておきたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150225

2015年02月24日火曜日 72.6kg

朝、目覚しにローラーで十キロ。一周(六キロ分)は下ポジション、ケイデンス90rpm超で頑張つた。二周目で力尽きて、十キロ過ぎて心が折れた。十進数に魂を縛られた愚かな人類よ。

昼過ぎにいきなリ花粉症の症状が出た。どうも昼休みに外出した人達が持込んだらしい。嫌な季節になった。

夜は二周分十二キロ連続で90rpmを維持できた。残り一周分をゆつくり回して終了。少しづつ力は付いてゐるのだらうか。

晩飯にスーパーで買つて来た鰆のたたきを頂く。これは珍しいものだ。極めて美味。

斬撃のレギンレイヴ」、特殊な操作にもほとんど適応できるに至つたので快適に遊べてゐるが、かうなるまでにオプション画面で操作に関するパラメータを弄り倒さなくてはならないといふのは任天堂からリリースされたタイトルとしては珍しすぎるのではないか。Wiiリモコンのゲーミングデバイスの可能性といふ意味では、最適解と限界を一編に示してしまつてゐたのだな。今頃になつて言ふことでもないけれど。

あと、前に「地球防衛軍(EDF)」そのままと書いたけれども、武器の「弾切れ」の概念についてだけは「EDF」より進歩してゐると思つた。「EDF」ではすべての攻撃に弾数制限があり、弾が切れると一定時間のリロードを待つといふ制約が入る。「レギンレイヴ」では、二人居るプレイヤーキャラの一方にのみ弾切れが存在するが、これは魔力として表されてゐて、剣による近接攻撃を当てることで魔力が恢復することになつてゐる。立回りを覚えて能動的に戦ふ方が有利に事が進むことと、近接を当てられる敵が周りに居なくては肝心な時に遠距離攻撃が一切出来なくなるといふリスクが背中合せになつてゐて、「サンドロットのくせにゲーム性がある!」と思はされるバランスになつてゐると思ふ。これも任天堂の監修の賜物だらうか。

まあ、まだ難易度ノーマルまでしか選ばせてくれないので、ハーデストやインフェルノが解禁されたらいつもの崩壊したバランスを味はふことになるのだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150224

2015年02月23日月曜日 72.4kg

朝は眠くて風呂が精一杯、夜も遅くてフラフープが精一杯。で、三十分だけと思つて始めた「斬撃のレギンレイヴ」で一時間半も費して寝る時間が遅くなる。ゲームがQOLを下げるパターンや。否、ゲームを遊ばなくて何がクオリティなのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150223

2015年02月22日日曜日 72.9kg

雨だつたので一日引籠る。玄関から一歩も出ない。

斬撃のレギンレイヴ」をやつと始めた。聞きしに勝る「THE地球防衛軍」ぷりで、正直もう少しは別のゲームかと思つてゐたら本当にそのままだつた。モーションプラス付きWiiリモコンヌンチャクによる操作感こそ新しいものの、操作系が如何に変つたとてこれが「地球防衛軍」と異なるゲームだとはとても言へない。唯一違ふな、と思つたのは武器の強化がドロップアイテムの運に頼つた物ではなく、系統樹的な進化で欲しい武器を任意に作成できるぽいところだ。「ぽい」と書いたのは系統樹がわりとデタラメで、計画的に欲しい武器が作れる訣ではないのでドロップアイテム式と実はそんなに変らない感じが拭へないからだ。まあ何であれいつもの感じで遊べるのは良いことだ。

ローラーに乗つて、六キロを一周と定義して二周分を休みなしで走り、その後一周分を高めのギアで、さらに一周を軽めのギアで。計二十四キロ、三十九分。コンスタントに二周づつくらゐは走れる様になりたい。重いギアを使ふと長持ちしなくなるものだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150222

2015年02月21日土曜日 72.8kg

昼飯に合せて目星をつけた店まで九キロメートル、食事をいただいてから帰りに遠回りして十七キロメートル半。気候は丁度良かつたものの、愈々花粉が舞ひ始めてマスクを着けて走らざるを得ず、心拍数が140bpmくらゐにもなると息苦しくて仕方がない。二箇月程は厳しい季節になるなあ。

一キロ当りのペースが記録されるので見たら大体二分半くらゐだつた。ローラーでは一分四十五秒程度なので、実走との負荷の違ひは相当なものだ。空気抵抗の有無が一番なのだらう、次に自重か。勾配などは勿論のこととして。

家に帰つて暫くセガサターンで遊んだりしてからローラーに乗る。少しジャンキー気味かもしれぬ。ローラー上での六キロ単位を仮に一周と定義して、軽く一周半ほど走つた。下ポジションでどこまで行けるか試してみたら半周しか持たなかつた。平均ケイデンスは88rpm。長持ちしないとあまり意味はないな。

また魚を買ひに出たら蝦夷目張は終つてゐて黒目張が置いてあつた。型は同じくらゐだが当然こちらの方がやや高価い。買つて喰べ較べてみたら、旨いのは旨いにしてもやはり先週の蝦夷目張よりは落ちる。市場の評価はさうでないから黒目張の方が高価いのだらうが、今まで較べて黒目張の方が上だと思つたことはないのだ。特に先週のは旬を捉へてゐたのであらう、何とも絶品だつた。旨いものが安価なのは望ましいことなので、このまま黒目張には高級魚であり続けてほしい。

AT-XOVA版「たまゆら」をまとめて流してゐるので「誠鏡」を飲りながら観た。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150221

2015年02月20日金曜日 73.7kg

出すもの出さずに溜め込んで増えたな。定期健診中に測つた体重は73.3kgだつた。毎度言つてゐることだが、健康診断ほど体調を崩すイベントもない。朝食を抜いた上に訣の訣らぬ物質を呑まされて振回された挙句下剤を飲まされ血まで抜かれる。午後はトイレに通ひ詰めて仕事にならなかつた。

帰りも遅く運動はなし。その分余計に歩いておいた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150220

2015年02月19日木曜日 72.9kg

昨日走れなかつたので朝にローラーに乗つて二十分。iOS用の「runtastic」アプリをProにして心拍数や走行データのログを取れる様にした。GPS地図はピクリとも動かないまま十一キロメートル相当を走つたことになるらしい。

仕事から帰つた後、廊下に自転車を転がして後輪の周長を測り直し、より正確な距離が出る様にした。一キロメートル毎に音声でステータスを教へてくれるので、それを頼りに六キロメートル刻みで走るトレーニングを始める。今のところ、六キロ走るのに丁度十分といつたところ。わりと機械の様に同じペースで走り続けられてゐる様だ。平均ケイデンスが86rpm辺りで安定してゐるので、これを90rpmに上げたい。二十キロメートル相当を三十四分で走つて平均時速三十五キロ、平均心拍数は139bpm。最高は155bpmだつた。今回、無茶な負荷はかけてゐない。それにしても数字が見えると身体の使ひ方も変るものだ。面白いね。

明日は健康診断なので夜九時以降に物が食べられない。普段から別に夜食など取つてゐないが、いざ食べられないとなるとひもじい気持になるのは困つたことだ。まあこの日の為にどこまで体重が落とせるかといふのが一つのチャレンジなのだから精々結果を楽しみにしようか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150219

2015年02月18日水曜日 72.7kg

今日は帰りが遅かつたので「Wii Fit U」のフラフープを十五分ほど。これでも心拍は辛うじて百ニ十には達する。やらないよりはマシだな。

D

「ジオメトリーウォーズ3」四十面までクリア。「ジオメトリ3」と「Forza5」の御蔭で他のゲームを遊ぶ時間は殆どないが、ニンテンドーe-shopでWii用「斬撃のレギンレイヴ」のWii U向けダウンロード販売が始まつたので購入だけしておいた。Wii用パッケージを昔買つてはゐたのだが、肝心のWii本体を一度も通電することなく売却してしまつたまま遊んでゐないのだつた。今度こそ遊ぶ。…いつ? 「ジオメトリーウォーズ」なんてなければいいのに!

結局のところwiiを使はずに売つたのは「ジオメトリ」の遊べるXbox360でゲームライフが事足りてたからなんだよな。今はどうだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150218

2015年02月17日火曜日 72.7kg

朝寒いのはかなはないので、起きたら三十分ほど湯に浸つてから朝食を摂つて出掛けてゐる。身体を温める為ならばこれが運動に換つても良い筈だ、といふ理屈でその内の二十分をローラーに充てることにした。汗をかいてさぞやその後のテンションも上るかと思つたが、別にいつもと変らないのはやや期待外れであつた。

夜は三十五分。心拍数は162bpmをマークした。ちよつとここまでくると怖い感じがする。心臓の高鳴りを恐怖のそれと錯覚してゐるのかもしれぬ。吊橋効果みたいなものか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150217

2015年02月16日月曜日 72.6kg

心拍計を使ひながらローラーで三十五分。Bluetoothで繋いだiPhoneアプリでは心拍数に応じたゲージが五色に変化する様になつてゐて、大体黄色が有酸素運動、紫が無酸素運動の領域である様なので、五分間は紫を維持して次の十分間を黄色に、また五分間を紫にして十分間を黄色、最後は緑でクールダウンといふ風に組立ててみた。とはいへ二回目の紫は三分しか持たなかつたけど。黄色の時間帯もなるべく紫に変るギリギリのところ、140bpmあたりを狙ふ様にしてみた。成程、有酸素である限りいつまでも漕げさうな気がだんだんしてくるね。最高値は157bpmだつた。

一頻り験して思つたこととして、何より心拍数を睨みながら漕いでゐると途中の休みが殆どなくなるのが収穫だつた。今までどうも三分とか五分刻みで休み勝ちだつたのが、まとまつた時間回し続けられる様になつたのは大きい。とはいへ水分補給の為に休みは入れなくてはならないのだけれども。メーター一つで随分運動の質が良くなつた気がする。いいものを呉れて有難う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150216

2015年02月15日日曜日 72.7kg

朝起きて、N君に「Forza5」を体験してもらふ。色々な車種とコースを験すうちに、F1でスパを攻略するモードになつた。乗用車では考へられない速度域と操作でオールージュやブランシモンを通過できることが判明する度に二人して「スゲー」を連発する。

D

こんな動画で検証をしてみたり。

昼食ついでに二人で自転車を漕ぎ出す。N君が使はなくなつたといふケイデンスセンサーと心拍計を呉れたのでiPhoneでモニタリングしながら走つてみた。平時の心拍数は一分間につき六十回くらゐ。必死で漕いで自力で時速四十キロを出した時の心拍数のピークが百五十回だつた。折角貰つた玩具なので色々遊んでみることにしよう。

昼食に行かうと目してゐた店はなくなつてしまつたのか何なのかともかく見つけられなくて、仕方なしに界隈を歩き回つてみたら旧街道の街並みを保存してゐる一角に行当つた。

ちよつと竹原にでも行つた様な気分になる。家から数キロのところにこんな場所があるとは知らなかつた。帰りに魚を買ひに寄つて、家でカラオケした後に魚を煮て食べてN君を見送つた。

N君にSIGMA社の大木社長のプレゼン動画を見せてもらつて、dp0クアトロのこととdp3クアトロ用テレコンバータの詳細を知る。技術的にやりたいことははつきりしてゐるのだけれど、クアトロになつてからのdpシリーズは「物」として何を目指してゐるのか見失つてゐるのではないかなあといふ気もしないでもない。撮れる「画」には大変興味があるとしても、手許に置いておきたい「物」からはかけ離れてゐるのだよなあ。俺は要するに物としての初代DP1が好きすぎる。

今日撮つた写真の三枚目が特にお気に入りだ。撮つた直後は自分自身がはつきり写り込んでしまつてゐて「失敗した」と思つたのだが、現像してみれば背後の家並みと自分の姿がショーウインドウの中の「昭和」と溶け合つて絵になつてしまつた。ガラスの中の自分が構へてゐるのがクアトロだつたら、何だか変な絵になりさうな、そんな気分なのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150215

2015年02月14日土曜日 73.3kg

N君が遊びに来るといふので、待つ間にローラーで四十分ほど。汗を流しに風呂に入つてゐるとN君が来た。まづはコーヒーを切らしてゐるのでN君の車で馴染みのコーヒー店へ。自転車で走るには寒くて風が強すぎて遠すぎるといふ判断。

コーヒー店の店員もよくしたもので、初来店のN君を目聡く見つけるやコーヒーの淹れ方の実演を始めた。話の聞き上手のN君のこと、しつかり聞きたいノウハウを聞き出してゐる。かうなると判つてゐたので連れ出して正解だつた。その後少し寄道をして帰宅。色々な話をしながら寝た。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150214

2015年02月13日金曜日 74.3kg

尋常でない寒さに震へながらも夏と同じスーツ一枚で出勤。暑さ寒さも彼岸までと言ふが、つまるところ死んでしまへば暑いも寒いもないといふことの様な気もする。

帰りに、行列のできてゐた油そば屋を覗いてみた。混んでも空いてもゐない塩梅だつた。油そばといへば早稲田近くの有名な店に昔の職場が近くてよく通つたものだが、あれと比ベて遜色ない気はした。要らぬ違ひを出さうとして変なものになつてゐないので良いのではなからうか。今となってはそんなに通ひたいものでもないが、困つた時に安定して食べられさうな店が近所にできたのは有難いことだ。あまりさういふ店がない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150213

2015年02月12日木曜日 73.8kg

今日は仕事で呑みが入ったので運動はできない。

AT-Xで「RAIL WARS!」が始まつた。途中の碓氷峠の話は友人宅で観せてもらつて、その時はツッコミ入れながら楽しく観たのだけど改めて観る物語の出だしはキツいな。冒頭のナレーションからいきなりキツい。「ガルパン」で言へば「戦車道とは」の件に相当するエクスキューズの場面であつて、ここを乗越えられないと後は無理だ。戦車については全くの門外漢だから余裕で乗越えたけれども、ブルトレブームと特急ブームの後を襲つた特定地方交通線の廃止に象徴される国鉄の崩壊の様を目の当りにした身としては、この導入を笑つて受容れるのにはかなりの胆カを求められる気がした。

そしてそれに続くインターンシップの説明シーンで、なけなしの胆力も打砕かれた。高校生を公安の仕事の実地にぶち込むなんて、有得ないにも程がある。大人が子供に何をやらせるつもりだと。少年少女に世界の命運を背負はせるのは「マジンガーZ」辺りからの王道ではあるしその極北に「エンダーのゲーム」なんかがある訣だが、どんな作品でも止むに止まれぬ事情をちやんと描ぃてきた筈だ。「ガルパン」はさういふ処をうまく回避して廃部寸前の部活ものの体に落し込んでゐる訣だが、これは何のつもりだ。ちやんと見続ければそれなりの必然性が描かれるのだらうしさうでなくては困るが、それにしてもこの導入は杜撰すぎやしないかね。鉄道が、国鉄がとか関係なく物語として「これはない」と思ふ。

第一話を最後まで観るのには時間が掛りさうだ。年喰つたせゐか、若者に無茶をさせる話に違和感を覚えることが多くなつていかんな。さうするならするで、ちやんと大人の論理を働かせなきや駄目だ。ただ何となくで話を作つてはならない。どうせ教官がしたり顔で「これからは彼等の時代です」なんてことを言つて綺麗に話を纏めたつもりにするのだらう、と高を括つてしまふくらゐに陳腐で見てゐられないものを見た気分になつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150212

2015年02月11日水曜日 73.3kg

昼にローラーで四十分。BGMは「タイトーゲームミュージック」。初期アルファレコードのゲームミュージックアルバムの中でも傑作だと思ふ。いい音しか入つてない。その後ホームセンターへ行つて木と金属を貼り合せることのできる接着剤を購入。普段来ない併設のスーパーを覗いたら蝦夷目張の形の大きいやつがあつて、中々高価だつたが思はず買つてしまつた。ともあれこれでローラー台のステップの問題は解決だ。

ローラーの夜の部、「翠星のガルガンティア」のBDを二話分流しながら四十分。しかしプロジェクターの壁に対して平行に自転車を置いてゐるので画面は見えない。無理に横を向かうものならたちまち脱輪して転ぶに決つてゐる。自転車の正面に置けるサブモニタが欲しくなる。無心に漕ぐにはかういふ映像物をただ流しておくのが存外にいい。

晩飯に目張をいただく。いつも売つてゐるのは二十センチ程度のだが今日のは二十五センチもあつて、これだけ違へば人間なら百六十センチの人と二メートルの人の違ひに相当するので肉の量が格段に違ふ。そして、大きい方が段然旨いのだ。値段も倍くらゐ違ふけど。いい肉体はいい蛋白質から、だ。

ワンフェスの会場を巡つてゐて、ギョッとしたことがあつた。コスプレ姿のお姉さんがブースの展示スペースに立つてゐると思つたのだが、どうも様子がをかしい。

よく見るとそれは「アスナ」といふ名のロボットなのだつた。様子がをかしいと思つたのは主に御座成りな造りの腕が目に入つたからで、そこを見逃してしまへばその佇ひは最早「人」だつた。ロボットの造られ方としては表情の変化に全てを注いだ様で、今はまだコミュニケーション能力を与へられてゐないから彼女は「勝手にコロコロと表情を変へるをかしな人」にしか見えないが、足りないのはそれだけだ。これで人の目も見て話をする様になつたら、少なくとも見た目には極めて人に近いものとならう。

何といふか、「これはまづいことになつた」と思つた。今後、コミュニケーション能カを備へたロボットの技術が発達した時に、ここまで人に似せた形のものを作ることが許されるだらうか。許されなくなるのではないか。でないと、色々な意味での「間違ひ」が起きるだらうことは想像に難くない。「不気味の谷」とはよく言はれることだが、既に谷から半歩くらゐこちら側に踏出しつつあるものを目にして、ちよつと本気で戸惑つてしまつたのだつた。少なくとも、これを一笑に付す気にはとてもなれなかつた。なんだか悶々としてしまふ。

いや、「アスナ」をうちに欲しいとかぢやなくてね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150211

2015年02月10日火曜日 73.7kg

昨日程ではないにしてもやはり空気が冷たい。寒さに関してはかなり鈍感な身体になりつつあるからまだ何とかなるが。

ナイトストライカー」を聴きながらローラーを三十分回した。ローラー台に付いた足踏み台を固定する木螺子の穴が四つとも馬鹿になつて使ひ物にならない。これは明らかに缺陥だと思ふ。このままにしておくのは危険なので何か対策を考へなくてはならない。

「ジオメトリーウォーズ3」パシフィズムの面に手を焼く。攻撃を封じられてしまふルールのパシフィズムはどうも苦手なのだ。やはり撃つて壊してナンボのゲームだと思ふ。気分転換に遊ぶのは良くてもノルマに組込まれてしまふとどうもしんどい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150210

2015年02月09日月曜日 74.3kg

朝、外に出たら霜が降りてゐた。霜なんて見たのは十数年前に冬の日光に行つて以来の気がする。道を歩いてゐると白いものを乗せたまま走る車がちらほらあつて、してみるとこれは霜でなく雪なのか。昨夜の雨が夜更け過ぎに雪へと変つたのだらう。いづれにしても空気が冷たい。寒いのではなく冷たいといふのがしつくりくる。立春を過ぎたが、いよいよ冬本番といつた体だ。

最寄の駅の近くに、俺が引越してきた後から開店したラーメン屋があつて、それが如何にも流行らなくてすぐに潰れるパターンだと思つたら案の定で、半年くらゐで店を畳んでしまつた。その跡に今度は油そば屋ができる様で、これはまた駄目なパターンだと思つた。ところが仕事を終へて帰つてくるとその店の前に尋常ならざる行列が出来てゐたので魂消た。店名で調べてみると近頃この界隈で勢ひのあるチェーン店らしい。それにしてもこの寒空の下で異常な列だ。今時かういふのがあるのかねえ、と首を傾げつつ家に帰つた。

ローラーは四十分。随分持久力がついてきた様に思ふ。今のところ、よく知つた音楽が鳴つてゐる時は無心に漕げるといつた感じだ。今日は「F-1スピリット」だつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150209

2015年02月08日日曜日 75.1kg

七時頃に目を覚したが眠気が取れず、平日なら一風呂浴びて無理矢理目を覚すところをべッドに転がつたままうだうだする。枕元のタブレットは昨晩日記を書き終へたところで寝落ちして点きつぱなしだつた。手書きの汚い字をテキストデータに変換しながら推敲してアップ。さうするうちに目も覚めたので身支度を整へて宿を出た。ドトールで朝食をいただいて総武線に乗る。東に向つて西船橋武蔵野線南船橋京葉線に乗換へ、十時前には海浜募張に着いた。

募張メッセでは東洋大学入学試験が行はれてゐて、駅からの案内もそれについての誘導員ばかりである。連られて受験したところで歯牙にも掛らないだらうから、こちらは大人しくワンフェス会場の方に向ふ。かういふ祭り事の隣で入試を行ふといふのも、受験生には目の毒だらう。大学入試がどういふものだつたかは四半世紀前に経験したきりなのでよく覚えてもゐないが、こんな会場では気も漫ろになりさうなものだ。

会場に入り、企業ブースの手伝ひをしてゐるF1友達に声を掛けたら忙しい盛りの時間だったので、邪魔しない様挨拶だけに留めておいた。PLUMの「諏訪姫」フィギュアを適当に見繕つて買つてから一般ディーラー方面ヘ。いつも通り、特に事前チェックなどはしてゐない。来る前から分つてゐたことであるが、とにかく砲塔を背負つた女の子が多い。その煽りをまともに喰つて、「東方プロジェクト」関連をすつかり見なくなつた。無くなつたとまでは言はないが、印象としては「消えた」と言つて過言ではない。まだ半々くらゐで残つてゐても不思議ではない筈なのに、猛烈な淘汰圧がワンフェスシーンを襲つてゐる様に見える。尤も、見方を変へれば今「艦これ」を造形してゐる様な旬に聡い人達が以前は「東方」をやつてゐて、その前には「ハルヒ」なんかをやつてゐただけの話で、ワンフェスの醍醐味はそれ以外をやつてゐる人を見ることにあるのだ。

ガルパン」は「それ以外」の側にシフトして根強く残つていきさうだ。数としては多くなかつたが「プリパラ」関連をあちこちで見かけた。「プリティーリズム」時代は殆んど見かけなかつたので不思議な感じがする。などと思つてゐたら天宮りずむが居たりするからワンフェスは油断ならないのだ。同じく気になる存在としては「ハナヤマタ」をいくつか目にした。セーラー服の上に振袖を羽織るといふのは、成程造形的にはそそられるものがある。最終的には振袖の塗装勝負となりさうでキットを作るのは大変だらうが、原形師として挑戦したくなる気持はよく解つた。「アイマス」は765プロが相変らず根強く、アニメ放映中の「デレマス」はあまり見掛けない。とはいへ本家もアニメ以降に富に増えたのだから、これも次回か次々回あたりが本番となるのだらう。

それから、「弱虫ペダル」関連は皆無だつた様に思へた。見落しがあるかもしれないし、巡回を飛ばした島もあるから断言はできないが、傾向として少ないといふより、版権が下りてゐないレベルなのではないかといふ気もするがどうか。

怪獣方面、やけにあちこちで「シェー」をしてゐるゴジラを見た。示し合せでもしてゐるのだらうか。それともトレンドがあるのか。「ウルトラマングレート」や「パワード」関連も別々のディーラーで目にした。何年か越しにウルトラ怪獣のトレンドも年代が下つてきて、「80」を通り過ぎたら海外物まできつちりカバーする様になつたか。もう二、三年後には平成シリーズや「ゼアス」が視野に入つてくるのだらう。よく考へたら「ティガ」でさへもう二十年近く前の作品になるのだ。

一通り回つて疲れたので企業ブースに戻り、友人と談笑しつつグッドスマイルレーシングの今年のカラーリングを見る。今年からBMWをやめてミクベンツになるのだつた。

たまにはおねいさんを撮つてみる。

十四時過ぎに会場を出る。雨が降つてゐる。京葉線の電車が動き出してから、朝に予め帰りの切符を買つておいたのを忘れてスイカで入場してしまつたことを思ひ出した。勿体無いが仕方ない。東京駅に着いたがまだ随分時間が余つてゐる。地下出口から有楽町駅に抜けるコースを辿つてみたら国際フォーラムの中に迷ひ込みさうになつた。有楽町山手線ホームにはホームドアが設置されてゐる。

昼食がまだなので神田駅前の風龍でラーメン。ラーメン喰ひすぎだな。わざわざ電車で来る店でもないが、かういふジャンクな店が有難い。それでもまだ時間が中途半端に余つてゐるのでガード下の喫茶店に入る。

仕事絡みで何度か入つたことのあるいい雰囲気の店だ。沢山選べる豆からジャマイカを選んでレアチーズケーキも頼んだ。ラーメンはやめておくべきだつたな。厨房前のカウンターだつたのでコーヒーを淹れる様子を観察した。缶から取出した豆をグラインダーで挽いてからネルで時間をかけて淹れてくれる。丁寧な仕事だ。丁寧すぎて中々出てこなくて、逆に残り時間が心配になつてきたが、よく見ると店内の時計は実際より十分以上も進んでゐた。何の意味があるのだらう。

やつと出てきたコーヒーをいただいた。これは俺では出せない味はひだ。実に美味い。一方で、俺の淹れるコーヒーも満更ではないとも思つた。チーズケーキも美味いが、少々淡白だと思つた。コーヒーの味を邪魔しないといふ意味では良いのだらう。チーズケーキ単品の味はひでは入谷のハーディに敵ふ店はないので、東京に住むなら是非行くべきだ。次に上京する時は何とかして行かうと思ふ。

丁度いい時間になつたので東京へ向ふ。神田駅は俺が住んでゐる間は常に工事をしてゐたのに、俺が離れたら綺麗に落着いてゐる。少し面白くない。神田駅のホームには山手線のホームドアがないが、いづれ設置されるのならまた工事になるのだらう。脇を走る東北新幹線では北陸新幹線「つるぎ」用の車輛が一足先に「あさま」用として運用されてゐた。さういへば金沢開通後の「あさま」の扱ひはどうなるのだらう。その辺りの情報を全然追つてゐない。

東京で「のぞみ」に乗る。取つておいた指定席に坐つてゐたら、どうも様子がをかしい。尻に冷たさを感じた時には既に遅く、座席に手を当ててみたらぐつしよりと濡れてゐる。最悪の事態を覚悟しつつ手の臭ひを嗅いでみたら幸ひアンモニア臭はなくて、代りに桃の臭ひがした。上りの客がジュースか何かを盛大に澪したに違ひない。しかしジュースであれ小水であれ、このまま坐つてはおけないので品川に着く前の慌だしい時間ではあつたが乗務員室に赴いて車掌に苦情を伝へた。すぐに倉庫から換への座席を取出して交換してくれた。それにしても不心得な客もあつたものだ。自分が粗相をしたならば、すぐに自分で車掌に申告する。以前、帰省中に隣の席の親子連れの子供が粗相をして、その親は酒を呑んで寝こけてゐたから前後の席まで阿鼻叫喚といふことがあつた。下車駅手前で目を覚した親に「前後の客に謝れ」と注意して、東京駅に着く手前で乗務員室に行つて「何号車の何番席が濡れてゐるから車内清掃の際に申し送りしてほしい」と伝へたことがあつたのを思ひ出した。自分の尻も拭へない人の御陰で俺の尻が濡れてしまつたのは納得がいかないが仕方ない。

f:id:yms-zun:20150208183138j:image:w600f:id:yms-zun:20150208183126j:image:w600

昨日見た「PIXELS」化された丸子橋。この日記を書きながらしばらく走ると見事な赤富士が見えた。もう少し晴れてゐれば北斎が見たのと同じ景色になつただらうが、これはこれで良い。

まだローラーに乗れるくらゐの時間に帰宅した。そのままゴロンと横になつてしまひたい気分だつたが、昨日から全く汗をかいてゐないので自転車に乗ることにした。継続は力なり。一汗かいて体重計に乗つたら一キロ増えてゐた。旅行の後はそんなものだらう。

MobnobokaMobnoboka 2015/05/16 00:03 この記事を拜見して五月三日にハーディーを訪ねましたが、四月三十日に閉店してゐました。あと一歩遲く評判のチーズケーキを味はふことができず殘念です。

http://p.twpl.jp/show/orig/vdmts

yms-zunyms-zun 2015/05/16 00:17 なんと! それは本当に残念です。嗚呼。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150208

2015年02月07日土曜日 74.1kg

yms-zun2015-02-07

朝から出立するつもりでゐたがぐずぐずしてしまひ、昼前にやうやく家を出て新幹線に乗つた。東京行の「のぞみ」は比較的空いてゐる。iPhone電子書籍を読んでゐるとやけにメールが沢山届く。何事かと思へば何週間も前に珍しくツイートした内容がリツイートされた通知だつた。そのリツイート拡散の元になつたアカウントが「ナツゲーミュ-ジアム」。お、おう。

戸惑ひながらふと窓の外を見遣ると多摩川に懸る丸子橋のアーチの片方に塗装作業の足場が組まれて、アーチ橋全体が肌目の粗いドット絵といふかボクセル分割された様になつてゐるのが見えた。一瞬本気で「PIXELS」の映像が現実になつたのかと目を疑つた。ボクセル化されたそのアーチは牧伸二が身を投げた現場で、また自分がよく横浜の職場から浅草の家に帰るのにMTBで走つた道でもあつたから色々な思ひが去来した。

午後遅くに東京に着いて、そのまま秋葉原へ。青島食堂でラーメンをいただく。「今曰は普通盛でいかう」と心に決めて臨んだが、我に返ると手許の食券は「大」を示してゐた。まあ、増えた分はまた走つて減らせばよい。

おいしくいただいたその足でナツゲーミュージアムへ。呼ばれたから来た訣ではないが、呼ばれたから来た気しかしない。タイトーのアルバム二枚と、「F-1スピリット」改題「MSXレーシングスピリット」のアルバムを購入した。そしてカウンター脇に目を遣ると「ゆうゆのクイズでGo!Go!」が置いてある。先のリツイートされたネタがこのゲームに関する話題だったので、それに絡めてリツイートされた訣らしい。これも縁だと思つてコインを投入。二十五年も前のクイズゲームの問題など、今となつては全部丸ごと懐かしのジャンルに属する様なものだ。それにしてもゆうゆ、眉が太いな。今ゆうゆといつたらボカロPの方になるよな。アイドルもののクイズゲームでもバックに流れるのは紛れもなくズン夕タ節の音楽で、リソースの使ひ方も当時なりにリッチな方だと思ふ。

「Mr.五右衛門」に続いて「スペースハリアー」を遊ぶ。この「スペハリ」はよく見たら自分がツインスティックを自作するのに使つたのと同じレバーを装備してゐて、つまりデジタル操作であるのだが、「大丈夫かいな」と思つたら意外に大丈夫だつた。流石に微妙な操作はできないものの、微妙な操作が要求されるゲームといふ訣でもない。むしろ昔のPCやゲーム機の移植版もこれに準じた操作になつてゐた方が良かつたのかもしれない。さらに「ヴイ・ファイヴ」を遊んだら初めて四面を拝めた。調子が良いとゲームは楽しい。

ナツゲーミュージアムを辞して、浅草まで歩いた。道中のあちこちに新しい店が出来てゐて、東京といふ街の入替りの早さを実感する。浅草でいつもの写真を撮つた後は散髪に。東京を離れてから五回浅草に来て三回散髪してゐる。習ひ性といふのはなかなか変らないものだ。

日も暮れたので她下鉄で浅草橋に移つて投宿。隅田川神田川総武線に囲まれた、如何にも都会の隅つこ然とした立地の古いホテルで、泊る以外に何もなく、カプセルホテルの方が付帯設備的はにずつとマシといふ安宿だ。それでよい。ユニットバスで髪の切り屑を洗ひ流して、一息ついてから総武線に乗つて新宿へ向つた。雨が降り出してゐた。昨日の日記にある秋葉原から御茶ノ水の高架は楽しめたものの神田川から外堀にかけての地形を楽しむには暗すぎた。

新宿駅に着くと同じホームの反対側に見慣れない御座敷車の編成が待機してゐた。「華」といふ名の所謂ジョイフルトレインで、この方面には全然詳しくないから知らなかったが、ホーム上の人も口々に「何これ」と驚いてゐたから珍しい列車ではあるのだらう。何より485系だといふのが驚きだ。ここまで原形を留めないなら新系列にしてもよささうなものだが要は走行装置が何であるかに依るのだらう。待合せた友人と酒を呑みながら近況報告をして別れた。

宿に戻ると隣の部屋が騒がしい。大抵のことには我慢するが、一人が奇声を上げたのには堪り兼ねて壁を叩いて抗議した。とはいへ壁ドンではなく壁コンコン程度である。家を出る際迷つたのだが、耳栓を持つて来るべきだつた。安宿向けの備へを甘く見てゐた。寝ようと思つても全方向から物音がするのには参つたが、酒も入つてゐるので程なく眠りに落ちたのだつた。

などとやけに細かく記録してしまつてゐるのは言ふまでもなく宮脇俊三に当てられてのことなのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150207

2015年02月06日金曜日 74.6kg

ローラーで三十分。体重がここらで安定しつつあるのがもどかしい。筋肉の分だと思ふことにしよう。

秋葉原といふと、いまは家庭電気製品特売所の代名詞になつてゐるが、戦前は都市交通の末来図のやうな駅として、子供向けの乗物図鑑などに色刷りの絵が載つてゐた。当時東京に一本しかなかつた地下鉄が最下段、その上に市電、二階が京浜東北線、三階が総武本線となつてをり、四層にもなつたところは日本中にここしかなかつた。秋葉原駅の上空にはかならず飛行機が描いてあり、立体感を強調してあつた。さういふ絵に刺戟されて秋葉原駅へ出かけ、総武本線の電車で御茶ノ水まで乗ると、高所のスリルを覚えたものだつた。

電子書籍版の「最長片道切符の旅」を三十年振りくらゐに読んでゐる。中学高校の時分の地方民では読みとれなかつた実感や体験、三十年分の自分の中の拙い積重ねが、昔読んだ本の面白さを何十倍にも引出してくれる。国鉄華やかりし頃、後の白糠線の廃止に端を発する鉄道路線の総延長の衰退を見る直前の記録として貴重な本でもあるけれども、何より筆者の主観が面白い。これが書かれてから数十年、日本の風土は変つた。そして、日本の風土は変つてゐない。矛盾ではなく、実感としてさう思ふ。秋葉原の街並みは俺が住んだ十七年の間に幾度も様変りしたけれども、御茶ノ水に到る高架橋のスリルや神田川沿ひの崖にへばり付く建物の姿は何も変らない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150206

2015年02月05日木曜日 74.5kg

今までフィットメーターは自転車に乗る時にしか着けてゐなかつたが、今日は一日着けてみた。気圧を使つた高度計が面白いな。地下鉄の深度変化や職場での階移動までもが克明に記録されてしまふ。ローラーは五十分、三千回転ほど。あまりケイデンスには拘らないことにした。毎日回してゐること、それが大事

一部界隈で「グラディウス」のPS4版の遅延の有無について喧しい。昔のアーケードゲームの移植における遅延や処理低下は今世代については「ある」といふか「あつても全然不思議ぢやない」話で、どんなにプログラムが完璧でも不可避だらうと半ば諦めてゐるので、今このタイミングで騒いでるのもなあといふ気はする。Wii Uのジョイスティックの時みたいに遊べないレべルならハードを改造もするけれど、まあそれも気休めだ。

どのみち三十年も前のゲームの処理速度の再現性がどうかうなんて気にするのは俺等の世代だけなんだし、もう俺等の世代でゲームやつてる奴なんてそんなに居ないし、俺等が死んだら誰も気にしなくなるだけだよ。今更「グラディウス」の出来でどうかう言つたところで、「グラディウス」がフレーム単位で完全に再現されても三十年前にそれを遊んだ時以上の昂奮などやつては来ないのだ。

そんなことより「ジオメトリ3」を普通に購入して遊ぶ手段が我々日本在住のプレイヤーには用意されてゐないことを嘆くベきだらう。これより面白いゲームなんてそんなにはないのに。今二十七面。やつと半分を越した。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150205

2015年02月04日水曜日 74.8kg

帰りが遅くなつたのでローラーには乗れない、かといつて「Wii fit U」も気が進まぬ。そこでハタと手を打つ。ローラーが駄目なら道を走ればいいぢやない。今日はそれほど寒くないし。

いざ漕ぎ出してみた。家は丘陵地帯の取掛りの場所にあるので、裏手に行けば坂がある。登る。しんどい。やめときやよかつた。てかローラーばかり回してたせゐで上り方が解らなくなつてるな。丘の天辺まで上つて、下りた。寒い寒い寒い。なんだこれ。二十分くらゐしか走らなかつたが、やつぱり寒いや。

フィットメーターのデータをWii Uに転送してみたら四十メートル上つて下りたことになつてゐた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150204

2015年02月03日火曜日 74.7kg

サドル弄り。前下がりにしたらなぜ漕ぐ力が出るのか、そしてなぜすぐバテるのか。

要は腰が落着いてないから体重を預けられず、畢竟力を使はずにはゐられないといふことの様だ。それあ、急な下り坂の途中で普通に直立してゐられるものではないし、そこで一歩踏出せば後は嫌でも歩き続けなくてはならぬ。

ダイエットの為に何が何でも身体を動かすといふ目的ならばかういふのも有りといへば有りなのだらうが、自転車といふ乗物にとつての最適解ではなからう、これは。無駄に消耗して長続きしない乗り方はすべきぢやない。姿勢によつて瞬間的にはそれなりに凄い力が出せることが判つたことだけ収穫としておかう。とりあへずサドルを前に出したまま角度は水平に。愚息対策はステムをひつくり返してみることにしよう。

変な力の使ひ方をしたせゐか、休憩の時に巧く降り損ねて派手に転んでしまつた。そのまま乗り続けてもろくなことにならないので終了。

Geometry Wars 3」。アドべンチャーなる一つ一つの面のノルマをクリアして先に進むモードの、五十面ある内の二十面目をやつとクリア。得点によつて設定された三段階、星三つ分のノルマの一つでも達成すればクリア扱ひになるが、当面は星三つ取るまで次に進まないことにしてゐる。ここまでのところはそんなに高いハードルといふ訣でもないやうだ。

D

これが二十面目のボス。かういふ無限平面の上を敵味方が自在に動き回るといふのは3DSの「ナノアサルト」でもやつてゐたし、過去には「塊魂」の王子の星なんかもさうだつたけど、まあよくジンバルロックなんかが起きないものだと感心する。どんな座標系の持ち方をしてゐるのか見当もつかない。

それにしてもなあ、耐久力のあるボス敵とかやたらボリューミーなゲーム構成とか敵を倒して得られるGeomを累積的に集めてパワーアップアイテムを購入するとか、それらの要素一つ一つは文句のつけ処がないくらゐよく出来てゐるのだけど、さういふのがあること自体が「ジオメトリ」的ぢやないんだよなあと、この気持だけは拭ひ難く残つてゐる。「ジオメトリ」で敵の耐久力ゲージなんてものを見とうなかつた。

その気持にだけ目を瞑れば、あとは極上のゲーム体験が待つてゐる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150203

2015年02月02日月曜日 74.3kg

今日は帰りが遅くてローラーは無理なので「Wii Fit U」のメニューを幾つかこなしておいた。正直、あまり楽しくないのだよな。Wiiリモコンをニつも持つてゐないのでできないメニュ一も多いし。

d:id:usui_soup:20150201

自転車のポジションについてアドバイス頂いて、どうもです。とりあへず今は「自分の脚がどう動くのか、どう動かしたいのか」を探つてゐるところなのでサドルの位置をそれで決めてから上半身の姿勢を決める感じですかね。

面白いのは、下用のポジションにして上半身に力を入れると自然にペダルの回転数が上がること。脚に意識は行つてないのに。面白がつてたらすぐバテるのだけど。あと、その状態だと回転数が上りすぎて、今まで鳴つたことのない「ゴゴゴゴ」といふローラーの音が響く。これは流石に室内では控へるべきだな。程々に、程々に。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150202

2015年02月01日日曜日 74.9kg

下ポジションで四十五分頑張つた後、上ポジションに持ち換へたらろくに回せない。サドルの位置とポーズが合つてないんだな。上を握るためにサドルを元に戻してみた。これで下を持つとやつぱり苦しい。これは、その都度サドルを合せないと駄目なのか。それあ、短距離走ジョギングではポーズも違ふもんな。奥が深い。

鯟の生魚を初めて買つて塩焼きにしてみた。そばに乗つてる甘く煮付けた奴しか知らないや。最初はちよつと泥臭い感じだつたが片身を食ベ終へる頃には馴れた。旨い旨い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20150201
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報