大和但馬屋日記

この日記について

2016年11月30日水曜日 データなし

この世界の片隅に」は概ね太平洋戰爭末期から終戰直後までを描いた映畫であるから、畫面に登場する劇中文字も國語改革の災禍に見舞はれる前の表記とされてゐる。例へばすずさんの通ふ學校の時間割表には「図画」ではなく「圖畫」とあるし、戰地の兄へ送る手紙や廻覽板なども憶えてゐる限り正しく表記されてゐる。これは原作漫畫でも徹底されてをり、「せうゆ」などの俗用(正しくはしやうゆ)を含みつつ當時のあるがままに書かれてゐる様に見受けられる。

ただ、映畫の中でー箇所だけ、劇中文字として現代假名遣を使つてしまつてゐる部分があつた。

f:id:yms-zun:20170110155257j:image

畫像は映畫パンフレットより引用。すずさんがヤミ流通品の砂糖の高値に怖氣付いて、買ふか買はんか迷つてゐるシーンである。ここですずさん、地面に小石で「かう」「かわん」と書いてしまつてゐるのである。では原作漫畫ではどうか。

f:id:yms-zun:20170110155308j:image:w600

「この世界の片隅に(中)」こうの史代より引用。こちらも「かう」「かわん」である。何だ、原作通りぢやないか。さう斷じるのは早計である。原作のこのコマの文字は、地面に書かれた文字とは限らないのだ。パースも意識して書かれてゐないし、それを書くのに使つたと思しき小石も描かれてゐない。然るにこれはすずさんの頭の中にしかない文字である可能性が高いのだ。

f:id:yms-zun:20170110155309j:image:w600

「この世界の片隅に(上)」こうの史代より引用。この畫像にある樣に、すずさんは物事の段取りを決める際に指を指すことが多い。その際の想像の内容は概ね具體的である。「かーきーのーたーねー」もさうした描冩の一つである様に思はれる。いはば「かう」「かわん」は心の聲である。であれば、假名遣ひの違ひも讀者に向けたものと解してよからう。映畫はそれをそのまま文字として地面に描いてしまひ、結果それを誤りとして定着させてしまつた。

勿論重箱の片隅の話であり、これが映晝の内容を幾らかでも損ねるものではない。少なくとも「痛ひ」「痛ゐ」のやうな出鱈目な假名遣を平氣で用ゐる様な作品ではないし。ただ、「惜しい!」とは言はざるを得ないので、このネットの片隅に遺しておく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161130

2016年11月29日火曜日 データなし

この世界の片隅に」昨日の話、コンテの解説を鵜呑みにしたまま映畫を觀ると「そがいなこと言うて、PANやT.B.もようけ使うとつてぢや」などと似非廣島辯でツッコミを入れることになる。では何故そこでは使はれてゐるのかを考へながら觀るのも面白い。「ほいでここはどこね一體ー!」のシーンは白眉。その目の囘る様なカメラワークがすずさんの心境に同期してゐる。それでゐて最後の構圖は原作リスペクトでもある。こうの先生の畫カの高さよ。

夜、どこに住んでるのかもよく判らない高校時代の同級生二人と呑み。巷で「Zガンダム」やつてた頃の連れである。歳喰つたなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161129

2016年11月28日月曜日 データなし

F1やつてない時は「この世界の片隅に」のことしか考へてないくらゐの日常なので「この世界の片隅に」のことしか書きません。

で、「この世界の片隅に」の繪コンテ集を讀んでゐると、あちこちにカメラの移動や構圖についての説明が添へられてゐる。コンテの段階ではカメラ移動(所謂PANやT.B.)で描冩するとした處を、レイアウト時に複數のカットに分けてカメラは固定したといつた具合だ。

また、レイアウトの段階でコンテの構圖よりも全般に画面枠を一回り大きく擴げたことも記されてゐる。これはカメラの畫角を大きくした、といふことに相當する。さうすることで畫面の中の人物像は一囘り小さく冩る。映像言語としてはより客觀的、觀察的となり、構圖そのものが生み出すドラマ性は薄くなる。アニメーション作畫としては常に全身像を描く必要があるため、作業難易度と仕事量が跳上る。敢てさうした理由を推察するに、第一義としては何よりこうの史代さんの漫畫の持つ獨特の雰囲氣を再現する爲ではあらうが、もう一つ確實に言へるのはこれが映畫であるといふこと。

TVアニメでアップが多用されがちなのは描くものを減らして作畫コストを抑へるといふ都合と共に、アップにしても問題ないといふ物理的な事情も關係してゐる。TVの畫面は比較的小さいから、キャラクターの顔が畫面一杯に擴がつてゐてもさほど問題にならない。その上で作畫コストは抑へられ、心理描冩は強調されるのだから、アップの構圖を敢へて使はない手はないのだ。あまりに安易に多用すると手拔きにしか見えないけれど。

かといつてTVと同じ感覺でレイアウトを取ると映畫ではまづいことになる。スクリーン一杯の顔のアップは威圧感が出るし、描き込みが薄いとスカスカになる。惡い見本でいふと、「ガルパン」の作戰會議のシーンが正にさうだ。尤もあのシーンは「我の強い各校代表が狹いテントの中で勝手なことを言ひ合つてゐる」といふコメディシーンなのでわざとさうしてゐるから、失敗してゐる訣ではない。だからこそそれが多用されてゐる訣でもない。

「この世界の片隅に」においては、意圖的に引きの構圖を徹底してゐる。それは今作が映畫だから、映畫の力を信じてゐるからだ。だから、この作品は映畫館で觀なくてはつまらない。いづれ圓盤や配信を通じて家庭で觀られる日も來よう。それはそれで嬉しいことだが、どうしてもすずさん達の豊かな仕草が小さく小さく見えてしまふのは避けられない。まづは今、觀られる内に劇場で觀ておくに越したことはない。

では何故、コンテの段階では意圖した構圖で描かれなかつたのかといふと、それあ勿論コンテ用紙が小さいからだと思はれる。コンテに必要なのは畫面にあるべき要素を正しく示しつつ適切な芝居を説明することだから、構圖を最優先してキャラを小さく描いてばかりはゐられない。それと、やつぱり、小さいコマに「これで十分」と思つて描いても、レイアウトに冩してみると「寄りすぎだ」と判斷することも多いのだらう。

などと色々考へる餘地を與へてくれて、この繪コンテ集は大變面白く讀める。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161128

2016年11月27日日曜日 データなし

F1アブダビGPチャンピオン爭ひは最終戰まで持越して、ハミルトンが優勝してもロスべルクは三位以上であればチャンピオンを獲得できる。ポールポジションはハミルトン、ロスべルクが二番手。スタートでミスさへしなければ。さてスタート。ハミルトンもロスベルクも綺麗な出足、少し後ろでフェルスタッペンがミスしてスピン。これに巻込まれた車は一臺もなし。

十三周目、バトンのフロントサスがブレーキングでへし折れてしまひ、ピットに戻つてリタイア。キャリア最後のレースは呆氣なく終つてしまつた。長い間お疲れ樣。十六周目、クビヤトもマシンを停めてリタイア。

ピット戦略の違ひなどはあれど大きな混亂もなく迎へた終盤、上位四臺が隨分接近してきた。ハミルトン、ロスベルク、フェルスタッペン、べッテルが三秒以内。繪面としては、ロスべルク以下の頭をハミルトンが抑へてゐる樣に見えるが、えーと、わざと? うわー、性格惡いなあ。メルセデスが他チームにこんなに追詰められる訣がないんでね。チームからも流石に「これは命令だ、ペースを上げろ」と無線を飛ばすが、ハミルトンの應へは「もうチャンピオンにはなれないんだから、負けたつて關係ないよ」。子供か。まあ、できることは何でもやるといふことか。チャンピオンの条件に「自分の優勝」が入つてなきゃセナみたいに自滅クラッシュも辭さないみたいな感じもある。とはいへ、フェルスタッペンに絡むベッテルのタイヤ選択の巧さによつて後續のペースが上つたのを見ての判斷だとしたら、それはそれで大したものだ。

しかしそんな努カも空しく、レースはハミルトン優勝、ロスベルク二位、ベッテル三位、フェルスタッペン四位で終り、ニコ・ロスべルクが今季のワールドチャンピオンシップを獲得した。良くも惡くも最後まで見應へはあるレースではあつた、とはいへる。乘り手の思惑が走りに現れるのはレースの面白味といふものだらう。

全二十一戰に及ぶ長いシーズンもやつとのことで終了。一年は五十二週しかないんだからさ、その四割の週末にレースやつてるといふのは觀る方もやる方も大變だよね。ちよつと減らしてよマジで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161127

2016年11月26日土曜日 データなし

この世界の片隅に」四囘目。前囘が字幕上映で小さい箱だつたのでもう一囘ULTIRAで觀たくなつた。コンテ讀んでゐると確かめたいことも色々あるし。

すずさんは繪を描くのが好きな人である。否、好きとかいふレべルでなくその畫法をどこで身につけたのかと驚く程である。そして、この映畫では繪を描くシーンがよく出てくる。これが、鉛筆を走らせたのに合せて描線がついてくるといふ描冩程度ならまだわかる。畢竟アニメーターさんが頑張れば濟む、といつて片付けていいものでもないがまあ頑張れば描けよう。

しかし水彩繪具を水に溶いて、パレット上で混色して、できた色を畫用紙に載せるシーケンスを手の動き、筆先、畫用紙の面にそれぞれきちんと連動させて動かすに到つては、とても頑張ればできるといふものではない樣に見えるのだが、これは一體どうなつてゐるのだらう。デジタル編緝技術樣々といふことではあらうが。世のメディアクラウドファンディングや緻密な調査やのんさんの起用などの話が一まはりして落着いたら、アニメ表現についてもとことん掘下げてほしい。こんな寶を放つておくなんて勿體ない。

冒頭の中島本町をカメラが奥に進むカット、俺ずつとCGだと勘違ひしてゐたよ…映畫公開のずつと前に、中島本町をCGで再現するプロジェクトの映像を見たことがあつて、それと印象が混ざつて「あれはこの映畫の爲の準備だつた」などと誤認してしまつてゐたのだ。監督の制作日誌のWEBコラムを讀んでみるととんでもない勘違ひだつた。そして「CGではない」といふ目で見ると、また唸るほかはない。

繰返すが大抵のアニメの表現は、時間と手間(つまりお金!)を惜しまずに頑張つて描けば實現できるものだと、亂暴ながらもある程度までは言へると思ふ。しかしただ頑張るだけではどうしやうもなささうな表現の壁をひらりと越えてゐる。この作品はそんな風に見える。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161126

2016年11月25日金曜日 データなし

この世界の片隅に」について、書きたいことが溢れて仕方がない。

パンフレットも手に入れて、監督のインタビュ一を讀むと廣島辯と呉辯の違ひについて触れられてゐた。「呉」といふ地名について、廣島縣内を含む全國一般的には頭にアクセントを置いて「れ」と呼ぶ。しかし、呉に住む人達だけは、自らの暮す地を「く」と呼ぶのださうだ。

そこでふと氣になつて、「たまゆら〜hitotose〜」の第八話を見返してみた。ほぼろさんこと八色ちもさんが、ぽってを連れて呉を訪れる話だ。果して、ほぼろさんははつきり「く」と發音してゐた。ほぼろさんは設定上竹原出身である筈だが、聲を演じた松來未祐さんは呉出身なので、自然とさういふ發音になってゐる樣だった。何て優しい響きなんだらう。

「この世界の片隅に」においては、廣島から嫁いだすずさんの「呉」の發音の變化までがきちんと演出されてゐる。それが映畫のテーマに結びついてゐる。しかもそれは監督の指示ではなく、のん(能年玲奈)さんに雑談でアクセントの違ひの話をしたら、自分で演技に取入れたのだといふ。神は細部に宿るのである。

周作さんが誇らしげに呉の由來が「九嶺」であると語つて、やつと「山が大事だつたか!」と氣付いた。どうしても海と港にばかり目が行つてしまふ。あれだけ山際での暮し振りが描かれてゐるのを何度も見て尚さうなのである。うちやあほんまにボーッとしとるけえ。

今となつてはこの冩眞の手前に冩つてゐるものより奥にある山のことが氣になつて仕方ないわい。

MobnobokaMobnoboka 2017/01/02 23:14 呉とは全く關係なくてアレですが
「なごや」といふ語自體のアクセントの話なんですが、標準語では「"な"ごや」と語頭にアクセントを置きますが、(私含めて)地元では「なご"や"」と語尾にアクセントを置くことが多いですね

yms-zunyms-zun 2017/01/03 00:11 「名古屋城」「名古屋駅」から城や駅を抜いた感じですよね。
似た例に「姫路」があって、関東の人はなぜか「ひ」にアクセントを置く様子。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161125

2016年11月24日木曜日 データなし

イベント上映だけだつた「機動警察パトレイバー REBOOT」がネットで公式配信されたので觀た。まあ、確かに見たかつた映像ではあるんだけど、「二十五年前に」見たかつたのはこれだつたんだな、といふ印象。

建てこんだ街中で家々に迷惑を掛けながら暴れるレイバーを取押へるといふ繪面の賞味期限が劇場版第一作の冒頭シーンで切れてしまつてゐて、今囘の新機軸となる鐵道を絡めたネタは既に「アクティヴレイド」が上を行く形でやつてゐる。眼福な映像を見てゐる筈なのに「いつまでこんなことやつてんだ」といふ歯痒さを感じてしまつたのはどういふ訣か。

理由の一つははつきりしてゐる。全高十メートル級のロボットを引起こさうとしたら電線に引掛つて満足に身動きも取れないなどといふネタを眞面目に描いてしまつたせゐで、その世界に警察用レイバーが配備・運用されてゐるといふ架空の事實を有り得ないこととしてしまつてゐる點が引掛るのだ。

初期OVAでも高架道路の高さが中途半端で上も越えられず下も潜れず反對側に行けないといふ都市部での運用に支障のあるシーンが描かれたが、今囘のこれはやりすぎである。頭がいい振りをして入れたネタならば、頭が惡いのだ。デジタル作畫技術の向上でリアリティのある繪が作り易くなつたならば、繪作りの嘘のつき方も相應にアップデートするのが筋といふものだ。

そんな訣で、これのシリーズ化に過剰な期侍をするよりは「アクティヴレイド」を見返した方が今のところは面白いと思つた。あれは「パトレイバー」の描かうとしたものの「次」を魅力的に描いてゐる。

櫻山桃子さんみたいな感じのレポーターの聲が林原さんだつたらいいな、と思つて確認したら本當に林原さんだつたのは嬉しい驚きだつた。といふか林原さんと山寺さんの二人で全登場人物を演じたのには笑つた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161124

2016年11月23日水曜日 データなし

通販で買つた「この世界の片隅に」の繪コンテ集を讀み耽る。緻密なコンテである。

タ刻、また茶屋まで走つて「この世界の片隅に」三囘目の鑑賞。こんなハイピッチなのには訣があつて、日本語字幕上映が今日までなのだつた。

一度字幕できちんと追つておかないと、とても全ての情報を處理しきれてゐる自信がない。字募上映の箱はいつものULTIRAではなく、普通の小さい箱なのが殘念であるが觀た感想としては大變良かった。

聞き逃してゐた臺詞等はそんなになかつたが、周作さんの鼻歌が「野ばら」であることなどは聲だけでは判り樣がない*1。あと、臺詞の外で聞えてゐる音などにも注意が向き易い。

日本映畫の日本語字幕上映は未だ暜及途上だけれど、これは是非定着して欲しいものだと思つた。立川シネマシティの人が「字幕付きにすると動員が減るので難しい面はある」と明してゐるのを読んだけれども、何とかなれば良いな。

*1:さうと判る程正確かつ明瞭には歌はれてゐないから

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161123

2016年11月22日火曜日 データなし

東日本太平洋岸でまた地震津波警報も發令。TVでは「逃げて」「すぐ逃げろ」などの有無を言はさぬテロップが出たとかで話題になつてゐる。一年くらゐ早ければ間違ひなく「シン・ゴジラ」に表現として採用されてゐただらうな、などとボンクラ頭で考へた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161122

2016年11月21日月曜日 データなし

家の近くの中華料理屋に寄道したら、店番のをばちやんに「ひょつとしたら今日はいらつしやるかなと思つた」と言はれて面喰つた。そんなにパターン化した通ひ方をしてゐる積りはなかつたのだが。

帰り際には密柑を一箇くれた。俺に愡れると怪我するぜ、俺が。旦那が厨房に庖丁持つて立つとるがな。

その旦那の作る料理が實に美味いのだがいささか高価いのでさうさう氣輕に通へるものでもない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161121

2016年11月20日日曜日 データなし

AT-Xで「この世界の片隅に」のCMを見かける樣になった。株式會社エー・ティー・エックスは製作委員會の一員なのだからもつと推してもよいと思ふのだが、どうも及び腰に思へる。

「この世界の片隅に」が反戰映畫であるとか、さうでないとかで押問答をしてゐるのがネット上に見える。自分としてはさういふ視点でしか映畫を評價する術を持たないことが、この映畫の語り盡せない内容に對してそもそも貧しいなあ、としか思へない。この映晝が描いたのは一つの「架空の現實」である。變な言囘しであるが、とりあへずさうとしか言ひ様がない。であれば作品から引出されてゐるのは「現實」に相對した時の自分の反應なのであり、反戰か否か等はそちら側の領分に含まれる話だ。それあこの映畫を觀て「戰爭は嫌だなあ」と思はない人もさうは居ないだらうが、そんなことを言ふ爲に態々時間と勞力をかけてこれほどの漫畫やアニメを作る者があるか。

この作品が主眼を置いてゐることは別にあつて、劇中の様々な人の口を借りて語られてゐる通りで、何なら作品のタイトル自體が言つてゐる通りでもある。野暮を承知で書き表すとそれは「居場所」である。子供の頃から大人になつてまで何かと迷子になりがちなすずさんが、知る人やら見知らぬ人々やらの手により何度も何度も居場所を奪はれさうになり、あるいは居場所を失ふ樣を見届けつつ、自ら居場所を選び取り、遂には居場所を與へる樣になるまでのお話。

日本のアニメ作品において、ちよつと眞面目に肩肘張つたものを作らうとすると若者のアイデンティティの確立といつたものがテーマとなる。例へば「エヴァンゲリオン」がさうであつた樣に。あるいは「カレイドスター」を成功させて以降の佐藤順一監督作品のほぼすべてがさうである樣に。何かを爲し遂げることは主人公の存在肯定の爲の方便であるかの如き話がこの二十數年間はとみに目立つ。「この世界の片隅に」も明らかにその文脈の上に乘つてゐる様に見える。しかし本作においてはすずさんがただ存在を周りに肯定されて終るのではなく、自らがさうと決めた居場所を「與ヘる」側に立つところが何より際立ってゐて、そこに舌を卷いた。

よく引合ひに出される「火埀るの墓」が、清太と節子が世の中から居場所を失つたまま終にそれを見出せなかつた物語であると考へると、當作はただその正反對であると捉へるだけでは足りないと思ふ。清太と節子と晴美とヨーコは同じ海岸線の東の方と西の方に居て、すずさんはやつとその中の一人に居場所を與へることができたのだ。これはさういふ物語。

居場所を得るまで迷ひ、ぶつかり、奪ひ、奪はれ、やつとそれを得て、失ひ、取戻し、人に與へる。それが人の営みであり、國の営みでもある。近代の國際社會の、そしてその中の日本の近代化の歩みそのものでもあるとも言へよう。戰爭はヨクナイデスネといふのはすずさんが呉に嫁にも行かずに江波でぼんやりしておけば良かつたといふのと變らない。呉になんか行かなければ。あそこでああしてゐればかうしてゐれば。そして廣島に殘つてゐれば、そこには別の試練があつたことだらう。

すずさんのやりきれない慟哭はそこが心で繋がつたが故のものであるから、文言が原作漫畫から改變されたことなど些細なことでしかない。何よりあのシーンで描かれた重要なものといへばカットの終りですずさんが目にした南瓜の花である。焼夷彈の撤散らかしたナパーム劑で荒れ果て枯れ盡した段々畑に咲き殘つた一輪の南瓜。

原作漫畫にもちやんと描かれてゐるからその意味するところは疑ひ様もないところだが、映畫ではその後を膨ませてオリジナルのパートを加へてゐる。義母がこつこつ溜めた白米を炊き、周囲の家々からもタ餉の煙が立ち、夜に窓明りが燈るのを驅逐艦の水兵が眺める。ここまで丁寧に描かれたものには目もくれず、言葉として發せられた働哭の文言にばかり囚はれて議論などしたところで得るものなど何もない。

「この世界の片隅に」といふ題名がこの映畫なり漫畫なりの本質をどれだけ深く突いてゐるかを思へば、映畫においてそれを殊更に臺詞としてすずさんに言はせたのは少し野暮つたい感じもするのだけど、言葉として發して尚届かないものなのだなあと思ふ。自分も二囘見てやうやくさういふ事に氣を囘せた。この作品はまだまだこんなものではない筈だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161120

2016年11月19日土曜日 データなし

茶屋まで走つてULTIRAで映畫漬け。

この世界の片隅に」二度目の觀賞。一囘目を觀た後の氣持があまりに重くて二度目を觀るのは少し躇ひがあつたのだが、どうしても「すずさんに會ひたい」といふ氣持が勝つてしまつた。一度目は、歴史上の知つてゐる日に向つて突進む日付に對するハラハラ感を存分に味はつたが、二度目はすずさんの身に起ることに對するそれを味はふことになる。とはいへ流石に「何が起るか」は知つてゐるので、全體としては落着いて見られた。初囘は餘りのことに理解が追付かなかつたものだ。

先立つて電子書籍版の原作も買つて讀んだが、アニメでも描かれてゐたと思つたシーンが無かつたりその逆もあつたりで色々と混亂してゐたことに氣付く。自分の中ではもはや渾然一體となつて分ち難い。

續いて同じ箱で「ガールズ&パンツァーTV版一擧上映」、さらに續けて「ガールズ&パンツァーOVA&劇場版二本立て上映」。「この世界の片隅に」と合せると十二時間近く同じ箱に立籠ることに。まあ、映畫館で「ガルパン」觀るのもこれが當面最後となるから馬鹿をやるのも惡うはない。

そのTV版、第一話が始まつて最初に思つたのは「聲がキツい!」といふことだつた。直前に觀た作品の全體に抑へた聲の演技と較ベると、如何にも深夜アニメの聲といふのは不自然にトーンが高い。普段なら氣にもしないことだが續けて觀るとビックリする。あと、これはたぶんTVシリーズの一話目だからといふ事情もありさうで、聲優陣もまだキャラと十分に馴染んでをらず、氣負つて作つた成分が餘計に聲に乘つてしまつてゐる感じがした。麻子やまほ、ノンナなどのキャラの第一聲はその後と違ひすぎて「誰だこれ」と思ふくらゐだしな。さう感じるくらゐ劇場版を觀すぎたといふことか。

さて、TV版一擧は第四話の練習試合、舞臺が大洗市街に移つたところでトラブルでストップしてしまつた。藥局に僞裝した三突がマチルダIIを撃破して、次のカットでルクリリ嬢がアップになつた瞬間にフリーズ。手前から再生をし直して、二囘同じフリーズを繰返したところで第四話の上映は續行不能といふことになつた。第五話から上映を再開し、この一擧上映囘の料金は拂ひ戻しとなつた。館に對しては氣の毒だけれども、この後の劇場版を考へれば大洗市街戰がスキップされたのはやはり殘念といふ他はない。

その後は特にトラブルもなく、劇場版まで完走。何やら他の館でもトラブルがあつたとか。つくづく戰車道は苛酷である。ともあれ樂しい「ガルパンの一年」だつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161119

2016年11月18日金曜日 データなし

ニンテンドークラシックミニファミコン收録の「SUPER魂斗羅」をクリア。途中セーブ樣々ぢやねえ。アーケード版は何が面白いのか判らなかつたがファミコン版は適度に遊べて樂しい、といふのはこの頃のコナミのゲームに共通の感覺。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161118

2016年11月17日木曜日 データなし

昨日で一息ついたと思つたら都市が一つ追加された。べルファストか。大西洋が血に染まるな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161117

2016年11月16日水曜日 データなし

「Train Conductor:world」效率追求の道。

f:id:yms-zun:20161220110310j:image:w600

資材置場には最大六つの都市からの資材が集まる。資材の溜る速度は距離に比例し、路線のパネルの質で係數が掛る。なので、なるべく近い都市を最短距離で結びたい。一通りそれを達成したのがこの圖。形は違へど、トポロジー的にはこの繋がりに收斂する筈。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161116

2016年11月15日火曜日 データなし

日記が遅れがちなのでiPhoneのメモやTwitterに備忘録を遺してゐるが、何も起きてゐない日は何も遺つてない。そんな人生。まあ大體「Train Conductor」やつてる。ゲームをしてない時はすずさんのことを考へてゐる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161115

2016年11月14日月曜日 データなし

赤旗に次ぐ赤旗でブラジルGPの終了が遅くなりすぎて仕事に響くし、「この世界の片隅に」の餘韻を引擦りすぎて仕事に響くし、仕事したくないでござる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161114

2016年11月13日日曜日 データなし

映畫「この世界の片隅に」を茶屋のウルティラ上映で觀た。この映畫をウルティラで上映する判斷をした映畫館にまづは感謝。心に殘る良い映畫だつた。内容については追々觸れることもあらうが、觀た直後の感想としては「ふう…」と息を吐いたまま言葉がなかつた。

あくまで日常を描いた映畫。日常だから色々起る。歴史上何があつたかは皆知つてる。ちよつと、では濟まないハードな出來事が日常の中で起る。それでも日常は日常として續く。さういふ映畫。「右手」の一シーンだけで、ウルティラで觀られて心から良かつたと…さういふシーンでもないのだが…思つた。

F1ブラジルGP決勝。コンディションは雨。コースオープンしてレコノサンスラップを重ねる中、グロージャンがクラッシュしてマシンが走行不能に。コースコンディションを見てレースは十分間のスタート遅延となつた。スタ一ト方式も通常のスタンディングスタートで行きたいFIAの意嚮もあつたが、安全性を考慮してセーフティカースタートとなる。

レース前のブラジル國歌。十年と少し前、マッサの爲に何度も聞いた覺えのある國歌だが.今日もある意味でマッサの爲。彼にとつては最後の母國グランプリ。

セーフティカーの先導を經て、八周目からレーススタート。ポールポジションハミルトンとしてはスタートミスのリスクを最小限に留められた。しかしそのハミルトン、ヘルメットのバイザーから浸水して目が見え難いと訴へてゐる。

次の周から續々と中團クラスのマシンがピットインしてインターミディエイトタイヤに交換。ややリスキーな判斷だが水幕で視界を遮られるのを嫌つて早目に動いてゐる。

十三周目、最終コーナーでエリクソンがクラッシュ。スピンしたマシンはピットロード入口を塞ぐ樣に停止し、再びセーフティカーとなつた。ハミルトン、ロスベルク共に「まだインターミディエイトを履くには早すぎる」と判断。その判断を裏付ける樣に、セーフティカー走行中であるにも關らずストレートで僅かにラインを外したライコネンがスピンしてクラッシュしてしまつた。ライコネンはウェットタイヤだつたが、それでもこんなに滑る水量であつた。「正直に言ふけど、このまま續けるのは馬鹿げてる」と無線でベッテルが訴へたのと同時にレースは赤旗中断となつた。

各車が停止したピットレーンでは何やら別の騒きが持上つてゐる。メルセデスのピットに他チームやFIAのスタッフが集まつて何かを計測してゐる樣だが詳細は判らない。特に何ともなかつた樣だ。

セーフティカー明けのレース開始時に規定のラインより手前で前方のグティエレスを拔いてしまつた爲、マッサに五秒のペナルティ。また、リキアルドもエリクソンの事故でピットレーンが閉鎖された後にピットインした爲に同じく五秒ペナルティが課された。

セーフティカー先導の下で走行は再開されたが、何周か走つて再び赤旗。まだレースは二十九周しか消化してゐない。

セーフティーカー先導で三度目の走行開始、三十二周目よりレース再開。二コーナー立上りで少し姿勢を亂したロスベルクを捕へてフェルスタッペンが二番手に上つた。巧い。しかし三十九周目、クラッシュしたエリクソンと同じ場所で同じラインに乘つてしまひ、ハーフスピンを喫する。危ふいところで立直り、ロスべルクが迫つたのも防ぎ切つた。ハミルトンとしてはこれで樂になつたか。

タイヤの選択は混迷してゐて、インターミディエイトに換へる車が出る一方でバトンはまたウェットに戻してゐる。ロスベルクも先刻のフェルスタッペンと同じ處で姿勢を亂した。タイムは出るがインターミディエイトは危險、といふ認識か。

四十九周目、その同じ場所でマッサがクラッシュ、またもセーフティカーとなる。地元インテルラゴスを得意として何度も優勝したこともあるけれど、引退の年はデビュー年以來二度目のリタイアとなつた。寂しいな。

五十六周目、レース再開。ハミルトンがグチャグチャのレ一スを制して、チャンピオン爭ひでロスべルクに詰寄つた。それでも次に勝つだけではチャンピオンにはなれないのは變らない。

レース自體は.とにかく慌ててインターミディエイトに換へた車がクラッシュして消えて行つたといふ感想。さうでもしないとといふ氣持は解るが今囘ばかりはそれが全部裏目に出てしまつたね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161113

2016年11月12日土曜日 データなし

鈴鹿8時間エンデュ-ロ秋SPに出場。

f:id:yms-zun:20161214165537j:image:w600f:id:yms-zun:20161214165525j:image:w600

先月にも來たばかりだけど、その時とはまるで動線が交はらないので同じ場所に來たといふ感じはしない。出場者と觀客の違ひとはさういふことか。

今囘はスタートライダーを他のメンバーに任せて、とり急ぎバックヤードの屋臺村でタイヤを物色。パナのRACE A evo3しかなくてそれにして、いそいそとタイヤ交換。難しいソーヨーチューブだがべビーパウダーを用意しておいたので嚙込むこともなく無事交換できた。うまくなつたもんだもー。

スティントタイム
19:46.532
10:23.387
11:20.584
29:46.402
11:10.965
311:07.668
11:17.444
13:56.029
410:00.608
12:12.642
12:51.351
511:50.025
12:04.744
12:58.998
平均タイム11:29.099

タイム。前回とあまり變らないか。午後に一發、九分臺を狙つてみたがコンマ六秒及ばなかつた。ままならぬ。

歸りの運轉でちよつとしたトラブルがあつて遅くなつてしまつた。免許がゴールドでなくなつてしまつたかもしれないが、大事ではないのでさういふことがあつたとだけ備忘録として遺しておく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161112

2016年11月11日金曜日 データなし

明日の鈴鹿エンデューロに備へて自轉車を夜中に整備してゐたら、あら大變。

f:id:yms-zun:20161214161938j:image

タイヤのトレッド面が裂けてゐる。中のカーカスは傷んでゐないから直ちにバーストしたりはしないだらうけど、とてもこれで走る氣にはなれない。

CLOSERのストックがある筈だと思つて家中探したけれども拂底してしまつてゐたので、最初のホイールに着いてゐた重たいタイヤを急場凌ぎに着けておいた。

といふか、前日の夜中になつてから準備するなと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161111

2016年11月10日木曜日 データなし

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが届いたので鮟鱇鍋をつつきながら收録されたゲームを喰ひ散らかす。

f:id:yms-zun:20161212131220j:image:w300f:id:yms-zun:20161212131301j:image:w300

收録されてゐる内、ディスクシステム用だつたゲームがどれも過去に海外用NES版をべースとして復刻された前科のあるタイトルばかりなのでサウンドの再現性に若干の不安があつたが、結論としては杞憂であつた。問題はない。チャンネル毎のボリュームバランスが少し異なる氣もするが、もはやRF接續時の音の記憶も曖昩になりつつある。ディスクシステムについてはディスク挿入前の起動デモやディスクのローディング、A面B面の入換へまでも再現してあつて、今までのエミュレーションの流用でないことが判る。ロード時間の再現は正直要らなかつたな。

RF接續といへば、今囘は畫面の視え方について何種類かから選べて、その中にRF出カによるアナログTVの視え方を再現するモードがある。これが大變よく出來てゐて、ちやんと電波の信號の干渉によるラスタの細かいブレが再現されてゐる。何故かは判らないが、これがあるために目に優しく感じてしまふ。ドットパーフェクトをこそ尊ぶべきが我が信條なのに。

惜しむらくは、音にも干渉ノイズを混ぜて畫面のエネルギーが高い時、つまり白一色に光つてゐる様な時は「ビー」と低周波音が鳴つてゐると尚良かつた。あと、黒い畫面の一部の明るい部分のラスターが樽型に膨んで見えるとか。さういふ高望みをしたくなるくらゐ、畫面の再現性と當時の本體の形を眞似たハードの力が強いといふことだ。

で、その本體であるが、本物のファミコンの六割程の大きさといふことで、體積としては二割強になる計算だ。實際かなり小さく感じる。コントローラーも同樣なので操作性の惡さが懸念されたものの、手に取つてみればゲームボーイミクロと大差ない操作感で特に不都合ではなかつた。ハードはともかくソフト的な遅延はどうしても避けられなかつた様で、「グラディウス」のショット音やパワーアップ音を聽けばボタン入力に對する僅かなレスポンスの遅れは明らかだけれども、まあ遊べない程ではない。感覺的に「かうではなかつた」といふ意識の差を埋められない以上、殘念としか言ひ樣はないけれども。

ともかくも、ゲームを樂しく遊ぶには良い玩具だと思ふ。しばらく遊び込みたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161110

2016年11月09日水曜日 データなし

トランプ大統領と聞いて思ひつくのはこれ。

任天堂 花札 大統領 黒

任天堂 花札 大統領 黒

Forza Horizon 3」ふと見上げたら見事な星空だつた。

f:id:yms-zun:20161212114208j:image:w600f:id:yms-zun:20161212114206j:image:w600

FC3Sに乘つてふらふら遊ぶ。「Forza Motorsport 4」あたりでオミットされたので久し振りである。クオリティも上つてエンジンルームも再現。

f:id:yms-zun:20161212120720j:image:w600f:id:yms-zun:20161212120717j:image:w600f:id:yms-zun:20161212120713j:image:w600f:id:yms-zun:20161212120710j:image:w600

何より走つて樂しい。列車や施設に較べてFCが小さすぎる氣もしたが、標準軌のレール間の幅とFC3Sのトレッド幅には何センチも差がない樣だ。意外にちやんと作られてゐる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161109

2016年11月08日火曜日 72.8kg 21.4%

博多驛前で巨大な陷沒事故。穴の開き方は想像を絶するが、道路に接するビル建物が見たところ何の影響もなく立つてゐられることにも驚いた。元より脆弱な地盤故に、かなりの深さまで杭を打つて基礎を固めたものらしい。不十分な基礎工事で建物の傾斜が發覺することもある昨今だけに、建物の施工がきちんとしてゐたことが証明されたのは不幸中の幸ひといふべきか。

それにしても、これ程までに地下に空洞が生ずる様な土地に地下鐵を通さうなんて、無謀といふ他はないと思ふのだが。色々調べてみると博多界隈はもともと河川の中洲で(そのまま中洲といふ街があるよな、さういへば)、地盤の相当に弱いところらしい。

同樣の地質の廣島が地下鐵には興味も示さず路面電車を發達させたのは當然の成行きだつたといふことか。街作りつて一筋繩では行かないものだね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161108

2016年11月07日月曜日 データなし

「Train Conductor World」。

f:id:yms-zun:20161129151524j:image:w600

着々と最適化は進んでゐる。實は夏前頃はプレイが途絶えてゐたのだが、廣告動畫をキャンセルする有料オプションがあつたので適用したら進める氣分が戻つてきた。さう高價なオプションでもないのでまあ良いか、と。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161107

2016年11月06日日曜日 データなし

公開の近い映畫の前評判がやたらと目に入る様になつたのでネット斷ち。ネタバレは怖くないが評判に左右されては觀たくない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161106

2016年11月05日土曜日 データなし

ネットニュースTwitterなんかに對米追從がどうかういふ言説の目立つ昨今。少なくとも軍事に絡むことでは米國には追從する以外の途はない、といふのが歴然たる現實なのだがなあ。

それを捨てるといふことはもう一度米國の假想敵國として設定されるといふことなんだけど、それでいいの? といふ話。海を挾んだ何れかの大國の傘の下には入らざるを得ない國力と軍事力しかない我が國が、どの傘の下に在るのが一番マシかといふ話で。

日本が獨立して見えるのは他の國の軍隊が中まで入り込んでゐるからで、その國が敵に囘つたらその相手は中のことを知り盡してゐる訣だ。それでどうやつて身を守るか。右も左も解らぬ俺には良い手があるとは思へない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161105

2016年11月04日金曜日 データなし

響け! ユーフォニアム2」關西大會コンクールの囘。ああ、第一期のクライマックスの京都府大會で曲をフルに聽かせてくれなかつたのはこの囘の爲だつたのか。劇場版でもそのままだつたのがいたく不満であつたのだが、これなら仕方がない。「2」の劇場版をすぐに作つて早く。

演奏中はただ呆氣にとられて口を半開きにして觀てゐた。TVア二メのクオリティぢやないだらう。TVアニメつてのはもつとかう、屁こいてるロボットを屁こきながら觀るものだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161104

2016年11月03日木曜日 データなし

安城まで自轉車を轉がして「ガールズ&パンツァー劇場版」4DXの復活上映を觀賞。おそらく公式に觀られる4DX上映としては最後の機會だと思つて來たが、席は存外にガラガラだつた。流石にもう一部の聖地館以外では集客力もないか。まあ客の入りはともかく樂しめたけど、ちよつとシートの効果は前より弱かつたかな? 馴れもあるから何とも言へない。

隣のオレンジペコでいただいたランチは大層美味であつた。

歸り道、東海道がいい具合だつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161103

2016年11月02日水曜日 データなし

「Forza6」のレースカーのシリーズでリオ市街地を走らなくてはならなくて練習アウディ R18 e-tron クアトロを使つてみたがル・マン特化の車で市街地向きでなかつたのでポルシェ962Cを使ふ。

D

速い車を速く走らせるのは樂しい。當り前だがそれに盡きる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161102

2016年11月01日火曜日 72.85kg 21.3%

ネットで見たニュースの表題に「米大統領選挙投票まで1週間しれつな戦い続く」とあつて。「しれつな戰ひ」。全然熾烈な感じがしない。「漢字をひらく教」の教義においてはどういふ扱ひか知らないが、組織の方針で表外字を使ふ訣にいかないのなら表外字でしか表せない修辭なぞそもそも使ふ意味があるだらうか。

これを「熾烈」と漢字で書けば音讀できなくとも熱さは伝はるであらう。どちらにも熱さを表す部首が含まれてゐるのだから。ニュアンスを傳へる爲だけの修辭なのだからニュアンスの傳はる字を使へば良くて、音讀できる必要などどこにもない。音讀させようと「しれつ」と書いて何が傳はるといふのか。漢字を伴はぬ「しれつ」といふ言葉にイメージを持てるものがあるか?「しりめつれつ」と何が違ふのか、區別できるのか? どうしても音讀できなければならないといふなら振假名を付ければよい。

文字情報としてどちらが適切かなど考へるまでもないが、本當に何も考へなければ紋切型の「しれつな戰ひ」といふ言囘しをポンと貼付けて仕事が終るといふことだ。樂な商賣である。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161101
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報