大和但馬屋日記

この日記について

2016年12月31日土曜日 データなし

歸省のついでに京都をぶらぶら歩くいつものパターン。七條から五條まで鴨川沿ひに歩いて、五條からは木屋町通りを三條まで。

正面橋の正面に見えるのは清水寺の塔かしら。

川邊に下りて歩いてゐたら鳥に餌やるをいさんに出遭うたん。百合鷗ばかりかと思うたら三枚目など殆ど鳩だ。ちやつかりしたものである。鴨川だけに鴨も居る。上の方では鳶が何かを狙つてゐた。鳥天國。

京都に來たならラーメンを、と思つたが目當ての店がどこも滿員だつたので三條の大戸屋で定食をいただいた。一番しやうもない落し處だが唐揚げはどこで喰べても旨いからいいのだ。

實家に歸つて夕食をいただいてから「紅白歌合戰」を眺めてゐたら矢口蘭堂さんか出て來た。何だこれ。「シン・ゴジラ」を採り入れるとは聞いてゐたが、ゴジラの出て来るカットがどれも映畫では見たことのない景色だ。茶番劇にどれだけ力を入れたんだか。紅白史上でも類を見ないレべルなんぢやないかこれ。まあまあ面白かつたです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161231

2016年12月30日金曜日 データなし

紛失したクレジットカードの再發行分が届いた。これが届くまで何も身動きが取れなかつた。やつと歸省の準備をしよう。

スーパーマリオランキノピオの総數はカンストしたが五色それぞれの數に應じてショップの賣り物が解禁されるので、最後に殘つた緑色の分だけでも解禁しようと緑キノピオの出るステージを重點的に遊んでゐると、どうも樣子がをかしい。最後にキノピオ數を集計する畫面をよく見たら、加算前のキノピオの數が前囘のプレイ結果よりも減つてゐる。どういふことか、バグぢやないのかと思ひながらもよく考へたら、上限カンストの9999人は「これ以上カウントしない」のではなくて本當に「上限」なのだつた。だからそれ以上獲得した分は、全體から適當に減らした上で獲得した分を足してゐるのだ。随つてある色を増やしたら他の色は減るし、同じ色のも先にある程度減らされてゐると。

理窟としては正しいのだが、ちよつと眞面目に作りすぎだし、さういふ「色同士の勢力爭ひ」的な構造がゲームの中でまつたく活きてゐないし、どのステージでも赤だけは必ず増えるといふ設定が邪魔にしかなつてゐない。なんぼなんでもデザイナーの自己滿足な設定すぎやしないかね。この徒勞感をどうしてくれよう。

AT-Xで「響け! ユーフォニアム2」最終囘。最後まで良質な作品を有難う。ラストの締めが第一話の會話のリフレインになつてゐて良かつたのだが、AT-Xの番宣でそこのやり取りがうんざりする程リピートされてゐたので阿呆でも解る伏線囘收になつてゐて、なんだか雜な消費になつてしまつたのが悔まれる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161230

2016年12月29日木曜日 データなし

スーパーマリオランキノピオラリーでカウンターストップ。まだ出來ることはあるけど、キノピオラリーのチケットが剩りまくるので世間基準だと長持ちしない感。遊びたいのにチケットが足りないといふ事態には滅多にならないが、上限がかうも早くては課金も望めまい。課金といっても假想通貨しか使へなくて現金購入できる訣でもないから言つても仕方ないが。

ボリューム感と金額とプレイ時間とのバランスについて、實地試驗を行つてゐるといふことなのかもね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161229

2016年12月28日水曜日 データなし

昨日見つけたラン系「パックマンアプリiOS用「MRパックマン」。ナムコカタログIPプロジェクトの一環で、古いナムコの知的財産を他社が利用して作つたゲーム。作つたのはコトブキソリューション、かつてのコトブキシステム即ちケムコファミコン初期にナムコのパチモン呼ばはりされた(?)ケムコがナムコのIPでゲームを作るとは。

ちよいと遊んでみたところ、普通によく出來たアクションゲーム。雰圍氣的には「パックインタイム」とか「クロノアGBA版とか「サンドラの冒險」みたいな畫面で、キャラもクロノアやサンドラに置換へてもさしたる問題はない感じ。ちやんと遊ぶのは「マリオ」を遊び盡したらね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161228

2016年12月27日火曜日 データなし

スーパーマリオラン」を散々遊び込んだ状態で「ニンテンドークラシックミニ」の「マリオブラザーズ」を遊ぶと、その操作感覺の差異に驚愕する。何なんだこの擧動は。貴樣それでもマリオのつもりか。ジャンプの高さを調節できなかつたり空中で軌道を變へられないのがこんなに不自由だつたか。

さうしてみると「スーパーマリオブラザーズ」が「パックランド」を手本にして作られたといふのはゲーム全體のシステム的な模倣といふこともあらうが、何よりジャンプの擧動の豐かさをこそ手本にしたに違ひないと強く思ふ。少なくとも「マリオブラザーズ」のマリオの擧動に後の「スーパーマリオブラザーズ」を想起させるものは何もないし、「パックランド」以前にあそこまでキャラのジャンプの擧動にエ夫を凝らしたゲームも記憶にないものなあ。

「スーパーマリオラン」を遊んで「パックランド」の偉大さを知ることにならうとは。ナムコも「パックラン」とか作つてればいいのにね。もうさういふ質のいいアクションを作れるノウハウは殘つてなささうだけど。

などと適當こいてからAppストアを見ると、ラン系「パックマン」は當然の樣にあるのだつた。それああるわな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161227

2016年12月26日月曜日 データなし

スーパーマリオラン」ブラックコインの收集も終へてワールドツアーモードは全制覇。あとはキノピオラリーを納得するまで遊ぶことになるか。ブラックコインは流石に頭を捻る部分もあつたが、さりとてハ十年代の「スーパーマリオ」の樣に知らなきや絶對無理といふ程の意地惡さはない。まあ今時の正しいゲーム。

一部の人達のオスプレイ忌避は到底理解できるものではないが、さりとてあの機體の構造で空中給油が安全確實に行はれる訣もなく、それは訓練でどうにかなるレべルを超えてゐる樣にしか思へないので、空中給油を行ふことが前提の運用方針を元に自衛隊への導入計劃を進めてゐるのであればそれは反對されても仕方ないといふか、ちやんとした説得材料を持つてくる義務はあるだらうなあと思ふ。でつかいダクテッドファンにして前に防護メッシュでも張つておかない限り、事故はまた起きるでせう普通に。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161226

2016年12月25日日曜日 データなし

TVで「若い人はフルーツを食ベない、原因の一つは糖分に惡印象があるため」とやつてたさうで、それへのツッコミとして「貧しさのせゐでは」といふ意見も見たが、まあさういふのもあるだらうけど先づは面倒臭いからだらうし、値段がどれだけ安からうが購入の選択肢に入つてこないのではないか。なぜ入らないかといふと、コンビニに置いてないからだ。まあ林檎とバナナくらゐは賣られてゐるしカットフルーツのパック等もあるけれども、コンビニでそんなの買ふくらゐなら他に手輕で美味いものが幾らでもあらう。

コンビニに置いてないのは賣れないからで、その中でバナナが例外なのはまだ賣れるからだ。バナナくらゐ樂に食ベられてそこそこ安價で味がはっきりしてゐるものばかりであればコンビニにも置かれよう。

若者がそもそも果物を買ひにスーパーや青果店に足を運ぶといふことが傾向として稀であらうから、コンビニに置かれないことには始まらないといふのが一番の理由でないだらうかね。物にもよるがコストパフォーマンスは必ずしも惡いばかりではないのだし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161225

2016年12月24日土曜日 データなし

昨夜の何が大變だつたかといふとまあ色々あつた。

そもそも、映畫館に向ふ際に自轉車にサドルバッグを取付け忘れたのが事の發端。その中にワイヤーロックやチェーンロックが收まつてゐるので、忘れてしまつては自轉車を施錠できない。イオンモールの自轉車置場のすぐ目の前が自轉車賣場なのだがレイトショーの時間なので既に閉店してゐて、新なのをその場で調達する途は塞がれてゐる。途方に暮れつつ一計を案じ、チェーンの駒を外してそのチェーンでフレームを柵に縛りつけるといふ馬鹿な策を實行してしまつた。所謂「ミッシングリンク」を使つてゐるので、工具を使はず手で付け外しが出來るのだ。これで防犯になるかといふとならないが、氣輕に乘つて行かれることだけは防げよう。人里離れた田舎の深夜、まあ充分だ。

映畫を觀終へて自轉車置場に戻ると、果して自轉車は手付かずでそこにあつた。チェーンを繋ぎ直して歸るだけだと思つて作業を始めたら、ミッシングリンクのパーツの一つがない。どこにもない。周囲を探して囘つたが全く見當らない。もう眞夜中で日附も變ってゐて、中年男があまりゴソゴソしてゐて良い時間でもないので、パーツを探し出すのは諦めて自轉車を牽いて歸途についた。

タイヤがパンクした訣ではないので乘れない訣ではないことにすぐ氣付いて、チェーンの無い自轉車に跨つて地面を蹴つて、十四キロメートルの道を走つた。ペダルが發明される前の黎明期の自轉車、あるいは子供向けのストライダーの風情である。ストライダぢやないぞ。時速十數キロは普通に出るし、下り坂なら二十五キロくらゐ出る。道はほぼ平担で、何本か河を跨ぐ橋が主なアップダウン。やつてみれば解るがとにかくほんの僅かな起伏に對して大變に敏感になる。そのセンスたるやゴルファー竝ではないか、などとゴルフなどやつたこともない癖に思ふ。地を蹴る脚よりも、自轉車と體を支へる腕の方がより疲れた。何しろサドルが殆ど役に立たないので往生する。二時間くらゐ掛けてやつと家に着いた。

ここで話が濟めばまだ「色々」の内には入らないのだが、歸つて持物を檢めてゐると、あらうことかクレジットカードが失くなつてゐる。ちよつと盛り過ぎだ。これに關してはもういつどこでと詮索する意味もないのですぐさまカード會社に電話して停止と再發行の手殰きを行つた。最初に忘れ物をしてゐなければ何事もなかつた筈なのに、とんでもない連鎖があつたものである。まあそんな日もあるさ。

といふ訣で今日はクタクタで何もしなかったのである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161224

2016年12月23日金曜日 データなし

この世界の片隅に」レイトショーで六囘目の觀賞。殘念ながらULTIRA上映は終了してゐて通常の小さめの箱だつたが、その分他の觀客の反應がよく傳はつて來て、それはそれで樂しめた。

映畫は樂しめたから良かつたものの、その後が少し大變だつた。どう大變だつたかは明日書くことにしてとりあへず寝る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161223

2016年12月22日木曜日 データなし

スーパーマリオラン」パープルコインも全部集めた。配置はピンクよりは難しいが、ゲームそのものへの練度が上つてゐる分ピンクよりも樂に集まつた。次はブラック。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161222

2016年12月21日水曜日 データなし

この世界の片隅に」でよく言及され、議論の對象となるのが「二〇年八月十五日」のシーン。その日付が示す通りの歴史的な出來事のあつた日で、それに對するすずさんのリアクションが物議を醸すのはある意味當然なのだらう。「これは反戰映晝である」「反戰映畫ではない」「政治的信條を描いてゐる」「そんなものは描かれてゐない」「國民の戰爭への加害意識が描かれてゐる/ゐない」云々。この様な見解は、ほぼこの日のシーンにのみ絡めた形で言及されてゐる。そして相變らず、この手の話をする手合は畫面をろくすっぽ見てゐない。注意散漫ぢやあ、なのである。

勿論、一囘觀たくらゐで隅々まで理解が及ぶ程易しい作りの映畫ではない。一囘觀た後に殘るのは強い臺詞と激しい表情であるだらう。今これと同時期に流れてゐる本作と同じ時代を扱つた實寫映畫の豫告編の樣に、役者が腹の底から發する怒聲の様な臺詞にも匹敵する強さが、このシーンにはある。しかしそれでも、その強さに引張られてはならないのである。この強すぎる慟哭を解するには、ここまでに到るすずさんの心境の燮化をちやんと時系列に沿つて讀取らなくてはならないし、作品が何を傳へようとしてゐるかはこの慟哭が止んだ直後から叮嚀に描かれてゐるから看逃してはならない。

この日のシーンは、あくまで歴史の轉換点を描いたものであつて映畫のクライマックスなどではないのだ。前後を踏まへずに点だけ見て何かを主張する樣では、それはただ作品を自らの主張の道具として利用してゐるにすぎない。繰返し見れば見る程、そんな道具として扱へる樣な生易しい作品でないと解る。何も主張しない相手に主張を見出さうとして勝手なレッテルを貼るのは對人關係の拗れの第一歩。この作品も相對した人からさういふものを扶り出してしまふのである。怖ろしい。

ではこの映畫のクライマックスはどこか? そんなの、上映が終つてから映畫館を出るまでの間にうまく處理できない心の内がもやもやしてゐる時間に決つてゐるぢやないか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161221

2016年12月20日火曜日 データなし

スーパーマリオラン」ワールドツアーの全ステージをクリアして、各ステージのピンクコインは全部集めた。コインは他にパープルとブラックがある。それぞれ配置が異なりステージの攻略ルートに違ひが出るから、全二十四ステージの三バリエーションで七十二種類のステージが樂しめるといふことだ。これに疑似對戰モードのキノピオライバルを加へれば、千二百圓といふ値段に對しては高價すぎるといふことはない。

一方で、iOSのGame Centerに對應してゐなかつたりプレイ結果をSNSに直接投稿する機能がないなど、アプリの出來には關係しないところで「どんくさい」のも否めないところだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161220

2016年12月19日月曜日 データなし

iOS用「スーパーマリオラン」で遊んでゐる。タッチでジャンプするだけの「スーパーマリオ」。自動的にキャラが動いて、ジャンプやそれに代る一種類の操作だけを行ふアクションゲームを「ラン系」などと呼ぶが、その最後發といつて良い。で、最後發でしかもベースがそもそもスーパーマリオだから目新しさは皆無だけれども、しかし實に面白くできてゐる。流石といふ他はない。怖ろしいことに、もうこれならば「普通の操作のスーパーマリオなんてかつたるくてやつてられない」と思つてしまふ危險すらある。

何がそんなに面白いかといふとステージの構成とギミックがとことんまで練込まれてゐて、マリオのアクションがそれに巧く嵌つてゐるから「ただジャンプするだけ」に留まらない多彩なアクションを可能にしてゐる。安つぽいラン系ゲームは得てして後半に到る程徒にタイミングを嚴しくしたりややこしくしたりで難しいだけのゲームに調整してしまひさうなものだが、さういふものとは一線を畫してゐる。

問題はやはり物理的なボタンがないことで、硬いガラス面を指で叩くことになるから長時間力を込めて遊んでゐると指先が痛くなつてしまふ。下手すると痛いでは濟まなくなるかもしれない。指が痛くなる程遊べるのだから、惡いゲームではないのだ。

などと「スーパーマリオラン」にかまけてゐたら、「Train Conductor:WORLD」のデータが破損してしまひ續けられなくなつた。ゲーム性に時間の蓄積が含まれる以上、二度と遊ぶ氣は起らないだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161219

2016年12月18日日曜日 データなし

ブルーレイ版「マイマイ新子と千年の魔法」を觀賞。まづ、率直な感想だけをいふと、自分向きではなかつたな、と。詰らない訣ではないが、どこか他人事の樣で、かといつて子供向けアニメを樂しむ大きなお友達にもなれず。何といふか、新子が勝手に何かやつてるな、周りがそれに付合はされてるな、といふエピソードが續いてゐるのを眺める氣持。で、その新子が何とも無敵キャラで、豐かすぎる想像カを周囲に躊躇ひもなく披瀝できるのが強い。何事にも動じないし、子供視点で目の前が眞暗になるやうな出來事に對面してすら結局は我を通した行動で自分なりの解決をみてしまふ。強い。強すぎる。もう一方の主人公たる貴伊子は新子の強さに中てられて新子の想像の世界に入り込み、そこで不思議な「體驗」をするが、それを新子と共有することもない。新子は映晝の中で成長も變化もないまま最後は三田尻を去る。殘された「他所者」の貴伊子は山囗辯に染まつて周りと馴染んでゐる。新子はさながら子供版「水戸黄門」で、山囗に去つてもそこでよろしくやるのだらう。どこに行つても特に大きく變りはすまい。映畫が終つた後に何より思つたことは、新子よりも殘された貴伊子の話が見たい、だつた。水戸黄門などと言つたが、まあ普通に考へれば新子は地住みの「赤毛のアン」で貴伊子は外からやつてきたダイアナなのだらう。話としてはさういふもの。

映畫としては苦手な演出が所々にあつて、それはラストシーンで兒童合唱團による「Sing」が高らかに流れる邊りに象徴される。何だか氣恥しくてむず痒い。たぶんオリジナル曲ならさうは思はない筈。幾らなんでもべタすぎるだらう。スキャットを多用した劇伴音樂も、トーンの低い主人公達の臺詞を妨げてゐて入り込み難い。

これらに關して極端なことを言へば、本作をどこかで一度觀て内容の理解も深めてゐないままなら、決して「この世界の片隅に」を自分で觀に行かうなどとは思はなかつただらうと確信できる程だ。俺はそんなに慧眼ではない。しかし今の自分はさうではなく、「この世界の片隅に」を觀た後といふチート状態の自分であるから、演出の表面的な苦手さを克服してこの映畫に向合ふことができる。それはそれでゼイタクなことなのだ。

そんな訣で、「マイマイ新子と千年の魔法」でもしばらくは遊ばうと思ふ。ちよつと寝かせてからまた觀よう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161218

2016年12月17日土曜日 データなし

數日前にiPhoneが我が手の拘束を離れ9.81m/s^2の加速度に身を委ねた。

f:id:yms-zun:20170125140919j:image

差當り使へなくなつた訣でもないがそのまま放つておく訣にもゆかないので週末に豫約の取れるApple公認修理カウンターを探したところ、津市のカメラ店をやつと見つけたので行つて來た。鈴鹿に行くよりも遠い。修理といつても本體の交換なのでバックアップを取つておいた。その邉は拔りなし。落す前にバックアップを取つとけといふ話には耳を塞ぐ。落すな? 物理的に無理だろ。

修理に行つてみると、街外れでもカウンターは大盛況。聞えてくるのは殆どがバッテリー周りのトラブルらしかつた。二年くらゐ使つてゐるとバッテリー殘量の表示と實態が喰違つてきたり、充電ケーブルを緊いでも電氣を喰はなくなったりするものだからなあ。

自分のはさつさと交換して.津新町驛まで散歩。來る時は津驛からバスで來た。何年か前、津城址近隣の旅館に泊つてF1觀戰して以來で少しばかり懐かしい。

松菱百貨店。驛から遠い場所にぼつねんと建つてゐてやつて行けてるのだらうか。

津城。電線の被る處に城が在る味はひ。電線嫌ひにや解るまあ。

歸宅してiPhoneのデータをバックアップからインストールしつつ、買つてあつた「マイマイ新子と千年の魔法」を觀賞する。感想はまた明日。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161217

2016年12月16日金曜日 データなし

ハンプヤードの「ハンプ」が英語でなく漢字の「坂阜」であるとWikipediaで目にした衝撃。慌てて調べ直して「hump」への當字と知つて胸を撫下し、そもそも今更ハンプヤードと言つても何のことか知らない人ばかりだらうと気付くまでが一ターン。吹田のハンプヤードは凄かつたんやで。

昨日の話は「この世界の片隅に」のすずさんの慟哭にも通じる話。あるいは映畫そのもののテーマにも通じる話。生きていくにはどうしても心に棚を作らねばならぬ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161216

2016年12月15日木曜日 73.4kg 21.4%

久々に体重を測つた。増えてる。

福島縣から神奈川縣に引越してきた子供が苛めに遭つてゐたといふ話。關東地方の、東京電力によつて生かされてゐるだけの者が何故そんなことができるのか。その愚かしさに耐へられない。

かつて東電管内で暮して日々の仕事をしてゐた自分はある時期、福島中央テレビで放送される地域番組の放送素材を作つてゐた。その番組のスポンサーは「東京電カ福島第一原發・福島第二原發」。有體に言へば、東電が地元に落す筈の「思ひ遣り」豫算を、東京の制作會社とCGクリエイターが喰潰してゐたといふ構圖だ。

大したバジェットではなく、弱小プロダクションが何とかトントンで喰へるくらゐでしかなかつたが、ともかくもさういふ金で一時期の俺の體は出來てゐた。制作した物の中身については自分なりに拙くも良い物にしようと取組んだつもりではある。とはいへ福島でそれがどういふ評判だったかを聞く機會はなかつた。それから何年も經つて震災が起きて以來、心に伸掛る漠然とした罪惡感は東京を離れた今でも消えない。

では原發には反對なのか? 單純に反對できればどれだけ樂だらう。しかし、それではいづれ立行かなくなることは目に見えてゐる。その日を少しでも先延しにする爲に原子力を捨てる代りになるものが地球のどこにもないことも知つてゐる。

少なくとも、事故前と同じ水準の暮しを續ける都市住ひの人間に原發を否定できる筈がないのだ。否定するなら暮しを捨てろ。電力の契約アンペアを半分にしてみろ。こまめに家電製品のスイッチを切つたくらゐで節約した氣になるな。そんなのは電氣料金が多少安上りになる以上の效果はない。せめてさういふ取組もなしにただ原發反對などと言ってゐるのは、それがどれだけ立派に見えようとも「口だけ」なのだ。

俺は拭へぬ罪惡感とともに原發の存在を肯定し、その負擔をどこかの誰かに押附けざるを得ない。東京に居る間は契約アンペアを15Aに下げて、エアコンとオーブントースターも同時に使へなくした。一人でそんなことをしても自己滿足の域を出ないが、それしか出來ることもなかつた。

だから、福島に關はる全てを穢れと見做し呪ひをかける者共を俺は人とは思はない。そんな弱さが赦される訣がない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161215

2016年12月14日水曜日 データなし

片渕須直監督の過去作品「マイマイ新子と千年の魔法」のブルーレイ版と、NHKチャリティ曲「花は咲く」のアニメバージョンを購入。とりあへず「花は咲く」を觀た。黒子のないすずさんや呑屋の女将のリンさんの店で一杯やる圓太郎さんと小林の伯父さんやクリーニング屋の刈谷さんなど、呉で見知つた様な人々が別の場所、別の時間を生きてゐる。「この世界の片隅に」で作畫監督を務めた松原秀典さんは、これに參加したことをきつかけに「この世界の片隅に」をやりたいと願ひ出たさうだ。

映像が良いので、まあ歌についてはさういふものかな、と。菅野さんの樂曲に思ふところは、今となつては特に何もない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161214

2016年12月13日火曜日 データなし

Twitterの方でちよいと議論があつたので過去の自分の考へを漁つてみたら、日付ピッタリ十年前だつた。

http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20061213#sii

自分の書いた中では一番コンパクトに國語表記に對する道理を纏めてあると思ふ。筋道として今更特に付加へるべきこともない。

國語改革批判に對する反撥は畢竟「過去に戻れ」と言はれることに對する生理的な嫌惡感に根差してゐるものらしい。現在から過去に遡る途中に「戰前・戰後」の端境を挾むとその嫌惡感は極大となり、感情を理性とすり換へてしまふ。人は割と簡單に「過去に學ベ」とか「歴史に學ベ」などと口にするが、言ふは易しでその實そんな氣はさらさらないのである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161213

2016年12月12日月曜日 データなし

8-Bit F1 2016 Season Review

F1公式サイトによる「8ビットゲーム風」F1總集編動畫。センスの塊で面白い。公式なのに皮肉を效かせるよねえ。日本ぢやまづ有得ない。

一つだけ氣になるのはこれだけ見たらHAASは新參チームに有勝ちな駄目チームといふ印象だけが殘りさうなこと。全然そんなことないから。既存のチームの買收や改名によらない完全新規の參入チームがコンストラクターズタイトルで八位の成績を修めたなんて、過去二十年間で最高の結果。參入までにハースの何十倍の資金を投入したか分らないトヨタの無樣な結果と較ベるまでもない。

その前だとザウバージョーダンなんて成功例もあるけど、ザウバーはスポーツカーの實績に比べると聊か寂しい結果だしジョーダンにはF3000での着實な成果があつた。ハースは全く文化の異るアメリカNASCARからの挑戰なので、正直皆舐めてたでせう? アメリカの文化がF1で通用する訣がないと決めてかかつてたでせう? 俺は舐めてた。

だからハースの今年の成果は凄いと思つたし、もつと強調して讃へられるベきだと思ふよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161212

2016年12月11日日曜日 データなし

XBOX VIDEOを利用して「MAD MAX:Fury Road」を觀た。今まで觀てゐなかつたのはまあそんなに映畫趣味ぢやないし好きさうな作風でもないしでたまたま氨が向いたから觀ただけ。で、觀れば成程面白かつた。最初はこの作品世界にどうやつたら入り込めるのかと當惑もしてゐたのだが、そんな自分にも登場人物への愛着を湧かせる話の運び方は見事といふ他はない。

「激突!」竝にシンプルで力強いシナリオ。何を載せても安心な土臺に思ひ付く限りの具材を載せた感じ。「激突!」といへばタンクローリーだけど、こちらはタンクローリーがまさかの主役。ホワイトべースかソロシップかといふ趣きで、ただの車を物語の「舞臺」に仕立て上げたのが素晴しかつた。船ものでもなかなかここまでのはないんではないか。シリーズに思ひ入れもないのでインターセプターとやらを早々に退場させたのは正解だつた様に思ふ。

ロードムービー的展開からは予想し得ない後半の筋書きにも意表を突かれた。MSXの「グラ2」かと。實に面白かつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161211

2016年12月10日土曜日 データなし

證明冩眞を撮る必要があつて、しかしどこで撮れるか分らない。たしか職場の最寄の驛構内には自動撮影機があつた樣に思ふが、そこまで行くのも面倒だ。近くの大型スーパーに行つてみてもそれらしい機械は見當らず、しかしスマホ冩眞のプリント機があつたのでそれを使ふことにした。

適當な壁面の前で自撮りしてプリント。印刷形式の中に證明冩眞用の設定があつても良ささうなものだが何故かさういふのはないので、複數の冩眞を組合せるレイアウトで適當に何枚か印刷してみて使へさうなのを選んだ。失敗した分を合せても專用の機械より安上りで良かつた。

序でに買物してトラワガなる聞いたこともない名前の魚を買つた。見た目はカサゴメバルかといふ態で、調べてみたらタケノコメバルが標準和名だつた。これを普通に煮付けていただいたら、大層旨かつた。好みでいへば黒目張以上で、旨味ではガヤに一歩讓るが充分に旨い。何かの外道として漁れるせゐか市場で値がつかないらしく、目張としては考へられない安さでこの味である。素晴しい。これとかガヤとかをいただくと、何で皆わざわざ高價い黒目張なんか買ふのだらうと不思議になるね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161210

2016年12月09日金曜日 データなし

鳥居はその文字面から鳥の止り木といふイメージを持つてゐるので、日吉大社山王鳥居は止り辛さうだと思つてしまふ。

夏目漱石の外觀を再現して動いて喋るロボットなるものが作られたさうだが、故人をこんな形で蘇らせるのは惡趣味だなあ。レーニンの亡骸の保存に通じる何かを感じる。何年か前のhuluのCMに出てきた淀川長治さんのCGも然り。映畫に使ふため等の目的がはつきりしてゐればそんなに違和感もないのだらうが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161209

2016年12月08日木曜日 データなし

友人の祝言に呼ぱれて大津日吉大社へ。古代史の仕事の影響でつい「ひえ」と呼んでしまふが「ひよし」。何故讀み方を變へたのかの由劼鮹里蕕覆ぁH羆辰覆里法

紅葉の季節は外したが、名殘の紅葉が綺麗だ。見る角度に合せた三連屋根の建物など、見て唸らされる。良い處だ。

ちやんとした神前婚で、初めて三三九度の正式な長さのを見た。吹晒しの祭殿なので寒さに震へながら最後まで見た。

御幸せに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161208

2016年12月07日水曜日 データなし

いい加減草臥れて人前に出られなくなつた革靴を新調したら一發で靴擦れ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161207

2016年12月06日火曜日 データなし

「子供の美術」と題した彫刻家氏の聲明文がTwitterで話題になつてゐる。日く、「圖畫工作の時間は上手に繪を描いたり、ものを作つたりするのが目當てではありません」といふ書出しに始まつて感性を育むことの重要性を説く一枚の檄文の態で、まあ、如何にも一般受けする内容だとは思ふ。皆に等しく正しく感性を育むことができるといふ前提の上では特に異を挾むのも野暮だと思ふが、かういふとすぐに「正しいとは何だ」と言つて味噌と糞の區別をつけることすら忌避する樣な因縁が一緒について囘るのでどうにも首肯しかねる。

正しいといふのは歪んでゐないとか眞直ぐであるといふことであり、正しい感性を育てるとは物の良し惡しを知るといふことでもある。當然、教へる側にも最低限の感性が備はつてゐることが要求される。多様な價値觀を受容れることも必要となる。正直、教育現場には荷が重いことだと思ふ。しかし、それはやらなくてはならないことであらう。そこを拔きにして、「圖畫工作の目指すところは技術の巧拙ではない」とだけ受止めて持て囃す様ではどうにも先は暗い。

敢へていふならそもそもの話、子供にとつては自分の描きたいものを思ひ通りに出力する技術こそが必要なのだ。道具や畫材を上手く使へる技術を知らぬばかりに、思つたものを生み出せず繪や工作を樂しいとも感じられずに嫌ひになる、といふケースだつて少なくない。技術の習得によつて、上手くなることが樂しいと思へるからこそ續けられるのは當り前のことだ。その可能性を摘取つてはいけない。

さういつたことを棄ておいて紙一枚の檄文一つで教育を論じる様な無責任さでいいわけがなからう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161206

2016年12月05日月曜日 データなし

アブダビGPが終つてからF1方面のアンテナを下げてゐたら、いつの間にかニコ・ロスベルクがF1引退を發表してゐた。

まだ若いのにとは思ふけど、まあさうだよね、と解る氣もする。子供の頃から同じ部屋で暮して同じチームで競つてきた相手と何年もチャンピオン爭ひをしては敗れ續けて、世間からも何かにつけて較べられてはルイスは強いけどニコはねえ、と言はれ續けて、やつとのことでチャンピオンをギリギリのところで手にしたんだから、それあしんどい。もういいだらう、と思つても仕方なからう。

まあ、獲つてしまへば「僕は人生のライバルに惠まれた」なんて言ひ方もできるんだらうけど、そろそろ「あいつのゐない世界」の人生を歩みたくなつたんぢやないかな。御疲れ樣。

父のケケ・ロズベルグと同じく一囘きりのチャンピオンといふのは惜しいけどね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161205

2016年12月04日日曜日 データなし

この世界の片隅に」の觀賞ペースが既に一年前の「ガルパン」を上囘る高頻度になつてゐる。「シン・ゴジラ」は四囘だつた。「ガルパン」はトータルで二十五、六囘くらゐかな?

別に囘數を誰かと競つてゐる訣ではないし、多ければ偉いと思つてもゐない。ただこれらの作品は、一囘や二囘觀ただけではとても摑み切れないものが二時間の中に込められすぎてゐて、それを知らないままにはしたくない。特に「この世界の片隅に」は別格だ。

重箱の隅をつつくといふが、世界の片隅をいくらつついてもキリがない。それほどの世界が描かれてゐるのだから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161204

2016年12月03日土曜日 データなし

この世界の片隅に」で主演聲優を務めるのん(能年玲奈)さんのTVメディアでの扱ひ(扱はれなさ)について壓力があるのないのとネットの有名人が喧嘩をしてゐるが、ないと言つてゐる方が明らかに業界筋のポジショントークで飯喰つてゐる人なので、まあさういふことよねと皆が理解する正しい社會。撤かれた伝單は讀まずに燃やしませう、と言はれてもね。

TVで流すものを作る仕事をしたことがあれば、有形無形の「配慮」と称する壓力で馬鹿げた變更を迫られることなんて一度や二度ならずある訣で。そんなの普通だから殊更壓カといふのはをかしい? はあ、さうですか、阿呆ですかと。

まあ、世間の作品の評價からみていづれ無視できなくなつた時に彼等がどう扱ふかを見るのが樂しみではある。本日觀賞五囘目。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161203

2016年12月02日金曜日 データなし

藝能人が麻藥だの覺醒劑だのに手を出して捕まつたといふニュースばかりだが、しかしタクシー内の會話を撮つた防犯カメラの映像がTVで流れるといふのは明らかに異常だし、その映像を提供したタクシー會社だけが行政から注意を受けるのもをかしな話だ。求めた側にも相應の責任はあらう。

まあ、過去にこんな見解もあつたし、マスコミは人倫の外の理窟で動く半反社會組織であるといふことだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161202

2016年12月01日木曜日 データなし

たまにはゲームのことなんかも。「Forza Horizon 3」に新型NSXが。

f:id:yms-zun:20170114015526p:image:w600

まあゲームでしか縁のない車だ。どの車でもさうだが。

D

今作にもあつた列車とのレース。今作では鐵道敷地内にも自由に入り込めるので、別にレースでなくとも列車と竝走したり絡むことはできるのだが、イベントだと途中にジャンプ臺なぞが設けられてゐてわざとらしくスローモーションなどを入れてくれる。正直蛇足氣味である。

D D

前作のSLとのレースの方が、線路と車が完全に隔絶されてゐるにも關らず「馬鹿なレースをしてゐる」感じに溢れてゐて明らかに樂しい。

それらしく見せるにもちよつとしたセンスの違ひで隨分と印象が變るものなのである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20161201
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報