大和但馬屋日記

この日記について

2017年05月31日水曜日 彼我の違ひは大きい

米記者が差別的投稿で解雇の反応

昨日の件の續き。差別發言によつて即時解雇した「自淨作用」を褒め讃へるのも、逆に「そこまでする程の發言ではないだらう」と擁護するのも、我々日本人の立場としてはちと能天氣にすぎるのだと思ふ。人生とか社會的地位のかかつてる問題だからね。日本には眞の意味でのポリコレは存立し得ないのだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170531

2017年05月30日火曜日 ステロタイプに縛られて

日本のTVメディアで吹替へられる、不自然なまでにフレンドリーな外國人の喋り口調について。

no title

フジテレビスカパーF1を生中繼して二十年近く經つと思ふが、レース後の公式インタビューを一貫して同時通訳されてゐる海老塚寛子氏はすベての話者の言葉を敬語の體で訳してくれてゐる。聞いてゐるこちらとしては少し堅すぎるのではないかと思はないでもないけれども、基本姿勢としてはああであるべきなのだ。今まであまり氣に留めたこともなかつたけれども、どんなに時差のある遅い時間のレースでも待機して通訳してくれてゐるのだから全く頭が下がります、ハイ。

さてもう一つ、今度はアメリカのメディアの話。佐藤琢磨選手のインディ500マイルレースでの優勝即ち日本人の同レースでの初優勝といふのはアメリカ國内においては歴史的な大ニュースである訣で、そこには勿論賞賛もあればさうでないネガティブな反應もある訣だ。

その中の一つ、アメリカのあるスポーツメディアの記者が人種差別的なコメントを書いたとのことで、所属メディアが同記者を即時解雇したといふ事があつたらしい。典型的なポリコレ案件ですな。解雇された同記者による釈明の文を讀んだがどこにも反省の色はなく、ただ祖父が戰爭で日本と激しく戰つた話を聞いて育つたことが延々と書かれてゐた。自分としては、それは仕方のない感情だと思ふ。ネガティブな發言をしたこと、それが咎められて失職したこと、何れも彼の國の事情であつて、さうなる必然を受止めるだけだ。

たぶん彼の人も普段から日本人に對するへイトを撒散らして生きるタイプの人ではないのだらう。スポーツメディアで生きてきたならその邊は余程辯へてきた筈である。そんな人をして感情に走らせてしまふくらゐ、インディ500といふレースがアメリカ人にとつては精神的な支へとなる大事なレースであつて、そんな大舞臺で佐藤琢磨はどえらいことをやつてのけたのだなと思ふばかりだ。それを日本人として誇るとか過去を恥ぢるとかではなく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170530

2017年05月29日月曜日 三大レースの二つ

モナコGPが終つて氣持良く寝て起きたら佐藤琢磨選手がインディ500マイルレースで優勝してゐた。優勝! インディで優勝だつて!!

盡く盡くインディアナポリスに愛された男だな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170529

2017年05月28日日曜日 鈴鹿とモナコと

鈴鹿8時間エンデューロ2017春SP。

http://pbs.twimg.com/media/DA3ZPpBUAAAxsP6.jpg

今日はとにかく西風が強い。ホームストレートも西ストレートも登りの向ひ風なので絶望しかない。一周平均十二分以内を目標として、それは則ち平均時速三十キロ以上必要なところ、全區間で唯一平坦な立體交叉上で三十キロが出せないのだから氣持ちで負けてしまふ。

ティントタイム
19:44.509
10:35.380
12:23.627
210:43.334
11:39.036
12:31.925
311:17.742
12:29.541
13:01.763
411:30.075
12:59.776
512:59.322
12:27.573
平均タイム11:52.585

後で計算してみたら辛うじて平均十二分は切つてゐたけれど、序盤の稼ぎが大きかつただけで後半が駄目すぎた。嚴しい。

D

一番良かつた周囘のVR動畫。VR再生はYouTubeに飛んで。スプーンで救急車が右後ろに現れる邊りが面白い。

さて體力も盡き果てて家に歸ればモナコGPの決勝、スタートして三十分後邊りからの觀戰。ポールのライコネンはトップのまま。三番手ボッタスと四番手フュルスタッペンがピットを絡めて順位を爭ふも、レッドブルのクルーがコンマ數秒手間取つた爲にボッタスが前へ。續くリキアルドがピットストップでその二臺を拔いたものだからフェルスタッペンは四文字語を連發して惡態を吐いてゐる。面白い。

ベッテルもピット作業でライコネンの前に出た。周囘遅れに引掛かつてペースを上げられなかつたライコネンは氣の毒といふ外ない。この竝びになるとどうしてもベッテルとライコネンの差は少しづつ開いてしまふ。モナコの道幅といふアシストがなければライコネンではベッテルを抑へこめないのだ。

六十周目、バトンがワーレインを拔かうとインに捩じ込んでタイヤ同士が接觸、乘上げる形でワーレインがポルティエ出口の壁に横轉して貼リついた。見るからに危ない状態だつたがワーレインは無事マシンを降りたので―安心した。これがインディカーだつたら乘上げは起きなかつたらうし、この貼付きで今後採用豫定のドライバーの頭部保護デバイスが有效だつたかどうかも判らない。パスカルはただ幸運によつて助かつたのだと思ふ。この事故で出たセーフティカー中にエリクソン第一コーナーでスピンしてリタイア、レース再開直後にバンドーンも同じ場所でクラッシュ。事故多し。

そんなアクシデント續きのレースをフェラーリがワンツーフィニッシュで制し、三位にリキアルドが入つてメルセデス表彰臺に上れなかつた。コース上のインタビューの進行係としてニコ・ロスベルクが登場。半年前までの當事者ならではの氣安さでズケズケと話を訊くのが面白かつた。

それにしても、表彰式で樂しさうにイタリア國歌を合唱するフェラーリクルーを見ると劇場版「ガルパン」のアンツィオの三人を思ひ出してほのぼのしてしまふよね。

アンツィオといへば今日、鈴鹿のピットスタンドの階段でアンツィオジャージの人とばったり出遭つて、あちらはこちらの大洗ジャージに目を留めてお互ひ「おッ…(ニヤリ)」みたいになつたのを思ひ出したよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170528

2017年05月27日土曜日 昨日の續き

余所者の闖入を好まぬコミュニティがすべからく刑務所か要塞の樣な壁の中に引籠らなくてはならぬなんて道理はないし、最低限の線引きと認証手續のあるところで同好の士を廣く集めようとすることと、興味のない人に「歸れ」と拒絶することも矛盾しない。いつまでも「無斷リンクと同じ」としか言はない人こそ何も學んではゐないのだと思ふ。

話變ってモナコGP豫選。ハミルトンがQ2脱落つてどうなってるんだ。マクラーレンアロンソインディ500に出るため代役としてバトンが復歸して走つてゐる。PU交換の爲にグりッドは望めないが、タイムはバンドーンよりも上。流石だ。

ポールポジションを獲得したのはライコネン、なんと九年振り。二番手ベッテルとボッタスの差は僅か千分の二秒。異なるチーム、異なるPUでここまで拮抗するもんかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170527

2017年05月26日金曜日 無斷リンクとは話が違ふ

立命館大學の學生だか院生だかが、pixivの投稿BL小説サンプリングして得たデータベースを基にWEBの有害サイトのフィルタリングを行はうとする研究論文の草稿を公開、事に氣付いたpixivの投稿主が作品を非公開にするといふ事件が起きた。投稿者のナイーブさとアカデミズムの無神經さが出遭つて最惡の結果をもたらした事例。

ガラパゴス諸島にズカズカ乘込んで雑な調査をしたことでダーウィンフィンチやゾウガメの亞種をうつかり何種類か絶滅させました、みたいなものだからね。やり方として稚拙であつたと評さざるを得ない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170526

2017年05月25日木曜日 モナコウィーク

モナコGPのある週は、フリー走行が木曜にあるせゐで頭が金曜であると錯覺してしまふのが辛い。明日も仕事なんだよ!

ハースF1のマシンのカラーリングが少し變つて、正面から見るとトヨタ時代のウィリアムズにそつくりになつた。何だこれ、と思つたがよく見たらNASCARの方のカラーに合せたのかな。「Forza 6」でこんな感じのを見た氣がする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170525

2017年05月24日水曜日 祭の前から後の祭

週末はエンデューロ。サボり氣味のローラーを囘してみるも燒石に水。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170524

2017年05月23日火曜日 自稱リズム・バイオレンスゲーム

Nintendo Switch用「THUMPER」。ストアの動畫を觀たらグラフィックが綺麗だつたので買つてみた。

http://pbs.twimg.com/media/DAhWpgSXYAEffd8.jpghttp://pbs.twimg.com/media/DAhWv8RXUAM69iu.jpghttp://pbs.twimg.com/media/DAhWzqVXcAEf5ts.jpghttp://pbs.twimg.com/media/DAhW3gwXcAEbbiW.jpg

大畫面で遊びたいゲームとしてはSwitchでも随一だと思ふ。元々はVR用ゲームだつたさうで、まあ横や後ろを見ても仕方ないがHMDで遊ぶだけでも没入感は相當なものだらう。

しかしリズムゲームの悲しさで、ゲームに集中してゐるとレーンの狹い範囲に視點が固定されて意識も砥ぎ澄まされてしまふ爲、映像の美麗さなどすぐに意識の外に飛んでしまふ。誰かが遊んでゐるのを横で見た方がいいかもしれぬ。

Switchにも色々ゲームが揃つてきたが、携帶モードでしか遊ベないゲームと携帶モードでこそ遊びたいゲームと携帶・据置どちらでも遊べるゲームと据置の大畫面でこそ映えるゲームがそれぞれあつて樂しい。こんなゲーム機無かつたな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170523

2017年05月22日月曜日 ナゲテタンダ一

3DSの「激投戰士ナゲルンダー」を一心不亂に遊んでゐた。

https://pbs.twimg.com/media/DAXpJgZUMAAu7Xn.jpghttps://pbs.twimg.com/media/DAXpJgaUwAAXQbS.jpghttps://pbs.twimg.com/media/DAXpJgbVoAA9gRx.jpghttps://pbs.twimg.com/media/DAXpJgaU0AEGPxW.jpg

さほど新しいゲームではないし何故今これをそんなに遊ぶ必要があつたかは自分にも判らない。敢へて言ふなら、面白かつたからだ。

摑んで投げる、その擧動をモノにすると地面に降りることなくずつと空中に留まつてコンボを極めたりできる。エリアルレイブよりずつと華麗で恰好いい。操作性と難易度のバランス感覺も絶妙で、こんなに面白いアクションゲームもなかなかない。種轉がしてる場合ではなかつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170522

2017年05月21日日曜日 轉がる種に芽は生えず

Nintendo Switch配信タイトル「Tumble Seed」。

https://pbs.twimg.com/media/DASr9kmUwAAEqL1.jpg

左右レバーの上下で下半分のバーを傾けて、その上に乘つてゐる目玉のついた種を左右に轉がして、障碍物や穴を避けつつ上にスクロールして進んでゆくアクションアドベンチャーゲーム。ローグライクと稱してマップは毎囘變化する。

正直、つまらない。元々がイライラ棒型ゲームである上に、パッと見のマップが畫像の樣に穴ボコだらけ、日本語非對應で話の流れがよく解らんし、言葉が解つても畫面の要素のデザインと、それに觸れて得られる成果が理解しにくい。そして何より操作が苦痛だ。久しぶりに面白くないゲームを買つた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170521

2017年05月20日土曜日 MrEとはバーニーのことか

d:id:yms-zun:20170515で書いたF1運營の變化について、マーティン・ブランドル氏が同樣の感想を書いてゐた。

There were many fresh initiatives from the new owners of F1 at the weekend to 'reach out' to fans and they were generally very impressive. I spoke with Mr E for a while and he seemed less impressed, but there's an increasingly carnival atmosphere around particularly on race day and I like it.

Lewis Hamilton, Sebastian Vettel duel it out as F1 delivers a treat | F1 News

同じものを見て同じ樣に感じたのがブランドル氏だといふのはちよつとばかり嬉しいことだ。バーニー・エクレストン氏が「感銘を受けてゐない風だつた」といふのも面白い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170520

2017年05月19日金曜日 Surfaceで日本語

Surface Pro 4Windows 10を使ふにあたつて、最大の問題は日本語の手書き入力をどうするかといふことだつた。

常用してゐたWindows Journalがセキュリティの問題でWindowsから排除されてしまつたからで、それを避けてWindows8.1はアップデートせずに使ひ瀆けてゐた。しかし、過去の日記でこの件について觸れたら「Windows Journalセキュリティ對應版が配布されてゐる」といふコメントを頂いたので、檢索して取得。無事使ふことができた。情報有難うございます。セキュリティ對應といつても、ファイルを開く際に一々警告ダイアログを表示するだけといふこれ以上ない雑な對索だけれども、基本が變つてないといふことだから却つて有難いといふものた。これで手書きに専念できる。

Surfaceといへばあのドッキングする恰好いいキーボードを兼ねたタイプカバーを誰しも想像するところだらうが、勿論あんなものは買つてゐない。使はないことが明らかだからだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170519

2017年05月18日木曜日 Surfaceに乘換中

Surface Pro 4に環境を移行しつつ騙し騙しTninkPad Tablet 2を未だ普段使ひしてゐる。

https://pbs.twimg.com/media/DAFz3UdUIAAVbxG.jpg

液晶の右端上下がたぶん液漏れを始めてゐて表示が怪しくなつてきてゐるのだ。しかしハードウェアの物理的な取囘しの良さとWindows 8.1の相性は非常に良くて中々手離し難い。たぶん生涯を通じてこれ程「欲しいものが手に入つた」感のあるPCには今後出遭へないのではないかといふ氣すらする。

Surface Pro 4はもちろんスペックの全ての面においてTPT2を遙かに淒いでゐる。TPT2で出來たことはすベて出來るし出來なかつたことも大抵出來るので、何か不滿がある訣ではない。ファンレスでないことが唯一氣に入らない點ではあるが、ファンがあることと引換へに高い処理能力を手に入れたのだから文句を言ふところでもない。高解像度で大きな畫面なので、DP1DP2の冩眞ならば等倍で鑑賞できるのは今までにない經驗だ。処理が速いのでSIGMA Photo Proによる燒付作業も捗る。ていふかTPT2では荷が重すぎた。

Windows 10はリリース直後に較べると随分こなれてゐて、タブレットモードとデスクトップモードの融合も納得いく形で行はれてゐると解つた。畫像ビューアのアプリなどは快適そのものだ。専ら畫像閲覧やら電子書籍を讀むのに使つてばかりだけれど、折角できることが増えたのだから使ひ途を擴げていかう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170518

2017年05月17日水曜日 子供と爺さん

アリスと蔵六」のアニメ第一部と称する第五話まで觀た。アリスにも蔵六にもあまり關係なかつた人同士が派手に戰ふシーンをクライマックスに持つてこられても、氣持の置き處がなくて困るなーといふ印象。爺さんと子供の交流がメインの話なのだから、凄い能力を持つたお姉さん達は要らなかつたのでは? 映畫「じゃりン子チエ」のクライマックスの猫の決闘の様な蛇足感。「原作がさうだから」? さうぢやないだらう。じつくり「アリスと蔵六」の話を描いた後ならよかつたなあ。

コトリンゴさんの歌はいいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170517

2017年05月16日火曜日 夢工房つてどうなつた?

http://pbs.twimg.com/media/C_ojkRiUMAAhzew.jpg

Nintendo Switchに「ブレイジングスター」が配信されてゐる。NEOGEOで二番目に面白いゲーム。一番は勿論アレよアレ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170516

2017年05月15日月曜日 さやうならバーニー

昨日のスペインGPであつたこと。

スタート前、國際映像のカメラが觀客席のある男の子を捉へてゐた。全身にフェラーリを纏つた、どこにでも居るF1ファンの子供の一人だ。スタート直後、ライコネンがフェルスタッペンと絡んでクラッシュ。この時、先の男の子が顏をグシャグシャにして泣く姿がTVに映し出された。レース中盤、ベッテルが先行するボッタスをストレートで拔き去つた時には、滿面の笑みで喜ぶ同じ男の子が捉へられた。すつかりTVクルーに氣に入られたとみえる。レースも後半になつた項、今度はその男の子がフェラーリのピットに招かれてライコネンと記念冩眞を撮る樣子が映された。コース上で最高のバトルが繰擴げられてゐた一方で、こんな「ハートフルな」映像がファンの心を摑んでゐたのだつた。これを見て、「ああ、F1は變つたな」と直感的に思つた。

レース前には二座席のF1ライクカーによるF1マシンの擬似體驗ができることを喧傳されたり、豫選後のトップ3インタビューを放送席ではなくホームストレートのグリッド上で行ふなどの試みも爲された。マシンにはゼッケンナンバーが大書される樣にもなつた。いつの頃からか、テレメトリーで把握してゐるからといふ理由でカーナンバーは肉眼ではつきり見えなくてもよいことになつてゐたのだつた。どれもこれも、大したことではない。ただ、慣例で何となく蔑ろにされてきた、あるいは各チームのプロモーションに任されてゐた「現地でのファンサービス」について、多少なりと本氣で見直さうといふ動きがあつたことは窺へる。

それを象徴するのがフェラーリファンの男の子に纏はる一連のTV映像だ。一部には「ヤラセ」を疑ふ樣な意見もあるし、さう疑はれても仕方のないくらゐ完璧な演出だつた。しかしヤラセ説には致命的な穴がある。ライコネンのクラッシュまでが仕込まれたのでなければ、そもそもその後の展開も起り得なかつたのだから。ともあれ彼に目を付けて追ひ續けたTVクルーと、その映像を見て男の子をパドックに招き入れたフェラーリのチームスタッフの連携ぶりは見事。「サーキットに來ればいいことがあるかもよ」とアピールする絶好の機會を得て、最大限に利用してみせたのだから。ああ、流石アメリカメディア屋さんは一味違ふな、と思つた。

お高く泊まつたバーニー・エクレストンの體制とは違ふんだと証明してみせたのだから、新生FOAにはライトスタッフが揃つてゐるのだらう。かういつた興行面について、變つたと感じる程の影響がはつきり見えたといふことがちよつとした驚きであつた。それが實際どこまで良かつたこととして殘るかは續けてみないと判らないけれども、今のところは惡くないと思ふ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170515

2017年05月14日日曜日 スペインGP決勝

Thinkpad Tablet 2の液晶漏れの範囲が擴がつてきて、そろそろ「氣になる」を通り越して「使ひにくい」にステップアップしてきたので、これが「使へない」になる前にSurface Pro 4を注文して届いた。起動してマイクロソフトアカウントを入力したら、デスクトップが最初からTPT2と同じ壁紙になつて表示された。

https://pbs.twimg.com/media/C_sv45ZUAAAyYXH.jpg

クラウドつて怖いな。ともあれセットアップに追はれる週末だつた。

それはそれとしてスペインGP。開幕後の遠征が一通り終つて、第二の開幕戰とも言はれるヨーロッパラウンドの緒戦。マシンのアップデートは當然として、今年は運營の主體が代つたといふことでイベントの運營自體に少しづつ手が入つたグランプリといふことになつた。それを端的に表すと、「サーキットで觀戦する價値を高める」といふことにならうか。これについてちよつと象徴的な出來事があつたが、それはさておき今日のところはレースの流れを覺え書き。

スタートでベッテルがポールのハミルトンを抑へて首位に立ち、ライコネンとフェルスタッペンもハミルトンに竝びかけるが一・二コーナーで外に出て絡んでしまふ。ライコネンはサスを損傷してリタイア。フェルスタッペンもリタイア、マッサとアロンソも接觸してマッサにダメージ。

十五周目にベッテルが先に動いて三回ストップを匂はせる。ハミルトンは二十二周目まで引張つた。ベッテルから二十五秒以内をキープできれば勝機はある計算となる。ボッタスがベッテルを巧くブロックしてハミルトンを援護する。二十五周目にやうやくベッテルが前に出たが、ハミルトンにしてみれば大きなボーナスを貰へた。

ミディアムタイヤのラップタイムがソフトタイヤに較ベて遜色ないため、三囘ストップを行ふ旨味がなくなつてしまつた。さうなるとベッテルは戰略的に不利に立たされたことになる。そこへマッサとバンドーンの事故に起因するバーチャルセーフティカーが導入され、タイヤの壽命を概念的に延ばせるのでベッテルには助けとなつた。そのVSCが解除される直前にハミルトンが二囘目のピットイン。これがよく解らない。ピットに入るならもう少し前の方がよくなかつたか。あるいはベッテルより後にするか。

しかし次の周でベッテルがピットイン。アンダーカットを狙つたハミルトンが先に一コーナーに入るがベッテルがインに捻じ込んできたため外に追ひやられ、前に出ることはできなかつた。これを狙つたのだとしたらVSC解除と同時のピットインは戰術的には正解、しかし前に立てなかつたことで殘りタイヤの壽命でベッテルより不利になつたので戦略的には失敗してしまつた。高度な作戰を下敷にしてドライバー同士がバトルで互ひの前に出ようとしてゐる、最高のレースだ。

ミディアムのベッテルに對し、ソフトのハミルトンは勿論ペースで勝るのでベッテルを追ひ囘す。そしてDRSを使つて前に出て首位を奪つた。但しハミルトンはもう一囘タイヤを換へなくてはならないので一周あたり一秒の差をつける必要がある。ベッテルのペースはそこまで惡くない。ハミルトン不利か。

しかしハミルトンは三囘目のピットインを行はず、ベッテルの追撃を振り切つて首位でチェッカーを受けた。兩者の差は三秒差、三位リキアルドに七十五秒差をつけて四位以下は全て周囘遅れといふ、實にハイレべルなトップ爭ひのレースだつた。

ベッテルにしてみれば、どこかで失敗した訣ではないし、速さもあつたし、スタートで勝てた筈なのに何故か負けたといふところだらう。細かいところでハミルトンに味方する要素はあつても、一つ一つは決定的ではなかつた。強いていへば、ハミルトンにとつてのボッタスの樣に自分を助けてくれる味方がベッテルには居なかつたといふことにならうか。ライコネンのスタート直後のリタイアこそがベッテルの敗因だつたといへさうだ。

いや、實に面白かつた。コースで見れば尚面白かつたらう。最初にしかけたその話については、また後日。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170514

2017年05月13日土曜日 贅澤な玩具

Forza Horizon 3」のDLC擴張パック、「Forza Hot Wheels」。

D

Hot Wheelsは米國ミニカーブランド。玩具屋の店頭でわりと雑に賣られてゐるのを目にすることも多い。最近は「Forza」と手を組んで「Forza」のロゴ入りモデルカーを出してゐたりもする。今囘のDLCもその一環といふことか。

それにしても、島一つ丸々Hot Wheelsの玩具のコースに仕立て上げて、その中を實車で走り囘れる様にするとは驚いた。急斜面や縦ループには謎の力が働いてゐるが、タイヤの振舞ひはあくまでシミュレーションべースのFH擧動。虚實の狹間で樂しく走れる。「マリオカート」より樂しいぞ。

本編からDLCのオープニングまでの「とにかく最初に遊ばせて見せる」展開もすつかり板に付いてゐる。高品質なエン夕テインメントとして出來上つてるな。この「さあ遊べ」感がたまらん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170513

2017年05月12日金曜日 神に慈悲なし

ガチャを回す時の当選率のわかりやすい表と解説が話題に!「注意事項に貼るべき」「出るまで回せば100%!」 - Togetter

確率の話。期待値の概念を期待値といふ言葉を用ゐずに説明してゐる。實はそんなに解り易く説明されてゐる訣でもないが、要は「千分の一(〇.一パーセント)の籤を千囘引いても、それで當りが出る確率は精々三分の二である」といふこと。これを、「千分の一の籖を千囘引く」といふ挑戰を三囘やれば二度は必ず成功する、と思つてしまふとそれも違ふ。ここにも期待値の罠は潜んでゐるからだ。

確率が無慈悲なのは、確率を司る者、便宜的に神と呼ばう、その神にとつては當りも外れも關係がないところにある。途方もない金を注ぎ込んで籖を引いて負け續けた者は、一發で當りを引いた者と同等かそれ以上に「強運」であるとしか言へないし、さうなる可能性が低いとは言へないのだ。確率の神は誰とも仲良くならないからお近付きにならうとも思はない。ガチャやギャンブルに嵌り易い人は確率による成功を「自カで引いた」と捉へ易い傾向がある樣で、そんな事が有得ないと知つてゐる身からすると何故さう思へるのか解らない。

純粋な韱引きに身を委ねること、例へばスポーツの試合で先攻後攻を決める際のコイントスや「スプラトゥーン」の對戰ステージの決定等の樣な場合と、籤引きの結果を豫想してそれに身を委ねることは同じに見えて全然違ふ。無慈悲な神に身も心も委ねてなるものか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170512

2017年05月11日木曜日 映畫を觀れる林檎なんぢやね

Apple TVを衝動買ひ。

https://pbs.twimg.com/media/C_ivrZ4UQAEIFGO.jpg

HDMIのポートが剩つてゐないのでXBOX ONEのHDMI入力を經由してプロジェクターに接續した。この動畫を觀る爲の専用機になるだらうが、構ふものか。

しかし再生してみると「波のうさぎ」のシーンで早くも音響の弱さが露呈する。音壓のピークが抑へられて全體が平均化されてゐるので、靜かなシーンは氣にならないが「映畫館で迫力のあるシーン」はほぼ潰滅的だ。戰闘機のエンジン音はさう惡くもないが灰ヶ峰砲臺の砲撃はアヒルさんの八九式にも劣るし、海軍工廠への爆撃の音は觀覧車センパイを凌ぐ音でなくてはならぬ。映畫館と家で較べるのでなく、家での同一視聽環境での話だ。やはりちやんと觀賞するにはブルーレイ版を待つしかあるまい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170511

2017年05月10日水曜日 ほんまにうちやあボーッとしとるもんぢやけえ

朝食の仕度をしようとオーブントースターを開いたら、既に燒けて冷めたトーストが出てきた。昨日燒くだけ燒いて食べ忘れたらしい。道理で晝が來る前に腹が空いた訣だ。何が氣味惡いって、毎朝野菜と果物と卵とヨーグルトスムージーを作つて飲んでゐるのだが、昨日はそれを作る準備だけして作り忘れたことに家を出てから氣が付いて、「まあパンコーヒーだけでもいただいたからいいか」と納得してしまつてゐたのだ。コーヒーしかいただいてゐなかつた。うちやあそんとにボーッとしとつたんぢやらうか。

この世界の片隅に」の各種動畫配信サービスでの販賣が始まつた。iTunes Storeで購入したら、ストリーミングではなくダウンロードの買ひ切りだつたのでどこでも好きな時にスマホで鑑賞できることになつた訣だ。訣だが。

「うちはようボーッとした子ぢゃあ言はれとつて」の聲を聞いた瞬間、再生を止めてしまつた。こんな風に、スマホの畫面で消費的に再生するには未だ早すぎる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170510

2017年05月09日火曜日 タイムパラドックス

自轉車に乘つてゐて免許の講習を受けたことのない人はこの本を讀めばよいと思ふ。

發行日がこの日記より新しいのは、書き遅れてゐる間に版が變つてしまつたからだ。古い方を勧める訣にもいかぬ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170509

2017年05月08日月曜日 手信號

丁度こんな記事が話題になつてて。

自転車の手信号 停止合図が話題に

昨日の友人達とのサイクリングの後、この手信號については苦言を呈した。知らなかつたなら仕方ないが、知つておくベきこととして。前にd:id:yms-zun:20150326で書いた通りである。

本當をいふと片手信號はその行爲自體が不安定で危ないので、もつとちやんと考へるべきだとは思ふのだが。道交法の定めるサインは元々自動車の運轉手が行ふものなのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170508

2017年05月07日日曜日 パンク紀行

昨日、自宅に兩親を送り届けてから自轉車で友人宅に行き、一泊して四人連れでサイクリングに出掛けた。出掛けたはいいのだが自分の自轉車にパンクが相次いでしまひ、皆に大迷惑をかけてしまつた。その顚末。

朝に出掛けの準備をしてゐて、前タイヤの空氣壓が下つてゐるので携帶ポンプで空氣を入れた。このポンプが古い代物で、性能に文句はないがポンプ本體にバルブを捻じ込むタイプである爲に亂暴にポンピングをしてはバルブを傷めてしまふ。果して今囘は傷めてしまひ、バルブの付根が裂けて空気が漏れてしまつた。これが一囘目。走り始めて、五分程で再びパンク。交換したチューブのバルブ付近のタイヤの嚙込みが甘く、ビードがリムから外れてパンクしてしまつた。これは俺の作業ミス。友人の一人が持つてゐた豫備のチューブを貰つて愼重に修理をした。

そして走リ始めて快調だと思つたその矢先、無情にも三回目のパンクの音が。調べてみたら典型的なスネークバイドの跡がある。心が折れさうになるが、友人達が近くのサイクルショップでチューブを調達してきてくれて、感謝しつつ作業して、それがまたパンクして心が折れた。自分一人ならとうに投出してしまつてゐる。

四囘目の原因は一囘目と同じ携帶ポンプの構造に起因するものだが、作業したのは自分であり同じ日に二度目のミスを繰返したのも自分である。俺が惡い。折れた心が砕ける音を聞きながら途方に暮れる。チューブを買ひに走つてくれた仲間にも申し訣ない。結局、そのチューブを買つたといふサイクルショツプまで二キロ程自轉車を牽いて歩いて、最後はプロの手で修理してもらつた。序でに携帯ポンプを新調、本體からホースが分離したものにした。今日はもうこれの出番がないことを祈るのみである。たぶん俺の所爲で二時間は無駄にしたと思ふが、そのまま當初の豫定通り武庫川サイクリングロードを經て寶塚から有馬温泉を目指した。

寶塚の街は子供の頃に多分清荒神詣の途中で通り過ぎたくらゐの記憶しかなく、あとは中國道の澁滯に巻込まれるしか用のなかった処。ファミリーランドも寶塚劇場も行つたことがない。成程かういふ街か。山と川があつて景色のいい処ではあるな。

有馬温泉に上る途中、名塩のサービスエリアに寄つてレモンラーメンなるものを頂いた。醬油ラーメンの具としてただレモンのスライスが澤山載つてゐるだけのもの。喰へなくはないし不味くもないが、まあ二度目は要らぬ。普通のラーメンにレモンが二、三切れ載ってゐるくらゐで丁度良いのではないか。

食事を終へて有馬温泉へ。たまに嚴しい上りもあるが大したことはなかつた。目的地に着いて、足湯に浸るでもなく小休止して歸路についた。下りは有馬街道をブッ飛ばす。いふても時速四十キロも出てゐない、そんなに出せない。車が居ない道なので樂ではあるが、しかし有馬温泉郷に溢れ返つてゐたあの自動車共は一體どの道を通って來たものだらう。よく判らぬ。

友人宅まで歸って九十キロ。百キロを超えてゐないので尻は痛くなつてない。それにしても立續けのパンクには消耗させられ、友人達にも迷惑をかけた。申し訣なく思ふ。思へば渥美半島でパンクしたのがケチのつき始めだつた。パンクそのものは不運ではあるが、心構へひとつで避けられたり容易にリカバーできることは多かつた筈。ちいとは氣を引締めないとな。

f:id:yms-zun:20170808095742p:image:w600

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170507

2017年05月06日土曜日 世に澁滯の種は盡きまじ

TVで「澁滯吸收運轉」なるものが紹介されてゐた。その方法は實に單純で高速道路を走行する際に前走車との車間距離を十分に保つ、ただそれだけである。澁滯の原因とは畢竟前の車のブレ一キランプを見て自分もブレーキを踏むことで流れに滯りが生じ、遅延が増幅して車の流れが停まつてしまふことにある。ならば、車間距離を十分に余裕をもつて空けておくことでバッファとし、ブレーキランプが點燈する機會ごとなくしてしまへばよいといふ訣だ。あまりにも單純で誰にでも出來るからすぐやればよい。しかしネットで輕く檢索してみると、ただ車間距離をとるといふだけのことに拒否反應を示したり、賢しらげに「車間を空けると割込みを誘發するので危險」等と反撥する意見が目立つ。總じて「できない」「嫌だ」と根拠もなく考へる人がハンドルを握つてゐる確率が高い樣だ。

丁度良いので岡山から大阪へ戻る際に實踐してみた。と言つても自分は元々十分に車間距離を保つて走るので殊更に氣をつけることもない。ただ、高速道路上でブレーキランプを點燈させるといふことを禁忌として走つてみた。連休のUターン時期なので寶塚附近ではどうしても澁滯が避けられないが、それ以外の部分ではとにかくブレーキを踏まない。ブレーキを踏まずに走り續けるにはどうするかといふと、自づと先行車には近寄らなくなる。百メートル程度の車間距離を堅守すれば前に割込まれようが前方の車がブレーキを踏まうが落着いて對應できる。勿論割込まれたらそこからまた少しアクセルを緩めて百メートルの車間距離をとり直すのである。

別に殊更ゆつくり走つてゐる訣ではなく、流れに乘つて、ただ前を大きく開けて、ブレーキは決して踏まない。それだけのことだ。阿呆でもできる。何せ俺でもできる。割込まれたら危ないといふが何がどう危ないのかも解らない。そもそも十分間隔が空いてゐるのだから、「割込まれた」と思ふこともない。單に前に車が居るだけだ。無闇に飛ばしてゐる他の車が車間を詰めてはブレーキを踏んでゐるのを見て、「下手糞やなあ」としか思へなくなる。高速道路でブレーキを踏むなんて余程のことだと解る様にもなる。 たしかに、道路上の車がすべてこの樣に走りさへすれば、少なくとも自然澁滯なるものが発生する確率は大幅に少なくなる筈だ。

澁滯とは人爲的に誰かが發生させてゐるのだ。事故もないのに澁滯してゐたら、そこには車間距離一つ空けられない下手糞がようけ居つたといふことだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170506

2017年05月05日金曜日 文明の限界

祭以外の冩眞。

母がティファールのケトルで湯を沸かさうとしてはブレーカーを飛ばしてゐる。この古い家にそれは不向きだから素直に藥罐で沸かせばいいと言ふのに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170505

2017年05月04日木曜日 秋季例大祭(春)

島名物の走り神輿。三基の神輿が八幡宮から岩坪港まで走つて、二艘を横に繋いだ漁船に乘せて本浦港に渡り、御旅所で一晩を過して翌日八幡宮へ戻る。よくある神輿渡禦の祭だが、途中を神輿が走るのが特徴。流石にノンストップで走り囘る訣ではないが。

例によつてVR動畫。

眞鍋島走り神輿2017 - YouTube

元々は秋の彼岸に行つてゐたものを、人を集める爲にやむなく五月に行つてゐる。それだけ島に人が居ないといふことで、今や擔ぎ手も島外の人が多い。それでも續くだけマシなのだらう。自分とて外の人で、協力してゐる訣でもないからとやかくいふ話ではない。島に家が在るだけで島の人になる訣でもなく。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170504

2017年05月03日水曜日 歸省からの歸省

またも兩親を乗せて輕ワゴンを運轉して岡山へ。勿論自轉車は使ひ物にならないので大阪に置いてきた。

九十近くになる伯母が轉んで怪我をしたといつて入院したのでその見舞。本人は氣樂なもので自分が怪我をしたといふこと自體忘れてゐる。調子も良ささうなので安心して退去した。

島に渡つて何をするでもなくだらけて過す。 見たうもない地上波放送に哂されるがサーバルキャットが狩りに失敗する番組を見られたので良しとしよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170503

2017年05月02日火曜日 「甘ブリ」續きと歸省

甘城ブリリアントパーク」を最後まで觀たが、小手先の技術だけで作られた退窟な話とそれなりに上質な繪に付合はされただけだつた。電話應對してゐる姫さんが可愛いとか、さういふレベルでは「流石京アニ」としか言ひ樣がないが、さういふレベルにしか良い処なし。總じてつまらぬ。AT-Xで遅れて始まるまでは何となく面白さうで楽しみにしてゐたので、當てが外れて殘念だつた。

さて、自轉車を擔いで電車に乘る。新快速大津まで出てから大阪まで眞直ぐ走つた。逢坂山を越えて追分の邊りから醍醐方面に拔ける。道はそんなに大きくないが走り易い。

https://pbs.twimg.com/media/C-0WBcYUIAE_l9i.jpg

松井から片町線沿ひの津田まで走つたが、このバス通りは高校時分にはバスが通るくらゐだから大きな通りだと思つてゐたのに想像以上に狹苦しかつた。ランディオーネで通學してゐた高校生の自分と東京MTBを乘囘してからの自分には見えてゐるものが全然違ふ。あの頃は歩道を走つてゐたし、十キロも走れば大冒險だつた。

出身高校の前を通つて家へ。昔は三十分くらゐ掛つてゐたが今なら二十分程度。自轉車のスペックの違ひよりも體と意識の違ひだと思ふ。その意識が家の近くで緩んでしまひ、普段なら行かない路肩に入つたせゐで鐵板の縁にタイヤをとられて派手に轉んでしまつた。どこでも知らない道のつもりできちんと車道の左側を走る。これだけで自轉車の事故の多くは防がれる筈だと再認識した。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170502

2017年05月01日月曜日 今更甘ブリ

レコーダーのHDDを整理すべく未見の「甘城ブリリアントパーク」を觀始めたが、どうも氣持が入らない。やる氣のなさが蔓延してゐる小集團を奮起させる話といふのは一種テンプレである。そしてテンプレであるが故にちやんと面白く作るのは難しいのではないか。何だかその邊を甘く見積つて作り始めたためにスタジオと原作者の實力を出しきれてゐない感じがする。

見失つたり空回つてゐる「場のやる氣」を主人公が持てる才覺でもつて纏めてゆく話ならまだ觀られもするが、とりあへずこんな遊園地潰れてしまへとしか思へないし、主人公がその復興に手を貸す動機もよく見えてこない。どこから面白くなるのだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170501
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報