大和但馬屋日記

この日記について

2017年09月30日土曜日 ゲーム腦の恐怖

なんだか時間が止まつちやつてるなあ、といふしかない意見。「ゲームやつてる近頃の子供は云々」と大人に嘆かれたのは昭和末期から平成初期に始まる話で、當時その樣に嘆かれてゐた子供が三十年後の今大人になつて「日本をリセットする」とか言つてるんだと思ふけどね。

んでもつて、そんな「子供の頃にゲームばかりやつてて」「大人になつてからはゲームなどやつてない」人でないと、ゲームをリセットするなんて古臭い言葉は使はないだらうね。今世紀に入つてから設計されたゲーム機にはそもそも「リセットボタン」なんて搭載されてないからね。

さういふ機能のボタンが無い以上、「ゲームをリセットする」なんて言ひ方は自然とされなくなるものだよね。だから「日本をリセットする」つてのは如何にも團塊ジュニア世代が考へさうな、そして團塊ジュニア世代にしか響かないダサい言回しでしかないんだよな。腦味噌8ビットかよ。

一方、今時のゲームの中ではトイレットペーパーの向きを巡つて戰爭が起きてゐた。

https://pbs.twimg.com/media/DK8NhelVYAA9mo7.jpg

海外(おそらく米國)の「スプラトゥーン2」のフェスのチーム分けのお題。日本人からするとあまりにピンと來なくてそもそもチーム分けか成立しない樣に思へるが、彼の國では深刻な社會問題のテーマであり、これに較べればきのこたけのこ戰爭ですらただのじやれ合ひにすぎないことが”トイレットペーパーの向き - Wikipedia”にも示されてゐる。このアドレスは「アンサイクロペディア」ではない、馬鹿馬鹿しいことに。「TVでトイレの中のトイレットペーパーを映してはいけない」とかに到つては何の冗談かと思つた。これも一つの、否これこそが典型的な「ポリコレ」の姿なのだな。そんなテーマに斬り込む「スプラトゥーン2」も大したものである。

マレーシアGP豫選結果。

https://pbs.twimg.com/media/DK9ubzVUMAAwD83.jpg

ベッテルがターボトラブルでタイム無し、爲す術も無し。

豫選後インタビューでハミルトンがスタンドに向けて積極的にファンサービスをしてゐる。チームのメインスポンサーであるペトロナスの國であり、そして今囘を以てマレーシアグランプリの終了が決定してゐるためでもあらう。寂しいことである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170930

2017年09月29日金曜日 ゲームとか色々

AT-Xが「結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章」の番宣を流してゐる。しかしそもそも「結城友奈の章」が放送されたことがないから俺見たことないぞ? といふ訣でブルーレイボックスを買つて觀てゐる。序盤は緩いな。

Switch版「アーケードアーカイブス マリオブラザーズ配信開始。

http://pbs.twimg.com/media/DKvqL3OU8AAR4u7.jpg

ああ、この説明畫面を久し振りに見た。この畫面は今まで移植版では再現されたことがない。昔のゲームはこんな形でチュートリアルを見せる例が少なからずあつて樂しいものだ。

遊んでみると操作に癖があつて難しい。ファミコンディスク版「かえってきたマリオブラザーズ」も「スーパーマリオアドバンス版」も、マリオの擧動が「スーパーマリオ」のそれに合せてあるからジャンプ後にわりと自由に軌道修正ができるのだが、この最初の「マリオ」は「ドンキーコング」と同等の仕樣でジャンプした後は着地まで一切の操作を受付けない。頭で解つてゐても後世の操作感が指に染みついてしまつて、仲々思ふ樣に操作ができなくて弱つた。

あと全體的に音が籠り氣味なのが氣になるが任天堂アーケード基板の特性エミュレーションに問題があつてサンプリングで鳴らしてゐたりするのかもしれない。また、これもファミコンで記憶を上書きされてしまつてゐてマリオがやられた時の效果音なんか全く知らない音に聞えた。あと、コインが出現すると「天國と地獄」のBGMが流れた記憶があるが、それは他社のデッドコピーバージョンか。思つたよりも色々忘れてゐて驚いてゐる。

ゲームもう一本。Switch用「INVERSUS」。

http://pbs.twimg.com/media/DKyF01LVAAAAjby.jpg

よくあるツインスティック全方位シューティングに趣きは近いが、システムに工夫があつて滅法面白い。自分は白いパネル上しか動けず、敵はパネルを黒く侵蝕しながら迫つてくる。自分のショットが通つたパネルは白くなる。敵を倒すと爆發し、近い敵を爆發を巻込んで連鎖的に誘爆できる。敵が爆發した跡のパネルも白くなる。敵に詰め寄られて自分の居るパネルが黒くなるとミス。

自分の移動範圍が色で表現されて刻一刻と變化する樣子はさながら「スプラトゥーン」の樣でもある。移動のもどかしさと敵の誘爆の氣持良さのバランスがよく取れてゐる。「Geometry Wars」にも似たリプレイ性に睡眠時間がみるみる削られていくので大層危險なゲームだ。

「スプラトゥーン」といへばサーモンランのバイトに入つたら變なシフトメンバーの輪の中に放り込まれた。

https://pbs.twimg.com/media/DKvspF0VYAEXxKJ.jpg

学生時代によくやつた工場でのアルバイトを思ひ出す。WAVE 1であつさり失敗して微妙な雰圍氣になつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170929

2017年09月28日木曜日 世にオカルトの種は盡きまじ

圓周率の數字の任意の桁に0から9のどの數字が現れるのかを、前後の桁の數字の竝びから推測して決定することは出來ない。どこかの桁に何かしらの法則の樣なものが見えたとしてもそれは單なる偶然であり、圓周率を求める爲の計算から導かれる結果の必然性とは何の關係もない。

圓周率の小數點以下十桁まで「7」は出現しないし三十桁までは「0」も出現しない。頭の「3」がその後の桁に周期的に表れたりもしない。このことか何かを示すのかといふと何も示さない。十分に大きな桁數の中で0から9までの出現率を数へるとそれぞれがほぼ等しく1/10を示す。言へるのはただそれだけである。1/10の確率は十囘に一囘、ではない。

別にこれは圓周率に限つた珍しい話ではなく、割り切れないし數字も繰返さない「無理数」は幾らでもある。むしろ、數學的には殆どすべての實數は無理數である。特別なことではない。

何が言ひたいかといふと、地震の豫測とは「無理數の任意の桁の數字を言ひ當てろ」といふのと同レべルで理論的に不可能であるといふこと。正當な地震學者の言つてゐるのはさういふことであり、「南海トラフの地震は何年周期」などといふのは全くただのオカルトである。そんな豫測めいたものに何かを賭けるのはただのギャンブルだ。

まあそのギャンブルにオカルトが跋扈するのを止められない樣に、地震豫知なるオカルトも止められないのだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170928

2017年09月27日水曜日 のけもの誰だ

公式からの通達文。

けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関するご報告2017.9.27

けものフレンズプロジェクトA

「けものフレンズ」に関しまして、すでに新規映像化プロジェクトの制作を発表させていただいておりますが、発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です。

そのような中、今年1月〜3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。

「けものフレンズ」は動物ファーストの理念のもと、関わってくださったすべての方々の手によってゲーム、コミック、アニメ、舞台と展開して参りました。広く門戸を開放し、理念に賛同していただける方々のお力添えをいただき、世界を広げていきたい。そのために誰のものでもないプロジェクトとして、動物のための「けものフレンズ」として活動を重ねて参りました。

しかし、アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。

「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関しては、上記のような経緯で一部滞っておりますが、「けものフレンズプロジェクト」は今後も御協力をいただく皆様と共に作品を守り、ファンを守り、動物たちのことをもっと知ってもらう活動をこれからも初志貫徹、続けていく所存です。映像化に関しましても、改めて、そしてできるだけ早くご報告できるよう進めて参ります。

今後とも様々な「けものフレンズプロジェクト」をよろしくお願いします。

けものフレンズプロジェクト|公式サイト

永續的なURLでないので全文引用させてもらふ。

監督の言つてゐることと明らかな齟齬がみられるので、どちらかが嘘を言つてゐるのでなければ現場の風通しが御世辭にも良いとは言へないといふことだ。まあそんなものだらう。製作委員會といつたつて常に關係者が顏を突合せてゐる訣でもなく。

娯樂コンテンツでこんな裏側を見せられると單純に氣持良く金が拂へなくなるので勘辯してほしいもんだ。「百年の戀もー瞬で醒める」。娯樂なんて戀させてなんぼのペテン師みたいなもんなんだから、馬脚を見せる樣なド三流の眞似はしないでおいておくれよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170927

2017年09月26日火曜日 けもフレ

昨日は「けものフレンズアニメについて巨大な爆彈が落ちてどつたんばつたん大騒ぎなわけで、しかしまあヤオヨロズ/irodori關係といへばトラブッてもまあ、うん、このくらゐはさもありなんと思へてしまふ訣でもあり、一體全體何なのかねえ。

どうでもいいけどたつき監督の居ないけもフレを「ジョブズの居ないApple」に喩へたがる人が多くて「???」となつてゐる。何でそんなにAppleとジョブズが不可分みたいになつてるんだ。AppleもMacintoshも元はジョブズが仲間と作つたものだけど、皆が知る「クリエイティブな仕事に使ふためのコンピュータ」としてのMac*1はジョブズがAppleをクビになつてから確立されたもので、その頃ジョブズは他所でNeXTなんてものを作つてたんだぞ。ジョブズが歸つてくるまでの長い長い期間にAppleが作り續けたMacintoshは好みはどうあれプロダクトとしてさう酷いものではなかつたし、MacよりNeXTを正確に評價できる日本人なんて殆ど居ない筈。日本人の、殊に彼が死んだ後のジョブズ像はをかしすぎる。

*1:正確にはMacintosh II以降の機種

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170926

2017年09月25日月曜日 科學が教養だつた頃

單に學研の圖鑑は凄かつた、ばかりでなく昭和五十年代までは各社からかうした圖鑑のセットが出てゐて、訪間販賣で子供の居る家庭が狙ひ撃ちにされ、半ば押賣りの様に買はされた。うちは國際情報社の全二十巻セットを買はされてゐて、俺は貪る様にそれを讀んでゐた。たぶん初めて見たF1マシンはその圖鑑にあつたティレル005だつたと思ふ。

全二十巻の最後の巻は「未來物語」と題して將來の科學技術の發展を基調とした未來像を樂觀的に描いてゐた。その巻末附近の二色刷のページには海外のSF小説の粗筋が一作毎に見開きで紹介されてゐて、クラークの「海底牧場」やブラッドべリの「華氏四五一度」などをそれで讀んだのが俺のSF原體驗。まあ濱村淳の様な解説口調で話のオチまで全部書いてあるから後になつてみれば酷いネタバレを喰つたともいへるが。「華氏四五一度」なんかこんな調子の出だしだつたと憶えてゐる。「ガイ・モンターグはファイヤーマンです。といっても消ぼう士ではありません。くろ光りするへルメットとスーツに身をつつみ、火えんほうしゃきをかかえた、かっこういいファイヤーマンです。」みたいな。うろ憶えだけど。俺、この小説のタイトルをずつと「ファイヤーマン」だと思つてた。地球が地球が大ピンチ、より先にこつちを知つてたレベルで。

今にして思へば、あれは何だつたんだらうなあ。SFが基礎教養と見倣されてゐた時代が確かにあつたんだらうか。圖鑑たるものの性格上、全二十巻の中に文學的なものは基本的に含まれてなくて、そこにわざわざ掲載されてゐたといふのはね。まあ擔當者の趣味と言つてしまへばそれまでかもしれんが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170925

2017年09月24日日曜日 シテとかアドとか

おおきく振りかぶって」の舞臺劇のキャストが發表され、その中に「ヒロインの監督役は何某」とあつて「モモカンはヒロインだつたのか?」と一部でざわついてゐるらしい。それあ配役の中でメイン格の唯一の女優の起用だからヒロインとして扱はざるを得まい、舞臺劇としては。

でもまあ「おほ振り」のヒロインは誰が見たつて三橋だよな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170924

2017年09月23日土曜日 飯食つて屁こいて寝た、でもいいんだけどね

夏休みの宿題の日記で、どうしても何があつたか思い出せなくて埋められなくて困つた日とかあるでせう。それが今日です。

メモを元に數箇月後に書いてるのだがこの日の記録が殘つてない。といふか昨日の分の後半がここに書かれるべきだつたのに筆が滑つた。

まあたぶん「スプラトゥーン2」やつてた、で間違ひなし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170923

2017年09月22日金曜日 アニメ考察二題

考察その一「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN V」

18:40

先週觀た「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN V」ではブリティッシュ作戰のコロニー落し、初代ガンダムのオープニングの「人は自らの行爲に恐怖した」のあのシーンについて、落ちたコロニーの中に暮す人の視點での頴末が生々しく描かれてゐた。

曰く、コロニーを制壓したジオン軍がコロニー内を毒ガスで滿して住民を虐殺し、それと竝行してコロニーを地球目掛けて落下させるといふ手順を踏んだらしく、毒ガス注入の樣子やそこから逃げようとしてあへなく引裂かれる若い男女の姿が描冩されてゐた。しかしこれは、實際どうだらう。

設定上のコロニーの大きさは直徑六キロメートル、長さ三十キロメートルに及ぶ圓筒形で、圓筒の内壁を開いて平面に擴げてみれば大阪府の北半分、大阪市東大阪市大東市から箕面市茨木市高槻市島本町までの居住區をすつぽリ覆つてしまふし、山地を避けて平行四邊形に歪めれぱ堺市から八尾市までもカバーして、要するに大阪府の人口の大半が收容できるほどの面積を有してゐる。その内の半分は採光窓なので居住可能な土地は半減するとしても、物理的に途方もない廣さであることには違ひがない。それだけの面積の住人を全滅させる程の毒ガスが果してムサイ數隻に積んだタンクだけで可能だらうか? ざつと計算してみよう。

コロニー内容積が七千六百三十立方キロメートル、VXガス致死量は毎分〇・一ミリグラム/立方メートルとしてざつと雑に計算すると、時間効率を度外視すれば七千六百三十トンのVXガスが必要になる。数字だけだと意外に何とかなりさうだな、合つてるか知らんけど。まあ、コロニー内を致死量のガスで滿たせようが滿たせまいがコロニーごと落ちてしまへば誰一人生き殘れない事は間違ひなく、逆に何故先にガス虐殺など行ふ必要があつたのかと首を傾げてしまふところではある。何をどう想定しても悲慘でしかない話。

考察その二「Re:CREATORS」

18:40

アニメ話もひとつ。「Re:CREATORS」が完結した。面白かつたけれど最終話に到るまでの終幕の構成は今一つに感じた。作品内の概念を援用するなら承認力の低い話になつてしまつたな、と思つたのが正直な感想。この物語の重要な骨子は次の樣なものだ。

創作物に描かれた登場人物達が讀者や視聽者に支持されることを以て「承認力」を得て現世に具現化し、實在の人物として振舞ふ。作中では「被造物」と呼ばれる具現化したキャラクター達は創造主たる作者の安易なコントロール下には置かれず、行動規範や意識は作品内で描冩され鑑賞者に「さういふキャラである」と認識された状態の自我を確立し、假令作者がそれを好き勝手に改孌しても鑑賞者の支持を得た承認力とならない限りは決してその通りにならない。逆に言へば、創造主の意に完全に沿はなくとも二次創作的に多數のファンが「さういふもの」と認識した設定が擴まれば、性格・能力・属性などの形で被造物に附與される可能性があり、その可能性の象徴として惡役のアルタイルが登場する。

アルタイルの創造主はネット上の世間の惡意に絶望し自殺した。アルタイルはその絶望が具現化した被造物として復讐のために世界を滅亡に追ひ遣らうとする。アルタイルとそれに與する被造物の勢力に對抗する爲に、主人公側の勢力は創造主(アニメ作家や漫畫家、小説家達)の力を政府主導で結集し、國家的マルチメディアキャンペーンイベントとして展開して鑑賞者の承認力を最大限に高め、アルタイルの能力を封じ込めようとする。

二次創作的にほぼ無限に能力を擴大し續けるアルタイルといふ設定は、言ふまでもなく初音ミクを代表とするネットコンテンツをベースにしたキャラクターから着想されてゐる。アルタイルのキャラデザインもある程度それに寄せてある。そのカウンターとして、創造主側はアルタイルの鏡像としてシリウスといふ新たな被造物を造り、シリウスにアルタイルを凌ぐ能力を與へてこれを無力化した。一番の違和感はここである。現實に、例へば初音ミクに對抗して他方面のプロのクリエイターが寄つて集つて「ミクの様な別のキャラクター」を自分の著作に登場させて、それがミクを凌ぐ支持を得られるかどうかといふと、それは明白に否だらう。それは結局本尊たるミクへの承認力を高めることにしかならない。殊に「プロの出すパチモン」に對するネット層の目は冷やかである。シリウスにはアルタイルから更に進んでほぼ「色違ひの初音ミク」としか言へない樣な外見が與へられたが、それがこの展開についての違和感を殊更に大きくしてしまつてゐる。

物語においては承認力を逆手に取つてシリウスがアルタイルとなつて復活を果す。そのアイデア自體は惡くないとしても豫定調和的だし、それをやりたいが爲に持つて來たそこまでの流れにやはり無理を感じてしまふ。承認力をトリックの種とするなら、例へばミクがミクダヨー化するとかシテヤンヨ化するといつた具合に、惡ノリが暴走した承認力によつてアルタイルが自らの意に沿はぬ方向にキャラ崩壊するといった展開を俺は期待した。アルタイルの創造者を死なせた「世間」がアルタイルを強くする承認力の源であるならばそれがアルタイルを滅ぼす力にもなる筈で、そんな不確かで無責任な力がアルタイルの強さと脆さを表してゐるに違ひないと思つたからだ。そこにつけこんでアルタイルを駄目にするのが「事を面白くする爲なら何でもする」眞鍳と、モブ代表の主人公颯太の役目なんぢやないのかと。それで崩壊したアルタイルの自我が、「公式クリエイターによるパチモノ」のシリウスを乘取つて再びアルタイルとして甦るといつた流れにでもした方がより承認力の高い物語になり得たのではないかと思ふ。ネットの惡ノリをさういふ方向に活かさなかつたのだとすれば廣江禮威先生はちよつと物語に對して眞面目すぎたのか、あるいは「公式」創造主サイドに近い立場の原作者としての限界か。俺は、もうちよつと「プロとアマの境目」についてギリギリまでプロとして惱んで話を考へて欲しかつたのだと思ふ。原作者の高いプロ意識がその邪魔になつたのだとしたら殘念だ。プロのクリエイターの矜持が作品の大きなテーマであるならば尚の事。

「承認力」について、メテオラの胡亂な魔法陣めいた装置とは別に、物語の中心人物の外側の「世間の勢ひ」を示唆する樣な一般人のキャラが颯太のオタク友達みたいな立ち位置でレギュラーに居れば、もう少しその邊を判り易く描冩できたのかも知れないね。

まあ色々考へてしまふのも根本的には面白かつたからで、こんな繪を出されたら一發で涙腺が緩んでしまふのだからチョロいもんだ。

http://pbs.twimg.com/media/DKaSfE5V4AEJ7T2.jpg

いいアニメでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170922

2017年09月21日木曜日 もつと接近しましよ

Nintendo Switch用「ぺんぎんくんギラギラWARS」。昔アーケードやらファミコンやらMSXやらで出てゐた「ぺんぎんくんWARS」のリメイク

http://pbs.twimg.com/media/DKRHL9MU8AAJ8HL.jpg

何故今これを出したのかと思つたら、こいつの出來が滅法良くて面白い。ちやんと今遊べるゲームにアップデートされてゐる。BGMも當時の石川秀美だっけ? の歌をアレンジして使つてゐながらノリが良い。「ゲームつて樂しいな」と心から思ヘる。

朝まで遊んでしまつて明日の仕事がヤバい。「ぺんぎんくんWARS」で徹夜とは何の冗談か。子供か。子供でもそんなことしないだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170921

2017年09月20日水曜日 フリーライダーたち

どこかの誰かがTwitterアカウントを凍結されたとかで、別の誰かが「言論プラットフォームとしてこれは云々」と大騒ぎをしてゐる。ただの一私企業の無料サービスを無料で使つてるだけの癖して何言つてんだ。ただのWEBサービスなんだから他を當れよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170920

2017年09月19日火曜日 シャークフィン

自分はF1マシンのシャークフィンはテクニカルな進化の産物として恰好惡いと思はないので存續に賛成だけど、當の存續理由がテクニカルなものではなく廣告スペースの確保といふものだつたので激しくズッコケた。

そのシャークフィン上のディテールも愈々益々極まってきて面白い形になつてゐる。

Singapore tech review - dinosaurs and duplication?

シャークフィン上縁に鋸齒状の細かいフィンを竝べて上方に小さい渦流の壁を作り、その下の氣流を眞直ぐリアウイングに當てようとしてゐるのだらう、たぶん。何だかファスナーつぽいので一九九九年のBARのカラーリングが似合ひさうだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170919

2017年09月18日月曜日 誰かにとつての夢と惡夢

昨日のシンガポールGPの公式ダイジェスト。フェラーリにとつては惡夢そのもの。再生はリンク先で。

D

さて、夢と惡夢といへば「この世界の片隅に」。そのブルーレイ盤が届いたので觀賞してゐたら、随分と映畫に手を加へてゐることが判つた。ざつと氣附いた變更箇所は以下の如し。

  • 玉虫が樹液から距離を置いてゐる
  • 三月十九日の空襲時、すずさんの足許の籠の中の土筆を削除
  • 六月二十二日、呉驛頭で晴美ちやんのランドセルが消滅しない
  • 同日、防空壕を出てから漏斗口に向ふ途中、行く手を覆ふ黒煙を削除
  • 同じシーン前後、街をひらひらと白い包帯の樣な布が舞ひ飛ぶ樣子の追加
  • 色温度の調整

下三つが判り易い様に同じ条件で撮影してみた。上がiTunesStoreで配信されてゐる上映と同じ版、下が修正後のブルーレイ版。

f:id:yms-zun:20180721171101j:image:w600

f:id:yms-zun:20180721171057j:image:w600

左のカットの巨大な黒煙が消えたのはおそらく映畫完成後にまた明らかになつた事實が反映されたのだらうか。包帶はよく分らない。右の漏斗口の縁にも一枚ヒラヒラしてゐて、この後起ることを考へると不吉の象徴にも見える。

色温度については普通に映畫らしい6500Kに合せたものになつてゐるので、某映畫の如き眞つ赤つ赤に改惡されてゐる訣ではない。

それにしても、ここまで手を加へたものとは別に「長尺版」を作らうといふのである。たぶんこれら既存のシーンもまた相當に手を加へられるに違ひない。それをいつ觀られるのかは分らないけれど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170918

2017年09月17日日曜日 シンガポールGP決勝

一日經つてみれば雨、タイヤ選擇もインターミディエイトとウェットで半々に分れる程のコンディションで迎へたシンガポールGPのスタートは近年稀に見る酷い混亂を伴つた。

スタート直後、二番手フェルスタッペンの出足が惡く後方からライコネンが前に出て幅寄せする形になり接觸。彈かれたライコネンは先頭のベッテルの横腹を叩きながらスピンしてコーナーを横斷し、改めてフェルスタッペンに横から衝突して二臺共にリタイアに。この二臺の外側には今シーズン最高のスタ一トを見事に決めて前に出てしまつた不運なアロンソが居て、巻添へを喰つてスピン。そのままアロンソは走り續けるも、やはり深刻なダメージを負つた爲にリタイアとなつた。

先頭を行くベッテルもライコネンに強く蹴られた横腹から漏れ出す冷却水に自らタイヤを滑らされてクラッシュ、リタイア。

一連のアクシデントでセーフティカーが出動し、その後も序盤から中盤にかけて事故が相次ぎ合計三度もセーフティカーが出た爲に、レースは規定周回數を滿たせず二時間ルールの適用で打切られた。

http://pbs.twimg.com/media/DJ7ozzDVAAIBQlt.jpg

最終結果、パーマーがトップに居るのはテレメトリのトラブルであつて實際は八位。八臺ものマシンが消え、ハミルトンにとつては豫選結果からは思ひもよらないボーナスステージとなつた。今季ここまでのシーズンの流れを再現してゐる樣でもあり、おそらくは今回のことをフェラーリは最後まで悔やむことになるのだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170917

2017年09月16日土曜日 シンガポールGP豫選

Switchの「アケアカNEOGEOミラクルアドべンチャー」で遊ぶ。結構面白い。

http://pbs.twimg.com/media/DJvJQhVUEAENzq5.jpg

主人公の顔が何松さんかつて感じだが。データイーストのゲームだからデコ松さんだな。

さてシンガポールGP豫選。マクラーレンホンダとの契約を前倒しで終了して來季からルノーを搭載することになつた。ホンダはトロ・ロッソと契約。

マクラーレンがホンダと組み續けるのが最良だとは言はないけれど、アロンソを慰留する爲にスイッチすることがそれよりマシだとはとても思へない。その場凌ぎで惡い選擇を繰返すどうしやうもない組織だなあといふ印象。マクラーレンがすベきたつた一つの冴えたやり方は「アロンソを切る」それだけだよ。アロンソはレースの闘ひ方は絶品だけど弱いチームを強くする役には立たないもの。むしろ邪魔だもの。かつてマクラーレンでアロンソと爭つた末にチームに見切をつけたハミルトンの判斷が正しかつたのはその後の活躍でよく判る通りだ。

そのアロンソを評してアナウンサー氏、「アロンソは過去ここのレースで二勝、本人もいいイメージを持つてゐます」と紹介。お、おう…「クラッシュゲート」で檢索檢索♪

http://pbs.twimg.com/media/DJ2YYOWVwAA9-js.jpg

Q2の順位、なんだかここだけ昔のシーズンの順位表を眺めてゐる氣分になる。レッドブルが拔群に速くてメルセデスが低迷、マクラーレンも惡くない。

http://pbs.twimg.com/media/DJ2daJ3UIAUgLMR.jpg

Q3、べッテルが頭一つ拔き出たがレッドブルが速くメルセデスが精彩を缺いたままの結果となつた。荒れるかな?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170916

2017年09月15日金曜日 まあ舊作でも強い人ではなかつたが

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN V 激突ルウム会戦」を昨夜觀てきた。「同 I 青い瞳のキャスバル」以來で途中は飛ばしてゐるが、そこはガンダムなので問題はない。本筋はまあ良いとして、相變らずハモンさんの描冩に力が入つてるなあ。總監督がハモンさんを好きすぎるのだらう。

一方で、ドズルの妻のゼナ樣がちよつと自我の弱すぎる人物として描かれてゐて殘念。もつとドズルを上手く手玉にとつて前向きに尻を叩いて誘導する樣な人物であつてほしかつた。せつかくかやのんが聲を當ててゐるのに勿體ない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170915

2017年09月14日木曜日 本當に歸つてきたマリオブラザーズ

Nintendo Switchアーケードアーカイブス任天堂アーケードタイトルが加はることになつた。

もともとアーケードゲームメーカーでもあつた任天堂は、ファミコン全盛期に「任天堂VSシステム」といふシステム筐體を展開したのを最後にアーケードからは撤退してしまひ、その時點でファミコンに移植濟みのアーケードタイトルについてはそのファミコン版が事實上の「正典」の樣に扱はれてきた。アーケードとファミコンで仕樣が異つてゐる場合は、失はれてしまつたアーケード版の仕樣は事實上忘れ去られてしまひ、再び日が當たることは原則として無かつた訣だ。

第一彈として配信される「マリオブラザーズ」については初期のファミコン版の後によりアーケード版に近付いたディスク版の「かえってきたマリオブラザーズ」といふのがあつて、まあこれが決定版といふことであればそれはそれで良かつたのだが、永谷園のスポンサードで作られた廣告入りゲームといふ特殊な事情の爲か後世に傳へられることもなく、以後は龜の代りにトゲゾーの出てくる「スーパーマリオアドバンスのマリオブラザーズモード」か初代ファミコン版かしか殘らないといふ何とももどかしい状態にあつた。ここにきてやつとアーケード版が日の目を見ることにならうとはね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170914

2017年09月13日水曜日 本質と飾りの違ひ

ガラケーかスマホかつていふのはその出自の違ひで分れるものであつて、端的には電話に他の機能を加ヘたものが所謂ガラケー、ネット端末に電話の機能を持たせたものがスマホであるといふ認識でよいと思ふ。スマホからすれば電話囘線はネット接續の爲に必要なものにすぎなくて、通話機能は副次的なオマケである。ネット端末であるといふのは單にネットに接續できるだけといふものではなくて、ネットを介してコンピューターのあらゆるリソースを利用できるといふのが存在意義に關はる第一の目標であり、ここがガラケーとは決定的に異なる部分であつた筈だ。

先のツイートの人の言ふGPSFelicaの樣な「ガラケーの機能」は飾りであり、電話に付けたその他の機能の一つでしかなく、携帶電話であるが故に必要なものでもなかつた。よく携帶するものにあれば便利な機能としてあつただけ。オマケ機能から見れば載つてゐるのがガラケーであらうとスマホであらうと關係がない。今はスマホもやつと所期の目的としての機能を一通り載せ終つたから、かつて電話にゴテゴテと飾つた機能をその時と同樣にスマホにゴテゴテ載せ始めたにすぎない。飾りは所詮飾りだから、それの有無が本來的な機能としての違ひを覆ひ隠すこともない。飾りに目を眩まされた人は多いのだらうが、飾り如きに先見の明も何もあつたものではない。

ネットにさへ繋がれば何だつていいんだよつて割切りに負けたのが「ガラケー」の正體。むしろその割切りに乘つかつて、ネット端末としてのスマホとただの電話の兩方を持つといふ「正解」が見出されてゐる。俺も既にスマホの定額プランは解約濟。使ひ易い「普通の携帶電話」があればそれに切換へるのも惡くはないと思つてゐる。電話は電話に立戻るのが一番いいのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170913

2017年09月12日火曜日 人は變れない

政治的主張の相容れないアカウントツイートを片端からプリントアウトして往來に敷き詰めて道行く人に踏ませるといふ何とも知性の感じられないイべントがあつたさうだ。主張がどうあれやつてゐることは文字通り江戸時代の「踏繪」と同じで、特定の價値觀で他人を彈壓する立場に在りたいといふ慾望に捕はれてゐる自覺があるのかと心配になるし、土臺人間に歴史から何かを學ぶなんてことは無理なのだと嘆息するしかない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170912

2017年09月11日月曜日 少數派有利假説の証明

スプラトゥーン2」のフェス結果、分りきつてゐたことだがポテト派が壓倒的多數であった。

http://pbs.twimg.com/media/DJYDqCxUIAA6K5L.jpg

多分、前作から通じても最大の得票差だと思はれる。であれば、勝率案の定かうなる。

http://pbs.twimg.com/media/DJYFCheVYAEtimo.jpg

マスの大きい方はマッチングで同陣營對戰ばかりになる。故に、強いチームが相手陣營と當る確率も低くなる。全プレイヤーの強さの分布は強い方が少ないものと見るのが當然だから、少數派陣營から見れば弱い相手と當る確率の方が必然的に高くなるといふ假説。

それを讀んでナゲット派についたのが取敢へず正解だった樣だ。とはいへ、偉さうに言へる程自分の個人戰績が良かつた訣ではないが。

戰績のログはは長いので疊んでおく。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170911

2017年09月10日日曜日 「ラギ」で遊ぶ

セガの偉い人、そしてXbox360の立役者でもあるピーター・ムーア氏がドリームキャストのローンチの思ひ出を語り、それをTurn10リーダーのダン・グリーナウォルト氏がリツイ一ト。「Forza」の源流をここに見たり。

それはともかく、Nintendo SwitchのアケアカNEOGEOタイトル「ラギ」でずつと遊んでゐる。「ラジルギ」ではない。

http://pbs.twimg.com/media/DJX9UI-UMAABjW4.jpghttp://pbs.twimg.com/media/DJX9oe8VwAA_1ok.jpg

例によつて稼動當時は殆ど遊んだことがない。九〇年代初頭であることを差引いても、このビジュアルで「遊びたい」と思はせるのは厳しいものがある。ましてアーケードタイトルである。よほど面白いといふ評判が立つてゐたのであればともかく、生憎さうした聲も聞えてこなかつたのだから手が伸びなかつたのも仕方のないことだ。

そんなことを思つて遊び始めたら、意外やこれがかなり遊べる。變なビーバーが出てきて「革新的!」と叫ぶほどのものではないけれども、見た目で喰はず嫌ひしてゐたことを多少なりとも勿體なく思ふ程度には面白い。買つてみて良かつた。心からさう思ふ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170910

2017年09月09日土曜日 マクドフェス

スプラトゥーン2」のフェス。チーム分けの爲の今囘のお題はマクドナルド共賛のマックフライボテトvsチキンマックナゲット。これはポテト派が多さうだと踏んでナゲット側に入った。

それにしても、前作と違つてフェスの際に一度組んだ四人チームが次のマッチングで維持されず毎囘リセットされてしまふといふ今作の仕樣だけは本當につまらないな。野良で集まつたプレイヤー同士が息の合つた連携プレイをできる様になるまでのあの樂しい感覺は今や味はへなくなつてしまつた。殘念だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170909

2017年09月08日金曜日 ミナミで迷ふ

仕事で大阪に出張した歸り、夜の心齋橋界隈を歩いてゐると、Google Mapのナビゲーションが輕く一ブロック分もずれてゐて弱る。然しもの俺でも道に迷はうといふもの。

何だらう、ネットが「バルス」祭りの所爲でをかしくなつてゐるのか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170908

2017年09月07日木曜日 別にアンチホンダではないのよ

ホンダF1について色々考へてゐる間にぼんやり氣になつて調べて判つたことがある。F1の長い歴史の中で「V型十二氣筒エンジン」を採用したマシンがチャンピオンを獲つたのはただの一シーズンのみで、それがー九九一年のマクラーレンホンダだつた。

V12といへばフェラーリの代名詞だが、當のフェラーリはV12で一度もタイトルを獲つてはゐない。嚴密にはニキ・ラウダの時代の水平對向十二氣筒エンジンが構造的にはボクサーエンジンではなく「バンク角一八〇度のV12エンジン」と定義されるさうなので、それを含むなら一度はタイトルを獲つたことになるが、一般的にはさうは認識されてない。

歴史的な結果論だけで言ふならば、V12エンジンは他のコンパクトなエンジンと較べて明らかに強かったとはとても言へない、といふことになる。

一九九一年のホンダV12は同じV12のフェラーリを下して勝つたけれども、その時の一番のライバルはルノーV10であり、翌年以降はもうV10に全く齒が立たずに終つた。マクラーレン・ホンダMP4/6は、前年のフェラーリ641をコピーしてセナの腕で勝つた、それだけのマシン。ターボ禁止以後のホンダのコンセプト、そしてそれを積むマクラーレンシャシー設計の方向性が明らかに時代遅れであると氣付かれにくくしたといふ點ではその勝利は害惡ですらあつた。

結果論にしてもその言ひ方は酷すぎるつて? そんなことはない。當時の自分はウィリアムズ・ルノーファンだつたし、九一年のマクラーレンMP4/6とウィリアムズFW14を竝べてMP4/6の方が優れてゐるなんて奴が居たら目が腐ってるのかと本氣で思つてゐたのだから。結局、NA轉換後のホンダはターボ時代の樣に「是非うちにホンダパワーを」と求められる存在にはなり得なかつた。コンパクトな無限V10の方は重宝されたのにV12は要らない子扱ひだつたのだ。

その無限V10が存在感を増したところでホンダ第三期がそれを横取りして、シャシーも自前で用意したけど結果はボロボロで、撤退後に殘ったファクトリーで殘つた圖面を基に作つたシャシーを残つたドライバーがメルセデスエンジンで走らせてみたらそれがチャンピオンを獲つてしまつた。ホンダのシャシーにホンダエンジンを載せないことが勝利の秘訣だつたなんて! …といふ事があつてからの、昨日の日記の樣な状況での第四期ホンダF1であるから、自分は未だに「何しに來たの?」としか思ヘないんだよな。ドーセマタヤメルンデショ、と。

第三期ホンダF1の最大の功績は撤退後のブラウンGPがメルセデスAMGチームといふ今の最強チームの礎となつたところにあると思ふ。第四期は何かになれるのかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170907

2017年09月06日水曜日 今日は何も混ぜんと炊かうや

うつかりスーパーで薩摩芋を買つてしまつた所爲で、四日ほど續けて芋飯を炊いてゐる。好きだし旨いから良いのだけど、かうも續けて頂いてゐると「芋なんか見たうもない」とボヤく戰中派世代の人の氣持の片鱗もほんの少し解つた氣になる。

昔のそれとは米も芋も質が段違ひに良いのだらうけど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170906

2017年09月05日火曜日 時は金なり

マクラーレンホンダパートナーシップが解消されさうだ、とニュースになつてゐる。それを受けて「ここでも日本の技術レべルが低下してゐる」などといつた意見が見受けられるが、それは流石に違ふ。そんな單純な「國の技術レべル」でどうにかなる話であるといふなら、それに對する答は一つ。「F1を舐めんな」である。今ホンダが不振を託つてゐる理由は明解だ。「居るべき時に、居るべき場所に居なかつたから」。單純にそれだけ。技術力で片付くならその方が良かつたが、現實は甘くなかつた。

ホンダが會社の經營の都合で第三期F1活動を人員と設備毎投げ出し*1、一切の關係を斷つてゐる間にF1の中で次世代パワーユニットの規格の策定が始まつた。技術規定をFIAの一存では決められないから、F1のエンジンメーカーが集まつてワークグループを開き、エンジンの排氣量や損失エネルギーの囘生方法、充放電のエネルギー量やアクセル開放時の燃料の流量といつたパワーユニットの基本性能からパーツ構成等の設計に到るまでの事細かな一切が、當時參戰してゐたメーカーの主導で決定された。その頃、ホンダの復歸は噂として囁かれてゐたものの、ワークグループに出席したあるメーカーの人物メディアの質問にかう答へたといふ。

「ホンダが歸つて來るだつて? まさか、有得ない。それが本當なら、何故この場に彼等が居ないんだ?」

つまり、メルセデスルノーフェラーリが對等に何かを決めようとしてゐるその時に、その場に居ないメーカーにやる氣がある訣ないだらうと、さう一蹴されたのだ。

ところがホンダは戻つて來た。メルセデスとの關係が惡化して滿足な結果を出せないでゐるマクラーレンが供給先として名乘り出た。ホンダは一年先の參入を考へてゐたが、マクラーレンに急かされて豫定を一年前倒しにした。つまり、ホンダは「初動のタイミングを逃し」、「他チームから一年も遅れて」、「一年かけるつもりだつた準備期間をキャンセルして」ノコノコと參戰してきた訣だ。他チームと比べて失つた時間は純粋に見ても二年分、さらに規格の立上げに加はらなかつた分のハンデは時間では測れない。レースで言へば三周のスプリントレースに二周遅れでスタートしたのが今のマクラーレンホンダなのだ。そんなの、取戻せる訣がないだらう?

技術レベル? メルセデスとルノーとフェラーリが先に始めて最先端で鎬を削つてゐる現場に後から入つて來てそれをあつさり超える樣な技術力がこの世にある訣がない。それをゼロから作り始めたのも他ならぬ彼らなのだし。

F1バブル期のホンダが最強を謳つたのは、參戰までの準備期間を長くとつて、膨大な距離のテスト走行を繰返した賜物だといふ。結局それは、金を掛けて時間を買つたのである。轉じて今は、年間のテストの日數が嚴密に決められてゐて、メーカーやチームの財力に頼つて走行距離を稼ぐことは許されてゐない。失つた時間は買ひ戻せないのだ。參戰タイミングを遅らせたホンダにも、その上で一年參戰を早めさせたマクラーレンにも、部外者ながら「F1を舐めるな」といふ他はない。

「時間を金で買へない」ことについては、ホンダ以外の三社のPUがそれぞれ三チームに供給されてゐるのも看過せない。アロンソが自暴自棄になつてレースを棄権してゐる間に他のPUは三倍以上の量のデータを集めてゐるのである。時間の代りに高價なドライバー代をドブに捨ててゐるのだからお手上げだ。

未だに第二期ホンダF1を引合ひに出してホンダの榮光とか言つてるのは第二次大戰末期にもなつて日清日露の戰勝を誇つてゐるのと何も變らず、状況に對しては害惡しかない精神論だ。そんな考へは捨てるが良い。ホンダが勝機を見出すならば、遠からず來るであらう次期パワーコニットの技術改定のタイミングで議論にガッチリ喰ひ込んで、少しでも他社とイーブンかそれ以上の好条件を引出すことにしかない。他人の決めたスペック表通りの物を作つたって、同じ土俵に上れる訣がないのだ。

「ゴチャゴチャうるさいよ、それをひつくり返すのが日本の技術カだらう」いやそれは技術ではなく精神論。それを言つたら絶對に勝てなくなるやつだから黙れ。

*1:その投げ出された人員と設備は翌年のチャンピオンとなり、現在も名を變へてチャンピオンチームとして君臨し續けてゐる

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170905

2017年09月04日月曜日 高みを見上げて思ふこと

ニンテンドースイッチ用の「モンスターハンターXX」を何となく買つて始めてみた。まあ例によつて手續きが面倒臭いので長續きはしないだらう。狩技とかはいい要素だと思ふけど。何より、立體視のない「モンハン」なんてやつたことがなくてどれだけ解像度が高くても繪面に何の魅力も感じられないのが困る。まあボチボチ進めるか。

ネットを賑はす北朝鮮の動向について、頭の良い人達が口を揃へて「北朝鮮は挑發をやめろ」ではなく「安倍が、日本が惡い」としか言はないのは何だらう。たぶん彼等も特段北朝鮮シンパなのではなく、「日本人として他國に抗議や批難をするのは愛國的行爲だから嚴に謹むべきである」といつた心理的抑壓が強く強く働いてゐるのだらうなあ。意識が高みに上り詰めちやつてて「國防を意識した言動」即ち「無教養なウヨク」となつてしまふから、口が曲つてもそんなことは言へないのだ。

思想の左右と「國を守る」こととは何の闢係もない筈なんだけどね、日本以外では。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170904

2017年09月03日日曜日 イタリアGP決勝

昨日とうつて變つて晴れたモンツァ。豫選がウェットだつたので決勝タイヤは「Q2のベストタイムを出したタイヤセットをそのまま使ふ」といふ普段のルールが適用されず、自由なタイヤセットを選択できることになる。下位に沈んだアロンソやリキアルドを含む四臺がソフトを選択、それ以外は新品のスーパーソフトを履いた。

スタートでオコンがストロールの前に出てライコネンも續いた。このフィンランド人同士が近付くと碌なことがないのでヒヤヒヤする。

序盤はパワーサーキットメルセデスが強く、ストロールまで含めて上位をメルセデス勢が占めた。

http://pbs.twimg.com/media/DIzF0oTVwAASpWs.jpg

しかし周囘を重ねる毎にベッテルが差を詰め、三番手を狙へる位置に。そしてソフトを履いたリキアルドが順調に上って來た。

上位勢がスーパーソフトからソフトに換へる中、リキアルドは逆の使ひ方をして終盤にペースアップ、ライコネンを輕く料理して三番手ベッテルを狙ふ。流石に届かなかつたものの、十六番グリッドスタートからの上々の結果を得た。

http://pbs.twimg.com/media/DIzWwp6VYAIN9WJ.jpg

ハミルトン勝利、ベッテル三位でつひにチャンピオンシップでハミルトンが逆轉。フェラーリにいつもの息切れ感が見えてきてヤバい。例年、シンガポール以降のフェラーリに「強い」といふビジョンが見えないので本當にヤバい。

バンドールンは途中で「No power !」と叫んでリタイア、アロンソは何故かゴールの一周前にガレージに戻つて終了。チェッカーを受けたら死ぬ病にでも罹つてんスかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170903

2017年09月02日土曜日 イタリアGP豫選

昨日、フリー走行で解説の津川哲夫氏が「親指ノーズの形は戰艦大和のあの形と同じ效果を狙つてゐるんです」と言つてゐた。親指つてかチンコノーズだな。かういふ形のノーズのことね。

f:id:yms-zun:20180618163603j:image:w400

つまりあの出つ張りが、球形船首(バスバスバウバルバスバウ)と同樣に前方で氣流に何らかの波形を生成し、後方の氣流をコントロールしてゐると。バルバスバウの場合は船體に當る前に波を造り、船體の波と逆位相にすることで造波抵抗を打消す效果があるが、チンコノーズではどうなのか。こんな話を聞いてしまふとチンコノーズが格好惡くは見えなくなつてしまふな。

さて、イタリアGP豫選Q1、雨で中斷。二時間半も待つてやうやく再開した。

https://pbs.twimg.com/media/DIujDYSVwAA7SB6.jpg

インターミディエイトでタイムは出してみたものの、フルウェットで走つた方が安全といふ微妙なコンディション。

Q2でもタイヤ選択が分れたが、タイムを出すにはインターミディエイトを履くしかなささうだ。ダウンフォースの輕いモンツァでは大變だ。

https://pbs.twimg.com/media/DIujDYSVwAA7SB6.jpg

Q3になつてコンディションは増々惡くなつた。メルセデス二臺とベッテルがインターミディエイトを驗したが時間を無駄にしただけに終つた。

ウェットに換へたハミルトンがPP最多單獨記録を更新。二番手と三番手にレッドブルが入つたものの、共にグリッド降格ペナルティがあるので四番手ストロールが自身初のフロントロースタートとなる。雨だけど天晴。

http://pbs.twimg.com/media/DIuthuRUQAAXqaG.jpg

roverrover 2018/06/18 17:34 レースと全く関係ありませんが、この歳になるまでずっと、バル「パ」ス・バウだと信じていました。軽くショックです(w。

yms-zunyms-zun 2018/06/18 17:58 あるあるですねー。かくいふ自分は
typoやらかしてました。バスバスばくはく。

yms-zunyms-zun 2018/06/18 18:02 うちらゲーマー世代は「バーチャロン」でその言葉を知ったケースが多いですね、たぶん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170902

2017年09月01日金曜日 文字が人を作る

殊に日本人である我々がこれを主張するのは道義的に難しいところがある。漢字文明圏の統一は即ち大日本帝國の掲げた八紘一宇、大東亞共榮圏といつたものを聯想させかねないからだ。むしろ、それらからの脱却の爲に各國が各々に獨自の文字の簡略化を推し進めたといふこともできよう。他國はいざ知らず、日本においては「敗戰の反省」がそれらすべてを正當化してしまった。文字を正字に戻さうなどと言つても「戰前への懷古」の一言で忌避されてしまふ。

日本に限らず、爲政者が文字を改造しようなどといふ時、その動機は過去を否定してみせることで現在の己の支配を正當化することにある。それを獨自の形に定めて近隣との分斷を企てるのも然り。如何に尤もらしい理由を竝べたところで、政治的に弄られた文字や言葉はどこまでも政治の産物であり、政治とは文化を破壞するものである。政治的な文化保護なんてものは、破壞の一側面を綺麗に取繕つてゐるにすぎない。

文字の分斷がかうも順調に進んでゐなければ、東アジアの在り方も少しは違つただらうか。どうあつても排外主義者は生まれただらうけれども。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170901
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報