大和但馬屋日記

この日記について

2013年11月28日木曜日

yms-zun2013-11-28

初音ミク Project mirai 2」。DL版で購入。体験版で期待は高まつてゐたが、出てきたものはそれを遥かに上回るものだつた。これはね、本当に良いものだ。あの出来が良かつた前作がただのお験し版だつたのではないかと思へてしまふ。単に量的な話でさう言つてゐるのではなく、前作の時点でこれくらゐのことはやりたくて、時間と予算の都合でああならざるを得なかつたのかな、などと不遜にも思へる様な作り込みが為されてゐる。パッケージとしての作り込みもさうだし、何より音ゲーとしての出来が素晴しい。

凡そ「音ゲー」とされるものにはゲームを視覚的に成立させる為の「譜面」と呼ばれるインターフェースが必要とされてゐて、その譜面がここまで遊んでゐる音ゲーを俺は他に知らない。「スペースチャンネル5」や「リズム天国」の様な*1譜面を排する工夫を凝らした音ゲーもあるが、それらとは別方向に工夫の限りを尽されてゐる。譜面で絵を描いたり、映像を譜面で補つたり、譜面で曲のテーマを暗示した音ゲーがあつただらうか。前作「Project mirai」とも、別シリーズの「Project DIVA」とも違つた、丁寧な丁寧な仕事だ。

さらに呆れたおまけとして、「ぷよぷよ」が入つてゐる。勿論徹底的にミクナイズされて。ことほど左様に隅々まで仕事がされてゐて、画面のどこを突いても楽しい。

前作の発売から今日まで、「Project mirai」が起動してゐない日は数へる程もなかつたが、いよいよそれが終つた。「Project mirai 2」によつて。

*1:どちらも奇しくもセガが関係してゐるな

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20131128
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報