GREEN FIELDから

遊び人が書く、行き当たりばったり日記。
<< 2004/09 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カレンダー

最新タイトル

[農林水産大臣賞典第40回帝王賞]
馬券買うだけのために高崎へ
[黒潮ダービー第45回高知優駿(ダノンシャンティ賞)]
[第45回一條記念みちのく大賞典(ハービンジャー賞)]
再びミラクル起こすか
最後の最後まで分からない
8時までに起きれるか
 | 

2004-09-29 怒りと失望と・・・・・・・・

大雨の中、大井に行って来ましたが、メインまではもう大負け続きで、おまけにジョッキートークの時には物凄い大雨が降り、頭がびしょ濡れに。

それでも最後まで見て、メイン後は道営2レースも含めてパーフェクト。ハロンも買えたし、明日も参戦が決定。

ある意味ホッとしています。

[]

NAR公式HPサーバーがおかしくなっているため、データが調べられないため、今日は一部コンテンツの書き込みを中止させていただきます。申し訳ありません。

というか、どうしたんだ?NARのHP

[]

9月30日

大井9レース 報知盃第41回東京記念(南関東G2

2400メートル・外回り・20:20発走

△1 1 ウエノマルクン   56 鈴木啓之  (岡部盛雄) 牡5 アフター5スター賞8着

 2 2 パワーズフォンテン 56 佐藤 隆  (山田秀太郎)牡8 アフター5スター賞14着

○3 3 シャコーオープン  57 的場文男  (蛯名末五郎)牡4 船橋記念1着

▲  4 アイディンワンダー 56 石崎隆之  (出川克己) 牡5 アフター5スター賞6着

△4 5 カイジンクン    56 早田秀治  (高岩孝敏) 牡6 アフター5スター賞7着

   6 ヤスミダブリン   56 山田信大  (大山二三夫)牡5 アルビレオ賞1着 

 5 7 クールアイバー   56 石崎 駿  (高柳恒男) 牡6 大井記念6着

☆  8 コマノブリザード  56 今野忠成  (辻野 豊) 牡6 04トワイライトC8着

 6 9 ジェネスアリダー  56 桑島孝春  (八木正喜) 牡5 スパーキングサマーC5着

◎  10 サンデーバニヤン  58 鷹見 浩  (岡部盛雄) 牡4 帝王賞8着

 7 11 マルカカイゼル   56 内田博幸  (田中康弘) 牡5 04トワイライC6着

   12 ティーケーツヨシ  57 酒井 忍  (八木正雄) 牡4 長月特別4着

 8 13 ダイタクリムジン  56 山中尊徳  (山浦 武) 牡5 長月特別6着

   14 ダイワボンバー   56 御神本訓史 (佐藤 寿) 牡5 04トワイライトC7着

これはここまでは何とか書けたけど、オッズの所を開く事が出来ませんでした。

サンデーバニヤンシャコーオープンの2頭の争いですが、同じ休養明けでもヤネと斤量以外はOKのサンデーバニアンを本命に。シャコーオープンは対抗まで。前走は6着と7着と8着も、距離延長で前進が見込まれるアイディンワンダー、ウエノマルクン、カイジンクンを単穴、連穴に。

[]

1着:▲マイネルセレクト (武  豊)   1分10秒9 

2着:○ヒカリジルコニア (福永祐一)    11/2

3着: シャドウスケイプ (小牧 太)     3/4

4着:☆タイガーロータリー(水野貴史)    2馬身半

5着: ノボトゥルー   (横山典弘)     クビ

以下:◎ディバインシルバー、△カセギガシラ、エビファイター、△ハタノアドニスネイティヴハート、ブルーオオマサ、シャドウランサーキングソロモン、シャンハイジャンプ

単勝  11       210円   枠複  5−7         600円

複勝  11       130円   馬複  8−11        790円

     8       190円   枠単  7−5         900円

    12       350円   馬単 11−8        1100円

ワイド 8−11     350円  3連複  8−11−12    2930円

   11−12     700円  3連単 11−8−12     8390円

    8−12    1180円

[]

http://mytown.asahi.com/gunma/news02.asp?kiji=3902

http://www.raijin.com/news/wed/news02.htm

やはり荒れたようですが。知事も周りが廃止と叫ぶ中、何とか存続させたかったけど、結局こういう決断に至ってしまった。

この件で法理調教師が記事の中でコメントをしているが、しかし、知事も何とか組合のやる気を出すために、金井達夫氏を送り込んだんだけど、それでも関係者はやる気を出さなかった。そして、そのツケが廃止という道に向かわせてしまった。

本当に呆れたしか言いようがない。

高崎へは去年の9月と今年の5月と6月の3回行きましたが、市街地にある割には草競馬の感じがして、のどかな感じがした。

しかし、ここに行って思ったのは、何の魅力も無かった。

食事処に特においしい物があるわけではないし、特徴もあるわけではなく、しかも、馬券の種類が少なかった事は、5月の時に特に感じた。

これはその2日前に宇都宮に行ったから、そう思ったのかもしれませんが、全賭式を入れてる宇都宮に対し、高崎は馬単止まりで、しかも、人気薄の複勝買っても100円台だったりとか、これが大井だったら300円、あるいは400円台行っていたかも知れないのに、ワイドもないから、最近の競馬から遅れてる気も感じ、さらにファンサービスも重賞デーに行ったにも関わらず、6月は何もやってなかったし、3回目に行った時には、場内にも主催者のやる気の無さが感じられたほどです。

高崎競馬の公式HP見ても、やる気の無さが一発で分かるし、ふるさとコーナーに掲示されてある「高崎競馬ニュース」など半年前のが堂々と掲示されてあったし、なめてるとしか言いようが無い。

知事も責任あるけど、この事件のA級戦犯というのは主催者である競馬組合の連中だと思います。

しかし、そんな彼らは県の別の課に移る事も出来るんだし、結局現場の声など聞こえるはずがない。

まさしくお役所仕事が生んだ悲劇と言ってもいいと思います。

昨日の日記にも書いたけど、高崎以外にもやる気のない競馬場は結構あって、それらのやる気の無さはファンにも伝わり、客が逃げて行き、売上が伸びず、経営危機になっていると思います。

高崎競馬にしても、近くには競輪、オートと競合する公営競技があったにも関わらず、ファンサービスにも何もせず、結局最後を迎えてしまったわけであって、はっきり言って自業自得である。

これが民間経営だったら立て直し案とかを出して、とっくに実行していると思うけど、役所が経営していた以上、ファンの声も、現場の声も聞こえないまま廃止になってしまったのですからね。

もう呆れてどうしようもない。怒りを通り越して天誅を食らわしたいくらいだよ。

しかし、この件で可哀相なのは、高崎競馬に携わった騎手や厩務員、調教師達だよ。

上毛新聞の記事の中で茂呂騎手が「(騎手ライセンスの重みが、こんなことで吹っ飛ぶのか」とため息を漏らし、「たとえ他の競馬場就職できても単身赴任では、家計がもたない」と語った。

同じく高崎競馬に所属する二十代の女性騎手(これ、赤見千尋騎手ですね。)は「この仕事を続けたい」と語っている。

自分も高崎競馬に3回行った他、ふるさとコーナーや場外発売とかで高崎馬券を買う事も多く、高崎騎手たちにも思い入れがあって、赤見騎手が言うように騎手という仕事を続けたいと思っている人も多いと思う。実際、自分も全員が受け入れ先が見つかって欲しいと思う。

しかし、移りたくても家庭の事情で移れない人もいると思うし、さらに移籍しても、規定で数ヶ月は厩務員をしなければならない所もあり、すぐには乗れるかは微妙な所だ。

さらにこの春だけで下手したらさらに3場が消える可能性がある。宇都宮笠松高知。他の競馬場で受け入れたくても、これらの競馬場だけで50人近くはジョッキーがいる。廃止になった騎手同士で激しい受け入れ先の争いが起きる可能性もある。

高崎は一足先の廃止という事で、まだ受け入れる可能性は少し高いと思いますが、それでもこのまま競馬場の廃止が続けば、少ない受け入れ先に沢山の騎手が集まって、トラブルになりそうな気がします。

また、無事に移籍出来たとしても、そこでも活躍できるかはわからない。

公営新潟から移籍し、東京ダービーやマリーンカップを制した酒井忍騎手や、トキノコジローで今年の3歳ダート路線を賑わした山田信大騎手岩手に移ってからタイキシェンロンとのコンビ岩手リーディングも上位の板垣吉則騎手のように活躍できれば、新天地で全く活躍が出来ず引退してしまう騎手もいます。

北関東だと、受け入れて来れそうなのは交流競走がある南関東が有力で、特に浦和騎手の数が少ないので、そこを中心に何人かが入るかと思いますが、南関東では数ヶ月厩務員してから騎乗できるという規則があるため、すぐには乗れない。

次に有力なのは、やはり交流戦がある岩手だと思いますが、岩手は冬季期間で、春までは開催は行なわれない。これは金沢もそうで、早く乗れるのは遠い所に移籍しなければならないようです。

移籍するのに厳しい現実が待っているようで、果たしてうまく移籍が出来るかどうか。

出来れば全員が他の競馬場に移籍が出来ますように、お祈りします・・・・・・

厩務員や調教師はさらに難関で、移籍できるのもほとんどいないと思います。特に厩舎数が多い高崎じゃ。

おそらく、これらはほとんどが転職だと思います。残念ですが・・・・・・・

主催者のやる気の無さによって、遂に廃止という運命になってしまった高崎競馬・・・・・・

主催者の責任は問われず、そのツケは騎手調教師、さらに競走馬に押し付けられ、その結果が転職や処分といった悲劇になる。

もうこんな事は高崎だけで済んで欲しいです。他にやる気の無い主催者はいろいろありますが、こんなのは高崎だけで十分です。

どうか、他の主催者は高崎のようにならぬよう、やる気を出して、必死で頑張って欲しいです・・・・

今日の東京盃、その高崎所属のタイガーロータリーが4着に入り、地方馬最先着を果たした。ノボトゥルーディバインシルバーハタノアドニスと言った強豪馬にも先着した。

しかし、タイガーロータリーに騎乗した水野貴史騎手はどう思ったのだろうか。

タイガーロータリーのように主催者にもやる気があって欲しかった・・・・・・」

最後の直線で猛烈に追い込んだタイガーロータリー高崎競馬タイガーロータリーのようにやる気を出して欲しかった・・・・・・

最後の開催は今年の大晦日、この日には暮れの風物詩、第33回高崎大賞典(北関東G1)が行なわれる。おそらくこのレースがラストランになる可能性が強い。

もう高崎競馬来年には無いのだ。年を越す事は無いのだ。余命は3ヶ月となった。

主催者の手によって、悲劇的な最後を迎えてしまった高崎競馬

やる気が無かったから、廃止はもう見えていた。自分もそう感じていた。

しかし、その高崎競馬に携わってきた騎手調教師の悲痛の叫びを聞くと・・・・・・・

ファンも怒っている。主催者の自業自得で終わりを迎えてしまうことに・・・・・

これは廃止でも事件でもない。悲劇である。「高崎悲劇」である。

上山悲劇的な最後を迎えてしまったが、高崎上山同様、悲劇で終わってしまう競馬場なのである。

「もうこんな事は繰り返して欲しくない」

これは全ての競馬ファンで願いであろう。主催者の方々はこの声を聞いて、2度と「高崎悲劇」を繰り返して欲しくないと思います。

[]

最近、こんな暗い事ばかり書いていると、こっちもネガティヴになってくる。

ただでさえ、最近の競馬界で明るいニュースよりも暗いニュースの方が多く、社会にしても暗い話題ばかりだし、誰かこんな閉塞感を脱出して欲しいよと言いたいよ。

最近は競馬色が濃くなっているだけに、もちろん競馬もやりつつ、他の自分のやりたい事も書いてみたいですな。

高崎の廃止でネガティヴになってしまっただけに、明日の競馬で明るく笑って行ければと思っています。

今、こっちはラジアン聴いているけど、久々に読まれた。「さるかに合戦」ネタで。

こんなネガティヴの時にも、何かラジオ癒しになってくれそうな気がします。

こんな時に自分が書いたネタが読まれるという事は、暗くなっている自分に何か勇気を与えてくれるようなモノで、いつも以上に嬉しい気がします。

よーし、明日は頑張るぞ。ついでに台風で職場が休みになって欲しいです。(悪い願いだな。多分ムリそう)

しかし、雨と風が大分強くなってきたな。大井にいる時も常にNHK第一を聴いていたけど、関東直撃は無いけど、大丈夫かな。

 | 
Connection: close