Hatena::ブログ(Diary)

チャラ盛りの君たちへ

2013-02-03

はてなブログに移設しました!

10:27 | はてなブログに移設しました!を含むブックマーク

チャラ盛りの君たちへ

どうぞ、よろしくお願い致します!

2013-01-25

3ステップでカンタン!ボランティア保険の加入手続き

09:30 | 3ステップでカンタン!ボランティア保険の加入手続きを含むブックマーク

f:id:yoheace:20130122153254j:image:w360

昨日、ボランティア保険に加入してきた。事前に電話で手順は聞いていたので、
そこまで時間がかからないことは分かっていたが、実際は15分とかからなかった。

簡単な流れとしては…
〆粘鵑蠅社会福祉協議会へ行く
郵便局保険料を振り込み
N亮書を、また社会福祉協議会に持っていく
の3ステップで完了。

持ち物は、特になし。
印鑑や自己証明などは必要なく、あえて言えば、保険料の数百円である。

◆居住地の社協でなくても手続き出来る
私は勤務地からすぐ近くの社会福祉協議会で手続きをした。住んでいる県や市などは関係なく、基本的にはどこでも手続きが出来る。

受付時間は、三軒茶屋の場合、8時半〜17時までの平日のみ。地区によっては、休日もやっているところもあるそうだ。
ちなみに、「社会福祉協議会」=「社協」と略すらしいw

保険料はたったの600円
ノーマルボランティア保険と、災害ボランティア保険とがある。

前者は、活動時のけが等のみを保証しており、活動中に天災が起きた場合の事故は保障されない。後者は、名前の通り、災害があったの事故も補償の対象となる。

協議会のおばさん進めで、災害ボランティアのAプラン(600円)で手続きした。補償額に応じて、Bプラン(1,000円)、Cプラン(1,400円)もある。詳しくは、こちらを確認されたし。
http://www.fukushihoken.co.jp/pamphlet/volunteer.pdf

なお、保険は加入した翌日から有効で、1年補償される。ただ、年度単位のため3月末には切れてしまう。以降は更新手続きに行く必要がある。


社協のおばちゃんはとても親切でした。

「今でも保険に加入しに来る人、多いですか〜?」と聞いたところ、今日は私で5人目だとのこと。まだまだ、意思を持った人たちがいるのだなと、勇気が出ました。

長靴も届いたし、準備は万端だ。七ヶ浜町は0℃になることもある。万全の備えをして、臨もう。

2013-01-22

世のため人のため、自分のため

| 00:55 | 世のため人のため、自分のためを含むブックマーク

学生時代は中学校の英語弁論大会を運営するボランティアに打ち込んだ。「全ては中学生のために」、それがスローガンであったが、徐々に、「結局これは、自分のため」だなと思うようになった。

私は、活動に打ち込んでいる時の自分が大好きだった。そう、ナルシスト
ただ、この感覚は活動の原動力として大切であったと、今でも思っている。

だいたい、無償の活動などあり得ないのであろう。周りに褒められたいとか、人間だから、どこかしらで、自分に返って来るものを求めている。「助けたい」なんて思いは、エゴだ。

「誰かのため」とばかり頑張っていると、どこかで疲れてしまう。「こんなに頑張っているのに、認めてもらえない」などと、どこかで見返りを期待するようになってしまう。だから、そんな思いは捨てて、自分のために行動する。私は活動することで成長したい。それが結果として、誰かの助けになれば、言うことはない。

ヘンな欺瞞からは抜け出して、思うままに行動しよう。

2013-01-21

東北ボランティアに行くことにした。

| 23:47 | 東北ボランティアに行くことにした。を含むブックマーク

この週末、東北災害ボランティアに参加する。

場所は、宮城県七ヶ浜町日本三景松島南部を形成する町で、私は幼稚園の頃に2年だけ住んでいたことがある。

311の地震では、町の4分の1が浸水する大きな被害を受け、私がかつて住んでいた家も跡形もなく流されたという。

では、なんで急に行くことにしたの?なんでだろう。特に理由はない。ただ、行こうと思った。

---

震災直後は、ボランティアではなく、泊まりの登山へ出かけていた。

山を登っている親子や、山小屋のお姉さんも元気だったし、近くの温泉蕎麦屋のおっちゃんも、素敵な笑顔で迎えてくれた。何より私が楽しかった。

---

震災から約2年が経とうとしている。
かつて、多くて困るとまで言われていたボランティアの参加人数は減少傾向にあり、旅行会社の人と話をしても、参加者が少なく決行出来ないツアーが増えてきたという。

皆が忘れてきた頃だからこそ、故郷にボランティアとして参加しようかなと思ったのかな?どうなの、オレ。まあ、行きたいと思ったというのが、大事な理由であろう。

今回が初めてのボランティアである。
装備や手続きなど、準備するものがいくつかあるため、3つメモをしておく。

  • 作業長靴の購入

何度も参加している会社の同僚に聞いたところ、ただの長靴ではなく、作業長靴が良いとのこと。作業中に破片で足をけがする可能性があり、靴底などに鉄板が入っている長靴の方が安全ということだ。
早速、楽天でポチった。

私はこちらを購入
[rakuten:taf-motion:10003143:detail]

水曜には届く予定。

深夜バスで片道、8時間から9時間の行程である。翌朝、全力パワーで力仕事にあたるために、爆睡出来るグッズを持っていた方が良いだろう。
腰用もあった方が良いと聞く。LOFTでも行こう。

災害ボランティアは、どこも保険加入は必須となっている。

最初ネットで申し込めるかと思ったが一般は窓口のみで受け付けているよう。
電話をしたら済んでいる市や区の協議会でなくても手続き出来るらしく、明日、会社最寄りの三軒茶屋にある社会福祉協議会で申し込んでこようと思う。
手続きは1日で済むそうだ。印鑑など証明関係は、何も要らないとのこと。

社会福祉協議会
http://www.fukushihoken.co.jp/

一度入っておけば、年度内有効。大した料金でもないので、ぱぱっと申し込みましょう。社会福祉協議会がどういう組織はあとで調べる。


---

気づいたら、このブログのタイトルと内容の間に、だいぶ乖離がある。
とはいえ、ボランティアだからと言って、堅苦しくなるつもりはない。初めての世界へ乗り込むワクワク感を存分に楽しみたい。東北の何でも見てやろう。

2012-12-08

「がんばろう、日本」。変に頑張ってきたからこんな日本になってしまった。

12:45 | 「がんばろう、日本」。変に頑張ってきたからこんな日本になってしまった。を含むブックマーク

3・11以後の現在、こういう危機的な状況のなかでも、僕たちは日々目の前にあることに一喜一憂し、いろんな情報に右往左往しながら、さまざまな不安に駆りたてられているばかりで、とても表面的な浅い時間を生きている。


「誰かに抗議するためではなく、ポスト3.11時代のいまについて各自が瞑想してみるための映画」辻信一さんが語る『セヴァンの地球のなおし方』|「もう頑張らなくていい。頑張らなくても安心して平和に暮らしていける未来をつくるしかない」環境運動を続ける氏によ... - 骰子

そろそろ、元の自分を取り戻そうか。