Hatena::ブログ(Diary)

ablog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-12-08

Cygwin を X クライアントにしてリモートの Linux サーバに Oracle をインストールする方法

手順

凡例

準備
$ startx

f:id:yohei-a:20091208093710j:image

  • [client]すると、こんな Window が開く。

f:id:yohei-a:20091208094054j:image

  • [client]リモートからのXの表示を許可する。
$ xhost +

f:id:yohei-a:20091208094055j:image

  • [server]client で起動した X に表示されるよう設定する。
$ export DISPLAY=192.168.153.1:0 # 192.168.153.1 はクライアントマシンの IP アドレス

テスト
  • [server]xclock を実行する。
$ xclock

f:id:yohei-a:20091208100740j:image

  • [client]X Window 内でクリックすると、時計が表示される。

f:id:yohei-a:20091208100739j:image


OUIを実行する
  • [server]OUIを起動する。
$ export LANG=C
$ export NLS_LANG=American_America.JA16SJISTILDE
$ ./runInstaller

f:id:yohei-a:20091208100741j:image

  • [client]X Window 内でクリックすると、OUI が表示される。

f:id:yohei-a:20091208100742j:image


参考


関連


追記(2011/04/25):

Solaris 10 for SPARC でも同じ方法でできました。ただ、xclock のパスが以下の通りでした。

/usr/openwin/bin/xclock 

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証