Hatena::ブログ(Diary)

ablog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-09-03

OPatch を使って個別パッチを適用する

OPatch がインストールされているか確認する

% cd $ORACLE_HOME/OPatch
% ./opatch version
Invoking OPatch 10.2.0.4.2

OPatch Version: 10.2.0.4.2

OPatch succeeded.

Oracle Database 10gR2(10.2.0.4) EE on Linux / Mac OS Xインストールすると一緒にインストールされている。

他のプラットフォーム、バージョン、エディションでどうかは確認していない。


Patch を適用する

% $ORACLE_HOME/OPatch
% ls -l p6312112_10204_Generic.zip 
-rw-r--r--@ 1 oracle  oinstall  161463  3  2  2009 p6312112_10204_Generic.zip
% unzip p6312112_10204_Generic.zip
% cd 6312112
% less README.txt  # 読む
% export OBJECT_MODE=32_64
% export PATH=$PATH:/Users/oracle/u01/app/oracle/product/10.2.0/db_1/OPatch
% opatch apply

...

OPatch succeeded.

% sqlplus / as sysdba
SQL> @?/rdbms/admin/prvtbpw.plb

Package body created.

SQL> exit
% opatch lsinventory

OPatch のインストール

% cd $ORACLE_HOME
% unzip p4898608_10203_GENERIC.zip

注意

  • 10gR2 の場合、Oracle Database に OPatch も同梱されている。

wmo6hashwmo6hash 2010/09/19 06:31 ポイントとして、リリース10.2以降の OPatchは Patch 6880880 で、いずれの方法でも My Oracle Support がダウンロードをする元であって OiSCではないことを、近いうちにどこかに書きますね。 (^^)

yohei-ayohei-a 2010/09/25 00:10 なるほど、そういうことなんですね。
OiSC に最新の OPatch がないような気がするなと疑問に思っていました。
My Oracle Support の Note: 274526.1 にもこの件について書かれていますね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証