yohhoyの日記

2017-12-31

Javaバージョン番号のひみつ

プログラミング言語Javaのバージョン番号付与ルールについてメモ。

Java 1.0〜1.4までと、Java (SE) 5〜9ではバージョン番号の付与ルールが異なる。Java 5以降は一般に product version で呼称されるが、内部的には 1.N.0 のような developer version が付与されている。

Both version numbers "1.5.0" and "5.0" are used to identify this release of the Java 2 Platform Standard Edition. Version "5.0" is the product version, while "1.5.0" is the developer version. The number "5.0" is used to better reflect the level of maturity, stability, scalability and security of the J2SE.

The number "5.0" was arrived at by dropping the leading "1." from "1.5.0". Where you might have expected to see 1.5.0, it is now 5.0 (and where it was 1.5, it is now 5).

Version 1.5.0 or 5.0?

Oracle社のサポートルール変更により、Java 9の次リリースではバージョニング規則も YY.M 方式へと変更される。次リリース2018年3月予定のため「Java 18.3」となるはず。

関連URL:

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yohhoy/20171231/p1