ぴらぴら週記

週記だから、週に一度は書くのが目標。

孤島からビンを流す会をよろしく。 アンテナもある。 ぴらの間もある。

2004 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2005 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2006 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2007 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら
 | 

2004-09-30

[] 404 Not Found 12:46

「いしいワールドチェック」が面白かった。

2004-09-29 台風接近中

[] 人生論ノート (新潮文庫) 12:46

もともと昭和19年に刊行された本だが、書いてあることの中身が現在でもそのまま通用する。

独断家は、或る場合には天使の如く見え、或る場合には獣の如く見えないであろうか。

2004-09-23

[] 生埋めになった人をネズミに探させる。 12:46

http://www.newscientist.com/news/news.jsp?id=ns99996429。ネズミは嗅覚が敏感で、しかも狭いところにもぐりこめるから、こういう用途に向いていると目を付けたらしい。

まずネズミを、人を見付けるように訓練する。そして人を見付けたらネズミがどういう脳波を示すのか特定する。実際に使うときには、ネズミに脳波計と電波発信機を付けて、ネズミが人を見付けたら脳波で判断できるようにし、さらに位置もわかるようにするという。

2004-09-22

草津から帰ってきました。 12:46

白根山で、物理探査の原理と手法を学びました。

[] 法律を論理式で書く? 12:46

「法律の条文の本文は,論理式で書かれなければならない(前文は自然言語.条文は人工言語)」というルールを提唱している人がいる。このルールを採用すると大きな害がある。

人工言語を用いて法律を書く場合、その人工言語の規格を、あらかじめ定める必要がある。さらに、法律を書くのに使う用語の集合は言語学的に開いているから、どんなに完璧な人工言語を作ったつもりになっても、いずれ拡張しなくてはならない。

人工言語を定義し、拡張するためには自然言語を用いなくてはならない。そうしなければ、現実世界との対応を付けることができないからだ。

条文は人工言語で書くから解釈に揺れが無いようにすることはできるだろうが、人工言語の定義は自然言語で書くから、解釈の揺れを消すのは、自然言語による条文の解釈の揺れを無くすのと同程度に難しい。

さらに、上記のルールを採用した場合には、人工言語の定義を読んで理解できる人だけしか、法律を読むことはできなくなる。さらに、法廷での論争は、人工言語の定義をどう解釈するのかという問題に集中するから、人工言語の枠組みを理解できる人だけしか、法廷で議論はできないことになる。

yoirayoira 2005/04/09 22:58 でもよくよく考えてみると、法律に使われている日本語の言いまわしは、人工言語みたいなものかも知れない。「または」「もしくは」のどちらが優先するか、なんてことは自然言語には入ってない気がする。

2004-09-17

[] スパムの名産地 12:46

http://postini.com/stats/world-spam-2048.jpg。ずいぶんはっきりと偏りがある。

2004-09-14

[] Paul Graham "The Age of the Essay" 12:46

曰く、「エッセーは、最初に結論を決めて書き進めるものではなくて、そのときそのときに一番面白くなりそうな方角に話を進めて得られる。面白い、とは読者に驚きを与えること。驚きを見つける能力は、経験とともに増す。人に期待されていることばかりでなく、いろんな方面に首を突っこむのがいい。」豊かな考え方だと思う。

2004-09-13 いろいろ読んで過ごす

[] 宇治拾遺物語 12:46

おもしろい。今昔物語集には、説法くさい説話がたくさんあるのだが、宇治拾遺には、笑える話がたくさんある。文章も平明だから、古文を初めて読む人に向いていると思う。

[] 訳すものないかな〜 12:46

Project Gutenbergの目録を眺めながら、読みたいものはないか、訳したいものはないか考えている。できれば、訳に価値が出るものがいい。未訳だったり、既存の訳が古すぎたり、あるいは翻案ばかり出回っていて原典がどんなものだかわからなくなっている童話など。

英語の勉強だけしても、使い道が無いと仕方がない。

2004-09-12

[囲碁] KGSで3連勝 12:46

ランクを下げすぎたから勝てているだけかも知れない。ちなみに僕は、KGSでもyoiraです。

2004-09-11 秋だ〜

マクドナルドのクーポンが配達された 12:46

表面に小さく「1枚で3セットまでご利用いただけます。」と書いてあるのを見つけてうれしくなった。

2004-09-10 曇ってるのに暑い

[] Winning Ways for Your Mathematical Plays, Volume 1 読みかけ 12:46

組合せ的ゲーム理論の本。この前読んだ、On Numbers and Games に比べて、具体例が非常に多い。囲碁に役立つアイデアはないかと探している自分にとっては、いい本。

[] BBC 12:46

Realplayerがあれば、ラジオを聞くことができる。BBCだけでいくつものチャンネルを同時に流している。今、聞きながらこの日記を書いている。

[] 翻訳 (現代哲学の冒険 5) 読みかけ 12:46

評論集のようなもの。今まで読んだ中では、中沢新一「四次元の花嫁」が面白かった。100年前の文人の四次元空間に対する興味が、デュシャン『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』につながっているという指摘は面白い。あと、自分で訳そうかと思ったことのある、Edwin Abott Abottの"Flat Land"も登場して嬉しかった。

蛍光灯が届いた 12:46

id:yoira:20040905 で、取り寄せた蛍光灯が届いた。なかなか装着できなくて苦労した。三菱の器具にNationalの蛍光灯を付けようとすると、型番が同じでも相性が悪かったりするのだろうか。

[] MIT電磁気学 12:46

http://ocw.mit.edu/OcwWeb/Physics/8-02Electricity-and-MagnetismSpring2002/VideoLectures/index.htmの14講を見た。ライデン瓶ってこういうものだったのね。

2004-09-09

[] http://www.headmap.org/ 12:46

非常にあやしげで、なにをしているのかよくわからない。でも面白そうだ。

[] Amazonが代引手数料無料 12:46

今日中に終了してしまう。急いで、新編 英和翻訳表現辞典を買ってしまった。この本は辞書の体裁をしていて、分厚いのだが、高校の図書室で何時間読んでいても飽きなかったので、この機会に買ってしまうことにした。

[] ベクトルとテンソル (新数学シリーズ (6))が届いた。 12:46

この本を買った理由は2つある。

  1. 2学期には電磁気の講義があるから、それに備えるために、勾配とか発散とか回転とかの概念に親しんでおく必要がある。
  2. The Meaning of Relativity (Routledge Classics)を読み進めるためにテンソルのことを知らなくてはならない。

[] MITの電磁気の講義 12:46

http://ocw.mit.edu/OcwWeb/Physics/8-02Electricity-and-MagnetismSpring2002/VideoLectures/index.htmにビデオが公開されている。今日までに13講まで見た。実験や写真や図版を多用しているから面白い。

2004-09-08 よく寝た

バランスチェアが届いた 12:46

バランスチェア。高さが自由に変えられる。座ったままで体をひねってストレッチするのが楽である。

[] 古今和歌集 12:46

用事帰りの車中で秋歌上のところを読んだら、大変しみじみした。適度な疲労と、今日はもう特にすることもない安堵に浸かりながら読むと、普段読むよりずっと深く感情移入できた。ゆったりしたペースで読めたからだ。

2004-09-07 狐の嫁入り多し

こういう天気は好き 12:46

今日の11時ごろの多摩東部で見えたような、大きめの積雲がぼこぼこして、しかも速く動いている空は楽しい。地面が雲の影に出入りして、見る間に明るくなったり暗くなったりする。雲の影の縁が見えるのも楽しい。

人体の不思議展に行った 12:46

http://www.jintai.co.jp/です。樹脂で固めてある人体標本(プラスチネーションという技法らしい)がたくさん置いてある。体内の構造を、図版見せられただけじゃ納得がいかなかったが、ここまで見せられたら納得するしかない、って感じでした。

[] チボー家の人々1 読了 12:46

ISBN:4560070385。疾風怒濤な感じ。読み終えてから、何巻まであるのか調べてみたら、13巻もある。腰を据えて付き合うか。

[] The Meaning of Relativity 読み始め。 12:46

ISBN:0415285887アインシュタインの。名著らしい。英語で読んでいるけれども、あからさまにドイツ語から訳されていて、一文の長いこと長いこと。この動詞の主語は何? ってことがしょっちゅう。TOEICで900点台取っても、英語が使いこなせるとは限らない例証。英語だけではなく数学でも障壁を感じるから、これを励みに勉強するか。

[] ユークリッド原論 12:46

ISBNが付いてない。共立出版、1971年。初版。この本は、大学の図書館で借りた。家庭教師をするときに使うつもり。ギリシャ文字で図の点を表示されていてわかりにくいが、かなり明晰であることに変わりはない。ツッコミどころも皆無ではないが。

[] 気になる 12:46

http://www.newscientist.com/hottopics/cafescientifique/

いまは時間がないので、あとで見てみよう。

↑見た。身を運ばなきゃ行けないイベントらしい。こういうの日本でもあるといいんだけど。ん? あるか。

2004-09-06 部屋の整理に明け暮れる

[] キャベツの蒸し煮 12:46

半玉ざくざく切って、フライパンで蒸し煮した。味つけは塩だけだが、だしが出ておいしかった。

[] 科学書乱読術 読了 12:46

ISBN:4022596988。読みたい本がますます増えた。話がリゾーム状に展開するのがおもしろい。こういう話の展開の仕方は、ある程度の量、知識が集積しないとできない。

一人一人の出せるものが少なくても、うまくつなげて、同じような面白みを出してやろうというのが、ブログなんだろう。

[] 絵本だって読む 12:46

ISBN:2203001054。フラ語の勉強のため。このタンタンシリーズの日本語版を、幼いころたくさん読んだ。今回は、いちおう読んだことのない話を選んで買って来た。まだ1ページ目。

[] こんなロボットもいる 12:46

棒で人形をくるくる回してサッカーやるやつ。http://www.newscientist.com/news/news.jsp?id=ns99996346

2004-09-05 右肩が痛い。

Non-Puits編集 12:46

編集に来ている人数が少なめだったけど、普通の時間に終われてよかった。

下北沢で、ふらんす屋を教えてもらった。「焙煎カレー」が、ハヤシとカレーが一緒になったような味わいでよかった。

スタンドの蛍光灯が切れている 12:46

昨日蛍光灯を買いに電機店に行ったら、取り寄せということになった。早く来ないと勉強にならない。使ってるスタンドはこんなの。気に入っている。http://www.mitsubishielectric.co.jp/oldnews/1998/1110.htm

 | 
最近のコメント
  • 2007-05-13 はいちゃんちゃんちゃん!!!!
Access: 129186.