ぴらぴら週記

週記だから、週に一度は書くのが目標。

孤島からビンを流す会をよろしく。 アンテナもある。 ぴらの間もある。

2004 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2005 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2006 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2007 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら
 | 

2004-09-22

草津から帰ってきました。 02:16

白根山で、物理探査の原理と手法を学びました。

[] 法律を論理式で書く? 02:16

「法律の条文の本文は,論理式で書かれなければならない(前文は自然言語.条文は人工言語)」というルールを提唱している人がいる。このルールを採用すると大きな害がある。

人工言語を用いて法律を書く場合、その人工言語の規格を、あらかじめ定める必要がある。さらに、法律を書くのに使う用語の集合は言語学的に開いているから、どんなに完璧な人工言語を作ったつもりになっても、いずれ拡張しなくてはならない。

人工言語を定義し、拡張するためには自然言語を用いなくてはならない。そうしなければ、現実世界との対応を付けることができないからだ。

条文は人工言語で書くから解釈に揺れが無いようにすることはできるだろうが、人工言語の定義は自然言語で書くから、解釈の揺れを消すのは、自然言語による条文の解釈の揺れを無くすのと同程度に難しい。

さらに、上記のルールを採用した場合には、人工言語の定義を読んで理解できる人だけしか、法律を読むことはできなくなる。さらに、法廷での論争は、人工言語の定義をどう解釈するのかという問題に集中するから、人工言語の枠組みを理解できる人だけしか、法廷で議論はできないことになる。

yoirayoira 2005/04/09 22:58 でもよくよく考えてみると、法律に使われている日本語の言いまわしは、人工言語みたいなものかも知れない。「または」「もしくは」のどちらが優先するか、なんてことは自然言語には入ってない気がする。

 | 
最近のコメント
  • 2007-05-13 はいちゃんちゃんちゃん!!!!
Access: 131874.