ぴらぴら週記

週記だから、週に一度は書くのが目標。

孤島からビンを流す会をよろしく。 アンテナもある。 ぴらの間もある。

2004 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2005 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2006 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2007 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら
 | 

2005-01-31

タッチタイピングの練習法

僕は既に習得しているのでどうでもよいといえばよいのだが、キーに書いてある文字を全部消してしまえばよいと思った。

それで、「aは左の5の指」とか書いた一覧表を近くに貼っておけばよい。

2005-01-24

審議会とはこういうものらしい

http://www.meti.go.jp/committee/summary/0002347/

気付いたことがいろいろ。まず単純なtypo。ここに書いてある「コーリ」とは、「公理」の事だと思う。たぶんテープ起こしの人がこの言葉を知らなかったのだろう。

それから、この場で使える言語のレパートリーによって、発言できる内容が制限されていると感じる。

あとは、研究者というのが社会的にどういう地位であるのかが、ちょっとわかる。

2005-01-23 おやすみ

最近自分は冬眠しようとしているようだ

一日12時間寝ても、まだ眠いことがある。視交叉上核でつくられているサーカディアンリズムが狂っているのだろうか。

Chopinで起きよう。

僕のノートパソコン静かなので、夜の間電源を入れていても構わない。そこで、

sleep 28800; cdplay -c

とすると8時間後にCDが再生される。今朝はそれで目が覚めた。効果的だ。

英語の試験勉強をしようとした

リスニングのCDを聞いてみた。ひとつめ。授業で聞いたはずなのに、聞き覚えのない文章だ。眠くて欠席したときの分かも知れない。ふたつめ。やっぱり聞き覚えがない。念のためにCDを取り出してラベルを見てみた。

英語I 2年生冬学期CD教材

はー。買い直さなきゃ。てか、2年になってもこんな、単語ひとつずつゆっくり区切って喋る教材使ってるのかこの英語部会は。というわけで、リスニングは試験当日まで放置してもいいんじゃないかと思いはじめた。

[] Literate Programming (Center for the Study of Language and Information Publication Lecture Notes)

よみはじめた。面白いぞ。Knuthおちゃめ。1970年代の割に、いろいろ考えている。というか、1970年あたりが、計算機科学者がいろいろ考えはじめた時期のようだ。

KleeneとかDijkstraとか、こういう世界の人だったのか。へぇ。

ぴらぴらぴらぴら 2005/01/31 09:07 結局CDを買う暇も聞く暇もなく、そのまま試験に。平気でした。

2005-01-13

そろそろ試験

冬休み中に全然勉強しなかったので、これから勉強しなくてはいけません。更新が1ヶ月くらい止まるかもしれませんが、あしからず。

儲かる仕事は?

世情に詳しそうな友達に聞いてみたら、自営業と宗教の開祖だと言っていた。自分で全部回すのがいいみたい。

2005-01-06 有朋来自遠方

[] 幾何学の起源―定礎の書 (叢書・ウニベルシタス)読みかけ。

しびれる。農耕の発生には、空き地を作ることが必要であった。幾何学の発生には、余分なことを排除した空間を考え出すことが必要であった。著者は、こういうものを、ホワイトボックスと呼ぶ。コンピュータも一種のホワイトボックスだな。

フランス哲学の本を読んでいると、頻繁に、フランス語の単語Aの起源のラテン語Bの話を持ち出して、「本来AというのはBということだったのだ」と主張する。どうしてそういうものに説得力があるのか、不思議だ。

同じ単語をひたすら使い回しているからそんなことが出来るに違いない。日本語だと漢字の成り立ち、とか、言葉の語源、とかはうんちくのネタになる程度だと思う。

 | 
最近のコメント
  • 2007-05-13 はいちゃんちゃんちゃん!!!!
Access: 131876.
Connection: close