ぴらぴら週記

週記だから、週に一度は書くのが目標。

孤島からビンを流す会をよろしく。 アンテナもある。 ぴらの間もある。

2004 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2005 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2006 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2007 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら
 | 

2005-09-30

かぜぴき

まだ大学も始まっていないし、家族と暮らしているし、なんの心配もせずにぐうぐう寝ていました。一人暮しだとこういうとき大変そう。

寝ていると、夢のかけらのようなものをたくさん見た。

銀杏が散っていて、銀杏が滝のように散っていて、夕陽に照られ、玉川上水に散るのをみていた。凄惨。

みなもを流れて、ゆらゆら東行していると、木の根にひっかかって、先にいけない。星を見あげてぐったりしていた。声がでない。

起きていると、昔のことばかり思い出した。

紙飛行機を折るのが得意で、投げるとS字にカーブするのが折れたこと。

ときどき幼稚園のお昼がお寿司だったこと。

節分で鬼を見ていたら、ストーブでひざをやけどしたこと。

銀杏はたしか本当にみたことがあること。久右衛門橋。

目が醒めて、がんばって大学に行って時間割をもらってきた。えいやと学科を決めたのでそんなに先が見えていない。どうころんでも悪くないはず。

2005-09-23

高校の友達7人と浅草に行った。浅草寺でおみくじを引いたら吉だった。松本零士デザインの「ヒミコ」という水上バスを見たり、インド料理のバイキングを食べたり、お世話になった先生の結婚祝いを合羽橋で買ったり、両国まで歩いてチョコレートパフェを食べたりした。

HiRHiR 2005/09/25 01:34 >結婚祝いを合羽橋で買ったり
合羽橋=料理道具のイメージが強いんだけど、どんな物を買ったの?
気になるなぁ。

ぴらぴらぴらぴら 2005/09/26 01:18 それは言えない。のほ

ぴらぴらぴらぴら 2005/09/28 15:13 「世界は動いているのに私はとまった」で検索してここにいらした方がいるようす。どうなさったのでしょう。お話が聞きたいです。

2005-09-20

Technology Review 購読開始

3ヶ月前に申し込んだ雑誌が届き始めた。値段の割に面白いのでおすすめ。http://www.techreview.com/

2005-09-19

新しいコンタクトを作ってもらった

これまで使っていたコンタクトレンズに細かいキズが付いていて、使うと目が充血するようになって、よくないので新しいのを作った。

これまで必要以上に強いメガネをかけていたことがわかった。そのとき視力検査をしてくれた人がいいかげんだったのか、ぴらぴらがいいかげんな受け答えをしていたか、眼が良くなってきているのか、どれかだろう。

新しいコンタクトレンズを入れてみると、遠くの物の細部までよく見える。ちょっと面倒くさい。美しいものをみるにはよいと思われる。

ちょっとぴんぼけた世界に慣れていたせいで、まだピント合わせのフィードバックがうまくいっていないようす。

2005-09-15

へんな買いもの

たいやき屋さんでTシャツを買った。http://www.taiyaki-takane.com/

日本の将来

新古典派経済学に基づく政策が取られてゆくとするなら、イスラームの都市世界 (世界史リブレット)(読了)に似ていくかもしれない。ここでは多くのことが市場の原理に任されていたそうだ。ただ、物価や為替レートの管理に失敗しつづけたスルタンたちのようなことは、しないでもらえるといいなぁ。

2005-09-11

ぴらぴら探知機

このページの上の方の、「いるところ」から飛べます。ときどきやる気のなさそうな返事をしますが、ぴらぴらのすることなので勘弁してください。

ちゃり旅

人に物を渡しに、自転車で東府中に行ってきた。わざわざ自転車で行かなくても中間地点で待ち合わせて渡す物だけ渡してしまえばすんだのだが、ちょっと見たいところがあった。

例のごとく、今日のルートもこれから地図帳に書きこむつもり。

家を出るときに、後輪の空気が抜けているのに気づいたが、そのまま出発した。三鷹から自転車でしばらく行くと、東八道路というのに出た。ここを自転車で走るのは初めてだ。なぜか風が強くて、しかも向かい風なので難儀した。道端に無料の自転車タイヤ空気入れ機があって助かった。

曇っているのでいまいち方角がよくわからない。地図も重いので持ちありいていない。しかしなんとなく進む。東八道路に飽きたので左折してうろうろしていると、もう畑と住宅の混じった「耳をすませば」の世界である。もちろん坂道もある。帰りはどうしようと心配しながらびゅーっとくだる。

国立天文台の森の北西に沿って、中学校の前を通ると、石畳の遊歩道に出た。ぽつぽつと雨が降ってきたが、雨雲よりも自分の方が早く動いているということにして、進む。遊歩道の終わりに、急な階段。出た、国分寺崖線。多摩川の河岸段丘にできた崖である。この崖の下は湧水がところどころに湧き、昔から「はけ」と呼びならわされてきたらしい。

雨が降ってきたのでちょっと急いで野川を渡る。野川は、このあたりでは国分寺崖線に沿っている。はけからの涌き水を集めて流れている。進むと、中央道をくぐって、甲州街道に出た。目指す東府中の駅がある京王線も近くに通っているはず。ちょっとさぐると、西調布の駅をみつけた。

京王線には不案内なぴらぴらは、西調布と東府中の間に駅がいくつあるのか知らなかった。雨が少し強くなってきたから西調布の線路の下で雨宿りしようかと思ったが、もう少しで着きそうだからといって出発してしまった。

西調布の駅を出てしばらくして、急に雨風が強くなった。渡す物は紙であり、とある団体で歴史的に価値があるとされているものだ。濡らすわけにはいかない。さて困った。そこで目に入ったのが「旧しながわ道」の掲示。古い街道は、変に突き当たったりせずに、だいたい一方向に進むので都合がいい。これに沿って進むことにした。

しばらく行くと、コンビニの「ベルギーチョコソフト」が目にとまった。食べたいので食べた。

駅があるたびに線路に寄っていって、ここは東府中駅かそうでないかと確かめる。確かめてしながわ道に戻るとき、「この道を離れて駅を見てから戻ってくるまで、一瞬のことといえば一瞬のことのように思える。時間が流れているのは現在だけであり、過去には時間が流れていないからに違いない」などととりとめのないことを考えた。だいぶ疲れている。

しながわ道は、ところどころくねった細い道だが、いまでも歩道がきちんと整備されていて、ずっと愛されてきた道なんだなぁと思う。そのしながわ道と京王線の線路が並んだところに東府中の駅があった。で、渡すものを渡した。

で、気になっていたのが、ぴらぴらの生まれた病院である。東府中にあるとは聞いていたが、どんなところだか知らないので見に行ってみた。建物は新しそうだった。いちおう一周してみた。すると、看板に出ている紋章が、うちにあったタオルに入っていた紋章と同じだったので、たぶんここだな、と思った。

雨がやみそうにないので、自転車を置いて、電車で帰った。

2005-09-10 今週は

まるいいし

万博に行ってきました

愛・地球博で物見遊山してきました。

企業のパビリオンはたくさん並ばされる割に、そんなに素晴らしいとは思えませんでした。もっとも見ごたえのある展示は、いろんな国の出しているパビリオンにありました。トルコ数学展示が異色で、楽しい。Mathicがんばれ。

また、プロジェクターLEDを使った映像の上映が多かったです。巨大なスクリーンで動画を見ると酔うのがわかりました。また、生研でみかけたアンコールワットのCGを万博でも見かけて、頑張っているなぁと思いました。

そんな中で、コスタリカの巨大な球形の石の展示は、実物を見られたし、わざわざ国宝を持ってきてくれたし、すばらしかったです。

技術の進歩に驚くことがなかったのが残念です。ロンドンで開かれた初回の万国博覧会に行ってみたかったなぁ。

ぴらぴらぴらぴら 2005/09/12 12:17 「形の哲学」マグリットが登場します。万博のベルギー館にもあった。

2005-09-05

究極超人あ〜る占い

http://u-maker.com/88880.html、やってみたら、成原だった。あたりすぎ。。。

bakkobakko 2005/09/05 18:31 同じく成原博士でした。当たってるのかなぁ…?

あみんあみん 2005/09/05 21:08 私はねこ丸君でした〜。どうなんでしょ?
それ以前に何それ?とかいわれそうだ。(笑)

ぴらぴらぴらぴら 2005/09/06 00:52 bakkoくんは、まだまだ成原博士に追い付いていない感じがします。きっと将来像なのでしょう。あみんさんのねこ丸君は、なっとく。

2005-09-03

つめたいよるに (新潮文庫)

買いました。知り合いには、こんなん読むの? と意外がられるかも知れないけれど。

こういうのは、おみおつけのように毎日すこしずつ味わうものだと思うので、まだ3篇しか読んでいない。

「鬼ばばあ」:色や季節の使いかたが巧み。名前だけ出てきた主人公の友達が、どんな子たちなのか、僕ならもうちょっと書きたいかも。でも、はみ出したりへこんだりしている文章は、元気があっていいな。

「スイート・ラバーズ」:うえのよりも、まとまっている感じがする。要点をおさえて、言葉がくり返されている。

「晴れた空の下で」:ぽわぽわしている。自分のことのようなので何もいえない。

全体的に:ひらがなが多めで、しっとりした文章だと思う。典雅。あと、細かいところだけど、ルビがたくさん入っているのが、よい。内容面にふみこんだ感想は、ここにはあまり書かないよん。ぴらぴらぴら・・・(去る)

あみんあみん 2005/09/05 21:10 私も好きですよ♪
個人的に好きなのは「デューク」です。泣けてきて…。

 | 
最近のコメント
  • 2007-05-13 はいちゃんちゃんちゃん!!!!
Access: 131698.
Connection: close