ぴらぴら週記

週記だから、週に一度は書くのが目標。

孤島からビンを流す会をよろしく。 アンテナもある。 ぴらの間もある。

2004 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2005 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2006 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら 06 ぴら 07 ぴら 08 ぴら 09 ぴら 10 ぴら 11 ぴら 12 ぴら
2007 ぴら 01 ぴら 02 ぴら 03 ぴら 04 ぴら 05 ぴら
 | 

2007-04-30

ぴらぴら会 04:05

ぴぴぴぴぴ。

ご新規様 04:05

このごろうちの近所の飲食店で、「ご新規様」という言葉をよく聞く。

「ご新規様3名様で〜す」(入り口の近くの店員)

「いらっしゃいませ〜」(声をそろえて)

みたいな。


うまいこと考えたなーとは思う。作業しながら入ってくる客に気を配らなくてはならない負担が、一部の人に限定されるので。


でもなんか気持ちが悪い。人のことを新規と呼ぶからだろうか。ご継続様はどこにいるのだろうか。

2007-04-28

最近の読書 23:10

読み始める、がたくさんあるのに、読み終わる、がほとんど無いので紹介しづらい。

明日は明日で友達と古本市に行くことになっているしなぁ。


前に早稲田の古本屋で買った現代日本文化論〈12〉内なるものとしての宗教(副題:内なるものとしての宗教)は、章によっては退屈だけど、気になる本ではある。ぴらぴらには罪というものがあんまりよくわかっていないのではないか。ニーチェがしっくり心地よいのは、どうもまともでないかもしれない。

まぁ、人に迷惑はかけたくなかったり、人に迷惑をかけたら謝りたくなったり、およおよと思ったりはする。が、そのために人の自分に対する評価が下がることは理解できても、自己の価値が損なわれた感じはしない。


このごろ腰をすえて何かすることが減っている気がする。文語日記でも書こうかな。


つくねん。

2007-04-22

うろうろ 20:21

渋谷で12人+2人でランチ。その後、ほとんどの人をほったらかしにしてもりたまくんとおさんぽ。ランダムウォーク実験をふたたびやろうかと思い、その前に東急ハンズGPS受信機を買おうと思ったら高くて、秋葉原で買おうとしたら、てきとうなのがなくて、結局地下室に降りてGPS受信機を探していた。まぁ、演習3もちょっとやったけれども。


で、もりたまくんと話していて浮上したのが↓の遊びである。

GPSを使った遊び。 16:04

情報科学なんでもセミナーでkinabaさんがGPSについて話してくれたので、GPSを使った遊びを考えてみた。


このごろの携帯電話は、110番とか119番とかにかけたときに位置情報をしかるべき人が把握できるように、GPSその他の位置情報を取得できる装置が入っているらしい。これをつかって、こんな遊びをしてみたらどうか。


  • 参加者: 100人とか1000人とか。紅組と白組に分かれる。
  • やること: 一定の期間(数時間とか)に、自分の組の人同士で、なるべくかたまる。よりよくかたまれたほうの組が、勝ち。
  • 参加方法: 携帯からHTTP経由で、サーバにアクセスする。事前に参加登録(エントリー)する。
  • 手がかり: 当日になると、サーバにアクセスするたびに、自分の位置情報が送信される。また、自分の組の人と自分との距離が、近くにいる順に表示される。方角は表示されない。

名称を募集中である。「あつまりん♪」

しまんしまん 2007/04/26 22:25 アキバに、宇宙人探査機って売ってる?

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/27 12:33 なにそれ! 買いたい!

arc_at_dmzarc_at_dmz 2007/04/28 00:06 誕生日おめでとう!(ちょっと遅れた…)

GPS、デジカメにつけたい。
写真をいつ撮ったかは分かるけど、どこで撮ったか忘れるから。

のむのむ 2007/04/28 08:20 誕生日なんだー。おめでとう!

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/28 22:15 わーわー。去年の誕生日は学科の地下室で迎えたのに、今年は普通に…。

2007-04-21

るるるんるん 23:21

妙なところ(ないしょ)で妙な人に会ってしまった。それにしても、同級生だった人たちが社会人になっていくので、およよと思ってしまう。あんまり時間が無くて、たくさんおさんぽできなかったのが残念である。


バイト。ちまちま手作業するよりも道具づくり/道具発見に時間を使う方がはるかによろしいな、と思った。


演習3で、調べを進めていたら、以前から名前を聞いていた経済物理の高安先生にぶつかってしまった。もにょ。

naritakenaritake 2007/04/22 02:12 しかしよくよく考えるとそんなに妙なことでもないような気がしてくるのが面白い(笑)

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/22 16:09 そうなんだよね。最初に見たとき脳裡をよぎったのは「やっぱり」という言葉だった。

C4meC4me 2007/04/22 19:38 高安先生…もにょもにょ。

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/22 20:16 C4meさんがもにょもにょしてる〜。

2007-04-18

このまえ見た夢 23:35

がらんどうのお寺で、3人組の男と闘うはめになったぴらぴらは、三十六計逃げるにしかずで、ささっと去った。追って来た。「ぴらぴらは光速で移動できるようにしよう」と思ったが、「それでは速すぎて物理的に困ったことになる。3分の1くらいにしよう」と思って、九州あたりまでぴーっと逃げた。追手はあきらめたらしい。


ふと「卒業式に間に合わない、寝過ごした」と思った。しかし、「間に合わないならいいや」と思って、惰眠を貪るぴらぴらであった。

2007-04-15

おさんぽ 20:27

代官山に行った。マネキンがつくえの上に座っていた。数万円かけて洋服を買うよりも数万円かけて和服を買う方が楽しいんじゃなかろうか。今日のところは味噌だけ買ってきた。

2007-04-14

yoira2007-04-14

おさんぽ 22:55

バイト帰りに、ちょっと余分に歩いて、恵比寿ガーデンプレイスに寄る。三越の地下でおいしそうなものを眺める。笑顔のカップルや家族連れを見て、大変そうだなぁと思う。ぴらぴらは例によって3cmほど浮いた足どりである。

例の居間にはまだ島田雅彦が転がっていた。『エトロフの恋』。なんとなく今の気分にあっているのでさくさく読み終えてしまう。これちょっと好きかも。が、こういう気分でのんきにしていていいのかなぁと思ってしまう。いいのかも。

有向グラフ碁の暫定的な碁盤の形 00:43

有向グラフ碁の研究が進まないひとつの原因は、碁盤の形が決まっていないからだと思う。そこで、とりあえずこういう形の碁盤について研究してみるかも知れない。


こんさまは、非平面グラフの場合にどうなるのかに興味があると言っていた。kinaba氏は、非平面グラフというのは、人間に直感的には解かりにくいというのと同じことだからねぇ、と言っていた。


いきなりコンピュータにプレイさせるのもいいのかも知れないけれども、まず自分で遊んでみないと何が起きても嬉しくないのである。


というか、早めに、ちゃんと動く碁盤を実装するほうがよいかもしれない。


よーく見ると、この碁盤は気に入らない。もうちょっと気の利いた形があってもよさそうなものである。

nucnuc 2007/04/15 00:12 三角形ごとに三すくみになっていて、隣り合うマス同士逆まわりになっていればいいかなって思いました。

shoi子shoi子 2007/04/15 12:46 三部作の最後から読んじゃったのね。
一部と二部も読みましょう。

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/15 17:55 >カピパラさん
それだと、同じ方向の線がぜんぶ同じ向きになってしまうのです。が、そのほうが美しいかもしれません。
>shoi
はーい。

2007-04-12

彼岸 23:55

ニーチェ『善悪の彼岸isbn:4480080813 を読了(道徳の系譜はまだ)。もっともなことがたくさん書いてある。受け容れがたいところもたくさんあるけど。気合いは入る。厳しい制限が課されている場合のほうが高みを目指しやすいとか、つねに世に超然として生きよとか。これは自分で買った。


我が家の居間に転がっていた(よくわかんない本がいつも転がっている)、島田雅彦彼岸先生』isbn:4828824219 は、ぱらぱら眺めたけれども、よくわかんない。というかそんなによくない。漱石のパロディっぽい。彼岸ニューヨーク。とにかく胡散臭い。暇なら読んでもいいんだけれども。


胡散臭いと言えば、孤島からビンを流す会がぴらぴらの暇を吸収してもっとあやしい存在になろうとしている。

shoi子shoi子 2007/04/14 00:28 彼岸先生は確かによくわかんないね。でもたま〜に秀逸な一文があったような、なかったような。

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/14 00:52 上のコメントが5秒くらい「よくわかんないわね」に見えてたのはなんでだろう。
彼岸先生、細部はいいんですよ。でも全体が…と書きかけて、それも漱石と一緒じゃんと思ったぴらぴらであった。

shoi子shoi子 2007/04/15 12:49 よくわかんないわね。っていうと彼岸先生っていう本じゃなくて、人間の話してるような感じ(ぴらぴらってわかんないわね、みたいに)に思えてしまうのはなんでだろう。

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/15 20:25 よくわかんないわね。っていうと彼岸先生のまわりの女性の発言みたいに聞こえるからかもしれません。

2007-04-09

Winnyの技術 19:30

今日の午後、学科の図書館で借りて、さっき読了。ふーむふーむふーむ。


まぁいろいろと改善の余地はありそうである。しかし、ファイル共有用途のものをつくるのは、危険かもしれない。なので、孤島からビンを流す会のP2P実装をしてみることにしよう、かなー。んー。

2007-04-08

久しぶりに散財 19:23

投票して、渋谷へ。


日曜日にランチを20人くらいで食べられるところを見つけて、ニーチェ『善悪の彼岸』を買って、井の頭線吉祥寺へ。


買いたいものはだいたい買えた。でも、たいやきTシャツを求めて三鷹のたいやき屋に行ったら15人くらい並んでいて断念した。


今後に大きく響きそうな買い物は、

  • ハンガー。それをかけるための棒。

くらいか。なぜか自分の部屋の環境整備をする気になったようだ。

2007-04-06

絵本ながらすごい 21:42

ふとダイビル13階に忍び込んでみたら、本棚に「はじめて出会うコンピュータ科学」シリーズがあった。これは、僕が小学生のころ大好きだった絵本シリーズなのだが、タイトルを忘れて、すっかり伝説の存在となっていた。むちゃくちゃおもしろい。

ゲートで演算器を作る話やら、グラフの話やら、フォークの話やら、ポーランド記法やら、プロトコルの話やら、出てくる。

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/11/4/115261=.html

日記 01:06

  • 気になっていた圏論の勉強を始めた。「はじめに」を読んでやる気が出るのはいい本だ。
  • 「きみたちは『地下』に来てしまったのであるから、蛍光灯の光と弁当くさい空気のもとで生きていかなくてはならないのだ」
  • 大学院の入学式があり、生協のまんじゅうがぞくぞくと、福沢諭吉の肖像と交換されていた。
  • ぴらぴらはやっぱり元気である。そしてやっぱり、やりたいことがたくさんある。
  • みんなすごいなぁと思う。
  • おいしいものばかり食べていたら体重が増加している…。走る。

nucnuc 2007/04/08 01:10 あれは名作でしたねえ。

moritamamoritama 2007/04/08 12:12 もしかしたらと思って検索したら,大学の図書館にある!読んでみよう..

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/08 19:16 計算機科学やるところが理学部にあってもいいかな、と思える絵本です。

2007-04-04

雨月物語みたい 20:11

ぴらぴらは、雨月物語の、「こちら側の主人公」によく似ている。抽象化された人格。地に足が着いていなかったりとか、それでいて、妙なことにこだわって妙なまま実現してしまったりとか。そもそも、自分を物語の主人公に擬しているだけで十分、同類なのである。


雨月物語の向こう側の主人公は、それはそれは真剣で、生身の現実に向き合っている。「自他の関係の総体を意識し、その重みに堪える者である」。


こちら側の主人公は、向こう側の主人公と話が通じ、うまく対処したように錯覚するが、実態はぜんぜんそうなっていない。向こう側の主人公は向こう側の主人公で、こちら側の主人公がいなかったならそうはならなかっただろうというところに、身をおくこととなる。

2007-04-03

しづごころなく花の散るらむ 23:19

心が落ち着くのはソースコードの相手をしているときだけである。それはそれで頑張れるのだが。


(そっけなくされる方が楽なことって、ある…その点はありがたい)

私は雨 01:55

うーむ。ここに書いてあったことは消しました。日記は消さないというポリシーを持っていたのですが…。

ここに書いてあったもの、「自分はあんがい機嫌がよろしいなぁ」と思いながら、書いていたんです。ありえん。

2007-04-02

本当に誰でもいいときの投票の仕方 10:49

答: 当落線上の、微妙に落のがわに入っている選択肢に、投票する。そうすれば、もっと真剣に考えている人たちの意見が反映されやすくなる。

2007-04-01

20:35

我が家のそばの明治通り沿いの夜桜は、よい。


中目黒周辺の、目黒川沿いのカフェは、この季節にはランチの値段を上げるらしい。書き入れ時。


家族で代々木公園に行ってみたら喧騒で目を当てられない。


江戸小紋には、桜と鋏とを散らした柄がある。「花泥棒は罪にならない」というからとった意匠らしい。花泥棒こそ罪だと思うのだが…。

こんどうこんどう 2007/04/01 22:06 値段を上げるというのは、同じものを高い値段で提供してるわけじゃなくて、内容的に値段の高いものにしているということなので、誤解なきよう。

ぴらぴらぴらぴら 2007/04/03 01:39 あ、なるほど。

 | 
最近のコメント
  • 2007-05-13 はいちゃんちゃんちゃん!!!!
Access: 129456.