9months co. STAFF’S  BLOG

2018-11-16 別荘(ペニンシュラホテル・バンコク)

今週、当社の研修旅行でタイ・バンコクに行ってきました。

いつもの研修旅行のようにスタッフ各自がそれぞれ行動予定を立てます。

だから、宿泊先のホテルも各自が予約します。





私のバンコクでの宿泊先はペニンシュラホテル。



f:id:yokohama-kukan:20181116151205j:image:w360


正面玄関。夜間に撮影。





もう、勝手に別荘だと思っています。




香港のペニンシュラホテルが最も有名ですが、バンコクのペニンシュラホテルの方が雰囲気もサービスもちょっとカジュアルでプライベート感があって、何より宿泊費が香港、ニューヨーク、東京のペニンシュラホテルに比べてリーズナブルです。

今回は3泊ましたが、3泊目は無料でした。

2泊分の料金、約7万円で3泊宿泊できました。





f:id:yokohama-kukan:20181116151210j:image:w360



部屋からの眺め。全ての部屋からチャオプラヤー川が見えます。





バンコクのペニンシュラホテルは、中心街から少し離れた場所にあります。


中心街の「サイアム」駅からBTS線で約15分「サファン タクシン」駅で下車します。

「サファン タクシン」駅はチャオプラヤー川沿いにあり、駅前にボート乗場があります。

ペニンシュラホテルはチャオプラヤー川沿いにあり、ホテルの船着場から駅前のボート乗場にディズニーランドのジャングルクルーズで乗るようなボートで送迎してくれます。




f:id:yokohama-kukan:20181116151128j:image:w360



ホテルの桟橋から駅前のボート乗場まで約3分。24時まで迎えに来てくれます。




また、チャオプラヤー川をはさんでペニンシュラホテルの前にはマンダリン・オリエンタルホテルがあり、マンダリンホテルの船着場とペニンシュラホテルはお互いのホテルのボートで行き来できます。




f:id:yokohama-kukan:20181116151208j:image:w360



マンダリンホテル側からペニンシュラホテルを撮影。





ご近所という事もあり、ついつい、マンダリンホテルとペニンシュラホテルを比較してしまいますが、私は3勝2敗でペニンシュラホテルを勝者としています。



何よりコスパがいいのです。




マンダリンホテルの2勝のうち、1勝は、アフタヌーンティーの充実ぶりです。


これは、バンコクに行ったら、1回は行ってみる価値があります。


ただし、敷居が高いですよ。

ドレスコードもありますし、スタッフも品良く上から目線です。


以前、マンダリンホテルに宿泊した時、宿泊者だから多少カジュアルな服装でも入店できるかと突破を試みましたが、見事に入店させてもらえず、部屋に着替えに戻りました。



宿泊はペニンシュラホテルにして、アフタヌーンティーはボートに乗って、マンダリンホテルに行けばいいんです。



ペニンシュラホテルにもチャオプラヤー川沿いにカフェがあります。




f:id:yokohama-kukan:20181116151256j:image:w360


朝日とともに撮影。



こちらは、カジュアルな雰囲気ですが、川から吹く風を感じながら、食事もできます。


もう、最高です。







そして、ペニンシュラホテルのプールサイドに寝そべる度に「たぶん、極楽ってここのことだろう」と思ってしまいます。





f:id:yokohama-kukan:20181116151326j:image:w360


ここが極楽です。




アーバンリゾートという言葉があります。

都会なんだけど、リゾート地のような開放感を味わえるというような意味でしょうか。

頼むから、ペニンシュラホテルのプールサイドに行ってから、アーバンリゾートって言って欲しいくらい、別世界を感じます。




もう、最高です。







ホテルの建物の中は、外の開放感とは違い、少し暗く、重厚な雰囲気を感じます。






f:id:yokohama-kukan:20181116151323j:image:w360


玄関からロビー横のカフェに向けて撮影。







f:id:yokohama-kukan:20181116151259j:image:w360


ロビー横のカフェで軽い食事を取りました。




光と影。



もう、陰影感が最高です。






都会でありながら、リゾート地のような雰囲気も味わえ。



スタッフのサービスやホスピタリティーもいい。



宿泊費のコストパフォーマンスもいい。




そんな最高づくしなのに、日本人の宿泊客が本当に少ないのです。


特に20、30歳代の日本人女性の宿泊者はまず、見かけません。

(男性はもっと見かけませんが、、、)







そんな訳で、私は、ホテルのまわし者でもないのですが、バンコクのペニンシュラホテルをお勧めするのです。






できれば、空港到着時、ホテルまでの送迎をお願いしてください。

ペニンシュラ・グリーンのBMWが迎えに来てくれます。


金額は約8千円かかりますが、テンションが一気に上がっていくこと間違いなしです。

束の間のセレブ気分が味わえるし、きっと、SNS映えもするはずです。











f:id:yokohama-kukan:20181116151253j:image:w360


ペニンシュラホテルの隣地は、昔ながらのバンコクの趣きがある商店が並んでいます。

今と昔が共存しているのもバンコクの魅力の一つですね。







f:id:yokohama-kukan:20181116151125j:image:w360


裏路地好きとしては、堪らない路地もあります。

地元民が道端で夕涼みしながらテレビを見ていました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20181116

2018-11-07 カリカリマシーン

こんにちは。GTOです。

先日、カメラ付きのペット自動給餌器『カリカリマシーン SP』を購入しました。

アプリをインストールしたスマホと連動させるので、タイマーでの自動給餌はもちろん、外出先からでも好きなタイミングで給餌することができ、私にとっては待ちに待った夢のようなマシーンです。

f:id:yokohama-kukan:20181107181421j:image:w360



うちのボスネコは目黒区から来ました。

保護した時点で体重が8kg。何を食べていたらこんなになってしまうのか…。

f:id:yokohama-kukan:20181107181725j:image:w360


今はダイエット中のため、1日4回に分けてダイエット用のカリカリをあげています。

カリカリマシーン を購入するまでは、夜寝る直前にエサをあげても朝4時には『おい、エサくれよー』と、ボスネコにどつかれて起こされる毎日。

そんな生活が数ヶ月続き、寝不足で体力的に限界がきていた時に探して見つけた『カリカリマシーン SP』。




本体の大きさが分かるように比較の為ボスネコを呼んでみた。

f:id:yokohama-kukan:20181107182154j:image:w360

呼ばれたから来たのにご飯出てないよ?(←ボスネコ心の声)



本体タンクの中にザザーッとカリカリを入れておけば設定した時間に設定した量だけトレーに出てきます。

f:id:yokohama-kukan:20181107182145j:image:w360

お、フタが開いたゾ!全部食べていいの?




そして、トレーにカリカリが出てくる時の『カラカラカラ〜ッ』という音はどんなに遠くにいても聞き逃さず、猛ダッシュで横スベりしながらカリカリマシーンに駆けつけてくるボスネコ。


トレーの見回りも毎日欠かしません。

朝、昼、夜関係なく、2〜3時間おきにトレーにカリカリが入っていないか見回りにきます。ボスネコ、警備員並の巡回です。

f:id:yokohama-kukan:20181107182135j:image:w360

まだ出てこないの?



f:id:yokohama-kukan:20181107182126j:image:w360

もうすぐご飯の時間なのにおかしいなー。

しばらく座って待ってみるか…。



f:id:yokohama-kukan:20181107182117j:image:w360

しかし、待ちきれずにカリカリマシーン にゴンゴン頭突きを始めると…



頭突きの振動で数粒カリカリが出てくることを学習していた。

f:id:yokohama-kukan:20181107182109j:image:w360

お、出た出た!…でも1粒か。



f:id:yokohama-kukan:20181107182100j:image:w360

ま、1粒でもいいヤ。いただきー!



f:id:yokohama-kukan:20181107182049j:image:w360

トレーも舐めちゃお♪



このマシーンが来たおかげで私は早朝からボスネコにどつかれることがなくなり(代わりにカリカリマシーンがどつかれていますが)、グッスリ安眠できるようになりました。



我が家で今年一番の買って良かった物は『カリカリマシーン』 でした。



f:id:yokohama-kukan:20181107182036j:image:w360

もっとご飯ちょーだいっ!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20181107

2018-10-30 フラリーマン星太郎

フラリーマンのhoshiです。

竹之内所長!

フラリーじゃないですよ!

シリウス(大和市文化創造拠点)は私のサードプレイスなんです。


スタバでコーヒー飲んだり、本を読んだり、

休日には子供と遊ぶんです。

お陰様でGold Starはたくさん溜まりました。

f:id:yokohama-kukan:20181030165711p:image:w640


コンサートホールもあり、

なんと青鼻のピアニスト H ZETT M も来たんです。

(見てないけど)

f:id:yokohama-kukan:20181030165720j:image:w640



シリウス以外に楽しみにしている

スポットが一つあるんです。


「イオン」


このイオンは日産座間工場の跡地に建設されただけあり、

旧車を展示しているんです。


f:id:yokohama-kukan:20181030165706j:image:w640

サニートラック

丸目のライトにフェンダーミラーが良いですね。

車の案内板を撮影するのを忘れてしまい、

年代が分かりません。

60〜70年代でしょうか。


f:id:yokohama-kukan:20181030165702j:image:w640

f:id:yokohama-kukan:20181030165658j:image:w640

オースター

1982年

私と同い年でしたので思わず写真を撮ってしまいました。

80年代になると角目のライトが多い気がします。


f:id:yokohama-kukan:20181030165650j:image:w640

f:id:yokohama-kukan:20181030165645j:image:w640

f:id:yokohama-kukan:20181030165640j:image:w640

シルビア

1981年

実際にラリーで走行した車の展示です。

一度もラリーを見たことはありませんが、

なぜかドキドキしてしまいました。

やはり、本物が持つ雰囲気は違いますね。

イオンに買い物に来ると、

必ず日産のコーナーにふらりと立ち寄ります。


あなたのサードプレイスお探しします。


9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/

設えの美学 http://dressingroom.asia

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20181030

2018-10-23   AI で 健康寿命 分析

 

 

先日、放映された NHKスペシャル

「 AIに聞いてみた どうするのよ! 日本 」

マツコさんと有働アナの番組ですが

健康寿命 」に関するAIの分析がすごかったです。

 

見られた方も多いと思いますが

ブログネタに書かずにはいられません。

   



下の写真は ↓ 神奈川県大和市にあります

図書館(スタバもあり)利用者数

堂々の日本一。

弊社のスタッフH氏も家に帰らず

ここで、フラリーマンしている数も

相当数 加算されています。

 

 

f:id:yokohama-kukan:20181023173228j:image:w360

 

 

話はもとにもどりますが

AIによると 健康寿命を延ばすためには

「 運動よりも食事よりも〇〇が大事 」ということが

わかったといいます。

 

そこで、〇〇に何が入るか…ですが

  

何と〇〇は…「読書」だというのです。

 

  

そこで全国で

一番 健康寿命が長い(男性1位、女性3位)

「 山梨県 」を調査したら

人口に対する図書館の数が 全国1位 

人口10万人に対する図書館の数は

全国平均が2.61に対して、山梨県は6.59



さらにNHKのカメラが

山梨県の図書館内を撮影していると

階段上る方が、ほとんど手摺を

利用していないんです

驚きました。

  

これからの時代

健康で生きてたいなら

図書館の近くに住みましょう!

 

  

おまけ AI に代替え可能な予測 ↓

 

f:id:yokohama-kukan:20181023173314j:image:w360

 

 

 

設計部 竹之内でした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20181023

2018-10-16 勝負師

あつーい!! から 風つよー!! から 肌寒い・・・

目まぐるしく変わる季節の変化に全くついていけていないmiyakeです。


日本も段々四季折々の季節感が

感じられなくなってきて、さびしい限りです。


そんな中、ふと我が家のTV録画の記録を見たら・・・

(録画機能使っているのはほぼ旦那様・・・)


ゴルフ

ゴルフ

ゴルフ

ゴルフ・・・・

またゴルフ・・・

ゴルフ番組の録画のオンパレード・・・


知らない間に我が家には

スポーツの秋がやってきていました。


最近 仕事のお付き合い&趣味を兼ねて

ゴルフに行っているのは知っていましたが、

ここまでとは・・・


来週は、我が家10月恒例の軽井沢パターゴルフ大会

(参加者2名・・・)が行われます。

練習量では、既に負けているので、

一発勝負を狙います!!

f:id:yokohama-kukan:20181016100138j:image


密かに素振りの練習をしていたら

何かを察知した旦那様が一言・・・


「無理だと思うよ・・・・」



「・・・・・」


「無理」の一言に一気に私の勝負魂に火が付きました。


絶対に勝つ!!!



パター練習できる マンション探します!!

9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20181016

2018-09-27 そうだ京都へ行こう〜2018夏〜

すっかり秋めいてきました

今年の夏は猛暑・豪雨・台風と大変厳しい天候でした

週末にも大きな台風が日本に近づくようなので、警戒が必要ですね


さて、私タイコは、今年2度目となる京都へ行ってまいりました

しかも、暑〜い 暑〜い 猛暑の中…


今回の目的は…  貴船神社 ☆祇園祭 です




まずは、貴船神社

最強パワースポットの一つとして紹介されている場所です

以前から興味はあったものの、いつも弾丸ツアーの私では時間に

余裕がなく、敬遠していました

今回はここに絞って京都駅から直行です!

地下鉄終着駅からバスを2本乗り継いで… 

やっとたどり着きました



市内といっても、周囲は山です

空気も何だかひんやりとしています

夏は「川床」が有名で、懐石料理や流しそうめんが楽しめるそうです

f:id:yokohama-kukan:20180927162247j:image



川沿いの川床を眺めながら歩いていくと、念願の貴船神社に到着です

ゆったりとした時間が流れています

f:id:yokohama-kukan:20180927162828j:image

f:id:yokohama-kukan:20180927221352j:image



ここは、水占みくじが有名で、おみくじをご神水に浮かべると、

文字が出てきます

f:id:yokohama-kukan:20180927163153j:image


f:id:yokohama-kukan:20180927163551j:image


f:id:yokohama-kukan:20180927222138j:image

伝説に残る船は、人目に触れぬよう石に囲まれています

f:id:yokohama-kukan:20180927163705j:image

観光客も少なめなので、ゆっくり散策

パワーをしっかり吸収してきました!!







もう一つの目的 祇園祭

日本三大祭の一つで、千年以上の歴史を持つお祭りです

毎年多くの観光客で賑わいます

この祇園祭 有名な山鉾巡行は7月の中旬に3日間なのですが、

宵山の準備や前祭・後祭を含めるとほぼ1ヶ月くらい行われて

います


私が行った時期は、前祭 山鉾建て(山鉾の準備)中でした

f:id:yokohama-kukan:20180927164050j:image

f:id:yokohama-kukan:20180927163902j:image

暑い中、準備真最中

釘を使わず、縄を使って組み立てるそうです

f:id:yokohama-kukan:20180927165403j:image

f:id:yokohama-kukan:20180927164855j:image

これが巡行では一番最初に八坂神社にむかう

長刀鉾



前祭巡行には、23基の山鉾が

「コンチキチン」の囃子で都大路を行き交うそうです

f:id:yokohama-kukan:20180927164310j:image


暑い京都の夏を満喫した弾丸旅でした!


横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20180927

2018-09-18

こんにちは、u8です。

すっかり秋めいて、すごしやすい気温になりました。

それにしても、今年の夏はアツかったですねー

本当に身の危険を感じるレベルでした。



さて、アツかったといえば・・・

そうです、高校野球ですよね。

節目となる第100回の記念大会で、我が母校、鎌倉学園が30年ぶりの決勝進出。

もう、OBはお祭り騒ぎでしたよ。

30年ぶり6度目の決勝戦の相手は名門・横浜高校

このチームは秋、春と対戦していて、対戦成績は1勝1敗。



実は鎌倉学園は神奈川県内で唯一、通算成績で横浜高校に勝ち越している学校らしいです。

現在の横浜高校の監督、平田監督が選手時代も対戦しており、見事鎌倉学園が勝利しています。



これはついに悲願達成の時がきたんじゃないか。

決勝戦の横浜スタジアムは、母校が甲子園初出場を決める瞬間をその目で見届けようと、野球部OBはもちろん、野球部ではないOBも大勢応援に駆けつけていました。

もはやいろいろな年代の同窓会状態となった横浜スタジアム。

そんなスタンドでは、


甲子園決まったら応援行く?

そりゃ行くでしょー

バス手配しちゃうか!


みたいな会話があちこちから聞こえてきました。



試合が始まる前は。



まー、完敗でした。

さすが横浜高校。

夏の戦い方を知っています。



ただ、終盤のあの粘りは見事でした。

観客もここぞとばかりに声を張り上げました。

あの時、間違いなく横浜スタジアムが揺れました。



そして、横浜高校の校歌斉唱の時、校歌に合わせて手拍子を送る鎌倉学園のスタンド。

それに頭を下げる横浜高校の選手たち。



結果は悔しいものでしたが、すがすがしい夏の終わりとなりました。

悲願達成はまたこれからの楽しみにします。

f:id:yokohama-kukan:20180918144750j:image

f:id:yokohama-kukan:20180918144744j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20180918