9months co. STAFF’S  BLOG

2017-03-27 春の訪れ

こんにちは、u8です。

暖かくなったなぁと思ったら、また冬に戻ったような冷たい雨。

でも、気付くと桜が咲いていたり、確実に春が近づいているのを感じます。



それでは、我が家の春の訪れをご紹介します。

f:id:yokohama-kukan:20170327113346j:image

パキポディウム・グラキリス

Pachypodium rosulatum var.gracilius



「何の植物が一番好きか?」

と聞かれたら、僕はこのグラキリスかもしれません。


↑の写真は去年の秋頃に撮った写真なのでまだ葉がありますが、「夏型」と言われる、春から夏が成長期の植物で、冬は落葉し、休眠期となります。



紅葉も綺麗です。

f:id:yokohama-kukan:20170327114348j:image



ちゃんと春に目覚めてくれますように・・・

と祈りながら、休眠中もできるだけ暖かく、陽が当たる場所で管理をしていました。



そして・・・

f:id:yokohama-kukan:20170327114358j:image

f:id:yokohama-kukan:20170327113313j:image



起きたーーー!!!



我が家にある7つのグラキリスのうち、2つが起きました。

ひゅろひゅろと伸びているのは花柄で、間もなくレモンイエローのかわいい花が咲きます。



残りの5つも、間もなく起きてくると思います。(多分・・・)



少し手間がかかる植物ですが、この瞬間が、なんとも言えない幸福感というか・・・たまらないのです。



今年は受粉させ、種をとり、実生にチャレンジしてみたいと思っています。



自分がどこに向かっているのかわかりませんが、頑張ります。



植物が元気に育つ物件、ご紹介します。

https://yokohama-kukan.com

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20170327

2017-03-21 ひとまずお仕事

乾燥が酷くて、夜中に喉がカラカラで起きる水をがぶ飲みして寝る。

そうすると、今度はトイレに起きる。

という、悪循環の睡眠を過ごしている4-daです。こんにちは。



そういえば、前回のブログでランニングの準備を始めていましたが、

その後、ランニングパンツとスパッツ、ウィンドブレーカーを購入し、

始まてみました、ランニング


週一程度しか走っていませんが、

ランニング後のビールが格別の為、

昼からビールに餃子、ステーキなどなど、

こちらも悪循環になっているのをご報告。


さてさて、話は変わり


さぁ、はすぐそこですよ!

春になると、重い足が軽くなり、お出かけしたくなりますよね!

ところで、人気の列車の旅も、かなり贅沢になっているの知ってました?

先日ニュースでやっていたんですが、

5月1日から運行開始の、JR東日本東日本旅客鉄道)の、

クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」

列車泊と言えば、2段ベットにカーテンが付いてるイメージですが、

こちらの列車



f:id:yokohama-kukan:20170321132013j:image


f:id:yokohama-kukan:20170321132419j:image

開放感ありまくりの展望フロア



f:id:yokohama-kukan:20170321132417j:image

ホテルの様なラウンジ



f:id:yokohama-kukan:20170321132416j:image

デラックススイートルームはメゾネットタイプ


もう、ホテルです。


上野駅から発着し、東北・青函トンネル・北海道エリアに行くんですが、

東北2泊3日コースで、2名1室の一番安いお部屋で、



なんと!  50万円!!



スイートルームを一人で泊まるなら105万円だそうです。




こんなの誰が泊まるんだーーーー!




と思いましたが、2017年5〜6月出発分の予約状況は、

計187部屋に対して1234件の応募があり、

競争率は6.6倍だったそうです。



お金持ちって結構いるのね。


先日BOSSもブログで書きましたが、

しばらくは妄想旅行で楽しみます。


さぁ、今日もお仕事頑張りましょう!!!


9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20170321

2017-03-16 PsycedelicViolence Crime Of VisualShock

こんにちは。Ykgです。

花粉は飛べど、なかなか春の陽気にならない3月。

いかがお過ごしでしょうか。

今月誕生日を迎えましたが、アラフォーになって初めて、一人映画にチャレンジしました。

というのもどうしても観たかった映画、妻も友人もecbさんも誰一人付き合ってくれる人がいなかったからです。


その映画がこちら。

f:id:yokohama-kukan:20170316102813j:image


私が音楽をはじめるキッカケになったバンドのドキュメンタリー映画です。


初めて聴いたのは小学校6年生。

そしてその翌年、人生初コンサートにXJAPANを見に東京ドームへ。


今じゃコンサートチケットもスマホでポチッとすればすぐ買えますが

当時は鎌倉Tokyuストアに入ってたチケットぴあに夜中から並んだのを憶えています。


最近のコたちはどうだか分かりませんが、

私の時代は音楽をやる男の子が必ず通る「速い・重い」が「偉い」という道。


CDやVHSはもちろんスコアも全部買ったし、出演するTV番組も全部録画していました。


それまで聴いたこともない音楽に、子供の私はもうXJAPANにメロメロでした。


自宅で、トモダチの家で、学校で、弾いて歌って観て語って。


仲間たちとこっそり楽器とアンプを持って行った修学旅行。

その夜に宴会場でやったライブが私の初ステージ。

卒業式の日、体育館で演った卒業ゲリラライブ。

(それが理由で学年主任の先生クビになっちゃったけど)


全部XJAPANの曲を演りました。


私の青春時代とはきってもきれない存在のバンドです。



私はこんなにもドラマティックな日本のバンドはいないと思っています。


ボーカルの洗脳・脱退と、度重なるメンバーの死。

成功と挫折。そして復活。

f:id:yokohama-kukan:20170316112301j:image

その特異なビジュアルばかりが取り上げられてきたバンドですが、この映画を見て、改めてその素晴らしい音楽性を知る人が増える事と思います。


劇中で世界のトップバンド、KISSにGUNS N' ROSESにLimpBizkitも言ってましたもん。

「彼らは英語圏のバンドだったら間違いなく世界一になっているだろう」って。


そしてその「世界一」をこのバンドは未だに獲ってやろうとしているのがビシビシ伝わりました。


すげぇ。

すげぇよ。すごすぎるよ。


やっぱりどんな教科書よりロックは私にとってのバイブル。


ゲス不倫とか、不倫暴露とかにビビってちゃダメだな。


憧れるぜ、ロックスター!





ギターをギャンギャン鳴らせるお部屋探しお手伝い致します!

横浜空間:www.yokohama-kukan.com

東横空間:www.toyoko-kukan.com

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20170316

2017-03-13 古材風でカバーアップ

こんにちは、定休日には、ほぼ100%の確率で

ホームセンターに現れるk-$kです。


最近は、インダストリアル系のインテリアに

人気が集まりインテリア雑誌などでは古材を使った

家具など多数紹介されています。

f:id:yokohama-kukan:20170313165546j:image:w360

f:id:yokohama-kukan:20170313165624j:image:w360


そこで、今回のDIYは、古材絡みです。

古材とは、古い木造建築物を解体することで

得られる、再利用可能な木製建材の事なんですが、

長い年月を経た古材だけが持っている個性が人気で、

結構値が張るんです。

物によっては新材ほうが安い位です。


f:id:yokohama-kukan:20170313174559j:image:w360


そこで、今回は、安価な木材に古材風なエイジング加工を加えて、

既製品の机を魔改造したいと思います。

まず、今回の素材となるのはコチラの机。

10年程前に、雑貨屋で買った小ぶりな書斎机。

現在は、チーク材の天板を上に載せて使っています。

f:id:yokohama-kukan:20170313162342j:image:w360

f:id:yokohama-kukan:20170313162458j:image:w360


次に用意するのは、貫と呼ばれる杉板です。

よく建物の基礎を掘る際、『遣り方』と言われる建物の位置を出す

ガイトに使われる非常に安価な材木です。

f:id:yokohama-kukan:20170313162535j:image:w360


「貫」はホームセンターで2mで1枚 180円程度で

手に入ります。

f:id:yokohama-kukan:20170313162608j:image:w360



次に、適当な長さにカットしていきます。

この時そんなにシビアに長さを測る必要はありません。

ザックリでOK なんせ古材(風)なんですから。

f:id:yokohama-kukan:20170313162801j:image:w360

そして、次にサンドペーパーで面取っていきます。

長い年月を経過した、材木です。 面が取れて丸みを

帯びてきているはず、そんなイメージでとにかく、擦ります。

f:id:yokohama-kukan:20170313162900j:image:w360

f:id:yokohama-kukan:20170313162929j:image:w360


次に、出ましたガスバーナー。

簡単にくたびれた感が出せるので、ボーボーと焼きます。

f:id:yokohama-kukan:20170313163044j:image:w360



次に今回は、色味テストを兼ねて、数種類の商品で色つけ

してみました。

左からオイルステイン/オーク。

別会社のオイルステイン/オーク。

そして、水性オイルステイン/オールナット。

f:id:yokohama-kukan:20170313163146j:image:w360



そして、今回このために購入した新兵器。

イギリスBRIWAX社製。


長年にわたってヨーロッパを中心に世界中でロングセラーとなっている

木製家具用蜜蝋ワックス『ブライワックス』

f:id:yokohama-kukan:20170313163324j:image:w360


プロにも広く愛用されている木製品仕上げ材の定番品で、

ミツバチの巣から採れる蜜蝋と植物性の蝋を主原料としていて、

木製品を美しく着色するとともに艶を与えてくれるんです。


最近はコレにハマッていて色々な物に塗りまくっています。


それぞれに、着色が出来たら順番に組み立てて行きましょう。

組み立てると行っても、ドリルで止めて行くだけです。

f:id:yokohama-kukan:20170313163728j:image:w360


如何でしたでしょうか。

それっぽく、なりましたでしょうか。

f:id:yokohama-kukan:20170313163818j:image:w360

f:id:yokohama-kukan:20170313163933j:image:w360


古材を使った家具の似合うお部屋ご紹介します。

横浜空間 https://yokohama-kukan.com/

f:id:yokohama-kukan:20170313165358j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20170313

2017-03-09 世界一奪還へ

こんにちは〜。

ecbです。

WBC見てますか?


2戦続けて勝ったうえに

筒香選手が2戦とも

ここで打って欲しい!

と思ったところでホームランを打ってくれ

とても気分良くテレビ観戦しています。


テレビ中継を見ていると

時々スタンドの応援風景が映るじゃないですか。


で、不思議に思ったというか

スゲェな。と思うのは


みなさん、選手の応援歌をカンペとか見ないで歌っているんですよ。

あれ、どういう事なんでしょうね。

贔屓チームの選手なら歌えるのは理解できるのですが

セ・パの混成ですよ。普段まったく目にする機会がない選手もいると思うんですよ

そりゃ日本代表に選ばれるくらいのスターなんで、名前くらいは知ってますが

応援歌の歌詞までは無理です


数年前にメジャーリーグに移籍した青木選手のヤクルト時代の歌も歌われてました。

5年くらい誰も聞いてないわけですよね。


スゲェ。。。野球ファン、ゴイスーです。


さて、なんとなくスポーツの話に入りましたが


スポーツ系のトーク番組って面白いですよね

隠された感動秘話とか

実は怪我してましたとか。


結構好きなのが

「アメトーク」。


高校野球の回は外せません。

2月に入り「アメトーク」で興味深いテーマが続けて放映されました。

スクール☆ウォーズ芸人」

大谷翔平スゴイぞ芸人」

「相撲大好き芸人」

の3本です。



なかでも今回注目したのは


「スクール☆ウォーズ芸人」


「相撲大好き芸人」


の2本。


スクールウォーズ

ご存知ですか?


私が学生時代に大ブームとなった青春熱血ドラマです。


簡単に言うとラグビーを通して不良が更生したり

弱小チームが日本一になったりという

少年ジャンプ的ドラマです。


番組を見ていて大変懐かしくなり

久しぶりに見てみたくなりました。


ツタヤに行ってみると

DVDで全8巻!


そう、昔のドラマって1クールが半年とかあって

スクールウォーズも全26話という超大作。


アメトークの影響でしょうか

30年も前のドラマなのにレンタル中

しかも歯抜けで。


そうなると意地でも見たくなってしまい

近隣のお店を回ってかき集めてきました。


さて、やっと揃った全8巻。


見始めて、4巻まで行った時のことです

プレイヤーが読み込んでくれません。

DVDって勝手な思い込みで半永久的なもんだと思ってました。


違うんです。


経年劣化するそうです。(店員さん談)

先を見るわけにもいかず

4巻を探す旅に出たのでした。

スクールウォーズをレンタルされる皆様。

お気をつけください。



さて、もう1本の

「相撲大好き芸人」

デーモン閣下が呼ばれているあたりで本気を感じます。

以前は特に相撲に興味はなかったのですが

火ノ丸相撲

「バチバチ」という漫画を読んでから

相撲に興味津々です。


どちらも体格に恵まれない主人公が

大物相手に戦いを挑むという

読んでいるとどうにも昂ってきてしまう危険な漫画です。


いろいろなスポーツを生で観戦してきましたが

相撲は未だに行ったことがないんです。


K-SK氏は一度、国技館に行ったことがあり

「そりゃもう大迫力で最高ッス!」


こんなの聞かされた日には


五月場所、観に行っちゃおうかなと長考中です。


相撲。


チケットとれるかな。



9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

東横空間:http://toyoko-kukan.com/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20170309

2017-03-04 2月の旅

早いもので2月も終わってしまいました。

こんにちは、4CGです。

ご無沙汰しております。


2月は旅人でした。

報告します。




まず、シドニー経由で地球のへそ、ウルル(エアーズロック)に行ってきました。


f:id:yokohama-kukan:20170304175046j:image:w640


ウルルは30年前に行って以来、2度目です。

(昔はウルルなんて言っていませんでしたよね)

当たり前ですが、ウルルは何も変わっていませんが、空港ができたり、ホテルなどがあるエアーズ・ロック・リゾートと呼ばれるエリアもあって、観光地化していました。

30年前はウルルに登りましたよ。

かなり危険で時間もかかった記憶があります。

今回は遠目に眺めただけです。


そして、カタ=ジュタ国立公園を散策しました。


f:id:yokohama-kukan:20170304175047j:image:w640


風の谷のナウシカ」にインスピレーションを与えたところです。

現地のツアーに参加したのですが、途中でまったく協調性のないオージーが行方不明になりかけたりしながらも楽しく過ごしました。


もう、ウルルはいいかな。

機会があれば、タスマニア島に行ってみたいです。




シドニーに戻って、バリ島に向かいました。

一時期、バリ島には毎年行っていました。

特にウブドという村にハマってました。

ウブドも今では村ではなく街になりました。

バリ島全体がものすごい勢いで開発されていっています。

少しさみしい気もしますが、バリ島の魅力を皆がわかったってことで納得しています。


今回はまずは、ジンバランに宿泊しました。

ホテルにあるロックバーからインド洋に沈む陽を眺めるチルタイム。

f:id:yokohama-kukan:20170304175048j:image:w640



最高ですよ。



ただし、ロックバーは激混みです。

専用の簡易的なロープウエーで岩場まで下りて行くのですが、宿泊者以外の利用者はたぶん夕日に間に合いません。

すごい並んでいました。


そして、ウブドに移動して、安定のライス畑を眺めながら、ゆっくり過ごしました。


f:id:yokohama-kukan:20170304175049j:image:w640


宿泊費が高いホテルが多いですが、できれば、アユン川沿いのホテルに宿泊したいですね。

スコールが止んだ後の森林から流れ込む風を浴びると、皮膚がピクピクと活性化されるように感じます。



これ、正真正銘のプライスレスな体験です。



残念なのは最近、アユン川でラフティングをやってるんです。

結構、騒がしいです。






バリ島のデンパサール空港からシンガポールのチャンギ空港を経由してバンコクに行き、バンコクからクラビに向かいました。

クラビはパンガー湾を挟んでプーケット島の向かいにあります。

海岸を見ると変わった形をした小島が多くあります。

ホテルの船で小島に上陸したり、パンガー湾クルーズをしました。


f:id:yokohama-kukan:20170304175044j:image:w640


日焼けして体中痛くなりました。


ホテルのビーチに子象くんも現れたりしながら、毎日、プールサイドで本を読んで過ごしました。


f:id:yokohama-kukan:20170304175045j:image:w640




極楽でした。



オーストラリアに行って、バリ島に行って、クラビに行って、2月は1週間しか仕事をしていません。









すみません。妄想旅行でした。




しばらく、旅に行けそうもないので、せめて想像だけでもと思って、以前行った場所を振り返りながら、なんちゃってトラベルをしました。



今や机に座ったままで、世界中を旅した気分になれるかもしれません。




25歳の時、タイのプーケット島での話です。

ホテルの回廊にあった籐の椅子に座りながら、ウトウトしていると、どこからか米国のR&Bシンガー アニタ・ベイカーのスイート・ラブが流れてきたのです。


午後の日差し、日陰に流れてくる少し湿度を帯びた風、誰もいない回廊。

音楽が思い出のインデックスになっています。


たぶん、月日とともにだいぶ美化された記憶になっていますが、はっきり覚えています。

今でも旅に行きたいなと思おうと、必ずその場面を思い出します。

旅が好きな理由はいくつもありますが、結局のところ、この体験があったからだと思っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20170304

2017-02-26 2017ネコの日

こんにちは、GTOです。

雪が降りそうなくらい寒かったり、冬とは思えない春の陽気のような日があったりと寒暖差が大きい今日この頃ですが、少しずつ春が近づいてきているようですね。


さてさて、

2月22日は過ぎてしまいましたが、今年も『ネコの日』がやってきましたね。

そんなネコの日に、遠い昔『ねこふんじゃった』の楽譜を購入したことをふと思い出しました。

この曲はピアノを習ったことがない人でもスラスラ弾けてしまう、世界的にも有名な曲ですが、楽譜を見るとフラット♭が6個も付いていてビックリします。

f:id:yokohama-kukan:20170225143606j:image:w360


そして、作曲者は不明です。


『ねこふんじゃった』は、海外でも同じタイトルなのかな?と疑問に思い調べてみたら・・・


ねこふんじゃった(日本)

ねこのマーチ(ブルガリア)

子猫之舞(台湾)

蚤のワルツ(ドイツ、ベルギー)

三羽の子アヒル(キューバ)

お猿さん(メキシコ)

チョコレート(スペイン)

カツレツ(フランス)

泥棒行進曲(中国)  …などなど。


世界中で約28種類の曲名がつけられているようです。

しかもネコではなく、チョコレートやカツレツとは面白いですね。

中国の泥棒行進曲とは・・・ミステリーですね。



TVのCMでクロネコさんが演奏している『ねこふんじゃったバラード編』は

しっとりしていて大人が弾く『ねこふんじゃった』という感じです。


楽譜もこんな感じでダウンロードできるようなので、ピアノ好きな方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

f:id:yokohama-kukan:20170225143607j:image:w360





最後は『ねこふんじゃった』にまつわる情報を探している時に見つけたクスッと笑える画像です。

【作曲家に似たネコ編】

ブラームス

f:id:yokohama-kukan:20170225143608j:image:w360



フォーレ猫

f:id:yokohama-kukan:20170225143609j:image:w360



ストラヴィンスキー

f:id:yokohama-kukan:20170225143610j:image:w360



レナード・バーンスタイン

f:id:yokohama-kukan:20170225143611j:image:w360





ネコと一緒に暮らせるお部屋探します。

9months Co.:http://www.9months.jp

横浜空間:http://www.yokohama-kukan.com

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yokohama-kukan/20170226