Hatena::ブログ(Diary)

Road to Yokohama このページをアンテナに追加 RSSフィード

2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2009.06.30 磐田からの帰りの足を確保

仕事帰りに品川駅JR東海ツアーズで、7月26日ぷらっとこだまを申し込んだ。

浜松から新横浜への帰りの足になる新幹線を。これで確保。6100円。


★きょうの歩数…10635歩

2009.06.29 ぷらっとこだま申し込みできず

仕事を終え、品川駅JR東海ツアーズへ直行

しかし、19時30分で終了してしまう。7月26日の帰りの足となる、ぷらっとこだまエコノミープランを申し込みたかったのに…。

ネットで申し込めるが、ログインパスワードを失念してしまったので使えない。

明日は間に合うように頑張ろう。


★きょうの歩数…8412歩

2009.06.28 キーパーはつらいんだよぉ

0時30分過ぎ、帰宅

土・日きっぷがあるとはいえ、横浜線の最終はなくなったので、横浜駅からは東急東横線帰宅した。

東海道線川崎で降りて、南武線武蔵小杉まで行って、そこから東横線にする手もあったが、面倒だし大して東横線の運賃も変わらなそうなのでやめた。


帰宅してすぐに日記更新しようと思ったが、シャワーを浴びて汗を流したら眠くなったので眠った。

目が覚めたのが8時半。今日ガンバ大阪戦は横浜開港150周年ユニフォーム購入申し込み開始の日で、1500着限定のため早めに入場する必要がある。


そんなわけで日記更新を後回しにせざるを得ず、日産スタジアムへ。

J1リーグ第15節 横浜F・マリノスvsガンバ大阪[生観戦][横浜F・マリノス][ガンバ大阪]

今日J1リーグ第15節、横浜F・マリノスvsガンバ大阪

日産スタジアムへ行ってきました、観戦記は書けたら別途。


試合は1−2で逆転負け。

前半20分には混戦から、松田直樹ボレーシュートを決めて先制。1−0。

ガンバには何度かゴールを脅かされるが、飯倉大樹の好セーブなどで防ぐ。


いい感じで迎えた後半だが…。

後半6分、ガンバ大阪が左サイドからの折り返しに、ファーサイドでこぼれ玉を待っていた遠藤保仁が決めて同点にされてしまう。1−1。


後半9分、相手シュートを弾いてコーナーキックになりかけるボール飯倉大樹が取りに行くが、処理しきれずこぼして、橋本英郎に拾われ、ゴールを決められてしまう。1−2。

この失点は辛い。キーパーミスはこのように即失点になるものだし、その責任の重さを飯倉大樹自身が一番良く分かっているはず。

この失点に動揺が見られて何度も相手に攻め込まれたが、追加点は決まらず事なきを得る。


だが、今度はこちらの反撃がうまくいかない。

今までのようにパスが繋がらない。相手もパスを繋ぐのが得意なだけに、パスカット能力も高いのかもしれない。


1−2で試合終了。

上位を狙うには、ミスをしてはいけなかった。上位はそれを逃さないし、決める力がある、それが敗因と感じた。

飯倉はショックだと思うが、忘れて前向きに頑張ってほしい。

あとは、ビハインドでゴールを奪えるようになる必要も感じた。

いずれにしろ、また頑張っていくしかないね。

J2リーグ第24節 水戸ホーリーホックvsセレッソ大阪[テレビ観戦][水戸ホーリーホック][セレッソ大阪]

夜には水戸ホーリーホックvsセレッソ大阪を見ながら、昨日今日の観戦内容を日記に書き込んでた。

水戸通産400ゴールがセレッソDFオウンゴールとは…。ヽ(;´ー`)ノ


★きょうの歩数…24699歩

2009.06.27 宮スタのせいで予定が狂うところだった

yokohamarosa2009-06-27

朝早くに家を出発し、東北新幹線仙台へ。

目的は、これを逃すといつ行けるか分からない宮城スタジアムを味わうため。

J2リーグ第24節 ベガルタ仙台vsコンサドーレ札幌[生観戦][ベガルタ仙台][コンサドーレ札幌]

今日J2リーグ第24節、ベガルタ仙台vsコンサドーレ札幌

宮城スタジアムへ行きました。観戦記は書けたら別途。


試合は1−1の引き分け。

前半はポゼッションでコンサドーレ札幌が上回るが、持たされている印象。

コンサドーレは前へボールを運べずバックパスせざるを得ない展開があったり、繋ごうと意識しすぎてか、そのミスを奪われて仙台に攻め込まれる場面があったりもした。

試合の主導権は、ポゼッションとは裏腹にベガルタ仙台が握っているように思えた。

前半は0−0で折り返す。


後半6分、上里一将の左サイドからのクロスがそのまま入り、ゴール!0−1。

いわゆるシュータリングってやつなのかな。それもGKの頭上を越すパターンではなく、グラウンダーの低いボール

ともあれ、昇格するには絶対に勝たなければならない仙台相手に先制できたのは理想的な状況。


ベガルタ仙台は当然ゴールを奪いに行かねばならず、前がかりに攻めてくる。

そこでボールを奪ってのカウンターが効きまくる。

かしこカウンター前線ボールを持ったキリノは速攻にしようとせず、前でゆっくりキープしようとする。

キープしようったって人数掛けられたらすぐにボールを奪われるのだから、攻め切ってシュートで終わってほしかった。


コンサドーレ札幌は1点のリードを守りきれるクラブではない( ;´Д`)。

後半35分、ゆさぶられて最後は中原貴之にヘディングを決められ、1−1の同点に。

ここまで、何度もピンチGK荒谷弘樹ディフェンダーが必死の守りでしのいだが、仙台も勝負強い。


終盤はなんとしても勝って上位に食らいつきたいコンサドーレ札幌が攻め込むが、及ばず。

試合は1−1の引き分けで終了。

札幌は上位との差を詰めることができず、仙台は4位に落ちる可能性の出る、痛み分けになってしまった。


試合前、コンサドーレサポーターゴール裏のコンコースに集結して、引き分けじゃダメだから絶対に勝つぞ!と気合いを入れていた。

それだけに、勝ちたかっただろう。ただ、選手ベストを尽くして、よく負けなかったと思うよ。

これまでのコンサだったらロスタイム決勝点を献上していたり、ポンポーンと立て続けに失点して逆転されていただろう。

ゴール裏の人も、そこは感じていたようで。まだまだ先は長いし、最後まで諦めずに頑張っていただきたい。


そして、その頑張りを見るとマリノスサポーター自分も頑張りで負けてられない!と思う。

明日はガンバ大阪と対戦する。勝って順位を上げて、6月を全勝で乗り切りたい。


それにしても、この宮城スタジアムベガルタ仙台サポーターから酷評なのが嫌というほどよく分かった。

行きは仙台駅からシャトルバスに乗車。大人片道600円(小人半額)なのだが、これが渋滞にハマる_| ̄|○

当初は仙台駅から東北本線利府支線で行くつもりだったが、岩切駅で30分の列車待ちするならバスが早いと思い、バスを選んでしまった。

結局は列車の方が早く着けたと思う。どうせ利府駅からもバスには乗るのだが…。


帰りはもっと最悪。

スタジアムを出ると、まずは利府駅行きのシャトルバス乗り場が分からない。

とりあえず来た道を辿っていると、仙台駅からのシャトルバス降車場までの半分まできたところで、やっと看板発見

利府駅行きは真逆だった_| ̄|○。引き返すように歩き、やっと利府駅行きのシャトルバス乗り場に並ぶ。

次のバスで乗れると思ったところで、「次のバスは折り返し待ちのため15分後になります」とのこと。

これじゃ16時01分利府仙台行きには間に合わない…。次の列車携帯電話で調べたところ、16時55分。

バスは15分待たされてやっと来た。利府とのシャトルバスは片道230円。


またこのバス渋滞にハマる_| ̄|○

やっぱり16時01分には間に合わなかったが、16時32分に臨時の仙台行き列車が運行されてくれた。

これがなかったら、この後の予定を変更するしかないところだった。助かった。

列車には、なんとサッカー解説者で元横浜マリノスDF平川弘が乗ってきた!

今は北海道内でコンサドーレに対しての辛口ご意見番として通る平川弘だが、フツーに電車に乗るとは驚き(;´∀`)。じゃあシャトルバス平川弘渋滞にもハマってたんだろうか…。


臨時列車は無事、仙台駅に到着。

予定よりかなり余裕がなくなってしまったが、どうにか米坂線新潟でのケータイ国盗り合戦は無事敢行できそうだ。

臨時列車がなかったら予定が潰れてた。恐るべし宮城スタジアム

夏の陣2009 天地人イベント[ケータイ国盗り合戦]

まずは仙台から米沢駅を目指す。

福島まで東北新幹線で南下し、そこから山形新幹線米沢駅へ。

米沢駅からは米坂線を走る快速べにばな(新潟行き)に乗車。乗り換え時間に余裕はなくなったが、米沢牛を使った牛串弁当が買えた。お肉が柔らかく、ごぼうが入っているのも牛肉マッチして、とてもおいしい。


米坂線の乗車時間は3時間ほどある。

この間に今日の観戦レポートテキストファイルにしたためたが、パソコンの電池が切れてアップロードまではかなわず_| ̄|○

新潟で乗り換え時間に余裕があれば、新潟ビックカメラで予備のバッテリーでも買うのだが…。


新潟駅からは上越新幹線東京行き最終列車に乗る。

仙台ではみどりの窓口の位置が把握できてなく、仙台から米沢までの新幹線自由席で乗った。

だが、新潟アルビレックス新潟戦で慣れているので、みどりの窓口の場所をよく認識している。

限られた時間ながらもゆったり座れる指定席土・日きっぷで確保し、上越新幹線に乗車。

指定席車両ガラガラだったけどねヽ(´ー`)ノ


今回、ケータイ国盗り合戦で取れた収穫は以下。

一部ネタバレにはなるが、もう今月30日が最終日になるので、いいかな?

  1. 塩竃松島
  2. 長井
  3. 村上
  4. 天地人 義の章 天の巻
  5. 新発田
  6. 天地人 義の章 人の巻 新発田
  7. 豊栄
  8. 天地人 義の章 地の巻 越後評定
  9. 天地人 義の章 地の巻 与板城主
  10. 天地人 義の章 人の巻 浦佐毘沙門堂
  11. 天地人 義の章 人の巻 関興

新潟からは天地人イベントでコバンが増えたはず。

六日町直江津も行ければ地の巻をクリアできたんだろうけど、さすがにそこまで余裕はない。

明日はガンバ大阪戦が日産スタジアムであるからね。10年前みたいに新潟でやれば、もっと天地人イベントを深く楽しめるんだけどね(;´∀`)。


上越新幹線東京駅に到着。

横浜へ向かう東海道線車内で本日が終了。


★きょうの歩数…17687歩

2009.06.26 明日がワンタッチパスの本領発揮

朝からマイケル・ジャクソン緊急入院とか死去とかめまぐるしいニュースが。

80年代はすさまじい人気だったっけねぇ…。ご冥福をお祈りします

ワンタッチパス[横浜F・マリノス]

http://www.j-league.info/ym/info.htm

Jリーグワンタッチパスのマイページがようやく開通。

早速ログインして自分の観戦履歴をチェック。開幕戦から直近の6月21日浦和戦まで、15試合の観戦履歴が確認できた。

まだ、マリノス以外の観戦履歴はなし。すべて左側がマリノスになっていて、ホームとアウェイの区別が付けにくい。横浜フリューゲルスがあったらスタジアムでは区別がつかんぞ。


明日はJ2リーグの試合で観戦履歴をつける予定だが、この場合はホームが左側になるのだろう。


★きょうの歩数…7543歩

2009.06.25 利府でリフレッシュ

ハマトラSNSで、6月27日土曜日マリノスタウンにみんなで集まって応援しよう!という動きがあるようで。


ごめんなさい、俺はこの日に日帰りで仙台新潟に行く予定を入れてしまったので…。( ;´Д`)

その代わりガンバ大阪戦でガッツリ応援するために、いいリフレッシュしてきます。

申し訳ないですが、今回も欠席とさせていただきます

ポスター更新も、担当分を日曜日のうちにやっておく予定なので…。

http://www.f-marinos.com/tools/page_store/news_3520.html

横浜F・マリノス横浜開港150周年ユニフォーム予約詳細が発表。

こりゃPDF印刷して、あらかじめ記入して持っていくしかない。絶対に買うぞ。


★きょうの歩数…6411歩

2009.06.24 北海道の繁栄と横浜の平和を期待したが…。

今日休み


横浜市水道局に電話し、支払いができる納入通知書を再送してもらうようにお願いした。

6月が未払いではなく、2〜3月を払いそびれていたらしい。いつもコンビニで支払っていて、払いそびれたのかなぁ。それとも、納入通知書が何らかの理由で届かなかったのか?

まぁ、水道を止められることは回避できそうだ。


午後になり、雨がやんだ。

日産スタジアムトリコロールワンへ行き、2009横浜F・マリノスアウェイユニフォーム背番号ネーム入りで申し込んだ。

背番号は元々、16番を入れるつもりだったが、16番の山瀬幸宏選手サガン鳥栖レンタル移籍してしまったので、36番にした。

36番は、阿部陽輔選手ルーキーゴールキーパーだが、自分と同じ北海道出身なので、この番号にした。

本来ならキーパーユニフォームで欲しいところだが、ナイキではマリノス鹿島ではキーパーユニフォームを販売しないらしいので、アウェイユニフォームでつけることにする。

J2リーグ第23節 コンサドーレ札幌vs横浜FC[テレビ観戦][コンサドーレ札幌][横浜FC]

19時から、スカパーJ2リーグ第23節、コンサドーレ札幌vs横浜FCを観戦。

前半は、シュートが少なめ。攻め込んでいるのはコンサドーレだが、サイドからのクロスボール横浜FCが処理しきれている。


後半開始早々、横浜FCPKを得る。横浜FC選手の抜け出しに西嶋弘之が対応したが、これがファウルの判定に。ちょっと厳しい。

今月10日のカタール戦で中澤佑二PK献上してしまった場面に似ていた気がする。

このPK横浜FCで売り出し中の池元友樹が決めて、先制してしまう。0−1。


後半16分から、札幌石崎信弘監督中山元気を投入。

これが攻撃にいい流れを作り、決定的なシュートを打つシーンが増える。

シュートクロスバーに弾かれてしまう場面もあったが、いい調子で攻め込んではいる。


後半28分、左サイドに流れた上里一将クロスに、ファーで西嶋弘之がヘディングシュート!これが決まり1−1!

自らのプレーで失点してしまっただけに、このゴールは嬉しそう。


石崎監督は若きFW上原慎也ベテラン砂川誠を入れて積極的な采配。

しかし、後半だけで16本ものシュートを浴びせる猛攻も1ゴールにとどまり、1−1でタイムアップ

北海道の繁栄と横浜平和に繋がる勝利に期待したが、惜しくも力及ばず。


コンサドーレはここまでよくやっているが、J1リーグ活躍するには、もう少し強さが欲しいところ。

決める力はJ1でもこんなもののクラブはあるが、パス受け手が「俺?」って感じで遅れて受ける体勢を取っているのが気になった。

練習や試合を積み重ねていくことで改善できると思うので、頑張ってほしいところ。


横浜FCは、こういう悪運の強さで最下位を免れているのかな。

攻撃サッカーとかそれ以前のレベルという気はするが、最下位を免れる程度に勝ち点を拾えるチームだとは感じた。


★きょうの歩数…16707歩

2009.06.23 休みが入った

明日の休みが取れた。

休むなら、来月のナビスコカップガンバ大阪戦で取りたいところだが、そうそう都合良く回せるものではない。


メリットとしては、土日に買いそびれたアウェイユニフォームの注文と、夜のJ2リーグ観戦ができるくらい。

J2観戦できるといっても、札幌まで行けるわけじゃないし、せいぜい国立競技場での東京ヴェルディvs湘南ベルマーレが観られる程度。

家で直ったスカパーで、コンサ観ますわ。HUBでも観られるだろうけど、少数サポーターに人数で負けてアウェイを実感させられそうで嫌だし。


ああそうだ、横浜市水道局にも電話しないと…。


★きょうの歩数…6428歩

2009.06.22 結果オーライになればいけどねぇ

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090622075.html

中村俊輔横浜F・マリノス移籍が完全になくなった。

明日にはエスパニョールへの移籍が正式発表される見込み。

最後の砦だった再交渉の場で、エスパニョールを選択するという回答を受けたようで。


中村俊輔にとって、これで良かったのかねぇ?

元々は横浜F・マリノス復帰を第一志望としていて、アトレチコ・マドリードからのオファーには断りを入れていた。

だが、交渉の場で社長が何を言ったか知らないが、そこから契約直前でこじれて、断るはずだったエスパニョールと交渉することに。

俊輔自身はスペインでのプレーを夢見ていたが、今スペインへ行くことは来年W杯を考えたらリスクも大きい。怪我を治しきっていないし、日本代表チーム内の連携を高める機会も減る。移籍先でレギュラーを確保できるとも限らない。

それでも、第一志望でエスパニョールなら何も引っかかるものがなく移籍を支持できる。残念なのは、仕方なくスペインへ行くという成り行き。

獲得に失敗したフロントの償うべき代償は大きい。情報マスコミに漏れているとか、選手のコンディションを省みないイベントの実施があるようでは、今いる選手にも不信感を与えざるを得ない。


横浜F・マリノスフロントには、適切なこれまでの事情説明と、今回の獲得失敗を受けてどのような対応策をするのかを説明する義務がある。

責任もきっちり取ってもらいます。これは、意見としてきっちりクラブへ出すつもり。


★きょうの歩数…6121歩

2009.06.21 ゴタゴタを吹き飛ばす快勝!

yokohamarosa2009-06-21

J1リーグ第14節 横浜F・マリノスvs浦和レッドダイヤモンズ[生観戦][横浜F・マリノス][浦和レッドダイヤモンズ]

今日J1リーグ第14節、横浜F・マリノスvs浦和レッドダイヤモンズ

日産スタジアムへ行ってきました。観戦記は書けたら別途。


試合は2−0で快勝!

序盤は浦和が攻め込んでフィニッシュまで持っていく場面が多くなる。

しかし、徐々にマリノスのチャンスが多くなってくる。

決定的なチャンスが2度はあったが、惜しくも決めきれず。一つはキーパーもかわしたが、その後のシュートフィールドプレイヤーブロックされた。


後半14分、右サイドから裏へ抜け出すと、キーパーをつり出して中央へパス

中央で走りこんだフリー渡邉千真が押し込み、先制!1−0。


後半20分には、またも右サイドからの攻撃で、最後にこぼれ玉を山瀬功治が決めて追加点!2−0。


浦和坪井慶介を下げて高橋峻希を入れるなど、攻撃の枚数を増やす。

しかし、浦和の攻撃に今ひとつ厚みがないようにも見える。

そして、ボールを奪えば縦パス一本でカウンター。途中から入ったアーリアも不安定なところを見せることなくやれていた。


そして2−0で試合終了。

横浜開港150周年限定ユニフォームの1試合目を、気持ちのいい勝利で収めることができた。

試合内容は向上していると思っていいのかな?今日に関してはいい内容だったと思うが、これで木村浩吉監督を持ち上げるとどうなるやらという不安があったりして(;´∀`)。

ともかく、この調子で来週はガンバ大阪も撃破して、限定ユニフォームをいいイメージで売れるようになってほしい。前日に牛タン食ってパワーをチャージしてくるぜ!


浦和はまだフィンケ監督サッカーに慣れていないんじゃないのかな。

元々が守ってカウンターのチームにしてはよくチェンジできたほうだと思うが、2列目からの飛び出しやラインコントロールでほころびが出たのでは。

実際、理想的なサッカーをしていたのなら、もっと高原直泰が活きているはずだし。ガンバ大阪に行ったらすごく恐い選手なんだろうなぁ。

新横浜ビックカメラに寄り、Wii用のSDメモリーカード、6年以上使ってそろそろ寿命PCデータバックアップ用の外付ハードディスクノートPC用の1GBメモリを購入。どれにも横浜F・マリノス年間チケット提示で3パーセント割引が効いた。

ポイントも溜まったし、そろそろ新しいデスクトップパソコンを買おうかな…?

J2リーグ第22節[テレビ観戦][湘南ベルマーレ][コンサドーレ札幌]

帰宅して、復活したスカパーでJ2の湘南ベルマーレvsコンサドーレ札幌を見る。

1−2と、コンサリード!と喜んだのもつかの間、阿部吉朗猪狩佑貴のゴールであっという間に逆転される。

湘南ベルマーレは今季、まだホームで負けていないらしい。


試合は3−2で湘南ベルマーレが勝利。うーん残念。

でも、この調子で湘南ベルマーレには昇格してもらいたいね。最近遠征費で赤字続きだから、大分トリニータと入れ替わってくれると劇的に安く済むので(笑)

コンサドーレ札幌は悔しい敗戦だが、気を取り直して水曜日横浜FC戦、土曜日ベガルタ仙台戦で勝てるように頑張ってほしい。

特に土曜日宮城スタジアムで観戦させてもらうので、ぜひとも活躍を期待。水曜日も、ポスター剥がしサポーターにほえ面かかせてやってください。


今日J2リーグサガン鳥栖vsセレッソ大阪の試合では山瀬幸宏ハーフナー・マイクアベックゴールで快勝!鳥栖はたまに上位にこういった勝利を決めるね(;´∀`)。

ハーフナー・マイクのゴールシーンはすばらしい左足ダイレクトボレー。マイクは足技なんだよなぁ。


★きょうの歩数…21659歩

2009.06.20 アンテナ工事のおかげで

今朝、スカパーアンテナ工事業者から電話が来た。14〜16時に来るとのことで、遅い時間にできないかと食い下がったが、無理とのこと。

結局みなとみらい大清掃は断念し、マリノスタウンへは買い物だけしに行くことに。

購入したのは、ナビスコ杯準々決勝第2戦のガンバ大阪戦ホーム自由席。限定ユニフォームと同じデザインタオルマフラー完売していた。


夕方にスカパーアンテナ修理工事が来て、内側で切れていた同軸ケーブルの先端を直してくれた。

これで再び、スカパーが見られるようになったぞ。


夜には新横浜ビックカメラへ。

日曜のホームゲームだと、前日の土曜日ではマリノスチケットで割引のサービスを行っていなかった。

今日は何を買うか下見に留めて、明日年チケを持って買うとしようかな。


★きょうの歩数…14122歩

2009.06.19 明日無視してみなとみらい行ったろうかな

明日、スカパーアンテナ修理の工事業者が来る。

で、前日の今日には電話で案内があるという約束なのだが、23時を回っても掛かってくる気配なし。

明日は早朝か夜に済ませてもらって、横浜F・マリノスサポーター主催みなとみらい大清掃に参加したいのに、これじゃいつ来るか分からない。

修理は短時間なのだろうが、待機しなければならないから行けないじゃないか_| ̄|○


というわけで、明日のみなとみらい大清掃は欠席になります…。ごめんなさい。

きっとまた、みなさんが清掃をしているのを尻目にマリノスタウンナビスコ準々決勝のチケットを購入&アウェイユニフォーム申し込みをすることと思うけど、その時はどうかご容赦ください。


★きょうの歩数…8376歩

2009.06.18 水道どうでしょう

横浜市水道局からお知らせが来てた。

水道料金が支払われていないから、今月以内に支払わないと止めちゃうよ、という内容のもの。イエローカードか。

はて、水道料金の納入通知書って来たっけ?家の中を探すが、見つからない。

これがないとコンビニで料金を支払えないのに…。


これを機に、口座振込みに切り替えてみればいいのかな。

近いうちに、昼休みにでも横浜市水道局へ電話してみるか。


★きょうの歩数…7806歩

2009.06.17 絶対にテレ朝から逃れられない試合がそこにはある

ちょっと残業したので、帰りの電車内でワンセグをつけて(音は出さず)W杯アジア最終予選オーストラリアvs日本を見た。


何と、田中マルクス闘莉王が先制点を決めた。

先制したので勝てるかな?と思ったが、東神奈川乗り換えで一度ワンセグを切り、自宅最寄り駅からもう一度ワンセグをつけると同点ゴールが決まっていた。


帰宅してテレビを付ける。早速、松木安太郎の解説が聞こえてきたのでNHK衛星第1チャンネルを変えたが、こっちでは試合中継をやっていなかった。

どうもテレビ朝日BS朝日しかこの試合の中継をやっていないようだ。


ケーヒル勝ち越しゴールを決められると、実況アナウンサーは絶句。状況を伝えんかい!( ゚Д゚)

勝ち越しゴールのシーンを見ると、楢崎正剛ポジショニングがおかしかった。ゴール前に選手が入り乱れると仕方がないのだろうか?いや、でもゴール前に張り付いていればまだ違っていたようにも思う。

あのポジショニング佐藤優也とかだったら「あー、またやらかしたね」(北海道訛りで)と思うところだが( ;´Д`)、名手・楢崎正剛だけに違和感が大きい。


試合は2−1で負けてしまい、日本代表は2位通過。

オーストラリアは強いが、ピム監督になめられて敗戦は屈辱的。

先制点を挙げた闘莉王には「ナイス!」と思ったが、競り負けて同点ゴールを決められているのをハイライトで確認。ディフェンダーとしては差し引きでマイナス評価になってしまうなぁ…。


まだまだ、岡田監督の掲げるベスト4なんて遠い目標。だが、これからの努力で一つずつ近づくことはできるはず。

3日後、4日後から再開されるJリーグで盛り上げていくことが日本代表への強化にもなる。

そして、日本代表活躍してくれないとJリーグにも悪影響になってしまう。

盛り上げていきましょう!


★きょうの歩数…7412歩

2009.06.16 古巣にガッカリは俊輔だけじゃない

帰りがけの東神奈川駅で週刊サッカーマガジンサッカーダイジェストを購入。

サッカーマガジンに、今回の中村俊輔移籍騒動についての記事が載っているため。


記事の内容は、横浜F・マリノスフロントが金ありきのスケジュールを組んでしまったこと、それに俊輔サイドが難色を示した、というもの。

やはり俊輔に対する無理強いがあったようで、カタール戦の後の深夜に写真撮影や、今月21日の試合出場を前提としたテレビ中継の打診などがあったという。

さらに、「交渉の内容が次の日にはマスコミに漏れている」ということも代理人であるロベルト佃氏から発言があったとの内容。この辺、マスコミ情報をだだ漏らししてしまう問題があるとすると、根は深いようにも思える。


まだ移籍先はエスパニョール横浜F・マリノスか、決まったわけじゃないが、少なくともこのまますんなりとマリノス入団とはいかないはず。

マリノス入団の場合でも、フロントが謝罪するだけじゃなく、やり方を改めて体質を改善させないとダメ

良いクラブにするためには儲けることは大事なのだが、基本線は出来うる限りで最高のサッカーを見せることで、選手には最高のコンディションで臨めるようにしなければならないはず。


ちなみに代理人のロベルト佃氏、かつては横浜マリノス合併前)でスペイン語通訳をしていた人。

「ロベ」の愛称で親しまれ、ややむっちりした体型でアルゼンチン国籍選手らの通訳として、ヒーローインタビューやソラリ監督の隣などに姿を現していた。

いつからか通訳はロベじゃなくなっていたので、どうしたんだろう…と思ったら、代理人をやっていたとはね。


★きょうの歩数…7354歩

2009.06.15 スカパーアンテナよりみなとみらい大清掃なのに

ハマトラSNS主催で、6月20日みなとみらい大清掃が行われる。

前回は参加するでもなく、参加者を尻目にマリノスタウンでお買い物という不届きな行為をしてしまったので、今回はぜひとも参加したいところ。

もちろん、サポ仲間をもっと増やしたいのもあるし。


しかし、その日はスカパーアンテナ修理の日にしてしまった…_| ̄|○

このイベントに気付く前に、20日にアンテナ修理に来てくださいと言ってしまったので。

スカパーアンテナの修理、早朝か夜にできないかなぁ。

参加できたら参加します。途中から飛び入り参加とか、ダメ?(;´∀`)


★きょうの歩数…7263歩

2009.06.14 磐田行きは確定している

ローソンマリノスタウンにて、7月26日ジュビロ磐田戦のチケットを購入。

ついでに7月15日ガンバ大阪チケットも買いたいところだが、まだ休みすら取れてもいないので保留。

遠征費を節約するためには、この試合を断念するのが手っ取り早いのだが…。何とか行こうって思っちゃうから、出費がかさんじゃうんだよなぁ。


★きょうの歩数…10911歩

2009.06.13 ナビスコ杯ベスト8が決定!

Jサテライトリーグ第3日 横浜F・マリノスvsヴァンフォーレ甲府[生観戦][横浜F・マリノス][ヴァンフォーレ甲府]

今日はJサテライトリーグ第3日、横浜F・マリノスvsヴァンフォーレ甲府

マリノスタウンへ行ってきました。


今日選手会コラボエコバッグ発売で、購入すると主力選手との握手会に参加できるらしい。

長い行列ができていたが、自分握手会には興味がないので購入だけしてスルー


高島中央公園焼き鳥などを食べて昼食に。

公園トリコロールワン前では、コラボバッグは斉藤陽介阿部陽輔のWヨースケが買ってくださーいとアピールしてました。阿部陽輔からサイン貰えば良かったかなぁ。

f:id:yokohamarosa:20090613123117j:image

公園子供達と戯れていたら霧にかかるマリノスケ

13時に開場になり、マリノスタウンの中へ。

f:id:yokohamarosa:20090613130322j:image

横断幕を張る人たち。まるでとび職。

f:id:yokohamarosa:20090613130357j:image

↑入場時の場内。

ホーム、横浜F・マリノススタメン

GK榎本哲也

DF田代真一天野貴史田中裕介金井貢史

MF長谷川アーリア・ジャスール水沼宏太狩野健太

FW端戸仁齋藤学渡邉千真

控えはGK秋元陽太DF浦田延尚梅井大輝、岡直樹(ユース)、FW塩田光(ユース)。


育成路線だからか、トップチームで見た選手が多い。

ちょこちょこ公式戦に出ている自信で、存分に活躍を見せ付けてほしい。


アウェイ、ヴァンフォーレ甲府スタメン

GK鶴田達也

DF渡部大河、東間勇気御厨貴文、村松真。

MF畑田真輝、美尾敦、井澤惇。

FW長澤篤孝、唐澤大夢、高根達哉。

控えはGK時久省吾、MF西海慧人、遠藤将人、FW川崎佑馬。


鶴田達也しか見たことないなー。ヽ(´ー`)ノ

2005年、小瀬で見たけど不安定な印象だった。今はどうか知らんけど。

いや、美尾敦もいたか。京都お金で持っていかれた選手だったけど、今は甲府に戻っている。期待に添えきれず戻ってしまった印象だが、どうなんだろう。


サテライト開催時は、スタンドマリノスカフェが繋がっている。

チケットで入場できるエリアと繋がっていて、スタジアムの売店のような役割を果たしている。

逆に、サテライトチケットがなければカフェには入れなくなる。カフェも試合を観戦できる席の一つになるからね。

f:id:yokohamarosa:20090613132348j:image

マリノスカフェ通路から見たスタンド


14時キックオフ

いきなりレギュラー渡邉千真が、ゴール前の混戦から決めてしまう(笑)


その後ずっとマリノスが優位に試合を進める。

天野貴史は右サイドをよく走り、クロスボール供給。頑張りは見えるが、それが中央で味方にピタリと合うようになると、トップの試合で出番が来るんだろうなぁ…。


後半途中からはユースの2選手が登場。

岡直樹は34番、塩田光は16番をつけてプレー。ネームなしのユニフォーム

岡直樹は左サイド、塩田光は3トップの左?塩田が特に目立った。

相手DFに果敢に挑み、緩急をつけたドリブルで翻弄する。あわよくばゴールを奪おうという貪欲な姿勢も良く見えた。


先週は決めきれなかった水沼宏太が2ゴールを決めるなどし、4−1で快勝。

勝利した後、程なくして「広島負けたー!」という声が。浦和が勝ってしまったため1位ではないが、ナビスコカップ予選通過が決定!

2位通過ということは、ガンバ大阪との対戦。去年の借りを返そうじゃないか。


思い違いをしていたけど、ガンバとは先にアウェイでやるらしい。

なんと、チケットは既に発売されていた。水曜日なので、まだ行くことを確定できないが…。

というか、新幹線時間を考えて日帰りは不可能。大阪かどこかで一泊して、翌日そこから直接出勤という強硬手段を視野に入れて練ってみるか…。

ホームゲームとなる第2戦はニッパツ三ツ沢球技場延長戦になれば、ホームでやれるのは強みだ。


勝っても、準決勝鹿島川崎Fという凶悪な組み合わせのところに入ってしまったが、ジャンプ漫画の主人公の如く逆境を乗り越えていきたいね。


★きょうの歩数…9528歩

2009.06.12 どんな選手も試合に出る保証はないのに

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/06/12/01.html

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20090611-OHT1T00081.htm

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20090612-505644.html

中村俊輔横浜F・マリノス復帰に暗雲がたちこめてきた。

昨日、スポーツ報知だけ難航してきたことを報じていたが、今朝になって各紙で難航していることを報じている。

どうも、総合して理由を判断すると、21日の浦和レッドダイヤモンズ戦からの出場を前提としてしまったこと、契約前から俊輔出席のイベントを計画してしまっていたことが問題らしい。


実際、21日はTBSが大々的に宣伝を打っている。

ただしポスター中村俊輔の姿があるわけではなく、必ずしも出るとはしていないはず。

表面上はそうだけど、営業上での交渉で、俊輔ありきで進めてしまったのだとしたら大問題。選手の出場は原則、確約されるものじゃない。怪我やコンディション、戦術的な判断もある。

特に中村俊輔股関節を痛めている。その治療や、長距離移動による回復の遅れを懸念して、マリノス復帰を熱望していた部分もあるのではないか。


まずは、社長はじめスタッフが丁寧に謝ること。獲れようが獲れまいが、人として。

交渉を続けられるなら、もっとコンディションも考慮して、無理をさせない配慮を約束した上でないと、エスパニョールに獲られてしまうぞ。


俊輔の移籍先は俊輔にとって一番いいところになれば、マリノスであってもなくてもいい。(だから快くレッジーナへ送り出した)

だが、ここまでの話としてマリノスに復帰するのがベスト選択肢として進んできたはず。

それが、マリノスフロントの失態で破談となるのであれば、俊輔にとっても残念な話。


渡欧してエスパニョールとかと交渉してみるようだが、これはマリノスフロントに対する牽制だとも取れる。

繰り返し書くけど、まずは丁寧に謝りにいくべき。そうしないと、特に社長社長でいられなくなるぞ。


もちろん、マリノスとしては台所状況が悪いので稼ぎたいところなんだけど、そんな状況をしらない俊輔ファンは「俊輔で金儲けをたくらんでいる」と不審がってしまいかねない。


★きょうの歩数…7532歩

2009.06.11 中澤佑二物語

昨日、横浜国際総合競技場日産スタジアム)のトリコロールワンで買った漫画中澤佑二物語」を読破。

テレビとか様々なところからボンバーの苦労話は聞いていたけど、細かいところとか、クラブハウスボンバーが思い出しながら語ったのかなぁとしみじみ思ったり。

高校卒業後も無名でプロサッカー選手になんてなれる状況じゃなかったのに、日本代表キャプテンにまで上り詰めるのだから、あらためて凄い選手だと思うなぁ。

相当な努力はもちろん、心からサッカーを好きだからこそなんだと思う。

中澤佑二物語 (ヤンマガKCスペシャル)

中澤佑二物語 (ヤンマガKCスペシャル)

作者の塀内夏子先生は、昔Jドリームという漫画を連載していた人。

ドーハの悲劇と呼ばれる1993年アジア最終予選も行ったそうで。

かつて一話読み切りで、松永成立物語も描いてくれた人でもあったりする。


★きょうの歩数…6483歩

2009.06.10 コールくらいできなきゃツマラン

yokohamarosa2009-06-10

FIFAワールドカップアジア予選グループA第9節 日本vsカタール[生観戦][サッカー日本代表]

今日FIFAワールドカップアジア最終予選グループA第9節、日本vsカタール

横浜国際総合競技場へ行ってきました。観戦記は書けたら別途。


試合は1−1の引き分け。

前半開始早々に、右サイドからのクロスカタールDFがたまらずオウンゴール

早々と先制し、試合を優位に進める。1−0。


前半ロスタイムには、コーナーキックから田中マルクス闘莉王が押し込んで追加点かに思ったが、反則があったとしてノーゴール。


後半8分、カタールスルーパスに抜け出そうとする相手に、中澤佑二がつく。

特に強く当たったようには見えなかったが、カタール選手が倒れて主審ペナルティスポットを指す。まさかPK

このPKをゴール左隅に決められて、同点とされてしまう。1−1。


日本は攻め込んではいるのだが、決めきれない。

玉田圭司は右サイドの深い位置から、中央のスペースへゴロのやさしいパス供給するが、これがなかなか決まらない。

中村俊輔はちょっと持ちすぎる印象。パスファーサイドに上げるが、高すぎて落下点にキーパーが間に合ってしまう。次にこのスタジアムで見るときは、こんなプレーに終始されたくないぞ。


1−1で試合終了。

まぁ今回、カテゴリー6のゴール裏自由席チケットが取れなかったのでカテゴリー4の、マリノスホームゲームだったらマリーシアが陣取るあたりの席で見ていたが、声を出せず立つ事もできず、つまらなかったなぁ。マリーシアがいれば、まだ面白い野次でも聞けたのかもしれないけど。

この消化不良は6月21日浦和戦ですっきり晴らしましょう。


★きょうの歩数…14556歩

2009.06.09 明日は行くぞ

http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090609082.html

明日はカタール戦。日産スタジアム…と言うか、横浜国際総合競技場へ行く予定。

岡田武史監督まさか退席処分を受けてしまったから、大木武コーチが指揮を取ることになる。

予選通過を決めたから緩い試合になると思うけど、世界を見据えてビシッと結果を出してほしいと思う。


★きょうの歩数…8405歩

2009.06.08 横浜の壁

http://www.f-marinos.com/tools/page_store/news_3458.html

6月21日浦和レッドダイヤモンズ戦は、TBS Dayと称して、ベルリン世界陸上の告知を兼ねつつ様々なイベントが行われるらしい。


なんか、TBSが力を入れているのが伺える。

この試合を中継するからには、得るもの得ないとという感じで。

こっちも、せっかくの地上波生中継なんで、マリノスの魅力を存分にアピールする試合にしたいね。


★きょうの歩数…5579歩

2009.06.07 親父の地元埼玉で決めさせたかった

yokohamarosa2009-06-07

Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループA第6節 大宮アルディージャvs横浜F・マリノス[生観戦][大宮アルディージャ][横浜F・マリノス]

今日Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループA第6節、大宮アルディージャvs横浜F・マリノス

NACK5スタジアム大宮へ行ってきました。観戦記は書けたら別途。


試合は1−3で横浜F・マリノスの勝利!


序盤は大宮アルディージャに押し込まれる。

横浜F・マリノスカウンター気味に攻め込む場面はあるが、ゴールへの迫力にやや欠ける。

今日は気温がとても高く、日差しも強くて暑い。体力が落ちないうちに先制したがったが…。


先制点は意外な得点者に。

前半27分、藤本主税マリノスの右サイドを深く切れ込むと、シュートGK飯倉大樹が弾くが、フォローに入った松田直樹クリアをしくじり、自陣ゴールに入れてしまう。1−0。

しかし、この失点でゴールへの意識が高まり、マリノスの攻めが良くなっていく。


前半31分、渡邉千真が抜け出してシュートを放つ。

GK高木貴弘がこぼしたところに山瀬功治ダイビングヘッドで詰めて、同点ゴール!1−1。

これで試合が振り出しに戻った。


前半ロスタイムには、先制点と似た位置・角度で渡邉千真シュート!

今度はこれをきっちりゴール右隅に決めて、前半のうちに逆転とする。1−2。


後半16分、坂田大輔に代わり水沼宏太が入る。

水沼貴史埼玉県出身で、大宮公園サッカー場高校サッカー選手権の予選や本大会などで思い出深いスタジアムかもしれない。

是非ともここでプロ初ゴールを決めて、解説者の父親に親バカコメントを言わせてしまえ!(笑)

大宮アルディージャは攻めるしかない。そのため、守りのリスクが大きく、時間の経過と共にカウンターがよく効いてくる。

ぜひ、この隙に水沼宏太に決めてほしい。成長を期待されて、千真に変わり長谷川アーリア・ジャスールも入った。


後半33分、山瀬功治が抜け出し、GKと1対1に。

GK高木貴弘ペナルティエリアを飛び出して間一髪クリアするが、これが中途半端クリアで、センターサークル付近で拾った狩野健太がロングシュート

ループシュートというより、25メートルあたりでワンバウンドするようなシュートだったが、GK高木貴弘は反応しきれず、ゴールイン。1−3。

大宮の正ゴールキーパーってぎーさん(高木貴弘)じゃなかったよなぁ?

コンサドーレでのプレーから考えて、なんで荒谷弘樹を出して高木貴弘を呼び戻したのかがよく分からん。

狩野健太はこのゴールの直後に、お役御免で田代真一と交代する。


1−3にしてからは、キープして時間稼ぎよりも、水沼宏太に集めてゴールさせる狙いに。

何度もカウンターから水沼宏太にチャンスができるが、相手DFカバーも早く、なかなか決まらない。

大宮の必死の攻めにヒヤリとするシーンもあったが、GK飯倉大樹ファインセーブでしのぐ。


このまま1−3で試合終了。

水沼宏太の初ゴールは決められなかったが、ひとまず今日の勝利は達成。

今日サンフレッチェ広島が勝ってしまったので、予選通過するかどうかは最終節へ持ち越し。

最終節は横浜F・マリノスの試合がないので、浦和レッドダイヤモンズサンフレッチェ広島が星を落とすことを期待するしかない。

http://www.jsgoal.jp/game/2009/20090200030520090607.html

マイク〜!活躍は嬉しいけど、何もドーム中学時代の恩返し決めなくてもいいべさ( ;´Д`)。

ヤマちゃんも怪我してなかったら出場してたのかなぁ。


★きょうの歩数…18845歩

2009.06.06 12年前でも鮮明に覚えてるよぉ

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2009/06/06/10.html

スポニチに懐かしい記事が。12年前のウズベキスタン戦はドローだった、というもの。


これは岡田武史監督監督就任最初の試合で、ミドルシュートを決められて先制される。後半ロスタイムに、井原正巳の放ったロングボールが抜けてそのままゴールインし、引き分けてどうにか望みを繋いだ試合だったね。


民族楽器か何か知らんが、ブオーブオーと管楽器の音が鳴っていたね。


あの時は、W杯出場を逃したら初出場が自国開催になるという屈辱になるところだったから、殺気立って応援していた。選手創造を絶するプレッシャーだったんだろうねぇ。


★きょうの歩数…3608歩

2009.06.05 先にシミュレーションだけ備えておいてみた

ナビスコカップ決勝トーナメント進出時の遠征計画を練ってみた。

まだ予選通過も決まっていないのに皮算用するのはどうかと思うが、先んじて可能性を絞ることで早い交通手段の確保はできる。


まず、グループAを1位できた場合。

グループBの2位と対戦し、先にアウェイ、後にホームで戦える。

グループBの2位になりうるクラブFC東京清水エスパルス柏レイソルヴィッセル神戸のいずれか。

可能性としてはFC東京清水エスパルスが濃厚ではないかと。柏も可能性はあるが、神戸は厳しいだろう。

千葉は上位同士で直接対決+残り1試合のため、敗退決定)


準々決勝第1戦は7月15日水曜日

味の素スタジアム日立柏サッカー場はなんとか行ける範囲だが、アウスタは日帰りができず厳しい。西京極レベスタでも日帰りできるのに。

アウスタになったら諦めるか、休みを取って行って、静岡から直接出勤するしかないだろう。

第2戦は7月29日で、ニッパツ三ツ沢球技場が濃厚。横浜FCホームゲームとはかぶらない。


グループAを2位で通過した場合。

ガンバ大阪との対戦になる。第1戦がホームで、これもJ2とかないんで、ニッパツ三ツ沢球技場が濃厚かと。

第2戦はガンバ大阪オフィシャルサイトから確認したところ、万博記念競技場に決定している。(去年は石川県

万博では、水曜日のうちに帰るのは無理。これもアウェイから翌日に直接出勤する方法を考えるしかないのかも。


ちなみに、2位通過でガンバ大阪に勝てたとしても、準決勝鹿島アントラーズvs川崎フロンターレの勝者とやることになる。川崎になったら近い以外にメリットは感じないので、やっぱり1位抜けするのが一番いいみたいですな。ヽ(´ー`)ノ


もちろん、まずは日曜日大宮アルディージャを倒して、浦和広島がこけるのを待つのみ。

予選日程終了直後に動きやすくするためのシミュレーションとして書かせていただいたので、ご了承くださいね。


★きょうの歩数…8438歩

2009.06.04 仕事をこれ以上長引かせたくない

残業時間が緩くなってきたと思ったら、ここにきてちょっと忙しくなってきた。22時半まで仕事してた。

土曜日は出勤しても潰れるものはないが、休日出勤はしたくないなぁ…。


★きょうの歩数…6540歩

2009.06.03 新潟で繋いだ貴重な望み

Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループA第5節 アルビレックス新潟vs横浜F・マリノス[アルビレックス新潟][横浜F・マリノス]

今日Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループA第5節、アルビレックス新潟vs横浜F・マリノス

東北電力ビッグスワンスタジアムへ行けるはずもなく、試合やってる時間残業

直前まで行ける方法は模索してたんだけどね。


ゴールを知らせるメールが3発。いずれもマリノスのゴール。

兵藤慎剛渡邉千真田中裕介と決めてくれたようで。

アウェイながら、横浜F・マリノスが3−0で勝利。

マルシオ・リシャルデスが退場したのも追い風だったんだろう。


これで、決勝トーナメント進出へ望みが繋がった!

まだ他力本願に変わりはないが、この予選リーグは結構潰し合っている。次の大宮アルディージャ戦を勝てば、充分行ける可能性はあるぞ!


★きょうの歩数…7034歩

2009.06.02 新潟で天地人イベント!

2009年夏の陣 第一弾[ケータイ国盗り合戦]

ケータイ国盗り合戦で新しい期間限定イベントが発表。

http://ji.kntr.jp/info/20090602_summer1.html

くっそ明日新潟へ行けてたら、これも楽しめたじゃないか!

国とりゃーで新潟へ乗り込むマリノスサポーターがいたら、最高の勝ち組じゃないのかこれ。


まぁ、行けないものを悔やんでもしょうがないので、この期間限定イベント新潟へ行ける方法を考えてみる。

6月27日ベガルタ仙台vsコンサドーレ札幌宮城スタジアムで観戦する。

これは普通東京仙台新幹線で往復するよりも安い、土・日きっぷで行くので、新潟フリーエリアになる。

27日の午前は移動と牛タンに費やすから、試合観戦後15時からが勝負になってくる。


当初の計画として、未取得でとりづらそうな米坂線近辺のエリア取得を狙っていた。

当初の試合観戦後ルートは以下。


利府→(東北本線)→仙台→(東北新幹線)→福島→(山形新幹線)→米沢→(米坂線)→坂町→(羽越本線)→新潟東京行き最終の上越新幹線で帰路へ。

(※翌日は日産スタジアムガンバ大阪戦なので、日曜日は国盗りに費やせない)


このルートのまま、今回のイベントエリア取得が狙えるか、ケータイを見て確認してみた。


…狙えるなぁ!いや、直江津へ寄らなければ、一つ欠けてしまう。

土・日きっぷ北越急行ほくほく線も乗車可能なのだが、新潟駅到着時刻が結構ギリギリなのでねぇ…。

米坂線経由をやめて、大宮経由にすれば余裕を持って行けるのだろうが、大宮経由ではなんだか損した気持ちになる(;´∀`)。


利府から新潟駅まで最速ルートを調べると、やっぱり大宮経由。

米坂線経由より2時間も早いでやんの。しかし、うーん…もう少し悩んでみよう(笑)


★きょうの歩数…6019歩

2009.06.01 新幹線依存症?

6時55分に起床。

7時半に出勤で家を出なければならず、結局遅れて出て新幹線で出勤。


こんな調子で、ちょこちょこと所持金が減っていくのは問題だなぁ…。

遠征費もあるけど、最近ジリ貧になっている気がする。

マリノスに割く時間お金を減らさなければならないんだろうか。仕事勉強も必要だし。


★きょうの歩数…7192歩