Hatena::ブログ(Diary)

Road to Yokohama このページをアンテナに追加 RSSフィード

2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2012.04.30 格安ツアー型夜行高速バス

D

ゴールデンウィークで増便されていたと思われる夜行高速バス事故

自分も遠征でよくお世話になってて、最近アルビレックス新潟戦で遠征に利用させてもらっていた。

一昨年、初めて大阪キンチョウスタジアム試合があった際は、1万円程度の予算では無理かと諦めかけた時に、ツアー型の夜行高速バスで応援に駆けつけることができた。(試合には惨敗したけど)


この事故を受けて、低価格夜行高速バスは減るんだろうな。

自分がいくつか乗った長距離高速バスは、必ず運転手が2人いて、乗客が降りられないのにサービスエリアで休憩が入って、運転手の交代や給油があったりした。長距離を運転手一人は危ないからだと思う。そのために価格が上がるのは仕方がないし、危険な綱渡りをするような価格競争は避けてほしい。


★きょうの歩数…2580歩

2012.04.28 やっと今季初勝利!

yokohamarosa2012-04-28

Jリーグディビジョン1第8節 横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸

Jリーグディビジョン1第8節、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸

日産スタジアムへ行ってきました。


雨は昨日でやみ、心地よい春の晴天。今年のリーグ戦ホームゲームで、晴れたのはこれが今季初。

コカコーラのブースも出ていて、ゴールデンウィークだなぁと実感。


試合は、マリノスが主導権を握るも前半はスコアレス

後半にはヴィッセル神戸に先制を許し、またも苦しい展開に。0−1。今日も勝利を逃してしまったら、ギリギリで残留できた2001年よりも厳しいものになり、残留は難しくなる。


後半26分に小野裕二ダイビングヘッドで同点に追いつくと、後半28分には谷口博之ヘディングで逆転!2−1。

タニのヘディング、体をくの字にして決めたのは開幕戦の時と同じ。頼れる選手が復帰したなぁ。


さらに、後半32分にはフリーキックから中澤佑二が決めて追加点。3−1。

GK徳重健太が飛び出すがさわれず、ファーで走りこんだボンバーが詰めて決まってくれた。

終盤には富澤清太郎が退場になるが、神戸の追撃をしのいで勝利。

まだまだ足りない部分もあるだろうけど、やっと勝利を決められたのはプラスになるはず。

次の浦和レッドダイヤモンズ戦で勝てれば自信になるが、簡単な試合には絶対ならないと思う。

サポーターとしても、今日はひとまずこの勝利を喜んで、それからまた気持ちを切り替えていきたい。


★きょうの歩数…17380歩

2012.04.25 初日から、この熱気!

仕事が少し早めに切り上がったので、横浜そごうに行ってきました。

そごうに着いたのが19時半ごろで、閉店まで30分しかなかったけど、ものすごい人の数!北海道物産展自体に多くの人がいましたが、HTBコーナーはさらに人が多く、並ばないと陳列されたグッズも閲覧できないほど。


グッズは時間に余裕のある時にすることにして、今日は500円のスピードくじのみやってみた。

散歩onちゃんおでかけ着(2100円相当)というのが当選。しかし買い物袋を渡してくれなかったので、このまま小脇に抱えて帰宅( ;´Д`)。

帰宅して開けてみれば、空気を詰めて膨らませるonちゃんにかぶせるもので、その空気で膨らませるのは別売りだった。これだけ渡されても…。まだ売ってるかなぁ。

f:id:yokohamarosa:20120425210142j:image

★きょうの歩数…5826歩

2012.04.24 しばらくは中町抜き

中町公祐選手の負傷について

http://www.jsgoal.jp/official/yokohamafm/00136323.html

4月21日ジュビロ磐田戦で負傷した中町公祐の怪我は、右ふくらはぎ肉離れにより全治4〜6週間とのこと。

復帰は6月まで待てってか。未勝利だというのに、さらに厳しくなるなぁ…。


★きょうの歩数…3596歩

2012.04.23 風間八宏新監督でどうなるか

風間八宏氏 監督就任のお知らせ

http://www.jsgoal.jp/official/kawasaki/00136301.html

川崎フロンターレの新監督に、サッカー解説者の風間八宏氏が就任すると発表された。

プロサッカークラブ監督は未経験だが、大学監督は長く経験している模様。ハマれば強くなると思うし、期待を持たせる監督人事だと思う。


それにしても、すぽるとの解説者が山口素弘氏に続いて抜かれていくね(;´∀`)。


★きょうの歩数…3239歩

2012.04.22 山田大記が初選出

2012.04.21 このままでは落ちる

yokohamarosa2012-04-21

Jリーグディビジョン1第7節 ジュビロ磐田vs横浜F・マリノス

Jリーグディビジョン1第7節、ジュビロ磐田vs横浜F・マリノス

ヤマハスタジアム(磐田)へ行ってきました。


この日の磐田は心地よい晴れ。風も強くない。やっと春の日差しを感じながら、気持ちよく試合観戦できる日が来た。

ただ、試合結果はなかなか春の到来とはいかないものに。


前半7分、早くも中町公祐が負傷。齋藤学が入るが、重要なパサーが一人減ってしまうのは厳しい。


序盤から、マリノスは積極的なシュートへの姿勢が伺える。

ボールをまわし過ぎて変なカウンターを食らうよりはシュートで終わってほしいし、何より打たなければ入るものはないし。

しかし、相変わらず中村俊輔のところで遅くなる。遅くなる分相手の守備が整ってしまうし、それが決めきれない原因にもなっているように思える。


中澤佑二不安が。裏を取られてGKと1対1のピンチを招くが、ボンバーが戻ってタックルで阻止。どうにか挽回はしてくれた。


前半35分、山田大記ドリブルで一人かわし、まだ3人はチェックに行っているが、距離のある位置からシュート。これがニアに決まってしまい、先制される。1−0。


後半はさらに攻勢をかけるマリノスだが、決めきれない。

中村俊輔クロス大黒将志ニアヘディングするが、キーパーを外していながらファーの外へ外れてしまう。


樋口靖洋監督は、サイドバックを下げて選手を投入。ドゥトラに変え松本翔小林祐三に変え熊谷アンドリューを入れてきた。

終盤は大黒将志シュート崩れに齋藤学が飛び込んでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールに。


1−0で試合終了し、これで開幕7戦勝利なし。公式戦は10戦未勝利。

0勝4分け3敗で、勝ち点はまだ4。このペースじゃ年間で勝ち点20程度で、残留できるものではない。

山田大記シュートは止められなくて致し方ないと思うが、肝心なところで決めきれないのが厳しい。運の要素が大きいサッカーだから選手を責めたくはないが、ここで決めなければいけなかったと思う。

そもそも、メンバーが足りてない。マルキーニョスが未だ負傷から復帰していないが、それは想像できたこと。若いときから怪我は割とあったし、もう36歳で怪我しやすく治りにくい身体のはず。チームはそれを想定していたのかどうか。


何より、まずはチームとしてやりたいサッカーが正しいのかどうか。完成させても、俊輔を奪いどころにしてボンバーの裏を取れば攻略できるチームでは、マリノスが勝つことは出来ない。


今日は往路のみ席を確保できた格安バスツアーで行き、帰りは東海道線にしたが、静岡駅から東海道線が面倒になって新幹線帰宅

今年は新幹線に乗らないって決めていたけど、使っちゃったな。

嫌だぞ、来年四国だの九州だのと遠いアウェイばかりの遠征は。お金が持たなくなるし、貯金だってしておきたいし。


★きょうの歩数…16884歩

2012.04.18 古いチューナーだと見られないのです

Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループA第3節 浦和レッドダイヤモンズvsセレッソ大阪

帰宅して、スカパーでJリーグヤマザキナビスコカップ予選グループA第3節、浦和レッドダイヤモンズvsセレッソ大阪を観戦。

スカパーチューナーが古く、フジテレビoneでしかナビスコカップを見られないので、なし崩し的にこのカードを見た。

本当は清水エスパルスvs横浜F・マリノスが見たいし、第2希望コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズなのだが…。


前半の途中から見ると、浦和はじっくり攻め、セレッソは速攻で攻め切る展開。

前半のシュートは互いに5本ずつ。

浦和原口元気ドリブルから、中央フリーになった矢島慎也が流し込み、同点に。1−1。

しっかりセレッソの守備を崩して決めてるなぁ。


セレッソは前半のうちに決め返す。

コーナーキックからGKが弾いたボールに反応し、最後藤本康太がゴール。1−2。


後半になると、セレッソ効率いい攻めが際立つ。

一本のパスから抜け出たブランキーニョGK加藤順大をかわして追加点を決め、1−3に。

後半36分にもこの日先発の播戸竜二が追加点を決め、1−4と埼スタを苦手にしているセレッソ大阪が勝利。

浦和は4失点したものの、あまり弱いという印象は受けなかった。同じペトロビッチ監督1年目のサンフレッチェ広島が2度目の降格をしたときも、こんな感じで失点が多かったのかもしれないが(;´∀`)。


逆に埼スタで相性のいいマリノスは、今年も勝てるのかどうか。

今日も内容悪く負けたらしいし、いよいよ樋口靖洋監督五里霧中というk、勝てなくなってどうしていいか判らなくなっていやしないかと思う。

次の磐田へは、新たにゲーフラゲートフラッグ)作ったので持って行くけど、試合結果に関してそれなりの覚悟必要になりそうだ。


今日見た試合に話を戻すなら、このままでは浦和セレッソに勝てるとは思えない。

コロコロ変えるのは、本来はやめてほしいけど、監督を変えるしかないんだろうなぁ。


★きょうの歩数…5981歩

2012.04.17 生き生きしてたわ

AFCチャンピオンズリーグ2012 本日の結果

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00135965.html

帰宅して、ながら見FC東京試合を見た。監督が変わって2ヶ月程度だが、選手がそれぞれ生き生きしているのが見て取れる。残念ながら、渡辺千真長谷川アーリアマリノスを見限って正解と思わざるを得ない印象。


明日ナビスコカップがあるが、もちろん静岡へは行けないし。


★きょうの歩数…5719歩

2012.04.16 U-18日本代表に選出

鈴木椋大選手 喜田拓也選手 U-18(FIFA U-20ワールドカップ2013)日本代表選出のお知らせ

http://www.jsgoal.jp/official/yokohamafm/00135909.html

高卒ルーキーGK鈴木椋大と、高校3年生で2種登録されているMF喜田拓也がU-18日本代表に選出。4月20日4月29日の間、スロバキア遠征に行くことに。

鈴木椋大は練習試合などをいくつか見て、プロ洗礼を受けていた印象。今は経験を積むことで大きく成長できると思うので、ぜひ頑張ってきてもらえればと思う。


喜田拓也も期待は高そうな選手なので、貴重な経験を得てきてほしい。


★きょうの歩数…5024歩

2012.04.15 国家試験受けたけど

情報処理試験を受けてきました。

またも撃沈な感じ…。頭痛もあって、集中もできなかったし。


★きょうの歩数…9636歩

2012.04.14 初勝利したいね。

yokohamarosa2012-04-14

Jリーグディビジョン1第6節 横浜F・マリノスvs大宮アルディージャ

Jリーグディビジョン1第6節、横浜F・マリノスvs大宮アルディージャ

ニッパツ三ツ沢球技場へ行ってきました。


リーグ戦ホームゲームは3試合目だが、またしてもあいにくの雨。

そろそろ長袖を下に着なくてもと思ったが、やっぱり着てくるべきだった。

雨はまったくやむことはなく、風もあるので濡れれば体温を奪われる。先週の新潟に比べたらそこまで気温が低くはないのだが、寒いもの寒い

こんなコンディションだからか客足も鈍く、今年から登場した佐賀牛ステーキ

はあまり並ばず余裕で買える。横浜タンタンメンは長い行列をなしていたが。


試合は、今日も勝ちきれないものに。

先制ゴールは奪った。後半8分、小野裕二シュートがきれいな弧を描いて、ゴール右隅に決まった。

リーグ戦では開幕戦以来のゴールで、やっと勝利に必要な先制点を決めることが出来た。

しかし、相性最悪の大宮アルディージャがそう簡単に勝たせてくれるはずもなく、後半37分には途中交代の長谷川悠が決めて、同点にされてしまう。


入団後ホーム初登場となったドゥトラは攻守に存在感。守備ではタックルを何度も成功させてボールを奪い、攻撃ではゴールを期待させるクロスボールを何度も供給

この試合を左右してしまったのは、中村俊輔だろうか。前半は30メートルほどの位置から強烈なシュートを放ってくれたが、後半は玉離れの遅さでボールを奪われるシーンが目に付いた。プレスする相手に対してすぐに玉離れをせず、こねてかわそうとするプレースタイルを変えてくれないと、同じようなストレスを感じる試合になってしまうと思う。

本人もワンタッチパス意識したり、積極的なシュート意識は見られるので、改善は考えているのだろうが…。


試合は1−1で終了し、ここにきて未だ公式戦未勝利。J2リーグを入れても、未勝利なのは他に横浜FCFC岐阜しかない。

今日の結果で鹿島アントラーズアルビレックス新潟ガンバ大阪が今季のリーグ初勝利を決めたため、リーグ戦未勝利は横浜F・マリノスコンサドーレ札幌のみ(今日コンサドーレ札幌に関しては後述)。

安易に監督を変えろとか言わないが、今のままで大丈夫なのか、サポーターは信じていいのか、希望を見せてほしい。中村俊輔はい選手だが、使いどころが難しくもあるように思える。チームの中心にせず、オプションの一つに俊輔がいる戦い方ができればいいと思うが、それも難しいのかな…。

Jリーグディビジョン1第6節 名古屋グランパスvsコンサドーレ札幌

帰宅して、後半だけスカパーJリーグディビジョン1第6節、名古屋グランパスvsコンサドーレ札幌テレビ観戦。

すでに前半でコンサドーレは2失点。後半も実力の差を見せ付けられ、何度も名古屋がゴールに迫る。田中マルクス闘莉王セットプレーでことごとく競り勝つし、中央パス回しで狭いところを玉田圭司に抜けられ、鮮やかなゴールで3−0とする。


コンサドーレは防戦一方というわけではなく、度々カウンター名古屋ゴールには迫っている。高木純平クロスは悪くないが、ゴールを決めるには至れない。

古田寛幸ポストを叩く惜しいシュートを放ったり、後半アディショナルタイムには相手DFに当たって入るラッキーなゴールを決めた。

それでも3−1で試合終了、コンサドーレ札幌リーグ戦の初勝利を決められなかった。


コンサドーレ札幌はどうしても資金力とか実力の差があって厳しいところだが、狙う攻めは期待を持たせるものがある。マリノスよりはマシに見えたので。

次はナビスコ鹿島アントラーズ戦を経て、ホームで川崎フロンターレと対戦。監督交代でも腐っても鯛という相手だが、自分たちや仲間を信じて勝利を掴み取ってほしいと思う。


★きょうの歩数…13130歩

2012.04.08 やっぱりバス2連夜は手ごわかった

新潟を出発したバスは、無事5時半ごろ横浜駅前に到着。定刻より1時間早かった。

二晩目で辛い深夜バスだったが、窓から冷気が来る以外は快適に過ごせました。

寒さはダウンを着てカバーカーテン自分のところで閉まらなかったが、大事には至らず済んだ。


帰宅して、歯医者に行ったり新しいマリノス試合告知ポスターを受け取るはずが眠気でダウン…。

深夜バス明けで予定を入れるものではなかった。ご迷惑をお掛けした方には申し訳ない。


★きょうの歩数…2470歩

2012.04.07 吹雪の中に勝利なし

yokohamarosa2012-04-07

夜行高速バスは2度の休憩を経て、予定通り新潟へ到着。

途中、2度目の休憩ポイントだった越後川口サービスエリアは雪が降り積もる状態。

おいおい、4月だというのに。北海道じゃあるまいし。

Jリーグディビジョン1第5節 アルビレックス新潟vs横浜F・マリノス

Jリーグディビジョン1第5節、アルビレックス新潟vs横浜F・マリノス

東北電力ビッグスワンスタジアムへ行ってきました。


開門前は晴れていたが、入場して選手がウォーミングアップする時に雪が吹雪いてきた。

雪は雨よりはマシだが、それだけ気温が低いことを裏付けるものでもある。

試合開始直前までダウン着たりして暖かくしていたが、選手入場の直前に脱いだ。モコモコしてたら応援しづらいからね。

今回、青・白・赤と3色のゴミ袋も持ってコレオグラフィーを実施。アウェイだが、選手には伝わっただろうか?


試合は、横浜F・マリノスが終始ペースを握る展開。

玉際でのボールの取り合いはマリノスが勝つことが多く、主導権を握って試合を優位に進めている。

久しぶりに加わったドゥトラも、38歳という年齢を感じさせないプレー。まだまだ、運動量が必要なサイドバックで充分やれそうだ。


前半23分にはアクシデント。相手選手交錯した小椋祥平が負傷し、富澤清太郎と交代。

左手の手首を持ってもらいながら下がるのが見えた。骨折とかじゃなければいいが…。


マリノスは主導権を握るだけでなく、小気味良くパスを繋いで相手ゴールへ何度も迫る。

惜しくもGK東口順昭に防がれてしまうが、内容の向上は間違いなく伺える。

ただ、後半のチャンスでは、大黒将志シュートできるのにパスを選択してしまったようにも見えた。パスの後もっと決定的なチャンスにはなったが、フォワードならシュートを打ってほしかったな…。


試合吹雪いたりやんだりの中もゴールには至らず、0−0で試合終了。

内容が良くなったとは言っても、リーグ4試合連続得点で公式戦未勝利。まだまだ険しい道のりなのは間違いなさそう。

さて、今回の遠征の個人的なヤマ場はここから。

新潟駅周辺で深夜まで時間をつぶし、夜行高速バスで帰る。応援で跳ね過ぎて足や腰に疲れが来てるし、ミスターも「二晩バスはきついわ」と漏らしたことも。

果たして、無事に帰れるかな?


23時に新潟駅南口を出発し、関越自動車道を走行中に本日が終了。


★きょうの歩数…17182歩

2012.04.06 新潟へ向かいました。

仕事を終え、帰宅して夕食を取ったらすぐに新潟行きの準備。

キックオフF・マリノスを見てから行きたかったが、23時天理ビル前発の夜行高速バスで行くので、悠長に見ることはできない(ギリギリだと迷惑かけるし…。)


自宅からバス乗り場までの移動中に携帯電話ワンセグキックオフF・マリノスを見るが、東横線は地下に入るし列車内だから音声も出せない。

新潟から帰ってきたら、録画したのをじっくり見るとしよう。


バスは定刻どおり出発。

バス車内で、マリノスサポーターらしき人を何人も見かけた。

新宿あたりで、本日が終了。


★きょうの歩数…4752歩

2012.04.05 タニが離脱

谷口博之選手の負傷について

http://www.jsgoal.jp/official/yokohamafm/00135387.html

う〜ん、全治3週間か…。タニがいないのは困るけど、試合に出られる選手で乗り切ってもらうしかない。


★きょうの歩数…3339歩

2012.04.04 公式戦初勝利争奪戦

yokohamarosa2012-04-04

Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループB第2節 横浜F・マリノスvsコンサドーレ札幌

Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループB第2節、横浜F・マリノスvsコンサドーレ札幌

ニッパツ三ツ沢球技場へ、仕事上がりで行ってきました。


前半15分あたりで到着すると、既に大島秀夫が先制点を奪っていた。0−1。

古巣からゴールを奪いたかったオオシ、いきなり決めてしまったか


前半のマリノスの攻めは、どうにも相手を崩せない。

リードしている相手だから崩しにくいのもあるだろうが、前線ボールを送ってもあっさりカットされたり、パスを出す先に困ってしまったり。


コンサドーレ札幌は、意図せぬ格好でより守備を強固にした。

サイドバックに入っていた本来FW上原慎也に変えて、岩沼俊介を入れる。

攻撃より守備の選手、しかもレギュラーが入ったことでより厄介になる。上原慎也ものすごく高い打点ヘディングがあるので決められずには済んだが、怪我なら心配でもある。


前半終了間際のコーナーキックで決めそこなうと、コンサドーレが鋭いカウンター。早い縦のドリブルで攻め込まれると、最後は飛び込んだ榊翔太絶妙トラップからのゴールで追加点。0−2。

全く無駄のないカウンターを決められてしまった。これがマリノス戦じゃなかったら、この活躍に目を細めて喜ぶところなんだけど…。


ハーフタイムには控えの選手がアップするところだが、マリノスの控え選手は出てこない。

案の定、後半頭から選手を変えてきた。松本怜森谷賢太郎を下げて、松本翔兵藤慎剛を投入。


交代策が功を奏し、後半はマリノスの攻めが多くなる。

しかし、攻めに詰めの甘さもあり、足の速いFWキリノが守備にも回ってカバー

それでも、後半23分には松本翔が1点を返す。1−2。


1点差に詰め寄り、さらに攻勢をかける。しかし、横のパスはあっても縦のパスシュートが物足りなく感じる。齋藤学中央突破が良かったが、ミドルレンジからのシュートがないのでサイドに追いやられてしまう。で、決定的なクロスがあるでもないので攻めあぐねる。


後半は4分のアディショナルタイムがあり、コーナーキックにはGK六反勇治も攻めあがる捨て身の攻め。それも実らず、1−2で試合終了。

この結果、今季公式戦未勝利のJ1クラブ横浜F・マリノスのみになってしまった。これがコンサドーレ札幌今季初勝利になったので。

後半は期待を持たせる内容だったが、シュートをたくさん打たれつつ逃げ切るのが、昨年からの札幌の勝ちパターンでもある。


マリノスは負けこそしたものの、後半の戦いが90分通してできるなら、期待はしていいと思う。

今日休ませた主力に加えて、今日いい動きをした選手をうまく融合させてほしいと思う。次のアルビレックス新潟戦でうまく勝てればいいが、改善が見られないとなると樋口靖洋監督の進退を問わなければいけなくなるだろう。


コンサドーレ札幌はこれで今季の公式戦初勝利。ナビスコカップスタメン総とっかえではあるものの、変わらぬチームコンセプトの存在マリノスとの差になったと思う。

榊翔太トラップシュート、ホーム側ゴール裏から見たプレーは無駄が無くてお見事だった。

まだまだ内村圭宏河合竜二などベテランの力も必要だが、若い選手底上げもうまく行きつつあるのが感じられた。

だが、来月は負けられない!共にガチメンバーで、全力でぶつかり合おう!


★きょうの歩数…10599歩

2012.04.03 帰るしかなかった

朝はいい天気だったけど、お昼から雨。

さらに風が強くなって、交通機関への影響の懸念から、早めの帰宅を勧められた。

明日は早く抜けたいし、今日はもう少しやりたかったが、他の人が早退している。これで、やれることが限られてしまい、自分も早退を余儀なくされた。

定時終わりごろには東急東横線も運転見合わせになり、早く帰って良かったと言えるだろうか。残ってごくつぶし状態で残業しても、会社に悪い気がするし。勤務時間外で職場にいるのなら、帰ってしまいたいし。


で、早めに帰れたので、今週末の新潟行きの夜行高速バスを予約。

結局、帰りのバスと同じ会社のを楽天トラベル経由で予約になった。往復で申し込んだら、もう少し安くできたのかも。

本来なら青春18きっぷで、大宮一泊して行く予定だったけど…。

問題は、早朝の新潟に着いて、どこで時間をつぶすか。新潟駅マクドナルド24時間営業のようだけど、コンセントはなかったと思うし…。また、ビッグスワンへの道中のネットカフェで充電を兼ねて暇つぶしとするしかないんだろうか。


★きょうの歩数…3372歩

2012.04.02 闇将軍も待ってたtvkでの最新作

tvkで最新作放送開始!

22時より、tvk水曜どうでしょう最新作が放送開始。

すでに東京MXテレビが最新作を放送し始めているが、そっちは第1夜と第3夜をHDDエッチデーデー)に録り逃してしまったので、こっちで追うことにします。

もっとも、道内の昨年ゴールデンウィーク前放送分までは、アクトビラで見ていたけども。


(以下、ネタバレあり)

続きを読む

2012.04.01 失敗からは学ぶものがある

今日青春18きっぷを使って松本でも行こうかと思ったが、それを8日前の鳥栖で紛失したので、やめた。

同じ紛失はもう二度としたくないので、トリコロールワンで上部の空いていないチケットホルダーを購入。

(切符をなくした時は、上部の空いていたチケットホルダーを使っていたので)

[rakuten:f-marinos:10001626:detail]

これなら大丈夫だし、ローソンチケットの横幅でも収まるので便利。


★きょうの歩数…5348歩