Hatena::ブログ(Diary)

Road to Yokohama このページをアンテナに追加 RSSフィード

2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2012.05.31 新横浜駅ビル10FでW杯写真展

仕事終わりで、新横浜ビックカメラへ。

今日発売のゲームソフト、ドラゴンクエストモンスターズテリーのワンダーランド3Dを購入してきた。

以前は使えなかったけど、ビックカメラ新横浜店でもEdyが使えるようになっていたんだね。しっかりチャージしてから買えばよかった。

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D - 3DS

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D - 3DS

そのビックカメラゲーム販売フロアから一つ上がったキュービックプラザ10階には、2002年FIFAワールドカップから10年ということで、横浜国際総合競技場での試合写真がいくつか展示。ドイツサポーターだったり、当時の新聞記事もあったり。

松田直樹写真には、不意を突かれてグッときてしまったなぁ…。

小椋祥平選手の負傷について

http://www.jsgoal.jp/official/yokohamafm/00138325.html

右ひざ内側の靭帯損傷だった…。全治6週間前後とのこと。

4月には新潟で手首を傷めて、復帰して間もないというのに…。カンペイ(富澤清太郎)や熊谷アンドリューの台頭もあるけど、エース潰しの仕事小椋祥平が一番いいからね。焦らずくじけず治療に専念してもらいたいです。


★きょうの歩数…5977歩

2012.05.30 Jリーグ勢全滅

AFCチャンピオンズリーグ2012 本日の結果

http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00138302.html

Jリーグ勢、ラウンド16で全滅。昨日の名古屋グランパス敗退があったので、FC東京準決勝進出して、間のJ1リーグ第30節が日曜開催になってくれれば、その節の豊田スタジアム味の素スタジアムも行けたのに…。

2007年2008年Jリーグクラブが連覇したが、それ以外は振るわない。過密日程が理由というなら昨年はそれを言い訳にはできないし(震災Jリーグ休みだったので。)、まだまだなんでしょうね。


もっともっと盛り上げていかないと。


★きょうの歩数…3460歩

2012.05.29 磐田に追い込まれた監督たち

監督交代のお知らせ

http://www.jsgoal.jp/official/omiya/00138224.html

大宮アルディージャ鈴木淳監督が解任。後任は未定らしい。

こないだアルビレックス新潟黒崎久志監督が解任させられたばかりで、またもジュビロ磐田から大量失点したクラブ監督交代。

果たして誰が新監督になるのか。これを相次いで失敗すると、今年の残留ラインが下がるかもしれない。


★きょうの歩数…1785歩

2012.05.28 20周年ユニフォームは手に入った

Yahoo!ショッピング横浜F・マリノス20周年ユニフォームが売られているのを見つけたが、そこで買うと背番号ネームなしになりそう。

そこで、Yahoo!ショッピングに明記されている販売元・ビーアンドディーの店に電話で直接問い合わせてみた。

ビーアンドディーは通勤経路にあるのが武蔵小杉店で、そこが一番行きやすい。だが、そこは川崎フロンターレホームタウン。そこにお願いするのは癪に障るので、横浜市内の店舗に聞くことに。桜木町あざみ野があって自宅に近いのは桜木町の方なのだが、19時30分閉店で仕事明けに足を運びにくい。あざみ野店に問い合わせてみた。


まずは、在庫があるかの確認。自分adidasユニフォーム場合Lサイズだが、それはあった。

で、背番号マーキングできるかを尋ねた。残念ながら、それはできないらしい。多分、黄色背番号で、オフィシャルショップなど特定の店で無いと付けられないようで、問い合わせた店舗ではできませんという。

(ビーアンドディーなら、通常のユニフォームにはマーキングするはずなので)


そんなわけで、背番号なしでも購入できたらと思い、お取り置きをお願いして、その店舗へ直接足を運んで購入。

明日以降は、この背番号なしユニフォームトリコロールワンで番号を付けられるかを確認してみようと思う。


★きょうの歩数…3694歩

2012.05.27 20周年ユニはもう入手不可?

昨日のアウスタ日焼けしてた…。腕がヒリヒリ。

こんなときは紫外線を防ぐグッズがあるけど、これは女性用だからなぁ…。

[rakuten:f-marinos:10001650:detail]


横浜F・マリノス20周年ユニフォームを予約しそびれていた。

トリコロールワンサッカーショップ加茂に聞いてみたが、もう予約も販売も過ぎて、当面はできなくなってしまっているとのこと。

(もしかしたら後日再販売するかもしれないが、それは未定だそうです)

Yahoo!ショッピングには買えるものがあったらしいが、背番号選手名のマーキングができるかどうか、よく確認をしなくては。


★きょうの歩数…14714歩

2012.05.26 ポジティブにもネガティブにも取れる引き分け

yokohamarosa2012-05-26

Jリーグディビジョン1第13節 清水エスパルスvs横浜F・マリノス

Jリーグディビジョン1第13節、清水エスパルスvs横浜F・マリノス

アウトソーシングスタジアム日本平へ行ってきました。


今回はサポーター有志主催バスツアー静岡へ。

チケット代込みで4000円という、格安だった。チケット代は自由席2Fビジターだと、2300円(前売、大人)になる。

清水エスパルスホームゲームではチケットの団体購入割引があって、アウェイでも適用は可能なようです。


6時半にマリノスタウンを出発。

海老名SA富士川SAで休憩を挟んで9時半ごろ日本平運動公園?に到着。

開門は11時30分の予定なので、2時間の間スタジアム周辺をうろついて暇つぶし

10時あたりから、総合案内所でマッチデープログラムの販売も始まり、1店舗の飲食販売も始まった。午前中からホルモン買って食べてしまったけど…。


今日日差しが強い。風はそよぐが、湿度は低くない。

入場すれば、スタジアム内の売店がどこも長い列をなす。

その中に並んで、桜えびのかき揚げ丼を購入。美味いけど、ちょっと脂っこいかもね…。


昨年に続き、今年もアウスタトリコロールマーメイズが登場。

アウェイの地で短縮バージョンはいえ、ゆずのWe are F・Marinosが流れるのは新鮮な感覚。マーメイズの皆さんも早朝からバス移動だったようで、それでも見事な組体操(?)も見せてくれた。すごいなぁ。


パルちゃんも健在。スギちゃんの格好で現れて、「ワイルドだぜぇ〜」と場内DJパルちゃん台詞を言う。DJの人も大変だねぇ。ビリーズブートキャンプパロディの時から感じていたけど(;´∀`)。


さて、前置きが長くなったけど、試合

先制シュート清水エスパルス。やはり高木俊幸危険で、攻撃に大きな存在感を出す。

前半途中には、小林祐三から深い位置でボールを奪い取り、あわやというピンチも。高木俊幸の父親(高木豊)は横浜仕事してるんだけどなぁ( ;´Д`)。


マリノスは攻め込むチャンスが何度もあったが、大黒将志パスを受けて出すワンタッチパスが味方と合わない。本来いた小野裕二が累積4枚で出場停止なことで、いつもと連携感覚が違っているのかもしれない。

マルキーニョス大黒将志も裏へ抜け出すタイプのFWだが、この日はオフサイドを取られることが多すぎた。本当にオフサイドなの?と思うものも少なくなかったが、これではゴールを決めるには至れない。


後半29分、小林大悟がゴール前でクロスボールを受け、大きくなったトラップGK飯倉大樹が飛びつくが、アフターで交錯飯倉治療を受け、数分間起き上がらなかったが頭に包帯を巻いて立ち上がった。心配したが、プレー続行できる程度の負傷なのは何より。


後半40分ごろには、小椋祥平が足を痛そうにプレー。

しばらくして狩野健太と交代したが、こちらはプレーを続行させなかった分もっと心配。せっかく手首の負傷から治ったばかりなのに。


アディショナルタイムは7分。飯倉大樹の負傷でかなり延びた。

何度もセットプレーで猛攻にさらされたが、集中したディフェンスでしのぐ。

ゴールキックになると、GK飯倉大樹はプレーの再開を急がない。アウェイだし、引き分けでも良しとするのだろうか。


0−0で試合終了。

決め手に欠いた試合で、勝ち点3を得られなかったのが残念。

ゴールデンウィークから無敗は継続しているが、今季のリーグ戦は既に6度目の引き分け。プロ野球だったら勝率で勝負するけど、勝ち点を積み上げるJリーグでは、そうではないからね。


帰りのバス海老名から先で少し渋滞にはまるものの、それ以外は順調に進んで20時30分に横浜駅前に到着。21時に帰宅

次の遠征は万博記念競技場等々力は近いのでノーカウント)になるが、同じような格安バスツアー出るかなぁ。関越道で起こった事故を受けて法改正もあるだろうし、万博豊スタはそれがなかったら断念も視野にいれないといけない。


★きょうの歩数…17768歩

2012.05.25 今年の降格ラインは下がるか?

Jリーグディビジョン1第13節 ガンバ大阪vsサガン鳥栖

仕事終わりで、少しだけスカパーガンバ大阪vsサガン鳥栖を見た。

後半22分に佐藤晃大が追加点を決めて2−0とし、今日ガンバが勝つと思ったら、結果は違った。直後にロングスローからヘディングを決めてサガン鳥栖が1点返すと、後半41分には藤田直之ループシュートで同点ゴール。

後半アディショナルタイムにはガンバ大阪が勝利へ捨て身の攻めを見せるが、まんまとカウンターを食らってサガン鳥栖が大逆転。ゴール直後に試合終了。


降格予想されていたサガン鳥栖好調なのに対し、ガンバ大阪はまたも振るわず降格圏をさまよう状態。ひっくり返ったのも、その勢いの差なんだろうか。

ガンバ大阪は厳しい。しかし、残留へ勝ち点36(昨年15位の勝ち点)は必要と見られるが、そのラインが下がらないとは限らない。それでも、いくつか連勝はする勢いを取り戻さないと厳しいだろうけどね。

15位と16位が差を開けられて、早々と決めるのは面白くない。もう一つ引きずり込むか、下位3クラブが盛り返すかしないと。


★きょうの歩数…1959歩

2012.05.24 最終予選を戦うメンバー

アジア最終予選日本代表召集メンバー発表

http://www.jsgoal.jp/official/jfa/00137964.html

6月3日オマーン戦、6月8日ネパール戦に召集されるサッカー日本代表メンバーが発表された。


GK川島永嗣西川周作権田修一

DF駒野友一今野泰幸栗原勇蔵伊野波雅彦長友佑都槙野智章内田篤人吉田麻也酒井宏樹

MF遠藤保仁中村憲剛長谷部誠細貝萌本田圭佑高橋秀人

FW前田遼一岡崎慎司ハーフナー・マイク森本貴幸香川真司清武弘嗣宮市亮


昨日の試合で出なかった長谷川アーリア・ジャスールは外れた。練習の時点で、まだ通用するレベルではないと判断されたのだと思う。

もちろん、今後の活躍次第では可能性は誰にでもあるし、「出直してきな」ってことなのでしょう。

高橋秀人以外は新鮮さが無いが、この時点では大きな変更をできないのでしょうね。

6月3日埼スタへ行くぞ。


★きょうの歩数…4242歩

2012.05.23 香川うまかった

キリンチャレンジ2012 日本vsアゼルバイジャン

仕事終わりでテレビ観戦。

ゲームしながらだったので内容は途中からちゃんと見ていなかったけど、2−0で勝利。

香川真司の先制ゴールは本当にうまかった。日本サッカーのレベル、本当に上がったなぁ…。


長谷川アーリア・ジャスールは出場なし。合宿の段階でふるいに落とされた格好だろうか。


★きょうの歩数…2674歩

2012.05.22 一気に冷えた

今日は気温が一気に下がった。

室内で仕事してるから、雨の影響はあまり受けなかったけど。

スカイツリー今日オープンだったようで、あいにくの雨になってしまったのでしょうね。

でも、一番乗りしたいのなら、この天気もいい思い出になるんでしょうねぇ。また後日晴れた日に見下ろすこともできるんでしょうし。


★きょうの歩数…3184歩

2012.05.21 天皇杯で横浜ダービー2連戦!?

朝起きて金環日食を見ようと思ったけど、太陽メガネはなく、ファミリーマートでもらったピンホールカードでは確認できず。

太陽が雲に隠れてしまって、結局、日食を確認できたのはテレビだったな…。

でも、見えなかったとはいえ、日食の間は空が暗くなった。きっと日食の分、日差しが少なくなっていたんだろうな。


第92回天皇杯の、1〜3回戦の組み合わせが決定。

横浜F・マリノスは2回戦シードで、青森県代表vs神奈川県代表の勝者とニッパツ三ツ沢球技場で、9月8日に対戦。

今年はJFLシードがないようなので、順当に来るならY.S.C.C.になるんだろうか。意外と守備力やカウンターがしっかりしてるので、甘く見たら苦戦する相手になると思う。

それを勝てば3回戦は栃木SC横浜FCの勝者が相手になる。もし横浜FCが勝ち上がってくると、10月10日の3回戦はニッパツ三ツ沢球技場で横浜ダービーマッチということもありえる。平日開催だけど、絶対に負けられない相手だけにチケット争奪戦は考えられる。2回戦の結果を待たずして買わないといけないのかもしれない。

チケット発売の詳細は後日発表とのこと。


★きょうの歩数…11079歩

2012.05.20 横浜DeNAベイスターズのグッズ

関内へ買い物に行ってきました。


横浜DeNAベイスターズになってから、グッズは新しくなったと思うが買いに行ってはいなかった。成績はなかなか振るわないが、中畑清監督がどうにか盛り上げてくれているので応援のし甲斐はあると思う。

関内セルテに行ってみるが、日曜日なのにまさかの休館。今年から横浜スタジアムにグッズショップが出来たと聞いていたので、そっちへ行ってみることに。


この時は千葉ロッテマリーンズとの交流戦試合中で、6回の裏。筒香嘉智がホームランを打ったようで、グッズショップ前のテレビ画面の前で歓声が起こっていた。

あー、球場で観戦してくなってきた!今日はもう半分以上消化してしまったから見送るけど、機会を見つけて見に行きたい気持ちが強くなった。

グッズは結局、森本稀哲キーホルダーやマグネットなどを購入しました。


ちなみに試合の方は、横浜DeNAベイスターズが6-1で千葉ロッテに勝利。

今年は番長三浦大輔が投げると勝ててる気がする。番長以外でも勝てたらいいんだけど、まだまだ厳しいのかな。


★きょうの歩数…10172歩

2012.05.19 決め切れなかったから勝てなかった

yokohamarosa2012-05-19

Jリーグディビジョン1第12節 横浜F・マリノスvsガンバ大阪

Jリーグディビジョン112節、横浜F・マリノスvsガンバ大阪

日産スタジアムへ行ってきました。


天気は、心地よい春。カラっと晴れて、少し強めの春風が吹く。

日差しがあると暑いけど、ホーム側のゴール裏は日陰で快適でした。

今日は、3月31日に続いての20周年記念の復刻ユニフォーム。あ、まだ申し込んでないなぁ…。


試合は、マリノスが主導権を握る展開に。

時折ガンバの攻めで、遠藤保仁意表をついたシュートを放ってきたり。これは飯倉大樹がしのいでくれた。


後半15分、齋藤学ペナルティエリアの中で倒されてPKを獲得。遅れて倒れた感じだが、足がかかって踏み込みがズレたのだろう。

このPK、蹴るのは中村俊輔。昨年の途中から、PKのキッカーは原則として中村俊輔としていた。(3日前のナビスコ俊輔がベンチだったので、兵藤慎剛が蹴ったが)

しかしこのPKを、俊輔が外してしまう。ゴール左上に蹴ったがクロスバーに当たり、ゴールラインも割ってしまう。GK木村敦志も右に飛んでいた分、コースを絞られてしまったのもあると思う。


齋藤学PKを得た時に負傷したらしく、大黒将志と交代。

オグリ古巣相手に決めてほしかったが、ループ気味のヘディングも決まらず、0−0でタイムアップ

これで、横浜F・マリノスの連勝は4でストップ。昨年までの攻撃力が鳴りを潜めていたガンバ大阪だっただけに残念な結果だが、また次から勝ち続けられるようにやってくれれば。

ガンバ大阪は依然として降格圏内だが、今日試合展開で勝ち点1を取れたのは良しとするのかもしれない。

Jリーグディビジョン1第12節 鹿島アントラーズvsコンサドーレ札幌

日産スタジアムから帰宅して、スカパーJリーグディビジョン112節、鹿島アントラーズvsコンサドーレ札幌テレビ観戦。

序盤、2度コンサドーレ鹿島ゴールに迫るが、早々に岩政大樹ヘディングシュートを決めると、もう一方的な展開。

さらに頼みのセンターFW前田俊介が負傷し、大島秀夫と交代。コンサドーレボールを持っても中盤である程度までパスを回すのが精一杯で、シュートまで持っていけない。


後半には完全にコンサドーレ運動量がなくなってしまい、打つ手もなし。

3日前のNACK5スタジアム大宮で試合してから札幌に戻らず合宿したようだけど、なかなか勝てなくて悩んでいる状況でそれは裏目だったように思えてならない。

木曜の午前いっぱいで帰って金曜にまた出発するんでも、一度帰宅できればメンタルをある程度回復できたと思うから。

5失点目は完全に崩され、GK高木貴弘ボールを追うのを諦めた。下手に飛びついて反則を誘発されるのを警戒したのかもしれない(かつての鹿島アントラーズ監督トニーニョ・セレーゾは「警告はもらうものではない。貰わせるものだ」と言ったからね)。若いDF奈良竜樹櫛引一紀は完全に心折られた様子。


結局、7−0という大敗で試合終了。

この敗戦はダメージがでかいはず。まだリーグ戦を1勝しかできず厳しいが、一度オフで気持ちを切り替えて、また次の試合に臨むしかない。

怪我人が多くて弱り目に祟り目だが、できる範囲でできることをやって、未来を切り開いてもらうしかない。


★きょうの歩数…11028歩

2012.05.18 アゼルバイジャン戦メンバー発表

キリンチャレンジ2012、アゼルバイジャン戦召集メンバー発表

http://www.jsgoal.jp/official/jfa/00137663.html

5月23日静岡スタジアムエコパで行われる、アゼルバイジャン戦の日本代表メンバーが発表された。


GK川島永嗣西川周作権田修一

DF駒野友一栗原勇蔵徳永悠平伊野波雅彦長友佑都槙野智章内田篤人酒井宏樹

MF中村憲剛長谷部誠細貝萌本田圭佑高橋秀人長谷川アーリア・ジャスール

FW前田遼一岡崎慎司森本貴幸香川真司原口元気宮市亮


海外リーグのシーズンが終了したので、海外組も惜しげなく召集されている。

栗原勇蔵はバックアッパーとして定着しそうな気がするが、そこを勝ち抜いてほしい。


もう一つ気になるのは、長谷川アーリアの初召集。ザッケローニ監督は、アーリアが代表レベルかどうか見極めたいようなので、そこも注目ですかねぇ。

残ってほしいと思うかどうかは半々かな。もうよその選手だけど、必要以上に叩く気にもならないし、移籍自体は成功しているのだし。


★きょうの歩数…5314歩

2012.05.16 勢いに乗る公式戦5連勝!

yokohamarosa2012-05-16

Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループB第4節 横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ

Jリーグヤマザキナビスコカップ予選グループB第4節 横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ

ニッパツ三ツ沢球技場へ行ってきました。


今日仕事を早めに開始できて早めに終われたので、18時15分ごろにスタジアムへ到着。

前回の平日開催となる4月4日コンサドーレ札幌戦では19時45分ごろの到着だったので、1時間半早く来れた。

おかげで試合開始の前に、マッチデープログラムの購入を事前に済ませられた。余裕持って来れるのって、ありがたい。


スタメンは、中村俊輔マルキーニョスがベンチ、中澤佑二栗原勇蔵はいる状態。多少のメンバーを落としてはいるが、負けてもいいという布陣ではなさそう。

何しろ、ここで勝たなければナビスコカップの予選突破絶望的になる。ナビスコでは3連勝中の鹿島を止めることも、重要


試合

中澤佑二が最終ラインでのパスを奪われ、ピンチに。これはGK飯倉大樹ファインセーブでしのぐ。

前半36分にはマリノスが珍しく鋭いカウンターを見せ、GK曽ヶ端準ドリブルする齋藤学を倒し、PKを献上。

このPK兵藤慎剛が右に決め、マリノスが先制する。1−0。


後半になると、しょっぱなから鹿島選手を2人交代。これで入った遠藤康が、さっそく結果を出す。

後半13分、マリノスの右サイドから攻め込まれ、同点ゴールを決められる。1−1。

さらに後半23分、同じ右サイドの裏を突いたジュニーニョが決め、逆転されてしまう。1−2。

樋口靖洋監督中村俊輔マルキーニョスを入れ、勝負に出る。不慣れな右サイドで裏を取られてしまった金井貢史は下げられたが、これも糧としていくと思う。


後半38分、中村俊輔クロスGK曽ヶ端準キャッチミス。これに齋藤学が詰め、同点ゴール!2−2。

曽ヶ端準今日2度目の失点に繋がるミス。一度は日本代表経験したGKだが、ミスを誘発した俊輔パスには強いスピンがかかっていた。FWも扱いに苦労するパスじゃなかったかな(;´∀`)。

追いついたが、同点では厳しい。ナビスコカップ予選突破には、この試合の勝利がマスト。それもやってのけてくれた。


後半41分、バイタルエリア大黒将志ボールを受けると、素早いフェイントで相手を一人かわし、シュート!これがゴール右隅に決まって、逆転返し!3−2。

最近は点に絡むことがあっても、ゴールを決められていなかったオグリ。このゴールは勢いに乗るぞ!


4分間のアディショナルタイムもしのぎきって、3−2で試合終了。

ナビスコカップの順位は依然として厳しいけど、可能性を残す意味でも、チームがさらなる上昇気流に乗る意味でも、大きい勝利!

ナビスコの予選突破の可能性は、後日計算してみようと思います。)

ぜひとも次のガンバ大阪戦で、古巣に一発ぶちかましてほしいぞ!


★きょうの歩数…14599歩

2012.05.12 5年ぶりに勝った!4連勝!

yokohamarosa2012-05-12

Jリーグディビジョン1第11節 サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス

Jリーグディビジョン111サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス

広島ビッグアーチへ行ってきました。


早朝の羽田広島行きの便で現地入り。

まずは広島市内でお好み焼きを食べる。やっぱり広島お好み焼きはうまい。


西日が強く、暑さを感じさせる。

スタジアム内、ビジター席からバックスタンドのコンコースへは行けなかったが、メインスタンドのコンコースへは行けた。森永アイスボックスとか売ってるのが、本当に助かる。


試合は、いきなりとんでもないゴールを決められてしまう。

前半6分、広島カウンターに入るかと思ったら青山敏弘センターサークルの手前から力いっぱいシュートを放ち、これが大きな弧を描いて飯倉大樹の守るゴールの中へ落下。1−0。

これはGK飯倉大樹ポジショニングが悪いようには見えなかった。あの位置からロングシュートを狙う選手はたまにいるが、浮かせて引力で落とすシュートが一般的(?)。強烈に、球威のある状態であのコースを決められては致し方なかったのかもしれない。


早々と先制され、さすがに4連勝は難しいんだろうなと思うが、マリノスは動じることなく、じっくりゲームを作り始める。

前半38分には、小野裕二が左からのクロスを入れ、ファーでマルキーニョスヘディングシュートを決め同点に。1−1。

9日前に埼玉で決めたように、ファーサイドでのヘディングスピードや強烈なシュート力に定評があるが、競り合いの強さも持っていそうだ。


佐藤寿人には何度もゴールを脅かされるが、シュートが外れて事なきを得ると、流れはマリノスへ傾いてくる。

後半32分、今度は小野裕二が右サイドからクロスを入れ、これを大黒将志ヘディングシュートGK西川周作に弾かれるが、そこに齋藤学が詰めてゴール!1−2。


さらに、後半38分にはコーナーキックからニアサイド富澤清太郎ヘディングシュートを決め、1−3に。

この追加点は大きかった!5年振りの広島での勝利を引き寄せる、貴重なゴール。


1−3で試合が終了し、横浜F・マリノス4連勝。広島ビッグアーチでは5年振りの勝利で、昼に勝ったのは7年振りになるかもしれない。

何より、先制されても動じずに自分たちのペースで勝てたのが大きい。少し前まで初勝利すらままならなかったチームが、頼もしく見える。


試合後は山口県に入り、いろり山賊で夕食。山賊焼きや大きなおにぎりが豪快で美味しい。

この日は山口県内の友人宅で一泊。

明日宇部から帰ります


★きょうの歩数…14955歩

2012.05.08 暑かった

今日暑かった( ;´Д`)。

座って仕事しているんで、椅子が熱くなってきて…。夏を思い出しました。


★きょうの歩数…2517歩

2012.05.07 今日からまた仕事

今日からゴールデンウィークが明けて、出勤。

さすがに昨日の疲労は残ったかな…。仕事差し支えることはなかったけど。


★きょうの歩数…3360歩

2012.05.06 個人的に一番燃える相手

yokohamarosa2012-05-06

Jリーグディビジョン1第10節 横浜F・マリノスvsコンサドーレ札幌

Jリーグディビジョン1第10節、横浜F・マリノスvsコンサドーレ札幌

日産スタジアムへ行ってきました。


コンサドーレ札幌リーグ戦で対戦するのは4年振り。日産スタジアムでとなると、10年前の横浜国際総合競技場としてまでさかのぼる。コンサドーレ自体は横浜FC戦で、2年前に日産スタジアム経験しているらしいが。


開門前に待機列に並んでから、マリノスグッズを一度外してアウェイの南ゲートへ行ってみると、やっぱり空き缶入れにサッポロクラシックの缶が(;´∀`)。

入場後もコンササポの気合の入りっぷりや、友人に会ってみようと思って日産スタジアム内でまたマリノスグッズを外してアウェイ側へ行ってみようとしたが、なんと完全隔離で行き来できず。

なるほど、アウェイサポがグルメが少ないと不満を漏らすのはどういうことだったのか。

ホーム側のゴール裏から見たコンササポは気合十分。対戦できて、本当に嬉しく思う。


試合は、マリノスが主導権を握る。

中村俊輔ミドルシュートGK李昊乗イ・ホスン)に弾かれるが、積極的なシュートも多くなってきた。

俊輔の別のシュート大黒将志に当たってゴールラインを出てコーナーキックになったのが大型ビジョンに映ったため、判定に失笑する場面も。


前半22分、シュートのこぼれを拾いに行く李昊乗の前で齋藤学ボールをかっさらい、走りこんだ中村俊輔ががら空きのゴールに蹴りこんで先制。1−0。

しかし先制も束の間、前半27分に岩沼俊介の枠を外れたシュート古田寛幸が反応し、ゴール。1−1。

高校生の時からトップチームでプレーしている古田、しっかり見逃さず決めてきた。


後半には、兵藤慎剛に代わり谷口博之が入る。札幌も、前田俊介を下げて内村圭宏を投入。

互いに切り札を切った結果は、まずマリノスに流れた。

後半33分、サイドからのクロスボール谷口博之ヘディングでゴール!2−1。

この前にもヘディングシュートを見せる場面があって、ゴールの予感はしていた。


札幌も、内村圭宏が得意のスピードで抜きにかかる。

一度、中澤佑二を振り切ったが、サイドから中央へ侵入しようとして、中澤佑二がそれを体を入れて止める。スピードでは上回られても、技術カバーして防いでくれた。


2−1で試合終了。試合中に広告看板突風で崩れて中断したのもあってアディショナルタイムは4分だったが、うまく相手陣内でパスをまわして、優位な形で勝利を呼び込めた。

連勝していたこともあって、チームの好調が感じられる。積極的なシュートもあったし、この調子で巻き返していきたいところ。

一方のコンサドーレ札幌は、まだまだ力不足なのかなと思わざるを得ない。前節で3人を出し抜くドリブルなどの非凡なプレーは鳴りを潜めたし、内村圭宏スピードも活かし切れなかった。限られた戦力で辛抱強く戦っていくしかないが、決して勝ち点を拾えないチームではない。昨年同様、紙一重の勝利をもぎ取っていくしかないだろうね。


選手が一度引き下がったあと、河合コールがマリノスゴール裏から起こる。

すると、河合竜二がこちら(マリノス側のゴール裏)に来てくれた。

厳しい戦いはまだまだ続くけど、厳しい舞台のし上げたのも河合竜二キャプテンがいてこそ。ぜひとも乗り切って、残留を果たしてもらいたい。


個人的には地元札幌が相手とあって、応援に燃えました。試合後は手足が震えるくらいの疲労感まで。

札幌ドーム最終戦では、お互いにJ1リーグ残留を確定した状態でまた会えるといいなぁ。


★きょうの歩数…18963歩

2012.05.04 スカパーHD

スカイパーフェクTVスカパーHDチューナーが届いた。

こないだ電話がかかってきて、今なら無料で送ってくれるというのでお願いしたもの

接続してすぐには映らず、2時間しても変わらないので問い合わせの電話をしたところ、映るようになった。

ただ、フジテレビoneは映らないまま。ナビスコカップ見られるんだろうか…。


★きょうの歩数…2533歩

2012.05.03 ここまで相性が出るとは

yokohamarosa2012-05-03

Jリーグディビジョン1第9節 浦和レッドダイヤモンズvs横浜F・マリノス

Jリーグディビジョン1第9節、浦和レッドダイヤモンズvs横浜F・マリノス

埼玉スタジアム2002に行ってきました。


早めに着いて、14時には浦和美園駅に到着。

開門は16時30分ともあって、まだ駅からスタジアムまでの出店はない状態。スタジアム周辺の飲食ブースも準備中

昨年食べ損ねた帯広豚丼を食べたかったけど、それはもうなくなっていたなぁ…。新三郷に寄り道すればよかったか。(新三郷にぶたはげという、豚丼の店があります)


開門して入場すれば、やはりコンコースが狭く、雨宿りもしたいので人が密集する状態。階段の下に雨宿りエリアを設けてくれたので、多少は混雑が緩和されたかもしれません。

試合前は相変わらずの大音量。スピーカーが近いのでしょうが、アウェイサポーターの声をかき消す狙いもあるかもしれません。(それを差し引いても、皆もう少し声出せたのでは?と思うものもありましたが)


試合は、前半12分にコーナーキックからのこぼれ球齋藤学ミドルシュート

ゆっくりボールがゴールに吸い込まれ、先制。0−1。

あっさりGKに処理されるシュートに見えたが、両選手がゴール前に密集して見えなくなっていたのかもしれません。

反撃を狙う浦和は、前半だけで2度ゴールを狙える直接フリーキックを得る。スタメンに大抜擢された、高卒ルーキー熊谷アンドリューは早くも警告を受けてしまい、プレーは良いもの不安になってしまう。

2度のフリーキックマルシオ・リシャルデスが蹴って外れて事なきを得るが、そこにポポの弾丸シュートが来たら大丈夫なのか。滑るピッチで低い弾道が来ると厳しいので、その警戒もしなければいけないのが厄介。


後半、マリノスの攻めで2度のPKのチャンスを見逃された。

後半11分、齋藤学ドリブル槙野智章が倒れこんで、お腹で抱えるようにボールをキープ。これがハンドリングの反則でPKになるかと思ったが、見逃されてしまった。

その数分後にも、直接フリーキックからのこぼれを大黒将志シュートするも、浦和選手上半身に当たってコーナーキックに。これは明らかに腕に当たったのだが、主審からは見えていなかったのだろう。前半の齋藤学の先制シュートが相手GKに見えなかったように。

微妙な判定がいくつも不利に転んだのも、主審がホームのサポーターにびびってそうしたのかなと思う。自信持ってジャッジできないものがあれば、多人数が怒らない判定にした方が無難だろうし、2002年W杯韓国もそれで有利な判定を得られたのだと思う。

現行のサッカーでは、これもアウェイならではと思うべきなのだろう。主審の判断で下さなければならないものが多いし、すべてを見ることはできないのだし。

その中でも勝利をもぎ取れる強いチームであってほしい。


それまでパスがろくに繋がらなかった浦和だったが、直接フリーキックに恐れていたポポの弾丸シュートが来た。これは壁に入った熊谷アンドリューが恐れず弾いてくれて、事なきを得る。

後半33分、一瞬の隙から槙野智章にゴールを決められ、同点に。1−1。

リーグ戦で一度しか負けていない埼玉スタジアムだが、実は引き分けも多かったりする。いつぞやの、ネネに同点ゴールを決められて引き分けたのを思い出した。

それでも、今のマリノスのチーム事情を思えば悪くない。だが、ここまで来たら勝ちたい!その思いが、形になった。


後半43分、コーナーキックファーサイドマルキーニョスヘディングシュート!これが決まって、勝ち越し!1−2。

怪我が治って練習に復帰したばかりのマルキーニョスが、早速ゴールを決めてくれた。


1−2で試合終了し、横浜F・マリノス初勝利からの2連勝。

なかなか勝てなかったのに、相性の良さがここまで出て勝てるとは思わなかった。

もちろん、相性だけじゃなくて選手努力だったり、積み上げてきたものがやっと結果に繋がったものもあると思う。

ここから勝ち続けて、樋口靖洋監督の評判を良いものに変えられたらいいなぁ…。


23時30分ごろ、帰宅

次のコンサドーレ札幌戦も勝つぞー!


★きょうの歩数…13184歩