Hatena::ブログ(Diary)

Road to Yokohama このページをアンテナに追加 RSSフィード

2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2012.08.23 南東北3県の夏の陣を制覇!

ムーンライトえちごは予定通り4時51分、新潟駅に到着。

車内では車掌切符の提示を求めて、指定券と高崎までの乗車券を見せ、高崎以降は青春18きっぷで行くためスタンプもしてもらった。


新潟駅からは、まずは新庄駅を目指す。当初は山形駅からと思っていたが、意外と先に山形駅を目指すよりも新庄の方が早く着ける。

今日狙うケータイ国盗り合戦の2012夏の陣スポットはこんな感じ。これらを効率よく全部回っていきます

ケータイ国取り合戦 2012夏の陣スポット

この他にも南東北3県では新白河駅須賀川駅がある。それは8月4日仙台遠征で獲得済みで、今回は盗りません。

二本松駅、白石駅、仙台駅もその時に盗ってはいるけど、まだ宝刀をコンプリートしていない(この辺の説明は長くなるので割愛)。出陣宣言もあるので、通りがかるものは再度盗りに行きます


事前に計算した旅程だと、新潟からは6時08分発のJR白新線新発田行きに乗るものにしている。

すぐに出る村上行きに乗ってもいいが、村上から乗り換える酒田行きでは余目発着時刻が8時00分。で、余目から新庄行きも8時00分。ギリギリなので、えきから時刻表では乗り換え可能として算出されなかったものと思われる。

(後日調べなおしたら、余目到着が7時57分になるので間に合うものではあったが…。)

そこで、新潟で朝食。早朝で飲食店はほとんど空いていないが、セブンイレブン新潟B級グルメイタリアンを購入。新潟県内のセブンイレブンじゃないと販売しておらず、本家のと違って生姜がないため、個人的には食べやすい。


新潟を6時08に出発し、順調に乗り継ぎ。

新潟6:08→(JR白新線)→6:46新発田6:49→(JR羽越本線)→9:13余目9:19→(JR陸羽西線)→10:05新庄
新庄10:14→(JR奥羽本線)→11:22山形
山形12:00→(JR左沢線)→12:44左沢12:50→(JR左沢線)→13:33北山形13:39→(JR仙山線快速)→14:56仙台

山形県の4スポットを無事全て踏破し、仙台へ。

仙台からは小牛田経由で石巻を目指すことにし、松島海岸駅は東北本線からでも盗れるのを確認済み。

JR仙石線なら松島海岸駅を経由して石巻にいけるところだが、途中高城町陸前小野間は東日本大震災の影響で未だ不通になっており、代行バスが運行されている。代行バスだと時間が読めなくなってしまうので、不通区間のない小牛田から石巻線経由で計画した。


で、小牛田行きまで時間があるので、仙台駅の利休で牛タン丼などを頼んで昼食。やっぱり仙台で食べる牛タンはいいねぇ。


小牛田経由で石巻へ予定通り到着。石巻からはすぐに折り返して、小牛田から郡山まで南下。郡山から会津若松駅まで行って、今日列車移動を終えた。

仙台15:42→(JR東北本線)→16:26小牛田16:30→(JR石巻線)→17:07石巻
石巻17:12→(JR石巻線)→17:51小牛田18:00→(JR東北本線)→18:46仙台
仙台19:05→(JR東北本線)→21:30郡山21:54→(JR磐越西線快速)→22:56会津若松

会津若松喜多方ラーメンを食べて、一泊!

今回の取得予定だったスポットも無事全部取れて、南東北3県のスポットは全部制覇できました。


★きょうの歩数…7759歩

2012.08.22 今夜から夏休み

今日仕事を定時で切り上げさせてもらった。

明日から、いや今夜から夏休み。木曜と金曜を休みにしてもらい、ケータイ国盗り合戦の2012夏の陣スポットを踏破してからキンチョウスタジアム大阪)へ乗り込む。


忘れ物があってはならないので、慎重に、入念に準備をしつつJ2リーグも観戦。

FC岐阜Jリーグ退会危機がYahooトップで報じられたが、昇格候補のジェフ千葉に引き分け。フクアリでは岐阜が勝ったんだっけ。

千葉鳥取町田に負けて今日の引き分けなので、下位3チーム相手に勝ち点1しか得られていない。この分なら来年もJ2なんだろうね。


スカパーマッチデーJリーグを途中まで見つつ、自宅を出発。

定期券山手線の駅まで出て、そこから新宿へ。山手線に乗っている時点でもう帰りたい気もしてはいるが…(;´∀`)。

自宅でゆっくりするのが一番で、ドラゴンクエスト10オンライン無料も満喫できたからなぁ。でも、せっかくの非日常を味わえる時間もっと貴重。


23時10分、定刻どおりムーンライトえちご新宿を出発。

大宮高崎間で本日が終了。


獲得した2012夏の陣スポット

★きょうの歩数…6515歩

2012.08.18 ダービーじゃなくて竜頭蛇尾

yokohamarosa2012-08-18

Jリーグディビジョン1第22節 コンサドーレ札幌vsヴィッセル神戸

日産スタジアムへ行く前に、スカパー札幌厚別公園競技場生中継テレビ観戦。

前半2分に、田代有三に早くも先制される。GK杉山哲が弾いたボールに、体勢が崩れながらも足を伸ばしてゴールに流し込んだ。0−1。

前節のベガルタ仙台戦でも早い時間に先制されながら、最終的には勝利したコンサドーレ。ここで下を向かなければ、勝機はある。


前半35分には、FWテレが負傷。内村圭宏と交代を余儀なくされた。

内村圭宏切り札として入れられなかったのは残念だが、裏を狙う意図があって、テレとは違う攻めでチャンスメークすることはできていた。

前半終了間際には大久保嘉人が腰を痛めたか、まったく起き上がれず担架で運ばれて吉田孝行と交代。吉田孝行も厄介な選手だから、試合展開としてはクオリティを下げないものにはなるが、ゲームプランは少し違ってくるのだと思う。


後半8分、ヴィッセル神戸がいい位置で直接フリーキックを得る。

これを野沢拓也が見事に決めて、追加点。0−2。

コンサドーレのホーム3連勝を期待したが、さすがに今日は厳しいか。しかし、まずは1点を返すしかない。逆転しようと思うと大変でも、1点を返すのならそこまで難しいものではないはず。


後半21分、コンサドーレが相手陣内で細かいパス交換を何度か見せ、ハモンがゴールを向いて裏を取ったところで倒されてホイッスル!PK獲得!

このペナルティキックハモンがゴール左に決め、1点差に詰め寄る。1−2。


後半29分には途中交代で入ったFW上原慎也が、得意の高い打点ヘディングシュート!ゴール右上のポストに当たって入ったシュートは、GK徳重健太は一歩も動けず。2−2。

2点差になって厳しいと思った試合を、振り出しに戻した!怪我人はまだ多く抱えるコンサドーレだが、前期のようなチームではなくなった。


同点になり、西野朗監督はすかさず動く。長身FWバロテッリパフォーマンスでも目を引いた都倉賢が入ると、すぐに結果に現れる。

後半36分に左サイドを攻め込まれると、クロスから中央のこぼれを野沢拓也が流し込み、勝ち越し。2−3。

さらに数分後、都倉賢も得意の高さでヘディングを決めて追加点。2−4。


コンサドーレ札幌は2点差を追いつく健闘を見せたが、もう一つ切り札を持っていたヴィッセル神戸が勝利を引き寄せた格好。

コンサドーレは残留へ一つも負けられないので、何が何でも勝利するべきではあったが、降格したってクラブが消滅するわけではない(クラブライセンス制度云々の話はあるが)。最終順位がどうあれ次に繋がるものは見えた試合だったと思う。


それにしても今日スカパーの実況、「夏休み最後土曜日」って言っていたけど、北海道夏休みは短いのだと説明が必要だったんじゃないかな。神戸視聴者とかは8月31日まで夏休みなのが全国的だと思っているかもしれないし。

Jリーグディビジョン1第22節 横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ

Jリーグディビジョン1第22節、横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ

日産スタジアムへ行ってきました。


関東はまだまだ夏休み3分の2ほどで、残暑と言うには少し早いかもしれない暑さ。

それでも、日陰に入れば少しは暑さが和らいだ。


今日選手入場時に照明を落とし、暗くした演出での選手入場

入場時に先着20000人に配布された、折り曲げると発光するやつが、ここできれいに見えただろうか。


試合

前半11分、川崎Fの最終ラインのつなぎを狙った大黒将志パスカットし、素早く中のマルキーニョスクロス。体勢の整わないGK西部洋平あざ笑うかのように、マルキーニョスヘディングを決めて先制!1−0。

これはもうけ物のようで、実は狙っていた形の一つだったと思う。先月のサンフレッチェ広島vs川崎フロンターレで、最終ラインからつなぎに行った結果ボールを失って広島が先制するという場面があったので。


前半は完全にマリノスが支配。たまに川崎Fの反撃はあるが、2ヶ月前のFC東京戦ほどではないだけで、まともな反撃にはさせていない。

前半33分には左サイドから中村俊輔がふわっとしたクロスをファーに出し、マルキーニョスヘディングで決めて追加点。2−0。

これで、今日の勝利はほぼ確実になったはずだったが…。


後半になり、風間八宏監督選手を入れ替えてきた。稲本潤一に代えて、FW小林悠を投入。

当然、攻撃的にして反撃を狙っているのだろう。


後半17分、川崎Fコーナーキック

これに、なんと合わせたのが田中裕介。1点差に詰め寄られてしまう。2−1。

昼に見た試合でも、港町のチームが2点差を追いつかれるものだった。最後には港町勝ち越したけど。

なんとか追加点を決めてほしかった。ピッチ上の選手も、同じ思いで突き放すゴールを狙っていたようには感じた。


後半40分、田中裕介ボールを持ち、DFが他のFWに引き付けられていると見るや、ミドルシュート。これが決まってしまい、同点。2−2。

樋口靖洋監督は残していた交代枠を一気に使って齋藤学谷口博之を入れたが、勝ち越しゴールは奪えず2−2で試合終了。


15試合連続無敗にはなったが、その内訳は8勝7分け。今日みたいな、ネガティブに捉えられる引き分けが多いと言わざるを得ない。

神奈川ダービーリーグ戦18戦で7勝4分け7敗。もう、横浜フリューゲルス戦と同じ試合数を重ねてしまったのだと実感する。

神奈川ダービーと銘打って盛り上げるのはいいけど、ダービーマッチって同一ホームタウンで同一ホームスタジアムじゃないと、ダービーマッチじゃないからね。バトルオブ九州みたいに、新しい呼称あったらいいなと思う。


来週はアウェイのキンチョウスタジアムセレッソ大阪戦。ここで勝って、今一度勝ち点を伸ばしておきたい。

万博記念競技場へは行かなかったけど、金鳥スタへは行きますよ。


★きょうの歩数…18396歩

2012.08.11 取られたものを取り返したり、取ったものを返したり

yokohamarosa2012-08-11

Jリーグディビジョン1第21節 コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台

スカパーで、出掛けるギリギリまでテレビ観戦。

前半12分、ベガルタ仙台コーナーキックを得ると、DF渡邉広大が高い打点ヘディングで決めてしまう。0−1。

外国人が入って名古屋グランパスに勝利したが、前節のセレッソ大阪には0−4で敗戦。これで自信を失ってしまうと、また負け続けてしまいかねない。


今日を先発のFW柳沢敦が相変わらずのいい動き出しを見せ、ウイルソンが活きる。前節横浜F・マリノス戦はそれで同点ゴールのPKを獲得したイメージがあって、その起用なんだろう。


コンサドーレ札幌FWテレがフッキ彷彿とさせるガチムチな体型だが、まだ実力は活かされていない。MFハモンもいいパスを出すが、まだまだチームにフィットしきれていないように見える。

今、コンサドーレで一番生きているのは山本真希に思える。コースをついたミドルシュートGK林卓人に阻まれたが、そこのセンスは際立って見えるものもある。


後半、石崎信弘監督フォーメーションをいじってきた。

この采配が的中したか、右サイドからのクロスに、中央に走りこんだDF日高拓磨フリーヘディングシュートを決める!1−1。

日高拓磨サイドバック選手だが、ここに走りこむとは!コンサドーレ札幌が同点に追いついた。

首位が最下位には負けられないとばかりに、ベガルタ仙台勝ち越し点を狙いにくる。時間がなくなれば、プレーの再開を急ぐ。


4分のアディショナルタイムも経過し、最後に思いがけない展開が待っていた。

後半42分に交代で入った岡本賢明クロスが、ニアDF渡邉広大の足に当たってボールはゴールの中へ。2−1。

序盤に先制点を奪った渡邉広大がチャラにしてしまったオウンゴール。このまま試合は終了し、最下位コンサドーレ札幌が首位のベガルタ仙台を破る金星


この勝利で、コンサドーレ札幌勝ち点10に。まだガンバ大阪とは勝ち点7の差があって、今夜の大阪ダービー次第ではまた離されるかもしれない。

まだ残留争いにも加わりきれていないが、まずは着実に一つ一つを勝つしかない。残留できなくても、来季以降をしっかり戦えるためにも


ベガルタ仙台は、夏場に失速する不安を持ったまま来ているように見える。

実際、ナビスコ杯含めて6試合勝利なしの状態。前期の勢いが良かっただけに、長いシーズンを戦う以上こうなるのは予測できていたとは思うが、仙台より暑くないはずの札幌で負けたのは計算外だっただろう。


もう少し勝利の雰囲気を見ていたかったが、ここでニッパツ三ツ沢球技場へ出発した。

Jリーグディビジョン1第21節 横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟

Jリーグディビジョン1第21節、横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟

ニッパツ三ツ沢球技場へ行ってきました。


今日の天気は微妙三ツ沢公園最寄りのファミリーマートは混雑していたが、それでも並んで45リットルゴミ袋を購入。状況次第では雨の日サービスビニール袋配布がニッパツ三ツ沢球技場であるとのことだが、降りだしてからビニール袋を貰って荷物を守るのまでをとっさにできなくなる可能性があるので。

16時55分ごろ到着。一般入場列は列をなして待機していたが、年間チケットで悠々と入場。


雨は、時折パラパラと降る程度でした。


試合

序盤は新潟陣内へ攻め込むもシュートまで行けず、一本のカウンターから失点。左サイドを攻め込まれ、ゴールラインを割りそうなボールを拾われると、ニア田中亜土夢が決めてしまった。0−1。

ゴール裏の周囲からは、審判ジャッジに対する不満が何度も聞かれた。度々ハンドがあったという。今日主審故意でないとすれば、多少有利に傾いても反則を取らないのだろう。そこにイライラすると自滅してしまうから選手のためにも冷静になってほしいのだが…。


後半になって、巻き返した。

後半17分、右サイドでマルキーニョスと相手DFが競り合い、ボールゴールラインへ転がる。DFゴールキックになるとして見送ったボールコーナーキックになった。

直後のコーナーキック中澤佑二ヘディングシュートを相手DFのディフレクションがあってもう一度コーナーキックになり、このコーナーキックボンバーヘッドが決めた!1−1。

まるでバレーボールバックアタックのように飛び込んできたボンバーヘッドは、2度目をきれいに決めてきた!相手も、まさか同じ選手に合わせるとは思わなかったのかもしれない。


この直後に失点してはいけないと思っていたが、それをまんまとやられてしまった。

後半20分、またも左サイドから攻め込まれ崩され、最後はファーから走りこんだ田中亜土夢に決められる。1−2。

柳下正明監督は守りを固めるイメージがないが、いつぞやの試合浦和レッドダイヤモンズペトロビッチ監督コメントで、「守りを固められた」というようなことを言っていたかと。残留争いになりふり構わずというのもあるだろうし、ジュビロ磐田コンサドーレ札幌とは事情の違う采配も考えられる。実際、西野朗監督ガンバ大阪ヴィッセル神戸では少し違うらしいし。

守られれば、得意のサイド攻撃は難しくなる。しかし、セットプレーなら状況は一緒。次も打開したのはセットプレーだった。


後半24分、左45度の位置で直接フリーキックのチャンス。

中村俊輔の放ったフリーキックマルキーニョスが頭ですらし、ゴール!2−2。

5月サンフレッチェ広島戦で山岸智に競り負けない強さを見せたマルキーニョス、ここでも競り合いの強さがあったか、決めてくれた。


後半42分、今度は右45度からの直接フリーキック

これをまたもボンバーヘッド中澤佑二ヘディングシュートGK東口順昭が弾くが、ボールはゴールの中へ!3−2。


終盤で勝ち越し、このまま4分のアディショナルタイムも消化し、試合終了。

横浜F・マリノスはこれでリーグ戦14試合連続無敗とし、順位を7位から5位まで上げた。

首位だったベガルタ仙台が敗れ、3位の浦和レッドダイヤモンズ敗戦。上位との差がぐっと詰まってきた。

次節は日産スタジアム神奈川ダービーホームタウンもホームスタジアムも違うのにダービーマッチとは言わないのだが、同じ神奈川県であるがゆえに負けたくはない。


一方のアルビレックス新潟は流れで2度崩しながらの敗戦J1リーグ通産100勝は次節以降へお預けになった。

多分残留はできると思うけど、気は抜けないだろうね。ヤンツーサッカーが浸透すればいいチームになると思うので、アルビレックス新潟サポーターには長い目で見ていってほしいと思う。


★きょうの歩数…13120歩

2012.08.09 香川呼んでいいの?

キリンチャレンジカップ2012 ベネズエラ戦日本代表メンバー発表

8月15日札幌ドームで行われる、キリンチャレンジ2012ベネズエラ戦の日本代表メンバーが発表された。

http://www.jsgoal.jp/official/00141000/00141928.html


GK川島永嗣西川周作権田修一

DF駒野友一岩政大樹伊野波雅彦水本裕貴長友佑都槙野智章吉田麻也酒井高徳

MF遠藤保仁中村憲剛長谷部誠細貝萌本田圭佑高橋秀人

FW前田遼一藤本淳吾岡崎慎司ハーフナー・マイク香川真司宮市亮


やはり、9月11日イラク戦で出場停止となる3選手栗原勇蔵今野泰幸内田篤人)は召集されていない。

しかし、このベネズエラ戦の数日後にプレミアリーグが開幕するらしいが、香川真司宮市亮を招集していいんだろうか?

香川真司をここで呼べるなら、ロンドン五輪こそ呼ぶべきだったと思うが。マンチェスターでも試合したぐらいだし。


★きょうの歩数…6093歩

2012.08.04 マツに捧げられただろうか

yokohamarosa2012-08-04

早朝から自宅を出発し、青春18きっぷ仙台へ出発。

今日松田直樹一周忌でもあるため、絶対に負けられない。

ちょうど366日前の13時6分に息を引き取ったため、今日の13時6分に移動中(岩沼館腰間)一人で黙祷をさせてもらった。

Jリーグディビジョン1第20節 ベガルタ仙台vs横浜F・マリノス

Jリーグディビジョン1第20節、ベガルタ仙台vs横浜F・マリノス

ユアテックスタジアム仙台へ行ってきました。


天気は晴れ。雨などはなく、湿度は高いコンディション。

試合前にはベガルタ仙台側の粋な計らいで、松田直樹への黙祷をやってくれた。2年前はこのユアスタ決勝点を決めて審判か誰かに眼鏡ジェスチャーをして、生意気な印象さえ持たせたかもしれないのに…。本当にありがとうございます


前半はお互いにチャンスを作りあう展開。仙台は積極的にシュートを放っていった印象。

後半になると、試合が動く。


後半12分、ドゥトラが負傷。

金井貢史ユニフォームに着替え、一度ビブスを着るも、やっぱりドゥトラと交代した。


後半14分、ベガルタ仙台コーナーキック

これをDF内山俊彦ヘディングでファーのゴール右隅に決めて、先制されてしまう。1−0。

今日はどうしても負けたくない試合だが、さすがに相手は序盤から上位にいる強敵。まずは、追いつかないといけない。


後半20分。

マリノスが右サイドから攻め込み、右45度で中村俊輔ボールを受けると、ここからループシュート!GK林卓人の頭上を越し、ゴール!1−1。

きっと松田直樹に捧げたいと思っていたであろうゴール。サブの選手も集まり、喜びを皆で共有する。この強い仲間意識はマツが築いてくれたものだから、なおさら嬉しい。


後半24分、小林祐三クロスが大きくファーに流れるところに、金井貢史ヘディングシュート!ゴール!1−2。

本来、右サイドバック小林祐三)が上がったら左サイドバック金井貢史)はカウンターに警戒して守備的な位置にいるのがセオリー。しかし、こうなることを予見していたかのように攻め上がり、ゴールを決めてくれた。(リーグ戦初ゴール?)

松田直樹一周忌に捧げる勝利に必要な、逆転ゴールになった。


こうなると、追加点がほしい。仙台サポからブーイングされるマルキーニョスが決めてくれれば最高だった。

パストラップミスしたボール仙台ディフェンスの裏に流れ、そこにマルキーニョスが走りこんで決定的な1対1になるが、股抜きを狙ったシュートGK林卓人が阻止した。


マリノスの攻めはなおも続き、セットプレーの後だったか中澤佑二前線の高い位置で攻め込み、相手ボールになっても前線で奪うプレーをした。

まるで、松田直樹が乗り移ったかのようなボンバーのプレー。彼もマツへ、プレーで捧げたいのだという感じがした。


リードしてしばらくすると、マリノスゆっくり時間を使うプレーをしてきた。

それはそれで勝利を狙うやり方として正しいのだが、マツに「つまんねーよ」って言われるんじゃないかと思えてきて…。それがその後の展開に繋がったかもしれない。


後半42分、ウイルソンが抜け出し、これをDFが倒してしまってPK献上。

飯倉大樹を信じコールしたが、さすがにPKを防ぐのは容易ではなかった。飯倉は左へ飛んだが、キッカーのウイルソンは逆へ蹴りこみ同点。2−2。


5分のアディショナルタイムも互いに勝ち越しゴールを決めることはできず、2−2で試合終了。

勝利を挙げられず、上位との差も詰められず、選手の表情はいものではなかった。でも、今日の2ゴールや試合内容は悪くなかったと思う。

しいて言うなら、リードしたところでもう少し積極的に攻めつつ時間有効に使えれば良かったのだろうが、そこは贅沢な要求になってしまうのかもしれない。

マルキーニョスが決定的な1対1を決めそこなったのも残念だが、それは昨年所属した選手に決めさせたくないという林卓人の意地が勝った(まさった)結果なのだと思う。

ロンドン五輪男子サッカー準々決勝 日本vsエジプト

試合後は、泉中央牛タン店へ。一昨年訪れて、テレビが置いてあったのを確認している店。

もちろん、目当ては日本時間20時からキックオフ男子五輪サッカー日本vsエジプト

お店に入ってみれば、やはり放送を流してくれていた。最初CMで、ミヤギテレビってフジテレビ系だっけ?(※日本テレビ系で、フジテレビ系は仙台放送)と思いつつ、サッカー映像が流れてくれて一安心

ここではベガルタ仙台サポーターマリノスサポーターもその他の客も、日本代表の勝利を願う気持ちで一致できた。

前半を終了して、永井謙佑が先制ゴールを決めている。1−0。


あいにく、自分の席はテレビに背を向ける席。

牛タンの味に夢中になって、各ゴール全ての瞬間を見逃してしまうという…(;´∀`)。

齋藤学は前半から永井謙佑の負傷交代で入った様子。プレーでどこまで貢献できたかちゃんと見られなかったが、そろそろ自身のゴールで存在感を見せたいところかも。


ゴールを決めたのは吉田麻也大津祐樹

エジプトには退場者が出ていたようで、数的優位のおかげか危なげない試合に感じた。

牛タンを美味しくいただきつつ、日本準決勝進出を見ることも出来た。ありがたいですねぇ(*´∀`)。


さて、実は今晩の宿を押さえていない。直前には、仙台市内のほとんどの宿泊施設が満室なのを確認している。

今回の計画として、2年前と同じインターネットカフェを利用。ここは無事満室ではなく、シャワーも浴びて夜を明かすことができた。

ここが満室で、止まる場所が確保できなかったら「ここをキャンプ地とする」をやる羽目になるところでした(;´∀`)。


★きょうの歩数…15611歩