Hatena::ブログ(Diary)

Road to Yokohama このページをアンテナに追加 RSSフィード

2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017.07.29 過ぎ去りし時(2年前のリベンジ)を求めて

yokohamarosa2017-07-29

0時になり、ドラゴンクエストXIの発売日!

早速、予約していたローソン屋敷へ討ち入り。しかし、予約していたドラクエ11の受け渡しは午前7時からだと言われ、帰宅して朝まで寝る。

朝起きて、ドラゴンクエストXの日課をサクッと済ませ、青屋敷に改めて討ち入り。今度こそドラゴンクエストXIを手に入れ、今夜の日産スタジアムでのすれ違いを目指してプレイ

明治安田生命J1リーグ第19節 北海道コンサドーレ札幌-浦和レッドダイヤモンズ

ドラゴンクエストXIをやりながらDAZNで視聴。

期せずして2週連続浦和を見たが、かなり迷走しているものがモロに出てしまった試合に見えました。

D

試合は2−0で札幌勝利

前半7分で横山知伸が負傷。進藤亮佑と交代し、早くも交代枠を一つ使う羽目に。浦和が優位に試合を進めるものと思われた。

試合が動くのは前半32分。コーナーキックから、エース都倉賢ヘディングシュートを決め先制。槙野智章が競っていたが、先週の杉本健勇の2点目と同じで、槙野は体を当て切れていない。

素人の思うことだが、もっと強くFWに体をぶつければ、シュートを打たれても狙い通りのコースはいかないのに、それをなぜしないんだろう?と思ってしまった。


そう思っていたら、やっちゃいけないぶつけ方をしてきた。都倉と槙野の競り合いで、両者がもつれて倒れ、都倉賢イエローカード

浦和ボールで再開するのだが、その前に主審副審や第4の審判確認をし、槙野智章レッドカード!一発退場の判定。

リプレイ見直してみれば、もつれて倒れた直後、起き上がりざまに槙野が都倉の顔面を蹴っていた。いわゆる報復行為

1998年フランスワールドカップデビッド・ベッカムアルゼンチン戦でやってしまって、4年間言われ続けたやつ。(それを払拭したのが、この札幌ドームだったりするのだが)


この状況でミハイロ・ペトロヴィッチ監督は、ハーフタイムに3人同時交代をして博打に出る。そしてその博打が大きな裏目に出る。

後半4分、都倉賢と競った那須大亮筋肉系の負傷で担架に乗り、このままピッチに復帰できず。もう交代枠を使い切っているため、浦和は9人で11人の札幌と戦う羽目に。

さすがに2人も欠くと、得意のパスサッカーもことごとくカットされる。後半43分には小野伸二クロスジェイ・ボスロイドが決め、浦和へのとどめを刺すと共に、助っ人としての結果を果たす。


ジェイと共に、新加入で注目されたのがタイ代表MFチャナティップアジティがいいのかと思っていたら、思ったよりもパスセンスがあって、充分Jリーグ通用している。

次のコンサドーレホームゲーム8月9日横浜F・マリノス戦。ニッパツでは3−0で勝てたが、今度はそうはいかない可能性が高い。

休みも取れたし飛行機も押さえているから、甘く見て星を落とすことのないように、しっかり応援していかなければ。


浦和はもう監督変わっちゃうんだろうな…。メンバーも、失点が多くなっている西川周作を、榎本哲也に代えてみたほうがいいのでは?

フィード西川が上だろうが、セービングでは勝るとも劣らぬものを持っているはず。少なくとも失点が多くなっているのだし、西川は代えられても仕方のない状況ではあるし。

もちろんキーパーだけの問題ではないようにも見えるけど。DFもどうせ次は槙野も那須も出られないんだろうし、てこ入れ必要でしょうね。


ドラクエ11はレベル9までしか進められず、すれ違い実現まで至らなかった。明日横浜市長選挙までにすれ違いできればいいんだが…。

もちろん来週の新潟遠征ではすれ違いしまくりたい。明日休日でどこまで進められるかな。

明治安田生命J1リーグ第19節 横浜F・マリノス-清水エスパルス

明治安田生命J1リーグ第19節、横浜F・マリノスvs清水エスパルス

日産スタジアムに行ってきました。

D

16時過ぎから、ずっと大雨。横浜市港北区に大雨洪水警報も出た。

日産スタジアムピッチはぬかるむことはないが、滑りはしていた。


試合は2−2の引き分け

清水コーナーキックから、カウンターでマルティノスが先制。

長谷川悠に決められて追いつかれるも、山中亮輔クロス天野純が決めて勝ち越し


さらに前半アディショナルタイムには齋藤学PKを得て、自ら蹴る。

このPK六反勇治が防ぎ、追加点ならず。これが後に重くのしかかることに。


後半は途中までは、マリノスが中盤を支配する展開。

清水の中盤が間延びしていて、主導権を握れていた。

それが、次第に中盤がコンパクトになってしまい、ボールを持ってもパスのだし先に詰まる。

もっと前線が動いてパスを受けられるようにするべきだが、動きが足りないか清水の守りが良くなったのか、攻撃手詰まり感があった。


試合終盤で疲れもあったかもしれない。

交代枠はあと一つ残していたが、中澤佑二が一度負傷するなどアクシデントのために迂闊に交代カードを切れなかったと思う。

実際、今日の昼に交代枠を使い切って、その後負傷した選手を下げざるを得ず、人数を減らさざるを得なかった試合があったのだから、判断は間違っていなかった。


とうとう、鄭大世に同点ゴールを奪われ、勝ち越せず試合終了。

勝てなかった原因は、やはりPK失敗と言わざるを得ないだろう。ただし自分は責めない。一番責めているのは本人かもしれないくらい、自責の念に駆られているだろうから。

心配なのは、抱え込み過ぎて本来のプレーを見失わないか、それが心配キャプテンとして責任を持つのはいいが、すべて抱え込んではいけない。勝てなかったら全員の責任、勝てたら全員のお陰なのがチーム競技

一つ一つ、改善点と向き合って、良くして行ってくれれば。来週は新潟へ乗り込んで応援しますよ。


★きょうの歩数…14509歩

2017.07.28 あれから2年

いよいよ、明日というか今夜、ドラゴンクエストXIが発売!

仕事を定時で終えて散髪を済ませ、ポス活も済ませてキクマリも視聴し、発売カウントダウン放送を見ていました。


『ドラゴンクエストXI』 発売前夜! カウントダウン生放送


放送の中で、今回のドラクエ11制作発表からちょうど2年経ったという話が出た。2015年7月28日に、制作発表していたのだ。

このソフト1本にどれだけの工数がかかるものか知らないが、結構ものだと思う。「はい」と「いいえ」の分岐があれば、その数だけテスト工数が増える。プログラム制作って膨大な作業量になるだろうから、相当な人数をかけて作ったんだろうか。

だからこそ、いいゲームを作ってくれた人たちへの感謝を忘れず、目いっぱい楽しみたい。

なお今回は、ニンテンドー3DS版のみ買います。プレイステーション4は持ってないし、購入費用札幌遠征に消えてしまったので(;´Д`)。



ちょうど2年前というと、明日の2年前は日産スタジアム清水エスパルスに敗れてしまっている。

奇しくも明日日産スタジアム清水エスパルスを迎え撃つ。勝ってリベンジといきたいですね。


★きょうの歩数…8566歩

2017.07.22

明治安田生命J1リーグ第22節 セレッソ大阪-浦和レッドダイヤモンズ

明治安田生命J1リーグ第22節、セレッソ大阪vs浦和レッドダイヤモンズNHK BS1で観戦。

D

とにかく浦和ディフェンスの寄せが甘かった。

前半で4失点って、多少前がかりになった結果カウンターの餌食ならしょうがないけど、そうじゃない。

アタッキングサードに攻め込んできたセレッソ選手に対して、浦和DFが寄せていない。これでは失点も当然至極と言わざるを得ない。

もう一つ、杉本健勇が2点目を決める場面も気になることが。ヘディング槙野智章が競っているのだが、ヘディングシュートを決める杉本健勇に対して、槙野は体を当て切れていない。

高さで負けてヘディングをされても、(反則にならない程度に)体をぶつければ相手は狙ったヘディングができなくなる。DFとしては基本だと思うのだが、槙野が甘いのか、杉本が上手いのか…。


★きょうの歩数…3857歩

2017.07.12

yokohamarosa2017-07-12

2017.07.09

yokohamarosa2017-07-09

2017.07.08

yokohamarosa2017-07-08

2017.07.02

明治安田生命J1リーグ第17節 大宮アルディージャ-横浜F・マリノス

昨日はチケットを人に譲ったため、NACK5スタジアム大宮へは行きませんでした。

サポーターなら、行きたい人に譲るのもあるべき姿なのかなと思います。必ずそうしろとは言いませんが。

D

2017.07.01 サポーターなら譲るのも大事

今夜はNACK5スタジアム大宮で大宮アルディージャ戦だが、買っていたチケットは欲しい人に譲りました。

サポーターなら、こうするのもアリだと思います。行かないことでチケット代2,200円と交通費1,274円(定期券併用最安値)が浮いてくれるし。

明治安田生命J1リーグ第18節 北海道コンサドーレ札幌-清水エスパルス

明治安田生命J1リーグ第18節、北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス

DAZNリアルタイム中継を見ました。

D

札幌が1−0で勝利。これにより、暫定的にJ1残留圏内の15位に浮上。

きっとコンサドーレサポーターは、今夜のマリノス勝利に期待することでしょう(笑)


夜は、お誘いを受けて東京都内ジンギスカン

生中継は見られなかったけど、マルティノスと山中亮輔のゴールで勝ってくれたようで。良かった。


★きょうの歩数…14679歩