Hatena::ブログ(Diary)

Road to Yokohama このページをアンテナに追加 RSSフィード

2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017.08.31 6大会連続W杯出場決定

FIFAワールドカップアジア最終予選グループB第9節 日本-オーストラリア

FIFAワールドカップアジア最終予選グループB第9節、日本vsオーストラリア

NHK BS1生中継を見ました。


注目のオーストラリア代表ミロシュ・デゲネクスタメンを外れ、ベンチスタート。

オーストラリア代表として日本に立ちはだかるミロシュを見たかったので、少し残念。

日本は今までのメンバーを大きく入れ替え、本田圭佑香川真司を外してきた。


オーストラリアパスをつないで組み立ててくる。

これまではフィジカルの強さを武器パワープレーで屈することが多かったが、それがないため日本試合を優位に進める。

オーストラリアボールを持たされるというより、持ってくれているので全く怖さがない。

しいて言えばレッキーシュート吉田麻也に当たり、ポストに当たる場面はあったが。


前半41分、オフサイドトラップ崩れから浅野拓磨が抜けだし、フリーで決め、先制。

オフサイドかな?と思ったが、スロー映像を見ればオフサイドではないのを確認できた。

浅野拓磨はおなじみのジャガーポーズを見せる。(「・ω・)「ガオー


後半もオーストラリアは戦い方を変えない。

後半25分には日本キラー、ケーヒルを投入し、埼玉スタジアム2002全体から大きなブーイング。

しかし、そのケーヒルを投入も放り込みサッカーをしてこず、やはり迫力に欠けてしまっている。


後半37分には原口元気チェイシングボールを奪うと、井手口陽介フォロー

アタッキングサードで3人引きつけた状態で、シュート!これが見事に決まって、貴重な追加点!

キーパーDFブラインドになっていたと思うが、ナイスゴール。今後は日本の中心選手になり得る存在確信できた。


これまでハリルホジッチの采配に否定的だったのは、こういう国内組の選手を起用してくれなかったからだと思う。

ネームバリューにとらわれず、その時結果を出せる選手、そして、実力のある選手を勢いで脅かす選手召集、起用するようになれば日本もっと強くなるだろう。


試合は2−0で終了。

日本勝利し、グループB首位を確定させ、ロシアW杯出場を決定。

もしここで決められないと、次のアウェイサウジアラビア戦で、中東の暑さ、しかも2日多く休んでいる相手に移動の疲労もプラスして臨まねばならず、3位になればグループAの3位とホーム&アウェイを負けたら終わりの戦いをし、そして大陸間プレーオフという絶望的な状況もあり得た。


敗れたオーストラリアサウジアラビア勝ち点で並び、5日後にメルボルンタイ戦が控えている。サウジアラビア日本とだが、上述の通りサウジが圧倒的に有利。しかも日本は負けてもいい状況にまでなった。

オーストラリアサウジアラビアが勝ってもいいように、タイから大量点で勝っておきたい試合になるだろう。

同時刻キックオフではなく、メルボルン試合が19時(日本時間)、サウジ試合が日付変わって2時半(日本時間キックオフになる。

今日オーストラリアは「自分たちのサッカー」にこだわりすぎてイマイチだったが、タイ相手になら大丈夫だろうか。チャナティップは要注意だが、8月9日には札幌ドームミロシュ・デゲネクが実際に対戦している分、ナメてかかることはないだろう。

Jリーグ選手のいる国にはぜひ本大会出場を決めてほしいところ。


一方のグループAは、韓国イラン相手に数的有利を得るも、勝ち切れずスコアレスドローだったようで。

しかし、ウズベキスタン中国に敗れ、2位争いは最終節へ。ウズベキスタン韓国が、タシケント直接対決になる。

韓国だけではなく、ウズベキスタンにもJリーガーはいる。ジュビロ磐田のファズィル・ムサエフ?活躍にも注目したい。


★きょうの歩数…2866歩

2017.08.27 ニンテンドースイッチを手に入れたぞ!

朝の7時に起床。

昨夜はFC東京に勝ち、勝った喜びで冷蔵庫にずっと待機させていたサッポロクラシックを飲んだため少し頭が痛いが、すぐに出かけなくては。

今日ビックカメラ新横浜店で、ニンテンドースイッチ抽選販売

今年3月から発売された任天堂の最新ゲーム機であるニンテンドースイッチは、予想以上の売れ行きと部品調達の難しさにより品薄状態が続いている。

一部では品薄状態を作って購買意欲を掻き立てているという陰謀説もあるが、ハードを買ってもらえばソフトが売れるのだから、生産が追い付かないのが実情だろう。

店舗開店時間は10時からだが、この時間から店員対応。列に並び、抽選権となる紙を腕に巻き付けて、ホッチキスで止められる。

当選して購入手続きをするまで、この紙を破ったりすると無効になってしまう。

一旦帰宅し、郵便局で新しい免許を受け取る。郵送で届いていたが、不在票が届いていたので。

身分証明として見せた免許証は期限が切れていたが、他の身分証明するものを見せて対処

その後、再びビックカメラ新横浜店へ。抽選番号は289。

当たった!

画面保護シートと一緒に購入。マリノスの年間チケットは見せ忘れたが、おそらくポイント付与対象外だったかな。


スイッチ本体テレビ接続し、無線Wi-Fi接続ニンテンドーアカウントログインをし、初期設定を済ませる。

ただし、今は遊べるゲームソフトがない(;^ω^)。

目当ては9月21日発売のドラゴンクエスト10。今はWiiwindows版、3DSでもやっているが、switchになればWi-Fi接続のできる外出先で別途支払いをしなくてもプレイできるようになる。

今秋からのバージョン4リリースに伴いWii版は終了となり、Wiiプレイヤーには無料switch版にアップグレードができる(事前申し込みが必要で、それは済ませてある)。

[rakuten:biccamera:11602024:detail]

ニンテンドースイッチ向けオンラインサービス来年から有料で正式リリースされ、それまでは無料サービスを受けられるということだが、懐かしのゲームとかはまだ遊べない。スプラトゥーン2とかで一部サービスをやっているようだが、それは自分はやらないし…。

というわけで、入手できていない他の人には大変申し訳ないが、しばらく自宅で眠らせておくことに。来月に買おうとしても抽選で当たらないと間に合わないので、どうかご了承いただきたい。


★きょうの歩数…2210歩

2017.08.26 ラッキーもあるけど5試合連続無失点勝利

yokohamarosa2017-08-26

明治安田生命J1リーグ第23節 北海道コンサドーレ札幌-ベガルタ仙台

明治安田生命J1リーグ23節、北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台DAZNで観戦。

リーグ戦では今季初札幌厚別公園競技場開催。

ルヴァンカップ天皇杯では使用されていたが、リーグではなかなか使われない。

理由クラブライセンス制度により使用可能スタジアム基準が厳しくなり、屋根トイレの数で基準を満たさない厚別試合数を限定しての開催とされてしまっているため。


そして、このスタジアム強風に悩まされることでも有名。1995年横浜マリノスvsサンフレッチェ広島でも強い風が吹いた。

今日も強い風が吹き、コイントスで勝った札幌はエンドをチェンジし、前半は風上で攻めることに。

前半のうちに先制点を得て、後半は風下でも有利に試合を運ぶゲームプランだろう。


札幌は風上を武器に攻め込むが、なかなか先制できない。都倉賢ヘディングシュートゴールポストを叩く。

ちなみに、ジェイ・ボスロイドはこの試合を欠場。子供が生まれたようで、一時帰国をしている。

札幌はとうとう、前半でゴールを決められずに後半を迎えてしまう。


仙台が風上となる後半だが、先制したのは札幌

後半8分、MF兵藤慎剛クロスFWヘイスがヘディングシュート。これがGKシュミット・ダニエルの手を弾き、ゴールの中へ。

D

前半に先制できなかったツケは払えた。

しかし、これで仙台は猛攻を仕掛ける。風上だから有利…かと思えば、それほど活かせてないようにも見える。

後で判ったことだが、札幌四方田修平監督は後半に風向きが変わることも計算していた。もし後半に勝負を仕掛ける狙いで前半に風下を取っていたら、損をしていたかもしれない。


だが、この風は仙台に味方する場面も。縦に放ったボールが風に乗り、GKク・ソンユンが目測を誤ってヒヤリとする場面も。

仙台は後半30分にFWクリスラン?を投入。しかし、切り札を入れるには少し遅い采配にも思える。


試合は1−0で終了し、札幌勝利

役1か月ぶりの勝利を得た。

D

この結果により、北海道コンサドーレ札幌勝ち点23に積み上げる。

暫定だが順位を14位に上げ、夜の大宮アルディージャvsサンフレッチェ広島でどっちが勝っても、この日は勝ち点で抜かれることがなくなった。

札幌は2週間後、札幌ドームジュビロ磐田を迎える。今の札幌プレースキッカーは主に福森晃斗兵藤慎剛が務めるが、それぞれ中村俊輔との対戦は人一倍強い思いもあるだろう。

福森晃斗桐光学園出身中村俊輔の後輩に当たるし、兵藤慎剛は昨年まで横浜F・マリノスで共にプレーした元チームメイトだから。


敗れたベガルタ仙台は、札幌厚別公園競技場での初勝利ならず。これで通算1分8敗。

(1分は2006年。後にブラジル代表になるフッキボルジェスの対戦となった試合

ベガルタ仙台としての9戦の前に、旧JFLでのブランメル仙台の時も厚別では勝てていなかったらしい。日産スタジアムでは無敗のくせに…(#^ω^)

次節は9月10日ホームユアテックスタジアム仙台で、サンデーJプライムとしてサガン鳥栖と対戦。

勝ち点は29まで積み上げているのと、今年の残留ラインは少し下がりそうなので、あと2〜3勝すれば残留できると予想。ぜひとも勝っておきたいでしょうね。

明治安田生命J1リーグ第23節 横浜F・マリノス-FC東京

明治安田生命J1リーグ23節、横浜F・マリノスvsFC東京

日産スタジアムへ行ってきました。

今日ナイトゲームで、選手入場まで場内を暗くする、トリコロールギャラクシーという演出が行われた。

四方から色んな光で輝く姿はいいですね。


さて、試合

マリノスのチャンスが多くはなるが、何度かFC東京攻撃にヒヤリとさせられる場面が。

高萩洋次郎が抜け出してGK飯倉大樹と1対1になるが、ループシュートが枠をそれて難を逃れる。

後半もいい攻めはするが、あと少しで決まらない。齋藤学アーリークロスが触れば1点ものだったり、チャンスはできている。

このままゴールがないとやばいな…と思ったら、途中交代で入ったウーゴ・ヴィエイラが結果を出す。

D

後半38分、クロスボールにファーでヘディングシュート

ワンバウンドしてゴール反対側の上の隅へ。

守りはできている中、喉から手が出るほど欲しかった先制点が決まった!


終盤は、この試合限りで海外移籍が決まっている中島翔哉に、クロスバーに当たるシュートを打たれるも、どうにかしのぎ勝利

ラッキーな部分が否めないとはいえ、守る選手ポジショニングも良かったのだろう。5試合連続無失点で勝利。暫定で2位に浮上した。

D

暫定2位と言っても、明日ヴァンフォーレ甲府vs川崎フロンターレ川崎Fが勝てば3位にはなる。

そうなったとしても、次節がその川崎Fとの直接対決。ここまで来たら、当然勝たなきゃその先はないし、さらにその次の柏レイソル戦でも勝てれば、優勝争いに相応しいと言えるのではないか。


FC東京勝ち点3310位。メンバーを揃えて優勝を期待されたチームとしては、どうしても低い位置と言わざるを得ない。

味スタで対戦した時も感じたが、球際でマリノスボールを奪える場面が多かった。頑張ってはいるのだろうけど、その部分で頑張りや工夫が必要なのかもしれない。


★きょうの歩数…14928歩

2017.08.24 ロシア行きがかかったメンバー

2017.08.23 日本代表に立ち塞がれ!

一か月後のヴァンフォーレ甲府戦に備えて、JR東日本の休日おでかけパス?を購入。

大月駅までしか有効ではないが、それでも少し安くなる。精算機に入れると戻ってこないので注意が必要

今回の場合は、往路で大月で一度降りて、そこから先はSUICAを使う予定。どうでしょうキャラバンがあるから、甲斐大和駅で降りるしね。

今年山梨中銀スタジアムへ行くのは3回目になるのだが、今回はケータイ国盗り合戦の夏の陣スポット、御岳昇仙峡が盗れるチャンスもある。それも楽しみ。

ミロシュ・デゲネク選手 オーストラリア代表選出

横浜F・マリノス所属DFミロシュ・デゲネク選手が、オーストラリア代表メンバーに選出された。

8月31日日本戦埼玉9月5日タイ戦メルボルンに向けての選出。

日本代表戦はもちろん日本国内生中継されるから、注目したい。日本代表メンバー次第では、オーストラリア応援することも辞さないつもり(;^ω^)。

タイ戦の方はDAZN中継とかが無さそうだから観られないと思うが、8月9日にあったチャナティップとの再戦も気になるところ。


ミロシュもまた、9月9日川崎フロンターレ戦は出場が難しくなるかな?栗原勇蔵にはチャンスにもなるので、万全な準備をしてもらえれば。


★きょうの歩数…5229歩

2017.08.22 欧州予選は敗退したらしいけど

昨日の傘の件。

遺失物として届いていないかと、等々力陸上競技場電話したが、該当のものは無かったそう。

後で出てくることがあるかもしれないとは言っていたが…。諦めるしかないかな(´・_・`)。

ダビド・バブンスキー選手 マケドニア代表メンバー選出のお知らせ

横浜F・マリノス所属ダビド・バブンスキー選手マケドニア代表に選出された。

9月3日イスラエル戦(アウェイ)、9月6日アルバニア戦(ホーム)の試合があり、9月6日マケドニアにいるとなると、9月9日川崎フロンターレ戦でプレーするのは難しそう。

今はスタメン入りができていない状況なので、この際マケドニア代表活躍して、猛アピールをしてもらえれば。いずれも日本時間で午前3時45分キックオフらしく、おそらくDAZNで中継があるはず。

イスラエル戦なら日曜夜明け前なので、起きられれば観ておきたいな。


マケドニア代表自体はもう予選敗退が確定しているようだけど、次の大会に繋がる活躍をしてもらえればいいな。


★きょうの歩数…5187歩

2017.08.21 傘はいったいどこへ

一昨日、傘を無くした。

等々力陸上競技場に行くときに持って行った折り畳みの傘が、帰りに出して使おうとした時に無くなっていた。

「やっぱり自宅に置き忘れたかな?」と思ったが、帰宅しても家になく、カバンの奥にもない。

おそらく、どこかで落としたと思われる。東急電鉄に問い合わせたが、該当する遺失物はなかったらしい。


等々力陸上競技場電話をしてみたが、月曜がお休みだった。自動音声で月曜を除く9時〜17時にかけないといけないらしい。

明後日はどの等々力陸上競技場ACL試合がある。電話に出る職員も忙しくなるのかもしれないし、早いうちに電話しないとな…。


★きょうの歩数…5980歩

2017.08.20

2017.08.19 雨と風と雷と全部だよ!

明治安田生命J1リーグ第23節 川崎フロンターレ-北海道コンサドーレ札幌

明治安田生命J1リーグ23節、川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌

等々力陸上競技場へ行ってきました。

今回はビジター指定席。実は前節の札幌ドーム戦後札幌駅コンビニでこの試合チケット購入を試みたが、ビジター自由席完売していた。

ビジター自由席の2階席で見ようと思っていたが、もうCNプレイガイドビジター指定席が残っているのみだったし、コンサドーレサポーターを押しのけてまで自由席を取るわけにもいかないし。

しかし、実際スタジアムに来てみると緩衝帯は完全にバックスタンドまで行かず。最初からいい勢いで売れないと、狭められてしまうんだなと思ったり。

17時に開門し入場すると、大きな雷鳴と大雨がスタジアムを襲う。

場内アナウンスで、屋根の下に避難してくださいと言われたり。

しばらくして雨は小降りになるが、試合開始にはまた大雨になったり。


試合は前半13分に動く。

川崎Fの縦の浮き球パスが抜けだした家長明博に通り、GKク・ソンユンが弾くも中村憲剛が詰めてゴール。

バックスタンドに向けて、例のサンシャイン池崎パフォーマンスも出た。

D

早い時間で失点は、札幌にとってきつい。

その後も川崎F支配されるが、前半の途中から札幌も攻める時間帯を得られるようになる。

フィニッシュまであと一つ通れば、という組み立てはできている。しかし、この雨で簡単キャッチできなさそうなGKを見て、もっと緩くてもいいかシュートを狙いたいところでもある。

後半も札幌がある程度攻めはできているが、シュートレンジが遠い。荒野拓馬がミドルを狙うも、ブロックに遭う。

攻めの内容も、ジェイがサイドに開いてしまったり、都倉賢存在感を出せていなかったり、川崎Fがきっちり守れているような気もした。


そして、後半30分には途中交代で入った登里享平にサイドを深くえぐられ、ニアに走りこんだ小林悠が決めて追加点。

D

これまで何度か川崎Fが決定機を外してくれていたが、さすがに何度も打たれれば決まる。

札幌は敗色濃厚になったが、諦めるなよ!


諦めるものじゃないと実感するのが、後半35分。

ヘイスが相手クリアを弾くとディフェンスラインの裏に抜け出し、上がったGKチョン・ソンリョンが足を滑らせ転倒。

がら空きになったゴールに、ヘイスは難なく転がしゴール。

D

これで、川崎F危機感を持つ。残り時間が少なくなると、コーナーフラッグ付近時間稼ぎ。

面白い内容のサッカーにこだわる川崎Fも、結果に徹することがあるんだなと確認。4日後にACLも控えているし、日ごろの言葉矛盾はあるが、正しい判断だと思う。

札幌はどうにかボールを奪い、セットプレーを得れば身長195cmのGKク・ソンユン攻撃参加して捨て身の反撃に出るが、実らず。

2−1で試合は終了し、札幌今季アウェイ勝利はならなかった。

D

この結果、川崎フロンターレ勝ち点を45まで積み上げる。暫定で横浜F・マリノスを抜き、3位に浮上。

これで、マリノス明日ヴィッセル神戸戦の重要度が増した。


北海道コンサドーレ札幌勝ち点20のまま。大宮アルディージャが敗れたため順位は15位を維持できているが、17位のサンフレッチェ広島が勝ったので、そろそろ勝たないと危ない位置でもある。

次節は札幌厚別公園競技場でのベガルタ仙台戦。リーグ戦では今季初厚別開催。(函館開催を目指していたんじゃないかな、この試合…)

そこできっちり勝ちたいところだが、仙台一筋縄ではいかないだろう。でも、札幌はやるしかないぞ。


それにしても、今回の雨がひどすぎた。

メインスタンド屋根が真上にあるものの、少しでも風があれば濡れる結果に。

自分は家が近いか大丈夫だが、北海道から来た人たちは大変だっただろう。風邪を引かないように気を付けてほしいな。


★きょうの歩数…9855歩

2017.08.18 まさか悪魔の子!?

8月5日8月6日に行われたドラゴンクエスト夏祭りで発表された、ドラゴンクエストXバージョン4のプロモーション映像

まぁ筆者はバージョン2すらクリアしていないのだが(;^ω^)、これから謎解きをプレイする者として、楽しみ。

D

映像最後の方には長髪の男が出てきたが、まさかドラゴンクエスト11主人公じゃないよね!?

いずれにしても、楽しみ。まずはニンテンドーswitchを手にすることと、早く討伐隊を片付けてストーリーを進めないと…。

★きょうの歩数…5987歩

2017.08.17 ドラクエが進まない

(※ネタバレ無し)

ドラゴンクエストXIを買って半月が経つが、全然進んでいない。

今日やっと少し進めたけど、レベルは26。今は通勤で長い時間電車に乗っていないため、進める機会がない。

ちょこちょこ起動しては、ヨッチ族の選り抜きと時渡り迷宮攻略でその日が終わってしまう。すれちがいはジャンジャン来るんだけどな〜。

★きょうの歩数…6381歩

2017.08.16 また監督交代直後に当たるの

ネルシーニョ監督との契約解除のお知らせ

今日からお盆休み明けで仕事

横浜F・マリノスは次節、ヴィッセル神戸と対戦するわけだが、そのヴィッセル神戸監督解任ニュースが。

6月ごろもネルシーニョ解任のニュースはあって、結局解任はされなかった。

ルーカス・ポドルスキの獲得もあり、巻き返すかと思ったが、その後また連敗があったりはした。

で、ネルシーニョ監督の解任が正式に発表。

辛抱強くネルシーニョ監督に任せた方がいいようにも思うのだが、そもそもポドルスキネルシーニョ監督の欲しい選手ではなかったのかもしれない。

で、吉田孝行ヘッドコーチ監督に昇格。

このチームは一貫性のあるチーム作りができているのかが疑問だが、監督が代わることで、それまでうまくいかなかったもの部分的解決されたりすることもある。

それにしても、マリノスと当たる前に監督交代することが妙に多い気がする。

今年のサンフレッチェ広島戦では森保一監督の辞任、3年前はベガルタ仙台戦の前にアーノルド監督が退任していた。


★きょうの歩数…4550歩

2017.08.15 警察署の免許更新は少し面倒かも

昨夕から、13時間は眠った。旅の疲れが蓄積してたんだな…。


今日は港北警察署へ行き、普通自動車運転免許更新

お昼にはゲリラ豪雨の大雨で足がぐちゅぐちゅになるも、更新手続きを済ませてきました。

前回は二俣川免許センターでの更新で、同じじゃ面白くないので港北警察署にしてみたけど、この場合は後日の新しい免許の受け取りになり、しかも平日に受け取りに行かないといけない。

郵送にしてもらえるが、その場合は1000円ほど余計にかかる。次は二俣川にするかな…。即日交付だし。


★きょうの歩数…6833歩

2017.08.14 安物買いの銭失いと言うほどでもないが

0時10分になり、スカイマークエアラインズ飛行機新千歳空港を離陸。

スカイマークエアラインズ飛行機は、今回初めて搭乗。

機内では、オリジナル包装のキットカットがもらえました。

f:id:yokohamarosa:20170820121944j:image

予定より早く、1時45分に羽田空港に到着。

空港で始発を待とうかと思ったが、国内線ロビーは朝までいったん締めるため、出なければならないとのこと。

国際線ロビーでは待機できたのかもしれないが、国内線ロビーを出たらすぐにタクシーが待機していたので、色々面倒だし蒲田までタクシーに乗車。

タクシーは深夜割増料金なので、3370円もしました。

これだったら日中旅割と大して変わらないかもな…。始発までネットカフェで過ごしたから、さらにお金を使ってるし(;´Д`)

早朝に帰宅

洗濯とかして、夕方に熟睡…(-_-)zzz


★きょうの歩数…1410歩

2017.08.13 北海道の夏の陣スポットを制した!

yokohamarosa2017-08-13

明治安田生命J1リーグ第22節 北海道コンサドーレ札幌-ヴァンフォーレ甲府

明治安田生命J1リーグ第22節、北海道コンサドーレ札幌vsヴァンフォーレ甲府

札幌ドームへ行ってきました。

今節、ヴァンフォーレ甲府サポーターに割り当てられたビジターエリアは4ブロック(埋まらず)。

前節、横浜F・マリノスサポーターに割り当てられたビジターエリアは5ブロックでぎっしりだったとのことで、水曜であるにもかかわらず多くのマリノスサポーターが足を運べていたというのが実証されました。

甲府の人は札幌まで行くのに遠いというのもありますがね。羽田空港しろ信州まつもと空港しろ、そこそこ距離があるわけですし。


試合は、序盤で早くも動く。

前半10分、縦のロングパスジェイが抜けだし、角度のないところからキーパーの股間を通す技ありゴールで先制。

D

その前にもジェイヘディングポスト右にそれる惜しいシュートもあったが、幸先よくコンサドーレが先制。

甲府横浜F・マリノスから期限付き移籍中の高野遼がいいクロスを上げるも、ゴールには至らず。

前半は札幌がやや押し気味に試合を進めた。


その前半の中で、一番印象に残ったのが札幌MFチャナティップ

前節ではドリブル技術の高さ、前々節ではパスセンスを感じたが、今回はフィジカルの使い方のうまさを見た。

身長158cmと小柄だが、大きな相手にぶつかられても態勢を崩さない。ボール相手DFの間にうまく自分の体を持っていき、崩れそうになっても相手にはボールを奪わせず、キープ力も高い。

当初はタイ人初のJリーガーとして、どこまで通用するか?と思っていたが、少なくとも平均的な日本人J1リーグ選手よりは上。伸びしろも考えて、将来の欧州移籍だって十分ありえると思う。

後半も札幌のチャンスが多くなるが、ボールを回せてもフィニッシュまで行き切れない、もどかしい展開になる。

後半12分、甲府堀米勇輝を下げてドゥドゥを投入。同じタイミングで、札幌はコンディションの完全ではないジェイを下げて、金園英学を投入。

ここから、流れは甲府に傾いてくる。


明らかにドゥドゥが入って甲府がいいように攻め込んでいるが、札幌ハーフタイムにも交代枠を使ったので、あと一人しか代えられない。

しかし、このままでは危ないな…と思ったら、ドゥドゥが右サイドからDF二人を直角にかわすと、クロス。ファーにフリーで走りこんだ阿部翔平が決め、同点に追いついてしまう。

D

こうなると、甲府は得意の守りの固さで札幌に勝ち越させない。

四方田修平監督運動量の落ちてきたFWヘイスを下げてFW内村圭宏を入れるが、手を打つのが遅かったかもしれない。

しろ甲府が何度も札幌ゴールに迫る場面もあり、難しい試合になってしまう。


試合は1−1で終了。

勝ち点19同士で並んだ試合は、互いに勝ち点20に積み上げる結果となった。

D

この日の昼の試合はここだけ。

他はすべてナイトゲームで、大宮アルディージャ-アルビレックス新潟ベガルタ仙台-サンフレッチェ広島などの下位直接対決も控える。

お互い勝ち切れなかったのは、厳しい結果だと思う。


さて、今夏の札幌帰省はこれでおしまい

バス登別へ行こうと思ったが利用の仕方がよく分からず、少し値が上がるが特急登別へ行くことに。

途中で苫小牧港エリアを盗り、登別駅で登別温泉エリアも取得。登別駅で登別お土産でもあればと思ったが、あいにく駅に土産物屋はなかった。

のぼりべつクマ牧場まで行くと、あのド派手なローカルCMお土産もあるらしいので、次に機会があったらロープウェイの上まで行ってみたいと思います(;^ω^)。

D

また、登別まで向かう途中、意外な夏の陣スポットが盗れた。

盛岡の三ツ石神社が、白老町で盗れた。いわゆる対岸盗りで、今度は思わぬ恩恵を受けた格好。

スマートフォンになって、対岸盗りはなくなるかと思えば、そうでもないんですね。8日前は姨捨駅で長野市善光寺が盗れたりしたし、何が起こるか、気を付けないといけませんね。

明治安田生命J1リーグ第22節 横浜F・マリノス-サガン鳥栖

新千歳空港に着き、空港Wi-Fiで少しだけDAZNで見ました。

搭乗手続き、夕食、お土産購入を21時閉店前までに済ませたかったのでほとんど見られなかったけど、試合は無事マリノスが勝ってくれたようで良かったです。

D

21時を回ると新千歳空港はあらゆる店舗が閉店になり、いよいよやることがなくなる。

22時まで営業ローソンお茶おにぎりを買っておき、保安検査を抜けて、コンセントのあるカウンター席でスマホニンテンドー3DSを充電しながら待機。

今夜乗る飛行機スカイマークエアラインズで、0:10離陸予定。とんでもない時間フライトで初めて乗るが、これがなんと7,490円。お盆でかき入れ時のドル箱路線である新千歳空港羽田空港の便が、この値段は安い!ということで選んだ。

ワンセグブギウギ専務を見られたりはしたが、さすがに店の閉まった空港で2時間以上待機はヒマ( ̄д ̄)。

まぁ、お陰でドラゴンクエスト11のヨッチ族選定は捗りましたけどね。


★きょうの歩数…7637歩

2017.08.12 小樽の寿司は美味しいですよ

今日宮の沢白い恋人サッカー場へ。

あいにくの雨でしたが、コンサドーレ明日ヴァンフォーレ甲府戦に備え、練習をしていました。

勝ち点で並ぶチームとの裏天王山だから、大事トレーニングになるのでしょう。


昼ごはん小樽へ。

昼食は琴似の白狼軒(ぱいろうけん)というところでフクモ餃子というのを食べてみたかったけど、親戚と行動を共にしているので、カロリーの高そうなもの回避

寿司結構カロリーなのかもしれないけど(^_^;)。

寿司で有名な小樽は、やっぱり美味かったです。ネタが新鮮ですからね。

小樽でちゃっかり、ケータイ国盗り合戦の夏の陣スポットを獲得。

まだ、苫小牧登別は行けていない。そこは明日札幌ドーム試合後に、登別苫小牧経由で新千歳空港に行きますかねぇ…。


★きょうの歩数…2037歩

2017.08.11 知らない土地に行くことの価値があった

北海道滞在3日目。

先祖様のお墓参りを済ませつつ、またまた観光も。

札幌ドームカマタマーレ讃岐ホームゲームにも広告を出している、神内ファーム21?和牛。うまかったです。

さらに、北竜町深川市にも連れて行ってもらったり。

北竜町日本一ひまわりの里として有名な事や、深川市が米の産地であることはあまり知らなかった。

いろんな土地に行ってみるもんですねぇ…。


★きょうの歩数…1359歩

2017.08.10 富良野のラベンダーは終わっていたが

昨日の試合後はすすきのジンギスカンいただき、0時過ぎに宿泊先に戻る。

そして、0時45分からは、本家HTB北海道テレビ水曜どうでしょうクラシックが!

どうでしょうを見ながら寝落ちしました…。


さて、今日美瑛富良野観光

バスツアーで行ってきました。

天気はあいにくの曇りながらも雨が降ることはなく済んでくれたんですが、ラベンダーシーズンが終わってしまったようで、刈り取られたばかり。

それでも、他の花はたくさん撮れたのでよしとしますかね…(^_^;)。


★きょうの歩数…6316歩

2017.08.09 札幌を味わい尽くした一日

yokohamarosa2017-08-09

さて、今日は早朝から北海道へ。

水曜日で平日にもかかわらず、羽田空港は行楽や帰省に出かける家族連れでいっぱい。

マリノスサポーターもそこそこ見かけましたが、いつもの飛行機遠征に比べたら少な目。

手荷物預かりには時間がかかり、保安検査を抜けたらすぐ飛行機に搭乗。


ANAの機内でもWi-Fiサービスがあったけど、有料。

しかも、位置情報が常に新橋差してしまうという…。ケータイ国盗り合戦空中戦は失敗でした。

でも、今後も機内のWi-Fiサービスは充実していくんでしょうね。


新千歳空港に到着し、すぐにJR北海道快速エアポートに乗車。

北海道の家並みは屋根が特徴的で、懐かしいな…と思っていたら、エリアメールが来た。クマ出没か!?(; ・`д・´)

緊急地震速報のような音ではなく、ピンポンピンポンチャイム音。自分ケータイタブレットだけじゃなく、周囲の乗客からも鳴っていたり。

D

電力ひっ迫のテストメールが誤って一般ユーザにも送られたようで。テストと書かれていたので、受信したときからそうなんだろうなと思っていた。

本当にひっ迫してしまったら、今夜の札幌ドームは使えないぞ。


札幌に到着し、色々観光周りをしてきました。

(※結局、昼食は純連じゃないところで食いました)


本当はさらに羊が丘展望台にも行っておきたかったけど、時間の都合で行けず。

明治安田生命J1リーグ第21節 北海道コンサドーレ札幌-横浜F・マリノス

明治安田生命J1リーグ第21節、北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス

札幌ドームへ行ってきました。

今日札幌ドームビジターエリアは5ブロック。空席はほとんどなく、平日にも関わらずぎっしり。

自分もそうだけど、みんなお盆休みを前倒しして来てるんでしょうね。

さて、試合

前半はコンサドーレにゴールに迫られる場面が多くなる。

河合竜二ロングフィードから都倉賢が抜け出すが、シュートが浮いて事なきを得たり。

一番印象に残ったのはタイ代表MFチャナティップ。こいつはかなり上手い。前節までの映像はいパスを出す印象だったが、今回はドリブルリズムが小刻みで、簡単ボールを奪えない。

齋藤学もそうだが、メッシみたいと呼ばれるのはこの小刻みなドリブルにあると思う。うかつに足を出せば抜かれてしまうし、動作が小さいから2倍の速さで動かれているような対処の難しさを感じる。

後半10分、コーナーキックから扇原貴宏ヘディングシュートが決まり、先制。

シュートGKク・ソンユンに防がれるかと思ったが、まさかファンブル。腕の中に納まらず、ボールはゴールの中へ。

普段は安定したキーパーなんですけどねぇ…。扇原とソンユンセレッソで一緒だったと思うが、まさかこういう形でゴールを奪うとは思っていなかっただろうなぁ。

D


後半31分、齋藤学ドリブルで抜けようとすると、FW都倉賢がたまらず後ろから倒し、2枚目のイエローカードで退場。

都倉はフィジカルが強い分守備でも利いていたが、守備をやりすぎた。これで次節は裏天王山ともなるヴァンフォーレ甲府戦に出られなくなり、コンサドーレさらに苦しくなる。


後半33分、クロスボールGKク・ソンユンが弾き、そのボールがゴールの中へ入り、オウンゴールで追加点。

松原健今季2ゴール目かと思ったが、シュートではないためオウンゴール扱い。みんなへぼキーパーって思っちゃうんだろうなぁ…。7月1日清水エスパルス戦では好セーブ連発していたのを、自分は知っているが。

D


コンサドーレジェイ内村圭宏小野伸二を投入し反撃を試みるが、やはり一人少ないのでは迫力に欠く。中澤佑二では役不足に感じるほど。

むしろカウンターで、何度もコンサドーレのゴールに迫れた。ギリギリで防がれて追加点は奪えなかったが、ここはコンサドーレ残留に対する気持ちの現れと思っておく。


試合は0−2で横浜F・マリノス勝利。これで勝ち点を40にまで伸ばし、まずはJ1リーグ残留がほぼ確定。

さらに他会場で柏レイソルサガン鳥栖引き分けたため、3位に浮上。

これに浮かれてはいけないぞ。まだ上位との直接対決のほとんどを勝っていない。川崎Fには勝ったが、鹿島C大阪、柏、G大阪には負けている。

後半戦でこれらの相手にも勝てたら、その時はシャーレを狙えると意識できるのだろう。

D

一方のコンサドーレは、厳しい敗戦

今日の負けだけではなく、次の大事試合エース都倉賢を欠くことが決まってしまった。

今年は平日のために来れなかったマリノスサポーターも多いので、残留して、来年札幌行きが実現してほしい。誇れる観光資源はたくさんあるのだから。

★きょうの歩数…26010歩

2017.08.08 横浜のお土産はありあけのハーバーで

今日から夏季休暇。

今日のうちに札幌遠征の準備。帰省も兼ねてるので、親戚に持っていくお土産も購入。

もちろん、お土産ありあけのハーバーで。

いつも横浜F・マリノススポンサーしていただいてる感謝で選んでます

明日は、飛行機がちゃんと飛ぶんだろうな…。


★きょうの歩数…3573歩

2017.08.07 第97回天皇杯ラウンド16オープンドロー

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会ラウンド16以降の組み合わせ抽選会が、行われた。

D

(以下、抽選結果)

続きを読む

2017.08.06 最難関スポットをゲット!

新潟遠征復路

昨夜は新潟で一泊。今日試合もなくひたすら帰るだけなので、ガッツリ国盗りに専念できます。

f:id:yokohamarosa:20170808095051p:image

新潟7:43→(JR越後線)→8:34吉田8:39→(JR越後線)→9:47柏崎9:53→(JR信越本線快速)→10:20宮内10:39→(JR上越線)→12:52水上13:14→(JR上越線)→13:52渋川15:34→(JR吾妻線)→17:08大前17:29→(JR吾妻線)→19:05新前橋19:18→(JR快速アーバン)→19:28高崎19:57→(JR八高線)→20:53小川町21:01→(東武東上線急行)→21:58和光市22:03→(東京メトロ副都心線東急東横線急行)→23:05菊名

昨日は善光寺新潟港しか盗れなかったが、今日は以下のスポットを狙います。

まっすぐ新潟から帰れば、15時までには帰宅できる。

しかし、せっかく新潟まで行ったんだから、楽しんで帰らなきゃ!ということで、色んな寄り道をしてきました。


まずは酒呑童子神社スポットを盗りに、JR越後線に乗車。やはり吉田駅では盗れず、吉田南吉田間で位置情報を得て、無事酒呑童子神社を獲得。そこからは柏崎を経て、宮内から上越線へ。

初めて水上駅に来たとき(1999年8月)は涼しい!と思った水上駅も、今日は蒸し暑い。いつも涼しいわけではないんですねぇ。

渋川駅では1時間42分の電車待ちになるので、飲食店時間つぶしと昼食。駅の前にレストランがあるし、少し歩けばガスト夢庵モスバーガーもある。



吾妻線に乗り、大前駅鬼押出し園をゲット。大前駅まで来ないと盗れませんでした。

おそらくここが、今回の夏の陣スポット100箇所の最難関。大前駅まで行く吾妻線は一日数本しかない。

高崎からは湘南新宿ラインで帰れば楽だが、東武東上線経由に。東武東上線をウチから狙うと往復2,222円するが、帰りがけなら1,245円で済む。

高崎線だと瑠璃光寺深谷)を盗ることはできるが、それは後日大周り乗車でも狙える。という理由で、東武東上線経由で帰りました。

23時過ぎに、すべて予定通りの乗り継ぎで無事帰宅姨捨駅の盗り逃がしが悔やまれるが、青春18きっぷ残り3回分で、またスポットを多く盗りに行きたいと思います。


★きょうの歩数…3157歩

2017.08.05 姨捨駅ロストのみが悔やまれる

yokohamarosa2017-08-05

夏の陣2017へ出陣

八王子に前泊し、青春18きっぷケータイ国盗り合戦の夏の陣2017スポットを盗りながら新潟遠征します。

f:id:yokohamarosa:20170808091316p:image

八王子4:52→(JR中央線)→5:00高尾5:14→(JR中央線)→5:50大月5:53→(JR中央線)→6:41甲府6:46→(JR中央線)→8:32松本8:40→(JR快速みすず)→9:58長野10:29→(JR飯山線)→14:05越後川口14:08→(JR上越線)→14:31長岡14:37→(JR信越本線)→15:55新潟

この道中で狙えるスポットは以下の2つ。

姨捨(おばすて)駅は松本長野間のJR篠ノ井線にある駅。スイッチバックと言って、直角駐車する車のように駅に入ってから、逆方向に動き出していく特徴的な駅。

でも、姨捨駅の最大の特徴は、その景色3月に来たときは写真を撮ったけど、今回は面倒だからいいやと思い、ケータイ国盗り合戦の国盗りボタンを押しただけにした。

(※写真3月のときのもの

f:id:yokohamarosa:20170319101642j:image

姨捨駅を過ぎてしばらくして、違和感。まだ長野駅に到着していないのに、姨捨駅ではなく、善光寺が盗れていたΣ(・ω・ノ)ノ!

f:id:yokohamarosa:20170808091343p:image f:id:yokohamarosa:20170808091320p:image

ケータイ国盗り合戦に限らず、まれ位置情報で違う場所が取れることがあるが、まさにそれ。姨捨駅で押したタイミングで善光寺を盗れるエリア位置情報を取ってしまっていたのだろう。

もう姨捨駅は過ぎてしまったので、もう姨捨駅を盗れない。引き返すと今夜の試合に間に合わなくなるので、今回の遠征では泣く泣く断念。

安茂里駅あたりで国盗りボタンを押せば、信州 善光寺は取得済みですとなっていた(´;ω;`)。


気を取り直して、新潟へ。

長野越後川口間のJR飯山線は、一部JRではなく青春18きっぷ期間外。長野駅長野豊野までの、250円の切符を購入。

これを買わないで青春18きっぷで乗ってしまうと、不正乗車になってしまう。スポーツが常にフェアプレーであってほしいように、自分もフェアプレーで公共交通機関を利用しますよ。

明治安田生命J1リーグ第20節 アルビレックス新潟-横浜F・マリノス

明治安田生命J1リーグ20節、アルビレックス新潟vs横浜F・マリノス

デンカビッグスワンスタジアムへ行ってきました。

D

試合は0−2で横浜F・マリノス勝利

前半は新潟が押す展開。ポストを叩くシュートを打たれ、その後も新潟にチャンスが何度も。マリノス前田直輝がなかなか攻撃に絡めず、ミドルシュートしか攻撃になっていなかった。


後半9分、山中亮輔から絶妙クロスファーサイドでマルティノスが、前田直輝と被り気味に走り込み、ゴール!

D

ニア富樫敬真がつぶれ役になり、キーパーボールに行けそうで行けない。見事な山中クロスボールでした。


新潟は早いプレスでボールを奪い決定的チャンスを得るが、シュートの精度が悪く事なきを得る。

新潟がチャンスを決めそこなっていると、こちらにもチャンスが来る。天野純ボールを奪い、寄せが甘いと見るや左足一閃!

D

いいコースに決まり、追加点。これで試合は楽になり、0−2で勝利。一時期は鬼門とも言われたビッグスワンで、無事勝利できました。


これで横浜F・マリノスは4位浮上。

筆者としてはマリノスはまだ優勝を狙えるチームだと思っていないが、(セレッソ消化試合数の関係で)実質首位鹿島アントラーズ勝ち点差6は優勝争いを意識してもいいとは思う。

ただ、2002年のように優勝優勝言ってると逃しかねないので、まずは目の前の試合を一つ一つ勝つのみ。まだ、上位との大一番を制した勝利今季ほとんど見ていないのだから。


アルビレックス新潟勝ち点9止まり

残留のため残り14試合勝ち点30近くは稼ぐ必要があり、ACL出場権を得るチームのようなペースで勝ち続けなければいけない。

ただし、残留できようとできまいと、目の前の試合を一つ一つ大事に戦わなければいけないことに変わりはないはず。新潟サポーターは史上最大の苦しみを味わっていると思うけど、だからこそ必要とされるのが応援

降格したら今季応援が全てムダになるわけではないのだし、腐らず目の前の試合大事に戦ってほしいと思います。


★きょうの歩数…10255歩

2017.08.03 イッペイくんが加入!

イッペイ・シノヅカ選手加入のお知らせ

横浜F・マリノスに新加入選手

まったく知らない選手だが、どうやら日系ロシア人の若手選手である模様(日本語は話せるのかな?)。

国籍ロシアと書かれているということは、二重国籍日本人と言うわけでもなさそう。ただし、今後日本帰化して日本人としてJリーグ公式戦に出られる可能性はある。

ロシアUEFAに加盟する国なのでアジア枠にもかからない。現状はウーゴ・ヴィエイラダビド・バブンスキークエンテン・マルティノス外国人枠は埋まるが、まずは伸びしろに期待。


しかしまぁ、多国籍になりましたね。ポルトガルマケドニアキュラソーオランダ?)、オーストラリア韓国、そしてロシア

六か国の外国人選手がいるなんて、そうそうないですからね。


★きょうの歩数…5638歩