Hatena::ブログ(Diary)

Road to Yokohama このページをアンテナに追加 RSSフィード

2002 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017.08.31 6大会連続W杯出場決定

FIFAワールドカップアジア最終予選グループB第9節 日本-オーストラリア

FIFAワールドカップアジア最終予選グループB第9節、日本vsオーストラリア

NHK BS1生中継を見ました。


注目のオーストラリア代表ミロシュ・デゲネクスタメンを外れ、ベンチスタート。

オーストラリア代表として日本に立ちはだかるミロシュを見たかったので、少し残念。

日本は今までのメンバーを大きく入れ替え、本田圭佑香川真司を外してきた。


オーストラリアパスをつないで組み立ててくる。

これまではフィジカルの強さを武器パワープレーで屈することが多かったが、それがないため日本試合を優位に進める。

オーストラリアボールを持たされるというより、持ってくれているので全く怖さがない。

しいて言えばレッキーシュート吉田麻也に当たり、ポストに当たる場面はあったが。


前半41分、オフサイドトラップ崩れから浅野拓磨が抜けだし、フリーで決め、先制。

オフサイドかな?と思ったが、スロー映像を見ればオフサイドではないのを確認できた。

浅野拓磨はおなじみのジャガーポーズを見せる。(「・ω・)「ガオー


後半もオーストラリアは戦い方を変えない。

後半25分には日本キラー、ケーヒルを投入し、埼玉スタジアム2002全体から大きなブーイング。

しかし、そのケーヒルを投入も放り込みサッカーをしてこず、やはり迫力に欠けてしまっている。


後半37分には原口元気チェイシングボールを奪うと、井手口陽介フォロー

アタッキングサードで3人引きつけた状態で、シュート!これが見事に決まって、貴重な追加点!

キーパーDFブラインドになっていたと思うが、ナイスゴール。今後は日本の中心選手になり得る存在確信できた。


これまでハリルホジッチの采配に否定的だったのは、こういう国内組の選手を起用してくれなかったからだと思う。

ネームバリューにとらわれず、その時結果を出せる選手、そして、実力のある選手を勢いで脅かす選手召集、起用するようになれば日本もっと強くなるだろう。


試合は2−0で終了。

日本勝利し、グループB首位を確定させ、ロシアW杯出場を決定。

もしここで決められないと、次のアウェイサウジアラビア戦で、中東の暑さ、しかも2日多く休んでいる相手に移動の疲労もプラスして臨まねばならず、3位になればグループAの3位とホーム&アウェイを負けたら終わりの戦いをし、そして大陸間プレーオフという絶望的な状況もあり得た。


敗れたオーストラリアサウジアラビア勝ち点で並び、5日後にメルボルンタイ戦が控えている。サウジアラビア日本とだが、上述の通りサウジが圧倒的に有利。しかも日本は負けてもいい状況にまでなった。

オーストラリアサウジアラビアが勝ってもいいように、タイから大量点で勝っておきたい試合になるだろう。

同時刻キックオフではなく、メルボルン試合が19時(日本時間)、サウジ試合が日付変わって2時半(日本時間キックオフになる。

今日オーストラリアは「自分たちのサッカー」にこだわりすぎてイマイチだったが、タイ相手になら大丈夫だろうか。チャナティップは要注意だが、8月9日には札幌ドームミロシュ・デゲネクが実際に対戦している分、ナメてかかることはないだろう。

Jリーグ選手のいる国にはぜひ本大会出場を決めてほしいところ。


一方のグループAは、韓国イラン相手に数的有利を得るも、勝ち切れずスコアレスドローだったようで。

しかし、ウズベキスタン中国に敗れ、2位争いは最終節へ。ウズベキスタン韓国が、タシケント直接対決になる。

韓国だけではなく、ウズベキスタンにもJリーガーはいる。ジュビロ磐田のファズィル・ムサエフ?活躍にも注目したい。


★きょうの歩数…2866歩