旦過日記

2017-02-20

2/20

昨夜からずっと新宿のデータセンタにいたため、こうして今山手線に揺られている。

まだ夜が明けてない。

2017-02-17

2/18

戻ってきた。数年前より英語が上手くなり、賢くなった。

2/17

タイムスリップでもしたみたいな気分だ。ここはどこだろうか。私は歳をとり、伴侶を得て、新たな人生を始めている。家も買い、過去の傷に折り合いをつけた。それなのに、大人になった気はしない。

友人が死んだ。友人が増えた。失われた友情が蘇った。二度と会えない人もいるし、あの頃からずっと一緒にいてくれる人もいる。全てが奇跡的だ。

2/16

しょうもないことも書く。

藤くんとPとGさんと佐藤さんが飲んで来たとのことだが、藤くんはなんか知らんけど仕事する上でちんこいらんだろという結論に至り、去勢を検討してるらしい。おいおいおい。で、切るわけではなく女性ホルモン剤飲んで元を絶つみたいなこと言ってるらしい。バカだ。

私の周りの女性ホルモン剤を飲んでるやつは、だいたい死んだ。なんか意外と飲んでるやつが周りにいたのだが、クスリのせいなのか、クスリを飲むメンタリティがそもそも悪いのか私にはわからない。

というか、その話を聞いて私はまののことを思い出さずにはいられないのだ。まのはいい奴で、でも、過去にちょっとした挫折をしていて、自分に性欲があるからこんなことになったんだと思い込んで、一時期女性ホルモン剤を飲んでいた。まのは2013年の8月の最後の日に死んだ。私はその日、ちょうどまのに連絡をしたところだった。返事はなかった。あとで、そのあたりの時間に彼が心停止してたと知った。

まあとにかく、周りのやつには死なないでほしい。藤くんのことも止めるようにPに頼んだ。

2/11

えりか、おおかわさん、いけさん、たかす、りゅうちゃん、私でテーブルゲームする。

カラオケで。いやー、昔ぐずぐずと悩んでたのが嘘のように彼らにはよくしてもらっていますね!

狩歌をプレイ。圧勝。やったぜ。

2013-11-11

11/11

友人が死んだことについてようやく折り合いがつけられるようになった。

尊敬する部分が大きい人だった。欠けている部分もあったが。

他のみんなはどうだろうか。

11/10

知能の高い人間は抗鬱状態に陥りやすい傾向がある。なお、生育環境に問題があった人間にも同じことが言える。

周囲の高学歴で家庭に問題を抱えている人、悩んでいることが多く、下手に関わると傷つけてしまいそうでどうしたものか考えあぐねている。

2013-09-10

9/9

しょうこが完全にフレネミーになっているので関わらないようにしたい。

私にはかけているものが多すぎる。不完全で辛い。少しでも優しい人間になりたい。

9/9

悲しい思い出は消えずに残っていて、ふとした瞬間に頭をもたげてくる。

そういうことがよくわかった。これからは気をつけて生きていこう。

でも多分、あの楽しかった頃が無駄ではなかったと証明したい気持ちが私を向かわせてしまうのだろう。

ばかだな。

無駄なのに。

またライブをやると聞いて、ぼんやり出られたらいいなと思って、やりたい曲を思いついてウキウキしていた。

そんな勇気も度量もないのに。

私はあの場所に必要だったと証明したくて、名誉挽回したくて、出られなかった後夜祭をもう一度やりたくて、それで。

バカだ。役立たずなのに。人を沢山不快にさせてきているのに。


2013-09-08

9/7

例えば誰か他の子が結婚したり、資格を取ったり、転職したり、子供生まれたり、そういうことが起きたらみんなお祝いするんだろうけど、私の身にそういったことが起きても誰かに祝福してもらえる気がしない。

人が信じられない。人が怖い。私はみんなにおめでとうを言うし、お祝いの品物も贈るのに、いつも咲かない種を蒔いている気分だ。

それだから怖い。私がこの後xxxxすることになって、祝福されても上辺だけのものに思えて信じられない気がする。群がってくる人も裏では何を言うか分からない嘘つきに見えるだろう。

だから秘密。だから誰にも言わないまま死ぬ。私にはそれが相応しいと思う。