Hatena::ブログ(Diary)

女のコファシズム−あふたーあうしゅびっつ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-26

[]

アレンジ視点」

 

これは大変だがうれしい大変だ。

 

まずAKIRAさん。

 

OKPさんとこに

302 Found

AKIRAたんの特徴が詳しく。

-----------------

やっぱりまず彼独特の「間」を。空間感。僕の初AKIRAは「ハッピーサマーウェディング」のカップリングの「通学列車」でした。コードの流れと、その「間」がぐっと来て。抜きのアレンジといいますか、それをまた別の面でいうと「ミニマム」などといえるかも。過剰じゃなくて最少でやってるというような。これは諭一さんとも相通ずるかも。

それからベースフレージングかな。後浦なつみの「LOVE LIKE CRAZY」あたり。

コード展開は、マクロポイントでは娘。寝坊です。デートなのに…」、ミクロではベリあなたなしでは生きてゆけない」。

で、最後に「ブラックミュージック」の匂い。あまり自体を知らないのですが。この辺でごっちんと相性がいいのだと思う。ごっちんの歌唱との連関を何かしら勝手に想定しています。「ALL MY LOVE 〜22世紀〜」など。あとはミニモニ。笑顔デート 最後のデート」「LOST LOVE」、℃-uteタイムカプセル」とかもそうかなあ。

 

美〜Hit Parade〜」はびっくりでしたね。え、これAKIRA?というアコギカッティング。「HOW DO YOU LIKE JAPAN? 〜日本はどんな感じでっか?〜」もか。

 

あとはざっと、娘。「愛と太陽に包まれて」、ミニモニ。恋愛一周年」、みきてぃの「大切」「銀色の永遠」、ダブルユー愛の意味を教えて!」「抱きしめないで 〜日記付き〜」、美勇伝クラクラ ディナータイム」、あやや「待ち合わせ」、べりっこ「図書室待機」、よっちょの「その出会いのために」とののアテナの「HAPPY MY FRIEND」とか。

 

ただのAKIRAたん大好きっこですか

 

つづく

 

CharlieGordonCharlieGordon 2007/07/26 09:03 解説読みながら
この順番で曲を聴いてみると
そんなねらいがあったのかー!
って叫び続けてしまいそう(笑)

OKPOKP 2007/07/26 10:12 空間感という言葉にもの凄く納得してしまいました。そうなんですよね、AKIRAは「間」の表現が絶妙なんです。手法よりまずそこに気づいてあげるべきでした。

yomayomayomayoma 2007/07/26 21:11 チャーリイさんをAKIRAヲタにするの巻。
 
>OKPさん
パッと楽器抜いたり、ためたりとか、多彩ですよね。彼自身ハモれるし、武器が多いという。エントリ参考にさせて頂きました。ありがとうございます!

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yomayoma/20070726/p1
Connection: close