Hatena::ブログ(Diary)

読丸電視行

本に遭っては本を読む活字中毒系プログラマー 読丸 の読書感想文日記です。    [総目次]    この日記をアンテナに追加    rss

2008/01/19 人形の部屋 - 自分を「大切」にする男を残し女は一人家を出る

[][][] 人形の部屋  人形の部屋を含むブックマーク

誕生日からいくらもたっていないのに娘 つばめの年齢を間違え、鋭く追及される父 敬典も、専業主夫生活がすっかり板につき、かつての同僚が壊したビスクドールに対する反応にも どこか余裕が――父と娘の壮大な蘊蓄ミステリ

母親役の年上女性の影が薄い点も含めて、『舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵』(歌野晶午) *2登場人物の配置が似通っている本作ですが、その発想と会話が自分のペースなのか、大人のペースに合わせるのか、がひとみつばめの最大の違い。そのためか、『舞田〜』では、ひとみが謎解きのきっかけになるんですが、本作ではつばめは主に良い聞き役に回っている感じ。

これだけ素直に父の蘊蓄に聞き入ってくれる娘って、希少価値かも。

聞き分けの良いはずのつばめ家出をする「お子様ランチで晩酌を」では、野球選手をやめて専業主夫になった父『ハンサム・ガール』(佐藤多佳子) *3にも似た、娘の忸怩たる思いが。よつばと!(あずまきよひこ) *4や『Papa told me』(榛野なな恵) *5のように、家事をしつつも仕事もきちんとやる父の方が、娘にとっては安心なのかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yomimaru/20080119/book
2004 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
2011 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2013 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 02 | 04 | 05 | 07 | 08 |
2016 | 01 | 04 | 09 | 10 | 11 |
2017 | 05 | 06 | 08 | 09 | 10 |
2018 | 01 | 03 | 06 |

文中、作家・評論家等の公人については敬称を略します。
     bk1-a8.net アフィリエイト / amazonアソシエイトに リンクした書影があります。