YAMDAS現更新履歴

このページは YAMDAS Project の更新履歴ページです。

Twitter Livedoor Readerに追加 はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS1.0

 | 

2004-12-10

[][] YAMDAS更新、もしくはダン・ギルモア著『我々こそメディア:人民による人民のための草の根ジャーナリズム』のさわりをどうぞ  YAMDAS更新、もしくはダン・ギルモア著『我々こそメディア:人民による人民のための草の根ジャーナリズム』のさわりをどうぞを含むブックマーク

Dan Gillmor 著『We The Media - Grassroots Journalism by the People for the People』の Introduction の日本語訳を公開。

『We The Media』については以前取り上げているので、書籍の情報については以下を参照いただきたい。

本文書は、一通り日本語にしただけの仮訳状態で、通常ならもう少し手を加えてから公開するのだが、これについてはそれをやる気力が湧かない。

こう書くと非常に投げやりなようだが、まあそうともいえる。もちろん誤記・誤訳の指摘は通常通り大歓迎です(原文もコメントアウトして残しています)。

簡単に事情を書けば、某社に依頼を受け、本書の査読や翻訳の準備を行うも、ある事情により翻訳を行うことにはならなかったということである。実は先日 Web & Internet Application Day に出向いた際に某社の編集者の方々にご挨拶する機会があった。きちんとお話することができて本当によかったと思う。

一応書いておくと、『We The Media』の邦訳は某社以外の某社から刊行される(はず)。おそらくは来年の早い時期に出ると思われる。その際には原著同様クリエイティブ・コモンズライセンスの元でオンライン公開されるだろう。そして CCPL だから当方も勝手に翻訳を公開できるわけだが、邦訳が出れば公開しておく意味はなくなるので、サイトから引き上げる予定である。つまりは、邦訳刊行までの期間限定公開だと思っていてください。

以下、11日に追記

なんという偶然、と驚いたのだが、著者のダン・ギルモアが、San Jose Mercury News を退社することを公表している。そしてどうするのかというと、「市民ジャーナリズムのプロジェクトに携わる」ということで、『We The Media』で唱道した市民ジャーナリズム、草の根ジャーナリズムに本腰を入れるということなのだろう。

『We The Media』は何よりジャーナリズムについての本である。しかし、著者自身がそうであるように前提となっているのはブログにより力を得た個人であり、RSS により可能になった情報の流通である。これは近頃の「どうでもいい」と言いつつ延々と続いたネットジャーナリズム周りの話に呼応するもので、ホットな話題であるのは間違いない(ホットを越えて火だるまになったブログもあるようだが)。アメリカでも最近 Slashdot で "Are Blogs the Future of Journalism?" なんてストーリーがあったりしたし。

……と書いておいて何だが、ワタシ自身は以前より例えば「ウェブログ・ジャーナリズム」みたいなのには懐疑的で、もちろんそれは可能なのだけど、例えばレベッカ・ブラッドが「参加型メディア時代におけるウェブログとジャーナリズム」に書いたことぐらいは前提にしてくれよなと思う。そうした視点で見ると、『We The Media』はその楽観的なトーンに正直「ぬるい」と感じるところもあるし、飽くまで読み物であって読者が予想もしないような展開を導き出す本ではない。

しかし逆に言えば、読み物としての強みも持った本とも言える。ちゃんとシビアな話も出てくる内容的にバランスの取れた本だと思うし、ハワード・ディーンの大統領選挙運動や韓国のインターネット新聞 OhmyNews の話など有名どころを含め、この手の話をする上でのまとめとして引き合いに出される本になるだろう。伊藤穣一は、レッシグの『FREE CULTURE』ハワード・ラインゴールド『スマートモブズ』の二冊を引き合いに出しており、実際この二冊への言及があるのだが、個人的には cluetrain manifesto のジャーナリズム版なのかもと思ったりした。突飛に思われるかもしれないが、cluetrain における「対話」が真に可能なインフラとなるツール・情報流通の仕組みができあがったということで。

オープンソース・ジャーナリズム、創発、Wikipedia、P2P、クリエイティブ・コモンズなど、いかにもな話題についての目配りもちゃんとなされており、いずれにしても本書により元気付けられる人は一定数いることは想像できる。それだけに当方が翻訳できないことを残念に思うが、そう思うのはワタシ一人だけで、他の人にとってはどうでもいい話であることも承知している。来年朝日新聞社より、もとい某社より優れた訳書が刊行されるだろう。

さて、上に書いたようなことを一部査読評価書に書かせてもらったわけだが、同じく『We The Media』のレビューを行った方と先週末お話する機会があったのだが、二人とも山形浩生の査読評価書を参考にしていたことが判明。たとえ中年厨房だとしても、氏の仕事には深く感謝するものである。

[] Wikiの可能性がさらに広がる?――「Wikinews」も始動  Wikiの可能性がさらに広がる?――「Wikinews」も始動を含むブックマーク

「オープンコミュニティーの百科事典サイト、ニュースに進出」を受けての NEWS WATCHERS' TALK だが、あんまり盛り上がっていない。残念。

WikiNews の構想自体が公表されたのは一月以上前で、HotWired の記事を見たときは、何で今頃? とちょっと不思議な感じがした。先日の Web & Internet Application Day についての記事といい、Wiki に関する報道は後回しにされる傾向にあるようだ。

冗談はともかく、WikiNews については必ずしも賛同ばかりではなく、伊藤穣一のエントリに代表される懸念も表明されている(このエントリ内のリンクと反応を辿れば、海外ブロガーの方々の初期のリアクションが掴めます)。

ワタシ自身も、この構想はちょっと無理があるんじゃないかと思う。Wiki の仕組み自体は問題ない。対応可能なフォーマットだろう。しかし、Wiki をニュースの即時性に対応させようとすると、内容の調整に人的リソースを無駄にしてしまうところがでてくるし、そういうのこそ blog とそれを連携させるメタデータなどの仕組みで束ねるものじゃないかと思うのだが。

実は、書き込みが熱を帯びやすい時事性のある話題を WikiNews に担わせて、Wikipedia をもう少しスタティックなものにするのが真の目的なんじゃないかとワタシは密かに睨んだのだが、これはいくらなんでも勘ぐりすぎかな。

[][] Wikipediaグループ@はてなグループ  Wikipediaグループ@はてなグループを含むブックマーク

Web and Internet Application Day 反応リンク集から Gleam さんの反応を読み、Wikipedia についてのグループがはてなグループでできているのを知る。

あの日 WIAD が終了した後お茶したときだったか、ただただしさんが「Wikiの利用者をもっと巻き込むと良い」という意味のことを言われていたように記憶する。

さて、第四回Wikiばなが告知されているが、日本で Wikipedia に関わっておられる方々をうまく巻き込むとよいのではないかと思ったりした。

[] 俺らは「ボケ」じゃない! と中国人ブロガー必死  俺らは「ボケ」じゃない! と中国人ブロガー必死を含むブックマーク

「博客でなくblogger」とのことなのだが、中国のウェブロ関係にも詳しい絵文録ことのはでためしに検索したら、「博客:e時代的盗火者」なんてエントリが出てくるわけで、本のタイトルにもなってるのを今更ねぇ。

反日中国人に IKEMEN JAPAN と言わしめた日本人の知恵を学びなさい……って、話が違いますね。すいません。

 | 
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2015 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)