YAMDAS現更新履歴

このページは YAMDAS Project の更新履歴ページです。

Twitter Livedoor Readerに追加 はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS1.0

 | 

2005-11-28

yomoyomo2005-11-28

[] はてなダイアリーキーワードの編集  はてなダイアリーキーワードの編集を含むブックマーク

今週末は帰省してベンジャミンと飲んだくれたり対談したり(協力してくれてありがとう!)で忙しかったので本サイトの更新はなし。

あと一週間ほどで『デジタル音楽の行方』が刊行されるので、はてなダイアリーキーワード yomoyomo を少し編集させてもらった。対象本人としては、これ以上の情報は必要ないと思う。

今日の画像は、ベンジャミンと対談時に撮影したもの。美しい砂浜と海。奴は相変わらず「海辺に別荘を持ちたい」とかほざいていたな。

[] AmazonがWikiを導入!  AmazonがWikiを導入!を含むブックマーク

これは驚いたねぇ。システム全体に導入されたものではないみたいだが、まさか Amazon についてのニュースで Wiki の名前を聞くとは思わなかった。/. のストーリーによるとタグなども既に導入されているみたい。

しかし、上記の記事を読むと、Wikizon というひっかけを除いても、Wikified とか Wikiness とかいった造語を見て、Wiki も一般化したのだなと思った。Wiki病(Wikiphilia)だけじゃないのである。

[] 「Wikipedia +2次元バーコード」,ケータイで観光ガイドを  「Wikipedia +2次元バーコード」,ケータイで観光ガイドをを含むブックマーク

Semapedia のことは以前紹介しようとしたものの、イマイチ意図というか理屈が分からずに取り上げ損ねていた。

そうした意味で日経BPネットビジネスのサイトにあるブログエントリはありがたかったのだが、ドイツでも Wikiposium なるシンポジウムが開かれていたとは知らなかった。

サイトを見るとドイツ語オンリーなので、ドイツローカルな催しなんだろうな。大学の第二外国語はドイツ語を選択したにも関わらず、こうしてドイツ語と対面してみるとまったく理解できないので紹介できないのが悲しい……

[] 京ぽん2まとめwiki  京ぽん2まとめwikiを含むブックマーク

ワタシは京ぽんユーザなのだが、気がついたら京ぽん2が発売されていた。

買い換えるにはちょっと早いようにも思うのだが、これから通信用途で増える機会も多そうだし、どうしよう……

まあ、ここらへんで情報を探ってから決めるとしよう。

[][] Wikipediaにエリック・アイドルの"FCC Song"のページができていた  Wikipediaにエリック・アイドルの"FCC Song"のページができていたを含むブックマーク

FCC Song のページだが、Wikipedia にはこんなページもあるんやねぇ、と感心。

この曲はアメリカの Federal Communications Commission(連邦通信委員会)並びにブッシュ政権を批判したものだが、『デジタル音楽の行方』にもアメリカの地上波ラジオが整理統合によりプレイリストの均一化が進んでいることや、歌詞にも登場するハワード・スターンに対するブッシュ政権と FCC の圧力の話がでてくる。

この問題に関してはクリア・チャンネルが悪役視されるわけだが、一筋縄にいかないのはクリア・チャンネルは自身が所有するライブ会場でのライブを録音し、来場者に販売するサービスを行う進んだ面も持ち合わせているところ。

[][] ブラジル文化大臣とフリーソフトウェア財団代表の華麗なるジャムセッション  ブラジル文化大臣とフリーソフトウェア財団代表の華麗なるジャムセッションを含むブックマーク

……と書くと何かと思われそうだが、Creative Commons 方面でもおなじみブラジルの文化大臣ジルベルト・ジルがリチャード・ストールマンに賞をあげた晩、rms の歌とジルのギターの共演があったとのこと。

rms の歌といえば The Free Software Song が有名だが、それに対しては jwz が "why cooperation with RMS is impossible" とか書いていたっけ。

[] KAME プロジェクトの歴史と成果  KAME プロジェクトの歴史と成果を含むブックマーク

KAME プロジェクトの完了については既にニュースを読んでいたが、無印吉澤で IPv6style の記事を知る。

執筆しているのは KAME プロジェクトを主導した IIJ の山本和彦氏なのだが、思えば1998年の Internet Week で、山本和彦氏による IPv6IPsec のセッションを受講し、氏の情熱に感激したものである。

また Internet Week では、2000年には Global IPv6 Summit にも参加したし、98年、2000年とも 6bone-jp BOF に参加し、山本和彦氏、荻野純一郎(itojun)氏、坂根昌一氏をはじめとする KAME プロジェクトのメンバー、WIDE の方々の丁々発止のやりとりを目の当たりにし、技術者として大変な刺激を受けたことを生々しく覚えている。

そういえば GNU Zebra の作者、IP Infusion の創業者、CTO である石黒邦宏氏(はてなダイアリーが忘れた頃に更新されますね)を見たのも 6bone-jp BOF だった。正直言ってそのときは、「ヘンな人だな」と氏の喋る姿を見て思ったというのはヒミツであるが(笑)

「KAME プロジェクトの歴史と成果」は BSD Magazine における山本氏の連載を読んでいた人なら知らない情報はそれほどないかもしれないが、KAME プロジェクトにまったく何の関係もないワタシも読んでいていろいろ思い出すところのある文章だった。

jiangmin-altjiangmin-alt 2005/11/28 00:28 わーい、対談だ!

yomoyomoyomoyomo 2005/11/28 00:42 しばらくお待ちくだされ

2005-11-24

[] 三冊目の翻訳書『デジタル音楽の行方』が刊行されます  三冊目の翻訳書『デジタル音楽の行方』が刊行されますを含むブックマーク

トップページを改装し、12月6日発売予定の新刊『デジタル音楽の行方』のサポートページを追加。

デジタル音楽の行方

デジタル音楽の行方

遂に刊行される。今回は前二冊と正反対に、翻訳を手がけていることをサイトに一切書かなかったので驚いた人もいるかもしれない。今はなんとか無事に仕事を終えることができた束の間の安堵感を味わっている。

サポートページに名前が挙がっている方々を含む、本書の成立に手を差し伸べてくださった皆様に対し、心から感謝したい。

せっかくサポートページも作るので、合わせて本家サイトのトップページも全面改装させてもらった。1999年に YAMDAS Project を始めて以来、全面的な改装は実は今回が初めて(!)だったりする。

そういうものぐさでなおかつデザインセンスが皆無な人間なので作業は難航を極め、結局結城浩さんのサイトをかなりインスパイヤしてしまった。す、すいません、結城さん!

[][] 音楽の未来への長い道  音楽の未来への長い道を含むブックマーク

『デジタル音楽の行方』の原題は The Future Of Music: Manifesto For The Digital Music Revolution で、直訳すれば『音楽の未来:デジタル音楽革命宣言』というなかなか勇ましい本である。

上で今回の翻訳についてはサイトで触れなかったと書いたが、正確には「lost in translation――なぜそれを訳したのか(2)」に分かる人には分かるように忍び込ませている。これは作業も終盤を迎え、いくらか息をつける余裕ができていたのだろう。

具体的には、Derek Sivers についての「最近読んだ本によると」というのは言うまでもなく『デジタル音楽の行方』のことだし、最後あたりの「これから取り掛かる仕事の肩慣らしのつもりで訳した」というのもしかり。

さて、その肩慣らしで訳した以下の二つの文章だが、

後者の文章を書いた Ed Felton のブログ Freedom To Tinker は、件の Sony BMG rootkit 問題で検証と情報の伝播に大きな役割を果たしたし、前者の原文を書いた Cory Doctorow を中心にして Boing Boing においてこの話題のエントリ乱れうち状態が続いている。

上に挙げたのはあくまでまとめエントリで、この問題について書かれたエントリは総計50を超える。テキサス州当局が提訴するにいたり、まだまだ終結とはいかないだろう(というか Sony BMG がネタ提供し過ぎるのだが)。

『デジタル音楽の行方』でもコピーコントロールは一刀両断にされ、DRM は「デジタル貞操帯」と揶揄されている。

The Yakumo Project : 日本語ドキュメントを英語圏へ The Yakumo Project : 日本語ドキュメントを英語圏へを含むブックマーク

Rogue Engineer's Diary / やさぐれ日記は Nerd TV 翻訳を読んで以来巡回先だったのだが、日本語のドキュメントを英語圏にもっと届けることを呼びかけた宣言が、

"YAMDAS Project"と似ているのは(ちょっとした敬意も込めての)ご愛嬌、ということで。

というとても嬉しい文章でしめられていることを id:otsune さんに指摘されるまで気付かなかったのは迂闊だった。

こういう文章を読むと、うっかり自分が素晴らしい仕事をしてきたかのような錯覚に陥りそうになる。

当方の感慨はどうでもよいとしても、例えば先日の Wiki小話/Vol.3 でも日本の Wiki エンジンを海外へという話が出たようだが、その一環としても「日本語ドキュメントを英語圏へ」というのは必要になるわけで、こういう動きは好ましいものだと思う。

[] Wikipediaの想定の範囲外の使い方  Wikipediaの想定の範囲外の使い方を含むブックマーク

いずれも Rauru Blog のエントリ。そりゃ困るよな。それにしても Wikiscripts なんてのがあるなんて知らなかったね。そうそう、Rauru Blog のエントリで忘れてはいけないのはコレ。

Wikipedia の Google Base との競合の話よりも重要なのは、Jimmy Wales の「WiktionaryWikiquote には、フリーフォーマットで構造化されていない Wiki よりも定型フォーマット的なテンプレートがあった方が良い」という話で、これを知っていると WikiSym での議論も納得できる。

WikiSym の模様については、Software Design 次号の「Wikiつまみぐい」を参照あれ。予告しておくと、次号の「Wikiつまみぐい」は豪華二階建てバスがビルに正面から突っ込んだような Wiki 狂い咲きな内容なので(おい!)是非読むように。

[] The daemon, the gnu, and the penguin: A History of Free and Open Source  The daemon, the gnu, and the penguin: A History of Free and Open Sourceを含むブックマーク

以前紹介した Peter H. Salus の新作がまとめて公開してあるページを知る。ネタ元は平々毎々

そうか、The daemon, the gnu, and the penguin というタイトルはジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』をもじったものだったのか。『銃・病原菌・鉄』がまたブームなのか? というエントリを以前書いてたのに気付かなかったな。

そういえば、ダイアモンドの新作『文明崩壊』がまもなく日本でも刊行されるみたいね(asin:4794214642, asin:4794214650)。

[] 町の図書館に入ったRFID 東葛西図書館訪問記  町の図書館に入ったRFID 東葛西図書館訪問記を含むブックマーク

最近では「RFIDの現在と未来」という文章も訳しているが、飽くまで対象がウォルマートなどでの利用の話が主で、他の利用事例も知りたいなぁと思っていたところだった。

当然なぜ RFID かという話になるわけだが、やはりここでも出てくるのは盗難問題だった。

あと、RFID とは関係ないが、以下のくだりもやはりといったところ。

 文藝家協会は公共図書館の副本問題で過敏になっており、図書館を「無料貸本屋」と罵倒する作家までいるが、図書館側としては、本の貸出数以外に社会貢献度を計る物差がないので、ある程度の数の副本をいれざるをえないのだという。

『フォルティ・タワーズ』30周年記念番組が放映 『フォルティ・タワーズ』30周年記念番組が放映を含むブックマーク

『フォルティ・タワーズ』の放送が始まって今年で30年になることは以前触れたが(そして反響の大きさに驚いた)、やはりそれを記念したテレビ番組が放映されていたのね。それに関するブログができるのが今風ということか。個人的にはマニュエルの現在の姿に……

さて、『フォルティ・タワーズ』は、ジョン・クリーズ(新種のキツネザルに彼にちなんだ名前がつけられたそうな)と妻コニー・ブースとの共作だったが(後に離婚)、コニー・ブースは報酬関係に不満で、『フォルティ・タワーズ』の DVD 化の際にはインタビューを受けなかったと聞くが、今回は登場している模様。嗚呼、見たい。

フォルティタワーズ DVD-BOX

フォルティタワーズ DVD-BOX

[] テリー・ギリアムが『爆笑問題のススメ』に出ていた  テリー・ギリアムが『爆笑問題のススメ』に出ていたを含むブックマーク

先日ベンジャミンから珍しく電話があった。

「お前、テリー・ギリアムって知ってるか?」「知ってるも何も……キミはワタシのサイトを読んでいないのかね。第一ね――」「テレビに出るぞ」「へ?(『フォルティ・タワーズ』のマニュエル風)」「爆笑問題の番組」「え”、あれ今日?」「今から始まるって」「……ありがとう」

というわけで見逃さずに済んだわけだが、大田がやたらと政治的なことを喋っていたな。しかも対象が『フィッシャー・キング』で、あの映画はギリアムは脚本にタッチしていない完全な雇われ監督だったのだけど(『12モンキーズ』もそう)。

ただ考えてみれば、ジェフ・ブリッジズという役者は、『タッカー』から『隣人は静かに笑う』までアメリカ人を体現した人とも言えるな。

フィッシャー・キング』はワタシも大好きな映画で、以前も書いたがグランドセントラルステーションのワルツの場面は、何度観てもボロボロ泣いてしまう。理由は分からない。このワルツの場面は脚本にないもので、もちろんギリアムが思いついたものだが、はじめ彼はこれを撮ることを躊躇したという。「これをやったら「テリー・ギリアムの映画」になってしまう」というのがその理由だった。

そして『フィッシャー・キング』が「テリー・ギリアムの映画」になったのは言うまでもない。

フィッシャー・キング [DVD]

フィッシャー・キング [DVD]

65歳になったギリアムは、ストックホルム国際映画祭で Stockholm Visionary Award を受賞した

hyukihyuki 2005/11/24 06:50 恐縮です。とりあえず、http://validator.w3.org/でValidなのと、Another HTML-lint gatewayで99点なのを確認しました。:-P

yomoyomoyomoyomo 2005/11/24 08:30 こちらこそ大変恐縮です。Another HTML-lintが思ったよりも高得点ですね。

2005-11-21

yomoyomo2005-11-21

[] YAMDAS更新  YAMDAS更新を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録桐野夏生『顔に降りかかる雨』を追加。

関係ないが、今日の画像は Creative Commons にお布施をしたら送られてきたTシャツ。

[] マイクロソフトCTOのレイ・オジーがブログを再開  マイクロソフトCTOのレイ・オジーがブログを再開を含むブックマーク

ビル・ゲイツから社員への大号令メール、通称 "Internet Tidal Wave 2.0" に関係して、いつのまにかマイクロソフトの CTO になっていたレイ・オジーの評価については、「Ozzie はBill Gatesの後継者としてMicrosoft に迎え入れられた」という声もあれば、一方で「ディティールの部分では彼にはさほどビビッドな感受性がないのは明らか」という声もあるが、その彼がブログを MSN Space で再開している。

最新エントリ V3 ではその再開の経緯なぞを書いていますな。

ネタ元は Scripting News

[][] Linuxネットワーキングに特化したWiki  Linuxネットワーキングに特化したWikiを含むブックマーク

Kernel Traffic で知ったのだが、Linux のネットワーク周りの情報に特化した Wiki ができている。

プロトコルレベルで項目ができているのは期待できるが、情報の蓄積度はまだまだこれから。Wiki のライセンスはクリエイティブ・コモンズライセンス(by-sa 2.5)。

[] Linuxカーネル開発HOWTOとネットワーク周りのドキュメントについて  Linuxカーネル開発HOWTOとネットワーク周りのドキュメントについてを含むブックマーク

Greg Kroah-Hartman は Linux のカーネル開発について何度も同じ質問をされるのに疲れてしまって HOWTO を書いたわけだが、そりゃ現にドキュメントがなければ同じことを質問されますよ。

ワタシはカーネルでもネットワーク周りのごく一部しか知らないが、Netfilter のメーリングリストを見ていて、「2.6.11で Netfilter の API がかなり変わったんだけど、それを解説したドキュメントある?」「ない」みたいなやりとりを見てため息をつき、それでもあっさりモジュールを書いてしまうハッカーを見て、こいつらにはついていけんと自身の力のなさを嘆きたくもなる。

『Linux Networking Architecture』の読書記録にも書いたが、ワタシは Linux カーネルの IP ネットワーク周りに特化した本が欲しいのよね。

まあ、あまり愚痴ばかり言っていても仕方がないので、オンラインで読める文章でカーネル部まで理解して書かれている、Linux の IP ネットワーキング周りの良質なドキュメントの代表例を挙げておこう。

上二つはこれまで何度も取り上げているが、ともに翻訳者にも恵まれたのは素晴らしいことである。が、問題は最後の奴で、これこそ Linux の IP ネットワーク実装を語る上で最も網羅的な文章だったりする。これが訳されていないこと、また原文も二年半更新がないため、徐々に obsolete になりつつあるのは残念。

科学の分野にWeb2.0のパラダイムをあてはめてみたScience 2.0 科学の分野にWeb2.0のパラダイムをあてはめてみたScience 2.0を含むブックマーク

また 2.0 かよという反応が想像できるが、Wikipedia と MIT OpenCourseWare にインスパイアされたというこういう試みは面白いと思う。具体的な議論については、ブレインストーミングのページに詳しい。

サイトのライセンスは、やはりここもクリエイティブ・コモンズライセンス(by-sa 2.5)になっちょるね。

[] デビッド・バーンのネットラジオとディスコ、そしてZimbra  デビッド・バーンのネットラジオとディスコ、そしてZimbraを含むブックマーク

犬にかぶらせろからトラックバックをいただいたので、id:gotanda6 さんに敬意を表してディスコな話題を。

Boing Boing に取り上げられているが、デビッド・バーンのラジオ局 Radio DavidByrne.com は今月は「オールドスクールなクラブミュージック」すなわちディスコな選曲になっている。デビッド・バーンは今月セレクトした楽曲について以下のように書いている。

These songs may have been what folks were referring to when a certain portion of the population held up “disco sucks” banners in the 80s.

トーキング・ヘッズの楽曲でも "Life During Wartime"(アルバム『Fear Of Music』収録)の中に、"This ain't no party / This ain't no disco / This ain't no fooling around" という歌詞があったっけ。彼らのベスト盤『Sand In the Vaseline』(asin:B000002LRK)のブックレットではバーンがこの部分について、「ふざけた歌詞だよね」とディスコを擁護していた覚えがあるが、どうやら今月のプレイリストは現在の彼が取り組んでいるプロジェクトに関係しているようで興味深い。やはり彼も Evelyn "Champagne" King とか好きなんだね。ワタシもこれを聞いて曲名を知ったのとかある。

さて話は変わって、今 Ajax を利用したウェブグループウェアを提供する Zimbra という企業が注目を集めているが、この Zimbra という言葉をはじめて聞いたのは、前述の『Fear Of Music』の一曲目 "I Zimbra" だったりする。ところで多くの人が知りたがっているくせにちょっと聞きにくいこととして……Zimbra って何?(笑) 地名?

ヘッズの『Fear Of Music』は、件の "I Zimbra" に代表されるアフリカンビートの導入という文脈で語られるアルバムだが、同時にジャケット、曲タイトルにいたるまでシンプル、クールにコントロールされたヘッズ流ホワイトファンクの完成形が堪能できるアルバムでもある。

Fear of Music

Fear of Music

ワタシは今でも「お笑いパソコン日誌」の復活を願っている ワタシは今でも「お笑いパソコン日誌」の復活を願っているを含むブックマーク

お笑いパソコン日誌が半年ぶりの更新してから一年が経った。つまり……実質一年半更新がないわけだが、ワタシはこのサイトをアンテナから外すことができない。

例えば今でもちょっと過去ログを読み出すと、その選択眼がとても楽しく感じられる。chic さん、もし死んでないのなら、ちょっと復活してみませんか?

tfjtfj 2005/11/21 23:36 誰もコメントしないので……。
”I Zimbra” はダダイスト Hugo Ball の音声詩 _Gadji Beri Bimba_ (1916) に基づいたものなので、特に意味はないと考えてよろしいかと。
ちなみに、_Gadji Beri Bimba_ の詩をそのまま使ってるわけでもないのですが、一応、H. Ball とクレジットはされていますね。

yomoyomoyomoyomo 2005/11/22 02:00 >誰もコメントしないので……。
いやー、そんなものです。ご教示ありがとうございます。
Hugo Ballのことは知りませんでした。今度帰省したら、ブックレットを確認してみます

matarillomatarillo 2005/11/22 16:38 「ちょっと復活」してますね;-) yomoyomoさんのおかげですね。

yomoyomoyomoyomo 2005/11/22 22:47 ワタシのおかげということはないでしょうが、いずれにしてもまた新しい文章が読めて嬉しいですね

2005-11-18

yomoyomo2005-11-18

[] YAMDAS更新  YAMDAS更新を含むブックマーク

yomoyomoの訳書・執筆記事Software Design の「Wikiつまみぐい」連載情報(第五回)を追加。本日12月号が発売されます!

今回は Wikiwyg の話で、これの原稿を書いている間にちょうど話題になり、その記事をきっかけにこれについて勘違いしていた点に気付くことができたのは幸運だった。

さて、今回の「Wikiつまみぐい」は塚本さんによる「WikiとWeb API」なのだが、偶然にも Kwiki という近いところを話題にしていたのが面白い。

先日公開された「ベンチャーキャピタリストが見たWeb 2.0カンファレンス」でも Socialtext が注目されているが、当方の埋め草雑文の一回目でこの企業を取り上げたのは我ながらよい滑り出しだったと思う。

Socialtext 周りの話は来月の「Wikiつまみぐい」でも出てきます。

[] SocialtextのRoss Mayfieldインタビュー  SocialtextのRoss Mayfieldインタビューを含むブックマーク

その Socialtext の CEO である Ross Mayfield のインタビューが AlwaysOn に掲載されている。ちゃんと読んで感想を書くつもりだったが、時間がないのでとりあえず先に紹介だけしておく。

  1. Why Wiki?
  2. Kill Your E-mail, Wiki Wiki!
  3. Big Brother Is Watching
  4. Open-Source Kwiki Equals Money in the Bank
  5. Will Wikis Enter the Mainstream?

[] はてなリングその後  はてなリングその後を含むブックマーク

はてなリングについて面白さが今のところビタイチわかんねぇと書いたが、yukatti さんの「はてなリング雑感」における「はてなリングを個人ポータルとして使うときっと便利では」という提言に興味を覚え、ワタシも作ってみた。

し、しょぼい……やはりこういうのは yuco さんたださんのようにいろんなところに手を伸ばしている人でないとかっこがつかないな。

ワタシは非常に不器用なので、なるだけ場を拡散させないというのがポリシーでもあるし。

ワタシもデジカメを買ったばかりで、そうした人間の習性で何かあれば写真を撮りたくなる時期なので、いずれフォトサービスを利用しようかと考えているからそれを加えようかと思う。

孫正義の「300年計画」って何だ? 孫正義の「300年計画」って何だ?を含むブックマーク

煽り屋 Spencer F. Katt の「F1参戦というITライフスタイル」でよく分からないところがあった。

電話をかけてきた友人の話によると、IT革命のライフスタイル・カンパニーを標榜するソフトバンクのオーナー、孫正義(彼は「300年計画」の一環として、わがジフ・デービスも一時所有していたことがある)が、ホンダのスーパー・アグリ・フォーミュラーワン・レーシングチームに密かに出資しているとの憶測が流れているそうだ。はたしてF1参戦は、彼の300年計画では何ラップ目あたりになるのかな?

「300年計画」って何だ? 調べてみると昔の WIRED のインタビューに行き当たった。

僕はね、「300年計画」というのは、本当に真剣に考えています。それは計画というより、僕がいなくても自動的に組織が発展していうシステムのことです。

すごいね、これは。現在の孫正義も同じように考えているのだろうか。

[][] podsafe music networkとAOR奥様  podsafe music networkとAOR奥様を含むブックマーク

以前ワタシはポッドキャストについて、もっと音楽系のが聞きたいと書いたが、その場合一番ネックとなるのが使用許諾の問題なのだが、やはりポッドキャスティングで使ってもいいとされる曲を集め、ポッドキャスターがダウンロードして使えるようにしたサービスサイト podsafe music network てなのができてたんやね。

Podcast Now! における紹介も参考にしてくだされ。

ちなみに podsafe music network を知ったのは、ただただしさんの「Podcastもちゃんと「推敲」してくれよ」から辿ってたださんの奥方がやられているポッドキャスト「AOR奥様」で紹介されていたからである。

たださんのエントリについてはワタシも以前から思っていたことと同じで、そしてそれが現状不十分だと思うので「ポッドキャスティングを普通の人達に」というのに少し懐疑的になってしまうのだが……なんてことはどうでもよくてだね。問題は「AOR奥様」だよ、「AOR奥様」。なーにーが「AOR奥様」やねん、そのふざけたタイトルは。こいつらけちょんけちょんにけなして血祭りにあげてやるわ!!

……という悪意に満ちた意気込みで聞いてみたのだが……おみそれしました。確かに面白い(笑)。何よりパーソナリティの二人とも記憶力が良くて喋りにキレがあって楽しい。ワタシなどかつては絶対的に自信のあった音楽系の知識がぽろぽろと失われ、会話に「ほら、アレ」が多発している現状を鑑みるに羨ましい限り。

AOR という言葉に何か軟弱な印象を持ってしまうのだが(失礼)、ワタシの音楽体験初期において全面的な影響を受けた兄も当時はクリストファー・クロスなんぞをよく聞いていたし、ワタシも結構影響を受けているんだよね。放送でも名前が挙がった Donald Fagen の Nightfly は、ワタシのオールタイムベストの一つだしな。

THE NIGHT FLY

THE NIGHT FLY

カセットテープの話などワタシも似たような文章を書いたことがあるのですっかり良い気分になっているとバブル時代の話をはじめて目が覚めた。Fuck off!

[] 音楽に合わせてイキましょう!  音楽に合わせてイキましょう!を含むブックマーク

アップル製品+アダルトグッズというと、何と言ってもかつて一部の人達を多いに喜ばせたネタ iBrator を思い出す。

Internet Archive には日本語訳も残っている。これを訳した奴はどうしようもないバカだね!

[] 史上最悪のアルバムカバー  史上最悪のアルバムカバーを含むブックマーク

はてなダイアリークラブにも駄目ジャケ100選てなものがあるが、O'Reilly Weblog の Bad book covers というエントリ経由で The Worst Record Covers of All Time というページを知る。

やはりこういう企画ってみんな考えるんやね、と思いながらスクロールしていると……み、三波春夫先生が! でも、何で知ってんの?

2005-11-14

[] YAMDAS更新、もしくは読書記録の再開  YAMDAS更新、もしくは読書記録の再開を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録ブレイディみかこ『花の命はノー・フューチャー』を追加。

半年近く読書記録を書いてなかったことに驚いた。忙しかったから仕方ないが、それを言うならこれから暇になるわけでもないわけで、それでも読書記録はぼちぼち書いていきたい。

元々は気軽に読んだ本について書くためのコーナーであり、だからこそ「書評」でなく「読書記録」としているのである。一つの本についての文章は短くてよいからもっと書かないと。読んだのに結局読書記録書かなかった本も多いし。

[] 「Jポップ」という言葉は、実は海外でも流通している?  「Jポップ」という言葉は、実は海外でも流通している?を含むブックマーク

加野瀬未友さんが大塚英志著『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』についてのエントリの最後で、烏賀陽弘道著『Jポップとは何か―巨大化する音楽産業』(asin:400430945X)について触れている。

『Jポップとは何か―巨大化する音楽産業』はとても優れた本なので未読の人には是非お勧めしたいし、「Jポップが日本の音楽が国際的に通用しているというイメージ(実際に売れているのではなく)を作り出すための言葉であった」というのは基本的にその通りだと思うのだけど、今年の夏だかにオックスフォード英語辞典(Oxford Dictionary of English)に podcast や wiki が収録されたという話を読み、その中に "J-pop" が入っているのにのけぞった覚えがある。

これを書くために Oxford Dictionary of English のサイトの新語一覧ページを見たのだが J-pop 入ってないね。前述のニュースを伝える BBC News のページには確かに入っているのだけど。

実際のところ、J-pop と言う言葉は欧米圏でどの程度認知されているのだろう。"podcast" 並みとは言わないまでも、"wiki" 程度には認知されているのだろうか。

[] ブライアン・イーノがシンセサイザーをオークションに  ブライアン・イーノがシンセサイザーをオークションにを含むブックマーク

ネタ元は Boing Boing

別に驚くことじゃないんだろうが、やはりブライアン・イーノという神格化された時期のある人の使っていたシンセとなると気になるね。

もっともイーノ自身はテクニカルにこだわる人間として見られることを嫌っているようだが。しかしさあ、

Brian Eno is selling off his beloved (and battered) DX-7, which was presumably used to compose the Microsoft Sound, among one or two other pieces of music.

確かに Windows 95 の起動音を作曲したのはイーノだけど、それよりもっと重要な作品がいくらでもあるだろうが!(怒)

[] 「辞書にない英語」のまとめWiki  「辞書にない英語」のまとめWikiを含むブックマーク

こういうまとめに Wiki は適している。Livedoor Wiki にこういう技術系以外の集積サイトがもっとほしいところ。

英文和訳を業とする管理者が、辞書に載っていない英語(単語・熟語)の意味をメモするための Wiki。

とのことで、扱う分野が幅広いのがありがたい。

[] アメリカでBitTorrent入門書が(意外にも)はじめて刊行  アメリカでBitTorrent入門書が(意外にも)はじめて刊行を含むブックマーク

BitTorrent For Dummies

BitTorrent For Dummies

ワタシがこれ興味を持ったのは、本書はアメリカで刊行される BitTorrent の名前が書名に入るはじめての本らしいこと。意外やねぇ。

和書だと既に何冊も出ているのだが、扇動的なタイトルが多くて、内容も大体想像できる。もっとも上の本にしても For Dummies シリーズの一冊だから技術的に奥まで突っ込んだ内容ではないのだろうが、BitTorrent 版『Winnyの技術』(asin:4756145485)の需要はないのかな。

そういう意味では、BitTorrentのソースコードで学ぶプログラミングというのはすごく良い企画なんだろう。

実はオライリーBitTorrent Hacks の企画を進めていたりして。

[] O'Reilly Podcasts  O'Reilly Podcastsを含むブックマーク

さて、そのオライリーだが、ポッドキャスティングへの取り組みは以前紹介したが、その専用ページができた模様。IT Conversations などの情報も表示されているということは、技術系ポッドキャストのハブ的サイトを目指しているということだろうか。

日本にもそうしたハブ的なサイトがぼちぼち欲しい頃である。いや、ワタシが知らないだけかもしれませんが。

ネタ元はオライリー・ジャパンの編集者の方(ありがとうございます)。

[] ブラザーズ・グリム  ブラザーズ・グリムを含むブックマーク

ジョナサン・プライスも歳を取ったなぁ……もうテリー・ギリアムはあの魔法のような瞬間を映像でみせてくれることはないのだろうか……

などと斜めに構えてみていたが、しまいにはかな〜り引き込まれていましたよ。

文句なしの娯楽作品。そういう映画。要所を絵画的イメージで締めながら、がっちり VFX で楽しませてくれる。

まあ、ギリアムじゃなくてもいいじゃないかといわれそうだが、ワタシとしては彼がスターを使った活気のあるメジャー作品で一線に復帰したことを素直に喜びたい。独特の汚らしさにちゃんと彼らしいテイスト(「毒」というほどではない)が出ているし、全般的に評価が低いのがよく分からん。

あと関係ないが、ギリアムはプロモーション来日時、「英語でしゃべらナイト」に出ていたのな。「爆笑問題のススメ」にも出るみたいなのでこれは録画しないと。

2005-11-10

yomoyomo2005-11-10

またかっとなったので、2.0を加えてしまった またかっとなったので、2.0を加えてしまったを含むブックマーク

デジタルガレージ、ぴあ、カカクコムの3社が株式会社「WEB2.0」設立というニュースを読み、またかっとなってしまい、「2005年は「2.0」の年だった」にまたどばっと2.0を追加してしまった。もう今度こそ最後だろう。

いや、実際には味噌汁2.0が受けたというのが大きいのだが。

株式会社「WEB2.0」には笑ってしまったが、折角ここまで来たら「Web2.0」を商標登録して火だるまになってもらいたいところだが、さすがにそんなことはしないか。

さて、Web2.0 については、かの Joel Spolsky が面白いことを書いている。以下、「Web 2.0、実体のないアーキテクチャか?」より引用。

私は、人々がWeb 2.0という語を使うのを聞くと、その日一日、自分が少し愚かになった感じがする

[] はてなリングについて  はてなリングについてを含むブックマーク

はてなの新サービスはてなリングだが、折角なのでとりあえず以下のリングに参加してみた。

今のところの狙いは大体分かるが、はっきりいって面白さは今のところビタイチ分からない。なので、ばんばんリングを利用することはないかも。

それよりも個人的には新はてなカウンターがヘボさが問題であった。有料サービス前提なのを考えると、これはかなりひどいと思った。

2004年度第2回 未踏ソフトウェア創造事業 2004年度第2回 未踏ソフトウェア創造事業を含むブックマーク

ノーチェックだったが既に終わっていたのね。ワタシが注目していたお二方の成果と評価は以下の通り。

ふーむ、江渡さんのをもっと早く見ていたら、今日脱稿した Software Design 原稿の内容は変っていたかもしれない。

オライリーがベースボールをハックする オライリーがベースボールをハックするを含むブックマーク

Baseball Hacks

Baseball Hacks

なんかタイトルが五七五調ですが。斜め上を突っ走るオライリーの Hacks シリーズだが、今度は野球が対象かよ!

オライリーのページを見ると、副題が "Tips & Tools for Analyzing and Winning with Statistics" で、ということは『マネー・ボール』実践編というか、統計データの利用法の解説本なのかな。

いずれにしても可笑しいな。絶対邦訳は出ないだろうが。

殺人博物館のグレアム・ヤングが完結 殺人博物館のグレアム・ヤングが完結を含むブックマーク

なぜか2005年の日本でブレイクしてしまったグレアム・ヤングだが、おなじみ岸田裁月さんの殺人博物館グレアム・ヤングのページが完結した。

他にも彼についてのページはいくつかあるが、さすが岸田さんという内容になっている。

僕に良心があると云えば偽善になるでしょう。僕の魂は空っぽで、何も感じられないんです

この言葉に尽きるのではないか。

[] ユニバーサル、DVD30本を各980円で再販するキャンペーン  ユニバーサル、DVD30本を各980円で再販するキャンペーンを含むブックマーク

こないだは FOX のキャンペーンを紹介したが、ユニバーサルのキャンペーンもそろそろ始まる。

しかしなぁ、『Ray/レイ』って昨年の映画でないかい? それが980円とはな!

このラインナップでぐっときたのは何と言っても、

さらば青春の光 [DVD]

さらば青春の光 [DVD]

純粋に映画として名作とはいえないと思うが、ロックファンなら見所が詰まっている。ピーター・バラカンも『魂のゆくえ』の中で、「あの映画ほど私の青春時代を如実に捉えたものを知らない(15ページ)」と書いている。

あとなんといっても『アメリカン・ビューティー』がお勧め。

オスカーの主要部門を独占したことで逆に軽く見る人もいるけどどうしてどうして。これは紛れもなく美についての映画ですよ。

yukattiyukatti 2005/11/10 02:06 写真きれいですね〜。
はてなリングは、わたしも参加してみたなかで http://css.ring.hatena.ne.jp/とhttp://nobody.ring.hatena.ne.jp/でちょっと面白さにひらめいた感じです。今また眠いのと頭が痛いのとでうまくその面白さの掴みをまとめられないんですけど、書き手としてそのリングに自分の書いたものを持ち寄ってみたら「注目記事」であがってきてるのが結構そのリングの興味と重なっていて読み手としても面白くなっちゃう、知らなかったサイトにも出会えたり、とかいうのがちょっとびっくりでした。ソーシャルアンテナ(今のところ、ピンポイントの条件つけられた登録型リンク集に近い?)+書き手と読み手をブックマークを介してつないでしまおう(境目を無くしてしまおう、両方から使っちゃおう)みたいな感じでしょうか……。というのはyomoyomoさんがお考えになった「狙い」と当たってるか外れてるか、いささかどきどきです。

yomoyomoyomoyomo 2005/11/10 02:23 ウェブリング2.0(うゎ)というか正に「ソーシャルアンテナ」ということだと思うのですが、なるほど、yukattiさんが書かれる「出会い」が最初にあれば、また印象が違っていたのでしょうね。現在のところ、既にほぼ全員フィードを購読しているサイトでメンバーが占められているということですね

walruswalrus 2005/11/10 16:21 個人的には社名「会社2.0」で会社設立してもらいたいとか...。

2005-11-07

yomoyomo2005-11-07

[][] YAMDAS更新、もしくはRFID技術の現在と未来  YAMDAS更新、もしくはRFID技術の現在と未来を含むブックマーク

Technical KnockoutRFIDの現在と未来を追加。Edward W. Felten の文章の日本語訳です。


RFID 技術については昔ワタシも Sensorware なんて文章を書いたことがあるが、それから大分経った。気がつくとあまりこれ関係の話題を聞くことが少なくなった。佐藤一郎氏のウェブ日記にも以下のように書かれていたっけ(2005年9月15日)。

ところでRFIDは今年はブレークするといわれ続けて、すでに3,4年経ったのですが、いつになったらブレークすのやら。それと国内のほとんどのRFID の応用事例は経産省などの役所の補助金がついた事業なのですが、その補助金が終わってからも引き続いてRFIDを使っている事例をきいたことがない。

海外に目を向けても「大企業と米政府によるRFIDの陰謀」を主張する新刊だとかRFIDタグは「獣の刻印」と主張するキリスト教系団体といったアレな話題を目にしてなんだかなと思っていたが、ウォルマート「RFIDタグで在庫補充が3倍効率的に」とのことなので、利用自体は進んでいるようではある。

一方で「米国、2006年10月よりRFIDパスポートを発行へ--さっそくプライバシーを懸念する声も」というニュースに関連して、以前訳した RFID パスポートに関する文章を書いていた Ed Felton がちょうど RFID に関する文章があったので訳した次第。それほど大した文章ではないが改めておさらい程度に。

またしても慌てて訳したのでおかしなところがあったら知らせてくだされ。

[] オライリーからRFID Essentialsが出る  オライリーからRFID Essentialsが出るを含むブックマーク

RFID Essentials (Theory in Practice (O'Reilly))

RFID Essentials (Theory in Practice (O'Reilly))

さすが米オライリーというべきか、満を持してかどうかは知らんが RFID 本が来月刊行される予定になっている。詳しくはオライリーのページを参照ください……といいたいところだが、こちらにもまだ詳しい情報はないんだよな。

Google APIをクローンせよ! もしくはYahoo!とマイクロソフトの損失 Google APIをクローンせよ! もしくはYahoo!とマイクロソフトの損失を含むブックマーク

こないだ書いた Google API をオープンスタンダードにしようという話に対してただただしさんが「Google APIをオープンスタンダードにするモチベーション」という異論を書かれているが、そのコメント欄でマイクロソフトの Robert Scoble のブログエントリの翻訳を知ったので紹介。原文は Yahoo’s new pretty maps are doomed (and so are Microsoft’s) ね。

Robert Scoble はそのブログを通してマイクロソフトのイメージを良くした人なんて言われるわけだけど、最近はちょっと書きすぎじゃないかと思えるときがある。

それはそうと彼も WordPress にブログツールをスイッチしたんやね。

[] Tropy Wiki  Tropy Wikiを含むブックマーク

今週末に話題となった結城浩さんによる Web 0.5 なソフトウェア Tropy だが、早速各種クローンが作られており、必然的にそれらの情報をまとめた Wiki もできているのできているのであった。

[] オープンソースのウェブベースコラボレーションツールSyncroEdit  オープンソースのウェブベースコラボレーションツールSyncroEditを含むブックマーク

SyncroEdit だが、O'Reilly Radar で以下のように紹介されている。

like Writely but they're an open source project. I've been waiting for this: in theory, companies will want Writely-style functionality within their firewall, so their business plans and marketing documents don't get send across the intarweb. I have never thought that there'd be much of a business in "word processing on the web", regardless of how much I love Writely, but I think that wikiwyg-style components are ingredients of much better and bigger apps that will be a business.

ふーむ、企業内ネットワークでのチーム内共同作業に適しているとな。

[] フラッシュ動画サイトYouTubeについてあれこれ  フラッシュ動画サイトYouTubeについてあれこれを含むブックマーク

以前 Google Video についてのエントリを書いたが、同様に動画を FLASH で見せてくれるサイトに YouTube があり、こちらは Flickr の動画版という趣きだが、興味深かったのはここもタグにより動画が分類されていること。同様に Yahoo! Podcasts がディレクトリ型でなくタグによる分類だったときには驚いたものだけど、それが Web 2.0 的ということなんだろうな。あまり「タグ」の効用について言及する人はいないけど。

さて、Boing Boing にここの FLASH を保存する方法が紹介されていたが、さっき Firefox でやったらブラウザ固まったぞ、コラ。

YouTube 自体以前よりなんか異様に重くなっているのでローカル保存したほうがよいのだろうか。日本にもこうした FLASH 動画サイトってあったっけ?

ついでにここでも例によってモンティ・パイソンの動画を探してみたが、目新しいものはなかった。強いて挙げれば、パイソン20周年記念番組の最後に放送された、その20周年の数日前に癌で死去したグレアム・チャップマンの追悼式における盟友ジョン・クリーズの弔辞と参列者によるおなじみ "Always Look On The Bright Side Of Life" の合唱の動画ぐらいか。

この弔辞の日本語訳は、拙文「追悼の作法」の後半にある。この動画自体30回は観ていると思うが、やはりその度に胸が熱くなる。グレアムの伝記映画の制作は進んでいるのかな?

[] FOX、DVD30タイトルを各999円で再販するキャンペーン  FOX、DVD30タイトルを各999円で再販するキャンペーンを含むブックマーク

DVD も以前なら2000円代前半で安売りされていたらピクンと反応していたが、今では1000円以下にならないとその気にならないわけで、何ともわがままなものだとも思うが、消費者としてはありがたいことには違いない。

で、FOX のキャンペーンだが、オスカー受賞作から娯楽大作までいろいろ揃っているのでチェックしてみてはいかがか。Amazon だと更に100円引きみたいだし。ワタシ的には以下の二作品がお勧めかな。

2005-11-03

iNTERNET magazine 2005年12月号 iNTERNET magazine 2005年12月号を含むブックマーク

INTERNET magazine (インターネットマガジン) 2005年 12月号

INTERNET magazine (インターネットマガジン) 2005年 12月号

いただいたので感想をば。

PUBLISHER'S NOTE で編集長は「放送・通信融合」について書いているが、今号の内容はそれとは合致しないと思う。特集の「ブログ進化系」にしても、目新しい話はない。まあ、情報がまとまっているには違いないから、そのあたりを追えてない人はまとめ読みして理解するのには良いのだろう。

それよりもベンチャー企業インタビューシリーズで取り上げられていた VOICE-BANK(ケロログをやっているところ)の記事が、こないだ「ポッドキャスティングを普通の人達に」を訳したばかりだったので興味深かった。

村上健一郎氏の eBay による Skype 買収に関する記事は技術志向でないので新鮮だったが、読んでもうーんという感じだった。ワタシがぼんくらなのだろうが。

[] 企業によるオープンソースサイトポータルってあったっけ?  企業によるオープンソースサイトポータルってあったっけ?を含むブックマーク

OpenSource.Nokia.com: Nokia launches Open Source siteノキアが開発するオープンソースのポータル OpenSource.Nokia.com ができていることを知る。個人的には Sofia-SIP が一番気になる。

で、思ったのは、こうした企業が開発するオープンソースサイトのリンク集というかポータルはないのかなということ。ノキアの他でこのように専用ページ(サイト)を設けている企業というと、以下のあたりがぱっと浮かぶわけだが、他にもあるよね?

こういうのをまとめたサイトってないのかな。そしてさらにもう一点、これらの取り組みはどの程度オープンソースコミュニティに評価されているのだろう。

[11月5日追記]:Good Wrappers For People Who Love Bad Know-Hows によると、ワタシが知らないだけで他にもいろいろあるようです。あと元のリストにも誤りがありました

[] Google APIをオープンスタンダードにしよう  Google APIをオープンスタンダードにしようを含むブックマーク

オープンソースよりもオープンデータという話があるが、その場合データのオープン性を支えるのは広義の API になる。また Web 2.0 的にも Google API はそのインフラ最右翼と目されているわけだが、Dave Winer が、

An open message to Microsoft and Yahoo, and major implementors of search engines: Please clone the Google API, without the limits.

という呼びかけを行なっている。ネタ元はもちろん Scripting News

いろんな議論の前提をすっとばしていきなり書かせてもらうと、Google はインターネット時代の「悪の帝国」最右翼とも言える。

Google needs competition. We need Google to have competition. You need to be competitive. We're close to the answer -- an open unlimited API that's easy to work with and compatible.

は傾聴に足る意見で、独自ドメインを取る Dave Winer の入れ込みもそのあたりがあるのではないか。

[] iptables tutorialに隠された失恋?  iptables tutorialに隠された失恋?を含むブックマーク

Linux ボックスをルータとして利用する場合のみならず、インターネットに直接つなぐ端末なら必ずお世話になるといってよいのが iptables である。iptables に関するドキュメントはワタシもいくつか訳しているが、何と言ってもその決定版が iptables tutorial である。

簡単に書けば、あなたが Linux ネットワーク技術者で、まだ iptables tutorial を読んだことがなければ、あなたは Linux ネットワーク技術者ではない(もちろん読まなくて十分に iptables を理解しているなら話は別)。

この文章が素晴らしいのは分量や内容の網羅性にとどまらない。ユーザインタフェースの iptables に留まらず、カーネルの Netfilter までしっかり踏まえた理解の深さがあるからである。さらに言うなら、Tatsuya Nonogaki 氏による日本語訳も原文の内容を十分に理解したとても良質なものだ。

久しぶりに原文を読みにいったらバージョン 1.20 が公開されていて、最初のほうを読んであれ? っと思った。日本語訳(バージョン1.1.19が対象)と比べてその意味が分かった。まず日本語訳の献辞から引用。

まず何より、このドキュメントを僕の素晴らしいガールフレンド Ninel に捧げる。彼女は、僕が今まで彼女にしてあげられたのより遙かに厚く、僕の助けになってくれた。あなたが僕を幸せにしてくれたのと同じくらい、僕があなたを幸せにしてあげられることを願っている。

この部分が、新しいバージョンではこう変わっている。

I would like to dedicate this document to my wonderful sister for inspiring me and for giving me feedback. She is a source of joy and a ray of light when I have need of it. Thank you!

えーっと、Oskar Andreasson さん、Ninel さんとはお別れになったんです……か?

マルガリータの沈黙:『予告された殺人』の町で(ガブリエル・ガルシア=マルケス『予告された殺人の記録』について) マルガリータの沈黙:『予告された殺人』の町で(ガブリエル・ガルシア=マルケス『予告された殺人の記録』について)を含むブックマーク

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

予告された殺人の記録 (新潮文庫)

少し前にと某所で「現役で世界最高の作家は誰か?」という話題になり、ピンチョン、アップダイク、バラードとともにガブリエル・ガルシア=マルケスの名前が当然のように挙がった。

読書記録も書いたが、彼の『予告された殺人の記録』はワタシも好きな小説で、最初に読む彼の小説としては最適だと思う(次は短編集でもっとマジックリアリズム色の濃い『エレンディラ』か)。

この小説の題材となった女性についての記事が載ったので読んでみた。

期待して読んだのだが、正直「だから何が言いたいの?」という感じの文章で、一気に気持ちが萎えた。いや、書きたいことは分かる。

小説は事実ではない。だが事実から小説を仕立てる場合、配慮が必要だろう。

しかし、こんなお説教を読まされてもな。小説だけからは分からない話もいくつかあり有用ではあったが。

ガルシア・マルケスは小説の末尾に大きなうそをつけ加えた。

いやさ、だからそれを「創作」というんですがね。このくだりは『予告された殺人の記録』における感動的な部分であるが、それが「事実」か「うそ」かなんて考えた読者などいないと思うよ。だってこれは「小説」なんだから。結局お前らの記事だって彼女のプライバシーをかぎまわって商売しているだけじゃないか! ……なんて青臭いことは言いませんが。

この問題については、映画『カポーティ』のほうが参考になりそうだ。我がシーマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)の演技も良いらしいし。

 | 
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2015 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)