YAMDAS現更新履歴

このページは YAMDAS Project の更新履歴ページです。

Twitter Livedoor Readerに追加 はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS1.0

 | 

2007-10-29

最近いただいた本の紹介 最近いただいた本の紹介を含むブックマーク

しばらく多忙な状態が続くので、最近いただいた本を紹介だけでもさせてもらう。

Software Design (ソフトウエア デザイン) 2007年 11月号 [雑誌]

Software Design (ソフトウエア デザイン) 2007年 11月号 [雑誌]

毎月いただいている Software Design だが、今月号の特集は「最新 組み込みLinux実践講座」で、ここでターゲットとなる Armadillo-500 のこと自体知らなかったのは情けない。最近 Linux プラットフォームでの開発から離れているので、こういうのを読んでおかないと。

東京大学工学部広報室特任教員の内田女史(id:ut-tlounge)より献本いただいた本で、東大どころか京大に落ちた人間がもらうのはどうだろうとも思ったが、これは学外の人への広報の本なのよね。

当方は読んでないが『高学歴ワーキングプア 「フリーター生産工場」としての大学院』(asin:4334034233)というおどろおどろしい書名の本が話題になっているが、万事ニーズとシーズをつなげることが重要なわけで、本書もそのための試みの一環なのだろう。

内容はやはり高度なものを含むのでワタシのようなボンクラには難しいところも多いが、やはり研究者の方々の顔が見えるのは良い。

やはりとっつきやすいロボットに関するところが面白く、46ページの写真には盛り上がった。

イノベーションの神話

イノベーションの神話

こちらは何度か取り上げている本で、オライリー・ジャパンの田村さんより献本いただいた。

既にオライリーのページからダウンロードできるサンプル PDF を読んでいたのだが、優れた本のオーラが出ていたので楽しみである。

時間が取れたら読書記録を書きたい。ただし、その時間ができるのは少なくとも一月以上先なのだが。

Googleの大統領候補チャンネルにマイク・グラベル登場 Googleの大統領候補チャンネルにマイク・グラベル登場を含むブックマーク

YouTubeで公開されているGoogle講演会動画のことは以前書いたが、現在では2008年アメリカ合衆国大統領候補の講演動画は Candidates@Google というプレイリストにまとめられている。

そこにかのマイク・グラベルが登場していた。

ワタシも彼のことは「暗いニュースリンク」で知ったクチだが、まだご存じない方は以下のあたりをお読みくだされ。

彼はまだ選挙から降りてはいないようだ。

[] シンプリー・レッドの解散はどうでもいいが、なぜ鈴木健二がメンバーなんだ?  シンプリー・レッドの解散はどうでもいいが、なぜ鈴木健二がメンバーなんだ?を含むブックマーク

Wikipedia のページを見て(日本語版にページがない…)、屋敷豪太がもうメンバーでないのを今更知ったりしたが、そのかわりにメンバーに日本人らしき名前があっておやと思った。

f:id:yomoyomo:20071029000133j:image

Kenji Suzuki鈴木健二)がメンバーに入っているのだが、これはどういうことだろう。別に最近いたずらで追加されたものでもないようで謎だ。

シンプリー・レッドについて触れておくと、ミック・ハックネルがマンチェスターのパンクスだったことは有名だが(映画『24アワー・パーティ・ピープル』のはじめにも出てきますね)、その彼がロックに復讐するがごとくゴージャスでムーディでスケコマシな音楽をやりきったことはある意味すごいことだと思う。

GREATEST HITS

GREATEST HITS

[追記]:コメントにいただいた通り、これは Kenji Jammer(鈴木賢司)のことで、Wikipedia でたまにある同姓同名にリンクしたミスのようだ。

[] ニルヴァーナの『アンプラグド』がようやくDVD化  ニルヴァーナの『アンプラグド』がようやくDVD化を含むブックマーク

Hotwire News(10月25日)で知ったのだが、ニルヴァーナの『アンプラグド』が DVD 化される。

アンプラグド・イン・ニューヨーク [DVD]

アンプラグド・イン・ニューヨーク [DVD]

つーか、何で今まで DVD 化されていなかったのだろう。未公開映像も含まれるみたい。現在 Amazon では1000円近く割引になっております。

[][] ツェッペリンの『狂熱のライヴ』がスペシャル・エディションで登場  ツェッペリンの『狂熱のライヴ』がスペシャル・エディションで登場を含むブックマーク

こちらは Amazon からのメールで知ったのだが、2枚組パッケージになって登場である。現在1000円以上の割引となっております。

解説に「3年かけて作られた」というのが強調されているが、スティーヴン・デイヴィスの『レッド・ツェッペリン物語』(asin:4789702332)を読むとその裏側が分かる。ツェッペリンの作品は、完成してからリリースされるまで異様に時間がかかったものが多いのだ。

さて、ツェッペリンといえば何といっても来月の再結成だが、本屋で立ち読みした AERA に批判めいた記事が載っていて、ロバート・プラントの風体をホームレス呼ばわりしていて笑いそうになった。

映画としての出来はちょっとアレなところもあるが、なんといっても30年前の全盛期の映像は、残骸となった現在の映像を見て萎える前に観ておくべきである。彼らのライブ DVD もまた時間ができたら鑑賞したい。

boostedboosted 2007/10/29 01:49 Kenji SuzukiはギタリストのKenji Jammerのことです。かつてはBomb The Bassなんかにも参加してました。

yomoyomoyomoyomo 2007/10/29 01:51 なるほど、鈴木賢司のことですね。ならばWikipediaでたまにある同姓同名にリンクしたミスということでしょうか。あとで追記しておきます

boostedboosted 2007/10/30 10:54 「私に1分だけ時間を下さい!」とミック・ハックネルに解散を思いとどまるよう説得するKenji Jammerを見てみたい気もします。

yukichi99yukichi99 2007/11/01 09:52 直しておきました。 < simply redのリンクミス

yomoyomoyomoyomo 2007/11/01 22:17 これは気付いた当方がやるべき仕事でしたね。ありがとうございました。

2007-10-24

[] WIRED VISIONブログ第10回公開  WIRED VISIONブログ第10回公開を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「MIAU設立に寄せて」を公開。

この文章は日曜日の昼に書いたもので、それ以降に公開された文章は本文には反映されていない。

これを書こうと思ったのは、本文にもある通り、なーんか反応が冷たくない? と思ったこと。もっとも津田大介良いバランスと書いていて、ワタシが心配する必要もないのだろうが、こうなったら意地でも書いてやると思った次第。それにこのままだと WIRED VISION で MIAU について触れる文章がなさそうだったしね。

この文章は、最後まで読んでガクっとなり、はてなブックマークに「これはひどい」タグがつく展開を予想していたのだが、実際の反応を見ると皆さん、黙々と MIAU タグをつけていて少し拍子抜けだった。うーん、皆さんが真面目すぎるのか、本当に気付かれなかったのか。

来週は今度こそお休みさせてもらいます。

[] オープンソースハードウェアChumbyの登場  オープンソースハードウェアChumbyの登場を含むブックマーク

このエントリでも紹介いただいている「Chumbyの誕生」を訳した人間として、chumby の製品化を祝いたいと思う。

screenshot

Boing Boing によるとまだ一般販売されているわけではないようであるが。

[][] Jamie Zawinskiのミックステープ  Jamie Zawinskiのミックステープを含むブックマーク

Jamie Zawinski がミックステープ企画を始めている。ダーク風味で落ち着いた曲が多いところは彼の好みか。

ポッドキャストなどダウンロードできる形式をとってない理由についても説明があり、それは飽くまで合法の範囲内におさめるためで、逆に言えば ASCAP にきちんと料金を払えばストリーミングできるのか。彼がオーナーを務める DNA Lounge も長く続いているよね。

これについては彼のブログのエントリも参照のこと。彼はオープンソースプログラマなので、MP3 アーカイブ用ソフトウェアのソースコードも公開されている。

私家版日本短編小説十選も選んでみる 私家版日本短編小説十選も選んでみるを含むブックマーク

こないだの企画はどうしても長編が多くなったので、短編小説についてもやりたくなった。これを世界で選ぶと収拾がつかなくなるので、日本文学からのみ選ばせてもらった。

上田秋成というと何と言っても『雨月物語』で、当方も20年以上愛読しているが(まったく飽きない)、そこでモラルに縛られる人間を描いた秋成が最終的にたどり着いた「樊噲」の地点は感動的ですらある。またこれは上と下に分かれていて、下の最後が通俗に堕したと評価されることが多いが、当方はその部分も含め大好きだ。

芥川で「戯作三昧」を挙げる人は少ないだろうが、20年以上前に読んで驚き、「これが小説なのか」と感動したものである。今読むと当時とは違ったものが見えるのは当然だが、馬琴が「辛抱しているよ。」と孫に思わず口答えしてしまうところなど涙なしには読めない。「樊噲」と「戯作三昧」は、ワタシの中でつながっている。

安吾の「白痴」は、個人的におそらく最も衝撃を受けた小説。最後の数ページは長らく暗唱できたくらいだが、今はもうできない。まぁ、バカですね。

谷崎の「春琴抄」は短編というには長いと言われそうだが、前回「瘋癲老人日記」を入れ損ねた埋め合わせと思っていただきたい。

筒井康隆は「おれに関する噂」や「最後の喫煙者」でも良かったが、当方が未読のもっと良い短編があるだろう。

現代の作家では他に小島信夫川上弘美山田詠美の短編も入れたかったが、これもまた気分ということで。

2007-10-22

「自由な世界で将棋を指し続けようぜ」とニール・ヤングは歌った(ウソ) 「自由な世界で将棋を指し続けようぜ」とニール・ヤングは歌った(ウソ)を含むブックマーク

先週、おそらく梅田さんの意図しない形で反響を呼んだエントリであるが、その反応を読んで、みんなマジメだなー、と思ってしまった。

当方は doublecrown さんの「窪田義行氏が学級委員長すぎる件」に尽きると思うんだけどね。

ここにも書いた通り、窪田義行のコメントを見たときには頭に血がのぼり、「日本将棋連盟なんてさっさと潰れて、大半の棋士は路頭に迷えばいかがですか」と罵倒コメントを書きそうになり、人様のブログでそれやっちゃいかんと思い止まったものだ。

個人的には窪田義行の慇懃無礼さが癪に障った。過去将棋を愛し棋士と親交をもったものの、将棋連盟や棋士に嫌気がさして離れていった文化人が何人もいるが、その理由の一端を見た思いである。

今回の件を受けて窪田義行は、「新たな時を開くかニコニコ動画」という文章を書いているが、何が言いたいのか分からない。というより何より、文章が大方他からの引用で、著作権法的にどうなんだというシロモノなのはギャグか釣りですか?

さて、NHK 杯の羽生善治二冠対中川大輔七段の対局はリアルタイムに見ていた。はっきり羽生の敗勢となり、何ズルズル粘ってんのかなー、と冷ややかに見ていたら、「勝ち将棋鬼の如し」的頓死にひっくり返り、解説の加藤一二三九段の「あれ? あれ? あれ? あれ? あれ? 頓死ですね! ひゃー!」に爆笑した。たまたま将棋にチャンネルを合わせていた幸運を思った。

はてなユーザの将棋大会「梅田望夫杯」を夢想する当方としては、窪田義行の実効性の薄い忠言に関係なく、今回の件で将棋に面白さを感じる人が増えることを願うばかりである。

しかしねぇ、元のエントリで梅田さんが書きたかったのって、絶対以下の部分だと思うんだよね。みんなもっとそこに突っ込めよ。

将棋で「金」の下に「玉」が来たり、「金」と「玉」が左右に並んだりするのってすごく普通のことで、そんなことに大騒ぎする人がいるなんて知らなかったよ、本当に。

ニコニコ動画で「羽生対中川」戦を見た - My Life Between Silicon Valley and Japan

これはワタシにとっても発見だった(笑)。

[] ブラム・コーエンがBitTorrentのCEOの座から降りる  ブラム・コーエンがBitTorrentのCEOの座から降りるを含むブックマーク

今日 BitTorrent Conference 2007 が開催されるが、Bram Cohen は既に CEO ではなくなっていることになり、既に修正されてるね。

CNET の記事は BitTorrent の実績について否定的なのが癪に触るが、Bram Cohen が CEO 向きの人ではないのは明らかで、これは良い決定だと思う。少なくとも技術者がぞろぞろ去っていく IT ベンチャーとは違う。

そういえば昨年 TechCrunch が Cohen の去就についてクソ誤報をかましていたが、彼のブログでも新 CEO の件が触れられていて、今回の決定がポジティブなものであること、そして今なお彼が会社に対するコントロールを保持しているのが分かる。

[] ポリスが27年ぶりの来日公演  ポリスが27年ぶりの来日公演を含むブックマーク

これは前にも書いたことがあるが、当方が初めて買った CD(レコード、ではない)はポリスのシングルスで、現在まで自分でも不思議なくらいスティングという人が好きなままである。

まさか実現すると思わなかったポリス再結成だが、考えてみればワタシ20年来のファンなのにスティングの来日公演にも行ったことなかった。それにアンディ・サマーズのふにふにギターとスチュワート・コープランドのすこーんドラムを生で聴けるなんて、これを逃す手はない。

と考えているうちに、気がつくと大阪公演の予約申し込みをしていた……。一人で見に行くことになるが、仕方なかろう。

Police: Anthology (Dig)

Police: Anthology (Dig)

[] 日本語吹替復活版『空飛ぶモンティ・パイソン』DVD BOXが発売!  日本語吹替復活版『空飛ぶモンティ・パイソン』DVD BOXが発売!を含むブックマーク

StarChartLog で知ったのだが、まさかこういう DVD BOX が出るとは思わなかった。

Monty Python's Flying Circus が空飛ぶモンティ・パイソンとして日本放送される際、山田康雄、納谷悟朗、青野武、広川太一郎、飯塚昭三、古川登志夫というキラ星のような声優たちが声をあてたことは知られている。

これは何で読んだか忘れたので間違っているかもしれないが、広川太一郎の「言っちゃったりなんかしちゃったりして」という名調子もパイソンの吹き替えで生まれたもので、これはパイソンの地元ネタなどそのまま日本語にしてもギャグにならないので時間が空いてしまいそれを埋めるためだったらしい。

そして、当時はまだ若手だった広川さんが頑張って繰り出すアドリブに触発され、他の人たちの吹き替えも気合の入ったものになったそうだ。かつて VHS 版が一巻だけ吹き替えで、それしか聞いたことがないので、手が伸びそうになるが……

私家版十大小説 私家版十大小説を含むブックマーク

関連リンクは愛・蔵太の少し調べて書く日記から辿れるが、こういうの大好きなので便乗しておく。

複数の人が選んでいる『百年の孤独』とか『ソラリス』が入っていないのは単にそれらを未読なためで、つまりはその程度の読書量しかない人間のチョイスなので真剣にとらないでいただきたい。半分近くは気分次第で変わると思うし。

2007-10-17

[][][][] WIRED VISIONブログ第9回公開  WIRED VISIONブログ第9回公開を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「アーロン・シュワルツ先生の次回作にご期待ください!」を公開。

今回のタイトルは……まぁ、分かる人には一目瞭然ということで(笑)。でも、白田先生も来月から連載再開だしいいんじゃないでしょうか。そうそう、祝! MIAU 設立!

アーロン・シュワルツについてはいずれ書くつもりでいたが、貴重な話満載のインタビュー日本語訳を見つけ、それがはてなブックマークでもまったく注目されていないことがこれを書く契機となった。

来週は勝手ながらお休みさせていただくことになると思う(というか、10月は5週あるので1回お休み権があるはずなので)。だからというわけではないが、今回は長めになってしまった。

『イノベーションの神話』邦訳が刊行される 『イノベーションの神話』邦訳が刊行されるを含むブックマーク

半年くらい前にここでも紹介した Scott Berkun の『The Myths of Innovation』の邦訳が刊行される。

イノベーションの神話

イノベーションの神話

Scott Berkun の本は『アート・オブ・プロジェクトマネジメント』(asin:4873112990)も評価が高かったし、これも期待できそう。本書の内容はオライリーのページでどうぞ。また「「イノベーションの神話」の著者Scott Berkunが10の疑問に答える」も参考になるだろう。

あとイノベーションと言えば、Economist の The age of mass innovation という記事で紹介されている『Innovation Nation』という本も面白そうだ。

artonさんの「Webアプリケーションの過去・現在・未来」 artonさんの「Webアプリケーションの過去・現在・未来」を含むブックマーク

arton さんが COMPUTER WORLD 2006年3月号に寄稿された文章ということで、初出は一年半ぐらい前になるが、Ajax 以前のウェブアプリケーションの流れが良くまとまっていると思う。

ネタ元はバカが征く

[] テリー・ギリアム監督の次回作が本格始動  テリー・ギリアム監督の次回作が本格始動を含むブックマーク

allcinemaによると、テリー・ギリアム監督の次回作は、The Imaginarium of Dr. Parnassus というタイトルのファンタジー・コメディになるそうだ。

テリー・ギリアムについては、フィリップ・K・ディックの伝記映画とかゴリラズの映画とかいろいろ噂はあったが、『ブラザーズ・グリム』にしても『ローズ・イン・タイドランド』にしてもちょっと満足できる映画ではなかったので、ここらでガツンと決めてほしいところ。

この映画の詳細については、WikipediaIMDB のページを参照くだされ。まぁ、公開は2009年以降みたいね。

脚本でチャールズ・マッケオンと組むなら、『バロン』のような壮大なホラ話としてのファンタジーがみたいね。

[] スナッチ  スナッチを含むブックマーク

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(asin:B000OPOBAQ)がなかなかの出来だったのですぐに借りてみようと思いながら、マドンナとの結婚後のガイ・リッチーの凋落を知ってしまうとなんか手が伸びなかった。

うん、本作も良い出来。独特な画面の動きというかスタイリッシュな映像の切れは確か、本作でも交通事故の交錯など入り組んだ脚本も良い。

ただまぁ、この場面の頃には酒飲みながら DVD を観ているボンクラのワタシには、誰と誰がどういうつながりだったか忘れてしまっているのだけど(笑)、それでも楽しめる。

ただトロ様の見せ場がなかったのだけは許しがたい。

emptypageemptypage 2007/10/19 00:20 訳者です。ご紹介ありがとうございます。みんなが好きなライフハックや煽動的な話題でなかったせいか反応はさっぱりでしたが、おかげさまでもういくらか読んでもらえることでしょう。Aaron たちにも面目が立つというものです。

yomoyomoyomoyomo 2007/10/19 01:06 コメントいただきありがとうございます。調べものをしていて見つけて驚き、読んでいるうちに一気に書く気が湧いたので、今回の文章はこの翻訳のおかげです。ありがとうございました。

2007-10-15

雑誌Makeから広がるMakerの輪、あとMake日本版Vol.3について 雑誌Makeから広がるMakerの輪、あとMake日本版Vol.3についてを含むブックマーク

直前の告知だったためどうなるんだろうと他人事ながら心配だった第1回 Make: Japan Meeting が大成功だったとのことで何より。約30名も集まったなんてすごいですな。

実は先週末ようやく Make 日本版 Vol.3 に目を通す時間ができた。

Make:  Technology On Your Time Volume 03

Make: Technology On Your Time Volume 03

今号の特集は Fringe で、言葉通りにとれば「辺境」、さらにいえば「トンデモ」と断じられがちな「非正統派」に目を向けているのは興味深かった。44-45ページに有力な非正統派科学研究として以下の5つが挙げられているが、ものになるとなるとどうだろう…

  1. ゼロポイントエネルギー
  2. 生体電磁気学ニコラ・テスラが提唱)
  3. 空気自動車
  4. 電気重力(タウンゼント・ブラウンが提唱)
  5. 永久磁石モーター

あと「フリーメーソンの復活」という、職人たちのギルドが基だったのに「モノ作り」から離れたときにオカルト的性質を帯び始めたのではないかという分析は、他のものにも適用できそうな話である。

「キワモノ科学」とされたテーマに敬意を払い、関係者と個人的に知り合いになりながらフリンジサイエンスを追い、しかしまやかしはまやかしと指摘するロバート・シャデワルドの本は邦訳されないかな。

あとついでながら本家 Make から派生した『Making Things Talk』という本が出ることを Boing Boing で知った。

Making Things Talk

Making Things Talk

[] iPod Touch向けWikipediaビューアiPodia  iPod Touch向けWikipediaビューアiPodiaを含むブックマーク

Micro Persuasion で iPod Touch(ということは、iPhone も含むよね?)向け Wikipedia ビューア iPodia を知る。

この手のサービスって英語版のみ対応だったりするのだけど、これは Wikipedia 日本語版にも対応しているのはありがたい。

パソコンで表示させてみると、サイドバーがなくなりフォントサイズが大きくなった感じである。

オライリーがFacebookのレポートを販売している オライリーがFacebookのレポートを販売しているを含むブックマーク

Web 2.0 Research Report に続く O'Reilly Radar レポートのお題は Facebook である。

書籍でなく PDF で149ドルとはなかなかに値が張るが、それだけの濃いレポートが読めるのだろう。業務などで Facebook についての情報をばしっと掴む必要がある人にはそれでも安いのかも。それに2回アップデート権もついている(ウェブサービスは変化が激しいから)というのもうまいね。

こないだの This Year's Model でも触れた Graphing Social Patterns で基調講演を行ったティム・オライリーThe Social Network Operating System というエントリを書いている。かつて彼が書いていたインターネット OS の発展形ということかしら。

文化系トークラジオLife書籍版が11月7日に発売 文化系トークラジオLife書籍版が11月7日に発売を含むブックマーク

公式サイトでも告知されているが、当方もこないだ Life Goes On という文章を書かせてもらったラジオ番組「文化系トークラジオ Life」が書籍化される。

文化系トークラジオLife

文化系トークラジオLife

他にもいろいろイベントがあるようだが、これからも番組としてのフォーカスを見失うことなく、いろんなものを巻き込んでほしいですな。

「闘わないプログラマ」が次回最終回…… 「闘わないプログラマ」が次回最終回……を含むブックマーク

そんなわけで10年が経ちました。前から言っていましたように、このサイトは10年で一区切りを付けたいと思います。と言っても今回ではなく、次回が最終回になります。

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/~lepton/program/p5/prog511.html

以前にも予告されていたこととはいえ、とうとうこの日が来るのか……

ワタシが YAMDAS Project を始めたのが1999年2月で、その前の1998年以前から現在まで続いており、ワタシ自身読み続けているウェブサイトを挙げてみる(あいうえお順)。

更新頻度がかなり下がったもの(chic さんや風野さんなど)や明らかに以前ほど楽しく読めないもの(どれとは書かない)もあるが、一応10個挙げることができほっとした。

またこれらは大部分手書き HTML のサイトで、これは個人的に心強い。もっともそういうワタシのところは、はてなダイアリーと WIRED VISION での更新が主で、手書き度が圧倒的に下がってしまったけど。

[10月16日追記]:今頃気付いたのだが、闘わないプログラマが今回でなく次回を最終回にするのは、512回でキリ良く終わりたいということなんだろうな。

yukichi99yukichi99 2007/10/15 01:54 iPodia試してみましたが、「日本」とか長い項目になると切れちゃいますね。まあ、暇つぶしには問題はありませんが。

yomoyomoyomoyomo 2007/10/15 08:13 パソコンで見る限り、切れてないように見えるのですが、iPod Touch側の問題でしょうかね

2007-10-10

[] WIRED VISIONブログ第8回公開、そしてFacebookについての補足  WIRED VISIONブログ第8回公開、そしてFacebookについての補足を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「This Year's Model」を公開。

タイトルはエルヴィス・コステロのアルバムタイトルをいただいた。

This Year's Model (Dig) (Spkg)

This Year's Model (Dig) (Spkg)

コステロがこのタイトルに皮肉を込めていたのは明らかだが、当方の文章にそうしたシニシズムはなく、肯定的にまとめられたと思う。実は最後に罵倒表現があったのだが、公開直前に穏当に直させてもらった。

既に江坂編集長には伝えているが、これから毎週はブログを更新できなくなる見込みなので、それまでに充実感を覚える文章を書けてよかった。

Facebook についてはユーザ層の分析、例えば論議を呼んだ danah boyd の Viewing American class divisions through Facebook and MySpace の話、あと Facebook 向けアプリは一握りの人たちが牛耳っているといった話は盛り込めなかった。

ちょうどこの原稿を書いているとき、New York Times に The Fakebook Generation という op-ed が掲載されている。

そして文中で触れた Graphing Social Patterns については、早速 Read/WriteWeb にレポートが掲載されている。

あと創業初期のメンバーだった人が Inside Facebook という本を書いているみたい。

Inside Facebook: Life, Work and Visions of Greatness

Inside Facebook: Life, Work and Visions of Greatness

[] BitTorrent Conference 2007が開催される  BitTorrent Conference 2007が開催されるを含むブックマーク

先ごろ BitTorrent 日本オフィスツアーが開かれたようだが、今月22日には BitTorrent Conference 2007 が開催されるとのこと。

Bram Cohen も来日するというのは本腰を入れている証拠なのかな。当方は行けないのが残念。

P2Pとかその辺のお話で知った、BitTorrent Inc. の CEO である Ashwin Navin の動画をリンクしておこう。

BitTorrent も「ダウンロードしまくり!」みたいなアングルでなく、その技術についてフォーカスした解説本とか出ないものかな。

Alpha Kittyのビデオブログが日本語化されていた Alpha Kittyのビデオブログが日本語化されていたを含むブックマーク

以前にも書いたように当方は、日本字幕付き RocketBoom を dotSUB.com 経由で見ているのだが、見慣れない Vlog が日本語字幕化されていた。

ポップで楽しい作りになっているが、この AlphaKitty って有名なのかしら。

ビデオブログというと最近では Boing Boing TV が話題になっているが、日本でこれに続く動きは出てくるのだろうか。

[] 「郊外」を舞台にした映画10選(パート2)  「郊外」を舞台にした映画10選(パート2)を含むブックマーク

「郊外」を舞台にした映画10選を以前紹介したが、それのパート2が公開されている。アカデミー賞受賞作品などが入っていない分、権威主義とは別のところで純粋に楽しめるリストになっている。

ネタ元は例によって Digg

90年代の作品が多いが、ジャンルもバラエティに富んでいる。この中から一つ選ぶなら、後味の悪さがピカイチな衝撃ラストの『隣人は静かに笑う』だろうか。

[] やっぱりしなもんに噛まれたい  やっぱりしなもんに噛まれたいを含むブックマーク

近藤淳也さんに、しなもんにガブリと噛まれたいんですよ! しなもんに踏まれたいんですよ! もう無茶苦茶にされたいんですよ!」と目を血走らせながら迫り、ドン引きされたこともある。

はてなの米国進出とともに近藤夫妻がアメリカに渡ると知ったときは、しなもんに会えるチャンスがなくなることに密かに涙を流したこともある。

はてななんぞに興味のない女友達に「むっちゃかわいい犬のページがあるんよ」としなもん日記の URL を送りつけたこともある。

しなもんにペロペロ足を舐めさせて悦に入っている id:nagayama を ustream で見て、殺意を覚えたのはこの間のことだ。

何とでも言え、ワタシはしなもんが好きだ。

言いたかないが、10歳となると老犬に属するだろう。ワタシとしては、しなもんさんが飼い主夫妻とともに、末永く健やかな生活を送られることを願うばかりである。

2007-10-09

[] はてなダイアリーのGoogleキャッシュにAmazonアソシエイトIDが反映されないのははてなの仕様なのか?  はてなダイアリーのGoogleキャッシュにAmazonアソシエイトIDが反映されないのははてなの仕様なのか?を含むブックマーク

はてなダイアリーの Google キャッシュを見ていて奇妙な現象に気付いたのだが、はてなダイアリーの Google キャッシュから Amazon アソシエイト ID が消えるのは、はてなの仕様なのだろうか?

当方ははてなダイアリーの有料オプションを利用しており、Amazon アフィリエイトも利用しているので、はまぞうで Amazon へのリンクを作成すると、その末尾には yamdasproject-22 が付く。

しかし、当方のはてなダイアリーの Google キャッシュを見ると、はまぞうで作成したリンクに yamdasproject-22 がつかないのだ。

http://72.14.235.104/search?q=cache:d.hatena.ne.jp/yomoyomo/

もちろんこの数日で有料アカウントを止めたり再開したりとかはしていない。

他の有料ユーザのはてなダイアリーの Google キャッシュを調べてみたら、やはり Amazon アソシエイト ID が反映されていない。

http://72.14.235.104/search?q=cache:d.hatena.ne.jp/lovelovedog/

http://72.14.235.104/search?q=cache:d.hatena.ne.jp/kanose/

愛・蔵太さんや加野瀬さんのところが分かりやすいが、サイドバーなどに表示される Amazon へのリンクではそういうことはなく、飽くまではまぞう経由のリンクだけに起きている。

Google が検索結果からアソシエイト ID を抜いているAmazon が GoogleBot にアソシエイトIDを見せていないことは、たつをさんのエントリ(その1その2)を読んで知っていたが、Google キャッシュからアソシエイト ID を抜くなんて話は知らないし、G-Tools 作成のリンクや静的 HTML におけるリンクでも今回の現象は見られないので、飽くまではてな(はまぞう)の仕様と思うのが妥当だろう。

Google キャッシュというのが微妙だが、これははてながダイアリー有料ユーザの取り分を搾取しているという話にならないのだろうか?

悪意に解釈しすぎと言われるかもしれないが、過去はてなダイアリーのモバイル版で同様に Amazon アソシエイトが正しく機能しない件のユーザからの問い合わせメールをシカトした前科があるので、当方はこの件に関してどうしても色眼鏡で見てしまう。

一言で言うなら、身銭切っているユーザをなめるなよ、ということだ。

[追記]Google Reader でもついていないとの指摘があった。Google の bot に対してははまぞうのテンプレート展開を行っていないということだろうか。なおさら意図的なものを感じる。

[追記2]「はてなダイアリーのASIN記法のリンク先について」において、本問題の対策が公開されています。早速対応いただきありがとうございました。

shosho 2007/10/09 09:03 「Googleが検索結果からアソシエイトIDを抜いている」んじゃなくて「AmazonがGoogleBotにアソシエイトIDを見せていない」です。主体が違う。

yomoyomoyomoyomo 2007/10/09 22:44 ご指摘の通り、読み違えていましたので、訂正させていただきました。

2007-10-03

[] WIRED VISIONブログ第7回公開  WIRED VISIONブログ第7回公開を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「Life Goes On」を公開。

タイトルは 2Pac の曲名を借用。

Greatest Hits

Greatest Hits

予告通り、また『CONTENT'S FUTURE』を取り上げさせてもらった。要は、文化系トークラジオ Lifeと黒幕プロデューサ長谷川さんへのエールである。

CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X)

CONTENT'S FUTURE ポストYouTube時代のクリエイティビティ (NT2X)

以下、今回の文章に盛り込めなかった裏話を。最初に mixi の足あとの話が出てくるが、たまーに氏の足あとがついていて不思議だったので聞いてみたら、ウェブを見て気になる人をみたら意識して足あとをつけていたそうで、そのいじましさに一気にこの人に親近感を持った。

ところで『CONTENT'S FUTURE』の長谷川さんのインタビューを読み、何か不思議な気分になった。二年近く前になるが、某 IT 企業の方々と昼食をご一緒したときに、ポッドキャストへのコメント機能について盛り上がったことがあったのだ。インタビューの最後に長谷川さんがノートを取り出してメモを始める場面があるが、その IT 企業の社長も同じようにワタシの目の前でノートを取り出して熱心にこちらの話すことをメモし出して、その真摯さにその日二日酔いだったワタシはたじろいだものである。

近藤さん、あのポッドキャストへのコメント機能を実現していれば、ニコニコ動画に先んじられたのと違いますか?(笑)

『蘇るPC-9801/PC-8801/PC-8001&PC-6001伝説 永久保存版』が出る! 『蘇るPC-9801/PC-8801/PC-8001&PC-6001伝説 永久保存版』が出る!を含むブックマーク

Amazon から以下の文面のメールが来た。

Amazon.co.jpで、以前に「高橋浩和の『Linuxカーネル2.6解読室』」をチェックされた方に、アスキー書籍編集部の『蘇るPC-9801/PC-8801/PC-8001&PC-6001伝説 永久保存版』のご案内をお送りしています。

どういうつながりやねん(笑)

蘇るPC-9801/PC-8801/PC-8001&PC-6001伝説 永久保存版

蘇るPC-9801/PC-8801/PC-8001&PC-6001伝説 永久保存版

これは『蘇るPC-9801伝説』(asin:4756144195)、『蘇るPC-8801伝説』(asin:4756147305)、『みんながコレで燃えた!NEC8ビットパソコン PC-8001PC-6001』(asin:4756145914)をあわせたものだと思う。もしかしたら『蘇るPC-9801伝説 第2弾』(asin:4756148832)も入るのかな?

なかなかの値段がついているが、上のシリーズが出るたびに買いそうになりながらどうもふんぎりがつかなかったこともあり、これは良い機会だと予約をいれさせてもらった。

これは前にも書いたかもしれないが、実家にあった PC6001mkIISR を少し前に遂に処分してしまったので、やはりこれは買っておくべきだろう。

ティム・オライリーが現在のWeb 2.0状況を過小評価する理由 ティム・オライリーが現在のWeb 2.0状況を過小評価する理由を含むブックマーク

分かってないなぁ。

パソコン(の基本ソフト=OS)にたとえるなら、ウェブ2.0は、まだ(92年に発売された)ウィンドウズ3.1の時代にあるといえるだろう。まだ先は長く、数多くの発展や革新、市場の大転換が待ち構えている。マイクロソフトが今日のような勝者になれたかどうかは、発足時には誰も分からなかった。産業が成熟期を迎えれば、今後5年以内にはウェブの世界の風景は大きく変わるだろう。

ページが見つかりません - 毎日新聞

Web 2.0 と言われる状況になり、昔よりはウェブは格段に便利になったと思うのだが、ティム・オライリーは、Windows 3.1 を持ち出したり妙に評価が低い。

それにこのインタビューもそうだが、「Web 3.0 はどうなる?」みたいな質問をされても、彼は(ヴィジョナリーのくせに)「まだ早い」という感じで先のことを語りたがらない。

この理由は明らかだ。

まだまだ(できればあと五年くらい)Web 2.0 の看板で商売続けるぞ!!

とワタシは睨んでいる。

実は最近オライリーは豪邸を建ててたりして、というのは単なる邪推です。すいません。

[] 死霊のはらわた3/キャプテン・スーパーマーケット  死霊のはらわた3/キャプテン・スーパーマーケットを含むブックマーク

監督のサム・ライミと主演のブルース・キャンベルが鮮烈なデビューを飾った『死霊のはらわた』シリーズの第三作目である。

ワタシは高校時代に『死霊のはらわた2』を観て、ブルース・キャンベルの一人芝居にノックアウトされ、こんなおもろい映画作る人間もいるんだなぁと感心したものだ。

でも、本作が公開されたときは、『キャプテン・スーパーマーケット』というタイトルにてっきりコメディだろうと思って見逃していた。原題がそうなら仕方ないかと思ったら、全然違うじゃねえか!

しかし、ここが面白いのだが、本作は『死霊のはらわた2』の紛れもない続編でありながら(といいつつ、『2』のラストと正確には符合しないんだけど)、ホラーではない。はっきりコメディに軸足を移している。ブルース・キャンベルの一人芝居のおバカな熱演具合は何ら変わっておらず、憎めない出来だ。

今ではサム・ライミも『スパイダーマン』シリーズで押しも押されぬ巨匠である。ライミとキャンベル、そしてロバート・G・タパートの3人が大人たちを半ばだまくらかして『死霊のはらわた』という快作をものにした当時からすれば信じられない話だが、今もこの3人が何かにつけ名前を連ねるのは本当に良い話に思えるし、本作のオーディオコメンタリーでもライミとキャンベルの二人はとても楽しそうだ。

なお、エンディングはやはりライミのバージョンのほうが良かった。ブルース・キャンベルは国宝級の役者である。

2007-10-01

[][] はてなダイアリーの新インターフェース実験  はてなダイアリーの新インターフェース実験を含むブックマーク

他人のダイアリーのソースが見れるという機能には意見が分かれるところだろうが、他のブログサービスでこういう機能は聞いたことがない(もちろん HTML ソースは見れるけど)。個人的には他人の記法を参考にすることはないので特に興味はないが、先日のサブアカウントを4つまで取得可能になった変更とあわせ、はてな的キモさを押し進めるつもりなのだということが伝わってくる。立派なもんじゃないか。

ただ h3 ヘッダ周りの HTML 構造変更はちょっと嫌かも。これは飽くまで個人的な好みな問題であり、そう変わったらため息ついて CSS に手を入れるだけだけど。

見出し文全体がそのままリンクになるのは、ブログサービス的には珍しい仕様ではないが、そこにリンクを入れた書き方をしている(ワタシもある時期までそうしていた)人は困るんじゃないかな。それに■という全角文字が問題なら、画像に置き換えれば(+Alt 属性に"*"を入れる)いいんじゃない?

まぁ、はてなははてなとしかいいようのない取り組みで、ワタシの志向と決定的に齟齬をきたさない限り使い続けることになるだろう。

POP2*0で紹介されている和田靜香の医療本が面白そうだ POP2*0で紹介されている和田靜香の医療本が面白そうだを含むブックマーク

ここで紹介されている和田靜香さん(久方ぶりにフレームを使った個人サイトを見た)の医者患者本がすごく面白そうである。

「プロ患者学」入門 (扶桑社文庫 わ 7-1)

「プロ患者学」入門 (扶桑社文庫 わ 7-1)

ワガママな病人VSつかえない医者 (文春文庫PLUS)

ワガママな病人VSつかえない医者 (文春文庫PLUS)

最近ではマイケル・ムーア『シッコ』があったが、もうこの歳になると大きな病気の一つ二つかかっても全然不思議じゃないもんね。こういう本を読んでおかないといかんのだろうな…

[] 型破りで必見の西部劇映画10選  型破りで必見の西部劇映画10選を含むブックマーク

西部劇はあまり得意なジャンルでないので、ここで挙げられている作品で観たものは一つもなく、タイトルを知っていたのも『ガルシアの首』と『プロポジション』だけという体たらくである(後者はニック・ケイヴ絡みで知っていた)。

あえてメジャー作は外されているようで、クリント・イーストウッドの初期監督作、ロジャー・コーマン映画学校時代のジャック・ニコルソン主演作、サム・ペキンパーダスティン・ホフマンのコンビなど面白いリストになっている。ペキンパーの映画ぐらい観ないとなー。

"10 Unconventional Westerns" と言いながら、10本以上入っているのはご愛嬌。ネタ元は Digg

小谷野敦だけはガチ 小谷野敦だけはガチを含むブックマーク

買うのでなく図書館で読ませてもらったワタシが言うのもなんだが、猫猫先生の正真正銘のガチぶりが分かる、一字一句読み飛ばすところのない、震えを感じるくらい素晴らしい手記だった。

思えば婦人公論を読むのはこれが初めてだったのだが、そういう人にもご一読をお勧めします。

 | 
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2015 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)