YAMDAS現更新履歴

このページは YAMDAS Project の更新履歴ページです。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS1.0

 | 

2008-06-30

[] ワタシが愛する洋楽アルバム100選  ワタシが愛する洋楽アルバム100選を含むブックマーク

ここのみならず Wired Vision ブログのほうにも音楽ネタを書くことがあるわけだが、ワタシ自身がどういう音楽が好きなのか一度まとめておくべきではないかと思い、アルバムを100枚選んでみた。

選択基準としては、1951〜2000年という20世紀後半に発表された洋楽のアルバムから選び、だいたい発表順(録音順)に並べた。20世紀後半に限定しているのは、それ以前の音楽となると聴いた音源の絶対数が圧倒的に少なくなるから、また21世紀以降となると、自分の中で評価が定まっていないものもあるし、それより何よりもワタシ自身急速に現役のロックリスナーでなくなりつつあるというのがある。

またベスト盤などコンピレーションも入れたらキリがないので外させてもらった。ただそのためにベスト盤を愛聴していた人たち(ソウル系に多い)が外れてしまい残念だったが、一部ライブアルバムを選ばせてもらい、ジョン・ケイル(三枚のアルバムの全曲集)やトーキング・ヘッズ(アルバムというより映画)といったズルは最小限にとどめた。

こういうのは気分次第で変わるもので、以下のリストにしても10枚以上他のものに入れ替え可能だ。リストを見ていただければ分かる通り、有名な人の有名なアルバムばかりで(100枚中一つを除きすべてに Wikipedia のページがあった)、これはことさらにマイナーなものを選ぶ趣味がワタシにないからである。

一方でこういうリストに絶対入るものが平気で何枚も入っていないし、通常そのバンドの最高傑作とみなされないものもいくつも入っている。それは、これが名盤集でなく飽くまでワタシが愛するアルバムのリストだからだ。そうした意味で現在聴くと少し辛さがあるもの(ブリットポップ関係とか)も、愛聴した記憶を優先した。それに付け加えるなら、ワタシにしても名盤と言われるものすべてを聴いているわけじゃない。そのあたりの偏りもリストを見ていただければ大体分かると思う。

以下に挙げるアルバムに関して言えば、どれについても愛情を持って語ることができるので、どうしてあれでなくてこれかとか、これはどう優れているかとかいろいろ書きたくなるのだが、ぐっとこらえてそれは一切抜きにさせてもらう。

  1. Miles Davis, Kind of Blue (1959) asin:B000002ADT, asin:B0009J8H7A
  2. Bill Evans, Waltz for Debby (1961) asin:B000000YBQ, asin:B000SLI7MY
  3. Sam Cooke, Live at the Harlem Square Club, 1963 (1985) asin:B000AO4NJU, asin:B000CFWP0Q
  4. The Beatles, Rubber Soul (1965) asin:B000002UAO, asin:B00005GL0P
  5. Bob Dylan, Highway 61 Revisited (1965) asin:B00026WU82, asin:B0009V92SQ
  6. The Doors, Strange Days (1967) asin:B000MCIBAW, asin:B0009XE9UK
  7. The Velvet Underground, The Velvet Underground and Nico (1967) asin:B000002G7C, asin:B00005MXRZ
  8. The Band, Music from Big Pink (1968) asin:B00004W50T, asin:B0001GAW4W
  9. The Beatles, Abbey Road (1969) asin:B000002UB3, asin:B00005GL0U
  10. Led Zeppelin, Led Zeppelin II (1969) asin:B000002J03, asin:B000803CQG
  11. The Rolling Stones, Let It Bleed (1969) asin:B00006AW2G, asin:B000KJTK7K
  12. The Velvet Underground, The Velvet Underground (1969) asin:B000002G7G, asin:B000F6YPY6
  13. Derek and the Dominos, Layla and Other Assorted Love Songs (1970) asin:B000002G87, asin:B000F6YPNC
  14. John Lennon, John Lennon/Plastic Ono Band (1970) asin:B00004WGEL, asin:B000VZE1F4
  15. Van Morrison, Moondance (1970) asin:B000002KHF, asin:B00171LFFU
  16. James Brown, Love, Power, Peace: Live at the Olympia, Paris 1971 (1992) asin:B000001DWX, asin:B0000088HG
  17. Marvin Gaye, What's Going On (1971) asin:B00007FOMP, asin:B000PWQQ6U
  18. Janis Joplin, Pearl (1971) asin:B00000K2VZ, asin:B0002CHQUI
  19. Carole King, Tapestry (1971) asin:B000VXLC3K, asin:B0001N1OUQ
  20. Led Zeppelin, Led Zeppelin IV (1971) asin:B000002J09, asin:B000803CR0
  21. Joni Mitchell, Blue (1971) asin:B000002KBU, asin:B000GW88WE
  22. The Rolling Stones, Sticky Fingers (1971) asin:B000000W5N, asin:B00005GODT
  23. Sly & the Family Stone, There's a Riot Goin' On (1971) asin:B000MTFG1W, asin:B000NVL956
  24. The Who, Who's Next (1971) asin:B000024NOC, asin:B000HOJDSO
  25. David Bowie, The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars (1972) asin:B00001OH7P, asin:B0009OAUCU
  26. Jimmy Cliff, The Harder They Come (1972) asin:B00005LZWR, asin:B000O78XYY
  27. Miles Davis, On the Corner (1972) asin:B00004VWAF, asin:B000B9F2RQ
  28. Curtis Mayfield, Super Fly (1972) asin:B00000JFV9, asin:B0000089AO
  29. Todd Rundgren, Something/Anything? (1972) asin:B0000032WL, asin:B0018BXMK0
  30. Brian Eno, Here Come the Warm Jets (1973) asin:B000025JSD, asin:B000228X28
  31. Dr. John, In the Right Place (1973) asin:B000002I6Q, asin:B00005HZ7U
  32. King Crimson, Larks' Tongues in Aspic (1973) asin:B00065MDSG, asin:B000E1KN7A
  33. Little Feat, Dixie Chicken (1973) asin:B000002KEP, asin:B000YDAXRI
  34. Pink Floyd, The Dark Side of the Moon (1973) asin:B000002U82, asin:B000E6G6KI
  35. Lou Reed, Berlin (1973) asin:B000PFT1ZU, asin:B00005EHOV
  36. Stevie Wonder, Innervisions (1973) asin:B00004S363, asin:B000PWQQ2O
  37. Yes, Yessongs (1973) asin:B000002J1Y, asin:B00005LK1P
  38. King Crimson, Red (1974) asin:B00065MDSQ, asin:B000E1KN7U
  39. Jeff Beck, Blow by Blow (1975) asin:B00005AREQ, asin:B000CPGWDC
  40. John Cale, The Island Years (1996) asin:B000001E9K, asin:B00005FGZT
  41. Bob Marley & The Wailers, Live! (1975) asin:B00005KB9W, asin:B00005KFZE
  42. Bruce Springsteen, Born to Run (1975) asin:B00008Z5GB, asin:B0009J8GWG
  43. Jackson Browne, The Pretender (1976) asin:B000002GVW, asin:B000AA7AXU
  44. Bob Dylan, Desire (1976) asin:B00026WU50, asin:B000A3H6H2
  45. Eagles, Hotel California (1976) asin:B000002GVO, asin:B000BR2MGC
  46. Jaco Pastorius, Jaco Pastorius (1976) asin:B00004VWA7, asin:B00005G4AH
  47. Kinks, Schoolboys in Disgrace (1976) asin:B0002IQI7Y, asin:B0018BXMUA
  48. Led Zeppelin, Presence (1976) asin:B000002JSJ, asin:B000803CRU
  49. Stevie Wonder, Songs in the Key of Life (1976) asin:B00004SZWD, asin:B000PWQQ38
  50. David Bowie, Low (1977) asin:B00001OH7W, asin:B0009OAUH0
  51. David Bowie, "Heroes" (1977) asin:B00001OH7V, asin:B0017W7FFI
  52. Steely Dan, Aja (1977) asin:B00003002C, asin:B000H5TY32
  53. Television, Marquee Moon (1977) asin:B0000AI45P, asin:B000CSUUNW
  54. The Rolling Stones, Some Girls (1978) asin:B000000W5P, asin:B00005GODY
  55. The Clash, London Calling (1979) asin:B00004BZ0N, asin:B000B9F2KI
  56. Gang of Four, Entertainment! (1979) asin:B00003WG0M, asin:B000GALG16
  57. Neil Young, Live Rust (1979) asin:B000002KDI, asin:B000AA7B20
  58. Peter Gabriel, Peter Gabriel III (1980) asin:B000065VB0, asin:B000VZE1S6
  59. XTC, Black Sea (1980) asin:B00005ATHH, asin:B0009OAUK2
  60. Donald Fagen, The Nightfly (1982) asin:B000002KXV, asin:B000EMH60Q
  61. Roxy Music, Avalon (1982) asin:B0000256VK, asin:B000TLYG8W
  62. The Police, Synchronicity (1983) asin:B00008BRB5, asin:B000J234U2
  63. Tom Waits, Swordfishtrombones (1983) asin:B000001FTJ, asin:B000H5TY6Y
  64. Bryan Adams, Reckless (1984) asin:B000002GGU, asin:B000H5TYLO
  65. Talking Heads, Stop Making Sense (1984) asin:B000021Y7X, asin:B000F5VYY6
  66. New Order, Low-Life (1985) asin:B000002L7S, asin:B0009EP05C
  67. Prince, Parade (1986) asin:B000002L9B, asin:B000803CUW
  68. Paul Simon, Graceland (1986) asin:B0002EQ7E2, asin:B000GW88OC
  69. The Smiths, The Queen Is Dead (1986) asin:B00002496Y, asin:B000GW88TM
  70. Guns N' Roses, Appetite for Destruction (1987) asin:B000000OQF, asin:B000068W4I
  71. Prince, Sign o' the Times (1987) asin:B000002LBM, asin:B000803CV6
  72. U2, The Joshua Tree (1987) asin:B000WS4PCO, asin:B000XPKFLQ
  73. Public Enemy, It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back (1988) asin:B00004SRJ5, asin:B000J234N4
  74. The Cure, Disintegration (1989) asin:B000025ZNL, asin:B00005FORR
  75. De La Soul, 3 Feet High and Rising (1989) asin:B000000HHE, asin:B00005RGYL
  76. Eurythmics, We Too Are One (1989) asin:B000002VGV, asin:B00005EHN3
  77. Louis Philippe, Yuri Gagarin (1989) asin:B000026Y85, asin:B000HOJD7A
  78. Lou Reed, New York (1989) asin:B000002LGA, asin:B000CSUUOG
  79. The Stone Roses, The Stone Roses (1989) asin:B0000004V2, asin:B000J10E5G
  80. Lenny Kravitz, Mama Said (1991) asin:B000000WHP, asin:B0009OAUKC
  81. Massive Attack, Blue Lines (1991) asin:B000000WHX, asin:B00007GRDP
  82. Red Hot Chili Peppers, Blood Sugar Sex Magik (1991) asin:B000002LQR, asin:B000EZ88FK
  83. Sting, The Soul Cages (1991) asin:B000002GL2, asin:B0000AFOGZ
  84. Matthew Sweet, Girlfriend (1991) asin:B00000098J, asin:B000H5TZZO
  85. U2, Achtung Baby (1991) asin:B000001DTM, asin:B000J234R0
  86. Nick Cave and the Bad Seeds, Henry's Dream (1992) asin:B000003Z4A, asin:B000UV21EC
  87. R.E.M., Automatic for the People (1992) asin:B000002MG1, asin:B00005HGPV
  88. The The, Dusk (1993) asin:B0012GMZEK, asin:B00006C1SG
  89. Beastie Boys, Ill Communication (1994) asin:B000002TP7, asin:B000006ZAE
  90. Blur, Parklife (1994) asin:B000002TQB, asin:B0009OAUOI
  91. Nine Inch Nails, The Downward Spiral (1994) asin:B000001Y5Z, asin:B0001ZX3VM
  92. Morrissey, Southpaw Grammar (1995) asin:B000002MZF, asin:B0000072CZ
  93. Oasis, (What's the Story) Morning Glory? (1995) asin:B000002BBY, asin:B000I5YVDE
  94. Pulp, Different Class (1995) asin:B000001E8P, asin:B000006ZWM
  95. Belle & Sebastian, If You're Feeling Sinister (1996) asin:B00000JHAU, asin:B00005GOGV
  96. R.E.M., New Adventures in Hi-Fi (1996) asin:B000002N9S, asin:B00005I8UJ
  97. Tricky, Pre-Millennium Tension (1996) asin:B000001EA8, asin:B00005FGP6
  98. Primal Scream, Vanishing Point (1997) asin:B000024SXR, asin:B000006ZV3
  99. Radiohead, OK Computer (1997) asin:B000002UJQ, asin:B000GW87PM
  100. Underworld, Everything, Everything (2000) asin:B00004X0BW, asin:B000050791

yagitoshiroyagitoshiro 2008/06/30 11:00 どうしたんだ、なんか辛いことでもあったのか?

yomoyomoyomoyomo 2008/06/30 16:30 終わらせる前にやることがあるということです

2008-06-25

[][] WIRED VISIONブログ第37回公開  WIRED VISIONブログ第37回公開を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「インターネットの好ましからざる未来を止め、生成力を保つことはできるのか」を公開。

うーっ、タイトルが野暮ったらしくて申し訳ない(仮タイトルのまま出してしまった)。今回は Jonathan Zittrain の The Future of the Internet - And How to Stop It を取り上げさせてもらった。

The Future of the Internet--And How to Stop It

The Future of the Internet--And How to Stop It

本文から惜しくも落ちてしまった話として、彼が書籍のプロモーションの一環としてコルベア・レポートに出演していたこと。

考えてみれば『グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?』アンドリュー・キーンHere Comes Everybodyクレイ・シャーキーも出ているわけで不思議じゃないのだが、日本のコメディー番組に置き換えて考えるとちょっと悲しくなる。

あと……本の書影を入れてくれとお願いしてたのに入ってないな。頼むよ。

[][] The Theのアルバムが800円台で買える  The Theのアルバムが800円台で買えるを含むブックマーク

知らなかったのだが、The The のアルバムが3月に800円台で再発されていた。

Infected

Infected

Mind Bomb

Mind Bomb

Dusk

Dusk

どれも充実した内容なので文句なくお勧めできる。

ジョニー・マーが参加したアルバムが有名だが、The The の音はマット・ジョンソンの世界観で完結している。「ここはアメリカ合衆国の51番目の州」と歌うイギリス批判のヒット曲 "Heartland" を含む『Infected』、The Beat(en) Generation が入っている『Mind Bomb』も良いが、個人的には恐るべき真面目さに貫かれた『Dusk』が一番好き。

Amazon を見る限りジャケットが分からないが、オリジナルのデザインだと良いのだが。

[][] TFFのカート・スミスがアルバムをCCライセンスで公開していた  TFFのカート・スミスがアルバムをCCライセンスで公開していたを含むブックマーク

既に告知されていたはずなのにこのエントリを読んで気付いたのだが、Tears for Fears で知られるカート・スミスが、昨年発表したソロアルバム halfway, pleasedクリエイティブ・コモンズライセンス(BY-NC-SA)で公開しているのを知る。

TFFというと顔の暑苦しさの度合いによりローランド・オーザバルのほうが目立ちがちだが、実はカート・スミスもソロで優れた作品を出している。

Jamendo に登録されている CC ライセンスアルバムが1万枚を突破というニュースがあったが、メジャーアーティストとしてはナイン・インチ・ネイルズなどに続く英断である。

Halfway Pleased

Halfway Pleased

yukichi99yukichi99 2008/06/30 11:22 http://ja.jamendo.wikia.com/ 唐突ですが、Jamendoのウィキを立ち上げてみました。良かったらどうぞ。

yomoyomoyomoyomo 2008/06/30 15:56 ちょうど次のWired VisionブログでもJamendoの名前を出そうと思っていました。情報いただきありがとうございます。

2008-06-23

アンドリュー・キーンのアンチWeb 2.0本の邦訳が遂に出る アンドリュー・キーンのアンチWeb 2.0本の邦訳が遂に出るを含むブックマーク

Web 2.0は我々の文化を殺すのか?(その1)(その2)」で取り上げた アンドリュー・キーンWeb 2.0 批判本の真打『The Cult of the Amateur』の邦訳が出るのを調べものをしていて偶然知る。

Web 2.0は我々の文化を殺すのか?」でも少し触れているが、ワタシは昨年の8月に某社の編集者からこの本の邦訳について意見を求められた。が、上記の本の版元はその某社ではない。編集者の話では訳者も決まっているとのことだったが、社内の承認を得ることができなかったのだろうか。

Wired Vision 原稿の最後で、「その出版社から邦訳が出るとある意味とても面白いことになる」と書いたのは、そのあたり難しいだろうなという予想もあったからだが、実は Wired Vision 原稿を全部読めば、それがどこかちゃんと分かる仕掛けにしているのだが、したり顔でハズレを書いてる人がいただけだった。

それはともかく、アンドリュー・キーンはジミー・ウェールズとガチンコ対談をやっていたのね。

これが今年の2月末で、ほぼ同時期に女性問題と不正使い込みの報道があったことになる。正直ジミー・ウェールズは対談どころじゃなかったかも。

[] 今年オライリーから3冊Wiki(pedia)本が出る  今年オライリーから3冊Wiki(pedia)本が出るを含むブックマーク

Nat Torkington が今年春に出た Wikipedia: The Missing Manualasin:0596515162)について、Wikipedia について本で読むってバカじゃね? と思ったけど、読んでみたら面白かったどー(意訳)と感想を述べている。

オライリーからの Wikipedia 本というと、How Wikipedia Works という本が8月に出る模様。著者は Wikipedian 歴の長い人たちみたいなので、Wikipedia コミュニティなどインサイダーとしての視点が読めるのだろう。

How Wikipedia Works: And How You Can Be a Part of It

How Wikipedia Works: And How You Can Be a Part of It

オライリーからは秋に Wikipedia でも使われている MediaWiki についての本が出るようだ。詳細については上記リンクから PDF ファイルが見れます。

MediaWiki: Wikipedia and Beyond

MediaWiki: Wikipedia and Beyond

さて、この三冊のうち何冊日本語訳が出るのだろうか。

[] ノーマン・クックの新プロジェクトのビデオが面白い  ノーマン・クックの新プロジェクトのビデオが面白いを含むブックマーク

ノーマン・スミス(ファットボーイ・スリム)が The Brighton Port Authority (The BPA) という新プロジェクトを始めたらしい。

BPA の MySpace ページ で楽曲がフルに聴けるが、デヴィッド・バーンが歌っていて盛り上がった。

ビデオが面白いということで早速観てみたら、いきなり男女が脱ぎまくりでおいおい! と思ったが、秘所を隠す黒バーをすごくうまく使った嫌味のないユーモア溢れる出来だった。

ただ会社ではみないほうが無難だろう。

マット・ハーディングのダンス再び。Where the Hell is Matt? 2008年版が公開されている マット・ハーディングのダンス再び。Where the Hell is Matt? 2008年版が公開されているを含むブックマーク

Where The Hell Is Matt? については以前紹介しているが、14ヶ月のプロダクションを経て、2008年版が公開されている。

前回は使われている楽曲がなんとも良くてじんわり温かい気持ちになったのだが、今回はその点ちと落ちるね。今回はマットだけでなく大勢で踊る場面が多いが、両側からわっと人がかけよるところは良いね。

今回は42カ国で撮影されていて、無重力状態とかいろんなところでダンスしているが、二度登場する日本のうち片方がメイド喫茶というのは……

[追記]:みなおしていて気付いたのだが、1:30ぐらいのロンドンの場面にレイザーラモンHGが映っている!! 本人か?

酒井若菜の小説家デビューに特に思うところはないのだが 酒井若菜の小説家デビューに特に思うところはないのだがを含むブックマーク

気になったところを引用させてもらう。

 岩崎さんは、もともと浪人中だった19歳のころ酒井の写真集発売記念握手会に2回参加したほどのファン。酒井も岩崎さんを「手の冷たかった人」と覚えていた。

 まずブログ本の出版を勧めたが「文章を読んで、物語を書ける人だと感じた」という岩崎さんは思い切って小説を提案。酒井も「書いてみたい」と乗り気に。あこがれのアイドルを、妥協を許さぬ編集者として叱咤激励する日々が始まった。

 酒井は、執筆のため初めてパソコンに触れた。腱鞘炎になり、腕に包帯を巻きながら執筆を続けた。

かつていろいろとお世話になった(なってないとは言わせぬぞ!)グラビアアイドルの担当になり、妥協を許さずオラオラと叱咤激励しまくるなんてゾクゾクきますな! ……と考えるワタシの心が歪んでいるのだろうか。

そういえば以前、芸能人ブログの炎上について、ブログの読者でない、つまりインターネットユーザの経験のない人間にブログ書かしてはいけない、というエントリ(どこか忘れてしまった)に納得した覚えがあるが、最初パソコンも触れたことのない人間にブログ本の出版を勧めるなんて、なんだかね。この場合、その轍は踏まずに済んだわけで結果オーライなのか。

あともう一点気になったところ。

「女優が書く小説はあまりないが、職業上、人間観察力は特筆すべきものがある。小説を書く女優の先駆者になってほしい」と岩崎さん。「本屋大賞を狙います」と鼻息も荒い。

これを読んで、小茉莉とか名乗り出した奥菜恵は「キーッ!」となってたりして。そして、狙う文学賞は直木賞や芥川賞じゃなく、本屋大賞なのね。いまどきは。

こぼれる

こぼれる

2008-06-19

[][] YAMDAS更新  YAMDAS更新を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録サイモン・シン『暗号解読』を追加。

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)

サイモン・シンの次作『ビッグバン宇宙論』の文庫落ちはまだ先だろうなぁ。

[] デヴィッド・ボウイのジギー・スターダスト・ツアーのライブ盤が登場  デヴィッド・ボウイのジギー・スターダスト・ツアーのライブ盤が登場を含むブックマーク

以前 NME.COM で告知されていたが、デヴィッド・ボウイのジギー・スターダスト時代のライブ盤が出る。

Live in Santa Monica 72

Live in Santa Monica 72

ワタシはブートレッグの類は二枚しか持たないのだが、このサンタ・モニカでのライブは(記憶違いでなければ)そのうちの一枚である。

もちろん当時グラム時代の絶頂期にあったボウイのパワフルな演奏が聴ける。

前にも書いたが、そろそろ彼の新譜も聴きたいところなんだけどね。

[] キンクスのRCA〜Arista時代のアルバム10枚が紙ジャケで再発  キンクスのRCA〜Arista時代のアルバム10枚が紙ジャケで再発を含むブックマーク

@Victor Entertainment のサイトを見ると、キンクスの RCA から Arista 時代の国内盤が再発される。

実は紙ジャケ化は昨年なされているのだが、今回は昨年よりさらに値段下がっている。キンクスはレイ・デイヴィスの歌詞も大きな魅力の一つなので、訳詞が読める国内盤が安いうちに買っておくのもよいだろう。

今回のラインナップでお勧めなのは、RCA 時代では最後の『不良少年のメロディ〜愛の鞭への傾向と対策』(副題が……)、Arista 時代では久方ぶりのブレイクにバンド全体がノリにノリまくっていた頃のライブ盤『ワン・フォー・ザ・ロード』の二枚にやっぱりなっちゃうね。

[] ミシェル・ゴンドリーの新作映画の邦題に呆れた  ミシェル・ゴンドリーの新作映画の邦題に呆れたを含むブックマーク

町山智浩さんの紹介を読んで以来楽しみにしていたミシェル・ゴンドリーの新作 Be Kind Rewind が日本でも公開されることになったのだが、それが今秋というのにもがっかりしたが、邦題が『僕らのミライへ逆回転』というのに白けた。

ミシェル・ゴンドリーの映画だと、前作『恋愛睡眠のすすめ』もどうかと思ったが、これはまだ許せるレベルである。

しかし、『僕らのミライへ逆回転』って何なんだよ。原題は「巻き戻してお返しください」という意味で、レンタルビデオ屋という映画の舞台にひっかけたものだ。タイムスリップの映画じゃないんだぜ? どうせなら Sweding(Sweded)というこの映画を契機に生まれた言葉でも活かせばいいのに。

こういう「コメディだから邦題もおちゃらけなきゃ」という思い込みでクソな邦題をつけるの止めてほしい。

緩衝材にポップコーン使ってエコ! ……と言えるのか? 緩衝材にポップコーン使ってエコ! ……と言えるのか?を含むブックマーク

緩衝材にポップコーン使うというのは考えたこともなかった。べとつくんじゃない? と思ったが、食用じゃないのだから砂糖や塩をかける必要ないからそんなことはないのかな。でも油がなぁ。それに、である。

ポップコーンはとうもろこしを種の状態で仕入れるため、資材を輸送する場合の体積を紙の17分の1に減らすことができるという。そのため、トラックでの配送時に排出するCO2も17分の1に削減することが可能。

英国コスメ「ラッシュ」天神店、ギフト商品の緩衝材にポップコーン導入 - 天神経済新聞

そんな単純なもんかぁ? 本当にそうならいいんだけど、なんか食べ物を粗末にしているという印象が拭えないんだよね……

ロハスの次のターゲットは「隣人祭り」のようだ ロハスの次のターゲットは「隣人祭り」のようだを含むブックマーク

先日珍しく早く帰宅したのでクローズアップ現代を見てたら、「隣人祭り」なるものを特集していた。

気になって検索してみたら、トップはロハスクラブのページで、「ヨーロッパで話題のイベント『隣人祭り』が日本に初上陸!」とか書いてあって……それって「上陸」するもんなんすか?

「隣人祭り」日本支部なるものも既にソトコトが立ち上げている。どうやらロハスな方々の次のターゲットは「隣人祭り」なようだ。

……いや、いいんですけどね。実際、隣人と交流し、信頼できるようになればよいに決まってる。ワタシのようにロハスと聞くだけで警戒するほうがいけないんだろうけど……

隣人祭り (ソトコト新書)

隣人祭り (ソトコト新書)

jiangmin-altjiangmin-alt 2008/06/19 01:54 [MMR]バイオ・エタノールもトウモロコシだし、トウモロコシを主食とする人々を困らせたい勢力でもいるんでしょうかね。

yomoyomoyomoyomo 2008/06/19 07:32 食べ物に執着しないイギリス人らしいアイデア、と書くと怒られそうですが。
もしかして特別なポップコーンなのかも。例えば何も熱を加えなくても作れるとか。そう、携帯電話を鳴らすだけで、とか(←都市伝説)

2008-06-16

[] YAMDAS更新  YAMDAS更新を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録Joel Spolsky『BEST SOFTWARE WRITING』を追加。

BEST SOFTWARE WRITING

BEST SOFTWARE WRITING

原書からのタイムラグをあまり感じさせない良書でした。でも、ちょっと量が多かったかも。

[] Chumbyがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(←水野晴郎追悼)  Chumbyがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(←水野晴郎追悼)を含むブックマーク

遂に chumby株式会社ジークスから発売されることが発表された。

screenshot

ワタシは共同購入で既に入手済みなのだが、ジークスによる日本語化がどの程度のものなのかが気になる。出来がよければファームウェアを入れ替えたいのだけど、SSH 経由で可能だといいんだが。そのあたりはChumby日本語まとめWikiをチェックするとしよう。

f:id:yomoyomo:20080612173249j:image

"Peel Here" とあるが、何かシールが惜しくて剥がせてない……

ワタシが「Chumbyの誕生」を訳して一年半以上経ってるのね。

[] BLOCK BLOGが6月26日でサービス閉鎖  BLOCK BLOGが6月26日でサービス閉鎖を含むブックマーク

BLOCKBLOG のサイトに、6月26日をもってサービスを終了する旨が書かれている。あと10日くらいになるね。終了の理由について、

  • 採算性が確保できなかった
  • コメントspamトラックバックスパムの踏み台とされた
  • 絵文字やOpenIDなど新しい技術潮流に追いついていくだけの開発リソースを投入できなかった

の三点が挙げられてるが、絵文字必要なのか?

それはともかく2003年にサービスを開始しているそうだから、運営5年のこの手のサービスとしては文句なしの老舗だろう。

問題はユーザの移行だろうが、もう既に引越し、並びにそれを引き受ける動きはあるのだろうか。このサービスを使っている有名ブログとかあったっけ?

[追記]id:tomozo3指摘されていますが、真性引き篭もりという大物がいました。

ゲーデルエッシャー、バッハ』のダグラス・ホフスタッター最新インタビュー記事 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』のダグラス・ホフスタッター最新インタビュー記事を含むブックマーク

ゲーデルエッシャー、バッハ』(asin:4826901259)でおなじみ(といいつつ、恥ずかしながら未読…)wikipedia:ダグラス・ホフスタッター最新インタビュー記事Slashdot で知った。

これは昨年刊行された著書 I Am a Strange Loop を受けたもの。この本は『ゲーデルエッシャー、バッハ』のコンセプトを発展したもののようで、インタビューでも『ゲーデルエッシャー、バッハ』との関連について多く割かれている。

あと最近もイケイケな未来予測を語っているレイ・カーツワイルに関しては、彼の死への恐怖と執着心が科学的客観性にひどく曇らせている、と手厳しい。

この本の邦訳は出ないのだろうか。

I Am a Strange Loop

I Am a Strange Loop

ビョルン・ロンボルグの新刊『地球と一緒に頭も冷やせ!』が山形浩生訳で登場 ビョルン・ロンボルグの新刊『地球と一緒に頭も冷やせ!』が山形浩生訳で登場を含むブックマーク

地球と一緒に頭も冷やせ!

地球と一緒に頭も冷やせ!

ロンボルグというだけで頭ごなしにけなしてやろうとする人を見るとげんなりするのだが、『環境危機をあおってはいけない』に続く邦訳が出る。

そういえば山形浩生は、まもなく休刊するらしい論座の7月号で、「ぼくが「反・CO2排出削減派」の翻訳にこだわる理由」という文章で、タイトルの理由を一種切々とした調子で書いていた。

論座 2008年 07月号 [雑誌]

論座 2008年 07月号 [雑誌]

地球温暖化が現実に起きていることに異論はない。だからこそ冷静な議論をお願いしたいのだが。

思うのだけど、「京都議定書」という名前がガンなのではないだろうか。こういう名称だと、日本人は心情的にそれを反故にできないもの。

「サービス業としての警察」時代の到来? 「サービス業としての警察」時代の到来?を含むブックマーク

秋葉原の事件以降、ネット上の自殺予告や殺人予告の書き込みについての通報が急増したらしい。実際警察が出動しているケースもあるようだ。「死にます」「殺す」に「ちょっと待て」と言葉を掛けるよりは、警察に通報。

ある夜の出来事 - Ohnoblog 2

「教育はサービス業だ」という命題についての賛否がいろいろ言われるが、こうなってくると警察までサービス業扱いされかねないなとヘンな連想をした。

予告掲示板を作ったら早速警察から電話という話とか秋葉原で十徳ナイフ持ってたら警察官10人以上に囲まれた話なんか読むと、警察が頑張りすぎるのもどうかと思う。

kmori58kmori58 2008/06/16 00:47 id:tanakahidetomiさんの旧blogがblockblogでした。
http://reflation.bblog.jp/

yomoyomoyomoyomo 2008/06/16 00:56 それは知りませんでした
現在、購読しているところにBLOCKBLOGはないようなので問題になることはないみたい

2008-06-11

[][] WIRED VISIONブログ第36回公開  WIRED VISIONブログ第36回公開を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「独立系ミュージシャンのサバイバルを助ける本物の漢」を公開。

三回連続の音楽ネタでいい加減飽きられていると思うので、来週はお休みさせてもらう予定。

ワタシの WIRED VISION ブログの名前は「情報共有の未来」なわけで、そうした意味では秋葉原の例の事件とネットの関わりについての文章が求められているのかもしれないが、どうしてもこの事件について何か書く気にはなれなかった。今もあまりなれない。

iPhoneはもちろん買う! iPhoneはもちろん買う!を含むブックマーク

iPhone は日本で出たら買うと一年半前に心に誓ったので買う。以上。

そういえばオライリーのところで iPhone 上でのアプリケーション開発情報サイト Inside iPhone ができている。

screenshot

オライリーからはこの夏 iPhone 本が二冊出るが、3G iPhone にはさすがに対応していないんだろうな。担当者悔しがってるかも。

iPhone Hacks: Pushing the iPhone and iPod touch Beyond Their Limits

iPhone Hacks: Pushing the iPhone and iPod touch Beyond Their Limits

Iphone : The Missing Manual

Iphone : The Missing Manual

それはともかく、痩せてたね。

[] 最後のHackers On Planet Earth(HOPE)開催  最後のHackers On Planet Earth(HOPE)開催を含むブックマーク

Slashdot で知ったのだが、(黒白含めた)ハッカーの祭典 Hackers On Planet Earth、通称 H.O.P.E. が来週開催される。が、名前を見ると今回が最後みたい。

screenshot

ワタシは不勉強にもこれが続いていること自体知らなかったのだが、初回、第2回に参加した山形浩生が文章を書いていたのを思い出した。

The Best of 2600: A Hacker Odyssey

The Best of 2600: A Hacker Odyssey

[] デヴィッド・バーンの建物を楽器にするサウンドインスタレーション  デヴィッド・バーンの建物を楽器にするサウンドインスタレーションを含むブックマーク

デヴィッド・バーンの建物を一種の楽器にするというサウンドインスタレーション Playing the Building について、Xeni Jardin がバーンにインタビューしている。

少し前にブライアン・イーノとのコラボレーションのニュースがあったが、お元気そうで何よりである。

[] 映画のエンドロールが昔と比べてどれくらい長くなったか  映画のエンドロールが昔と比べてどれくらい長くなったかを含むブックマーク

映画のエンドクレジットが長くなったという話は、近頃の権利重視の流れとあわせてよく語られるが、それが一目で分かる画像Digg で知ったのでご紹介。

これは元々は Who Was That Food Stylist? Film Credits Roll On から参照されてるのかな。

2008-06-09

[] ゼア・ウィル・ビー・ブラッド  ゼア・ウィル・ビー・ブラッドを含むブックマーク

ポール・トーマス・アンダーソンの映画は、『マグノリア』がやたらと絶賛されていたので観たのが最初で、確かにブリーフ一丁で頑張るトム・クルーズをはじめとして役者陣が力強い仕事をしてるよくできた映画だったが、いかにも「すごい映画作ったるぜ!」的な大上段に構えた感じが鼻についたし、最初と最後のしたり顔の薀蓄がうざいというかお前客を見下してないかコラ、と微妙な感じだった。

昨年ようやく彼の第一作『ブギーナイツ』を観たのだが、映画の出来としては『マグノリア』に多分劣るのだろうが、嫌な感じはなくて素直に楽しむことができた。

そして本作だが、これまでのポール・トーマス・アンダーソン映画(『パンチドランク・ラブ』を観てないのでなんだが)を特徴づける手法を排して勝負しているように見える。シーマン(=フィリップ・シーモア・ホフマン)をはじめとする個性豊かな脇役は配されていないし、本作にしても良い画を撮っているがカメラワークに以前の映画のような流麗さはない。

本作はロバート・アルトマンに捧げられている。PTA は『今宵、フィッツジェラルド劇場で』でアルトマンのバックアップを務めているし、群像劇を得意とするスタイルも共通するが、本作はアルトマン的というよりむしろキューブリックに近い。

映画監督でスタンリー・キューブリックの仕事を意識しない人間はいないだろう。しかし、彼の言葉に頼らず画だけで見せる作風をガチで引き受けるだけの力量をもった人はほとんどいない。本作はそれを見事に成し遂げた、クラシックとしての風格すら備えた傑作である。ロマンスのない『バリー・リンドン』、と書くと宣伝文句になってないが、2時間半を越える上映時間でまったくダレることはなく、正直もっと長くてもよいくらいだった(主人公の息子の結婚式の場面にいきなり飛ぶのでなく、その間の成長に時間を割けば、その後の決裂がもっと引き立ったのではないか)。

本作によりダニエル・デイ=ルイスは、『マイ・レフト・フット』以来の二度目のアカデミー主演男優賞を受賞している。この人は煮ても焼いても食えない『ギャング・オブ・ニューヨーク』のような映画を一人でもたせていた人で、その演技力についてワタシが書くまでもないのだが、正直本作の主人公役は年齢的にギリギリな感じもした。

本作は「欲望に突き動かされた男の成功と狂気」みたいな紹介がされるのだろう。確かに主人公は強烈な欲望を隠しもしないが、一方で自分には人間の悪ばかりが見えてしまうから、早く金を稼いで人間から離れて暮らしたいと願う厭世的な人物でもある。しかしそう言いながら、その機会を前にすると半ば言いがかりをつけるようにして自分からちゃぶ台返ししてしまう。

確かに主人公は欲望に突き動かされた男かもしれないが、ワタシには成功した「石油屋」になった後も現場に出向き陣頭を指揮して手を汚す彼よりも、それに取り巻くイカサマ牧師のほうが強欲で浅ましくに思えた。主人公が安易に落ちぶれた終わり方になってなかったのはよかった。

こんなことを書くと人でなし呼ばわりされるだろうが、本作のラストはスクリーンに向って「ざまあみろ!!」と力の限り叫びたくなる素晴らしいエンディングであり、そんな映画はもしかしたら初めてかもしれない。

今年のアカデミー賞で作品賞を獲るべきは『ノーカントリー』でなく絶対こっちだったよなぁ……

[][] P2Pの合法利用リストを集めるWiki  P2Pの合法利用リストを集めるWikiを含むブックマーク

Bell Canada が P2P トラフィックに制限を課しているのに抗議し、合法的に利用できる P2P アプリケーション、利用例の情報を集めた Wiki が作られていて、結果的に情報の集積所として有用なものになっている。

このリストが「P2Pじゃないとできないことって何ですか?」という問いの答えにはそのままなっているわけではないが、それを考える上でも有用かと。

[] ドイツのファッションブランドがすべてのブランドをCCライセンスで提供  ドイツのファッションブランドがすべてのブランドをCCライセンスで提供を含むブックマーク

Pamoyo というベルリンのファッションレーベルが、すべての服飾、アクセサリのデザインをクリエイティブ・コモンズライセンスで公開することを発表している

そういえば以前「偽ロレックス」のデザインをクリエイティブ・コモンズで公開というエグいネタを紹介したことがあるが、こちらは正真正銘のオリジナルだからすごいね。ただ一方で、ファッションの分野でどのように著作権が適用されるかというのは微妙な問題かもしれない。

新書ブームという今北産業革命? 新書ブームという今北産業革命?を含むブックマーク

週刊 Take IT Easy に掲載されている「今北産業革命」という文章のタイトルが妙に受けた。

先週のクローズアップ現代「ランキング依存が止まらない 〜出版不況の裏側〜」は、その時間自室にいたのにうっかりして、仲俣さんの喋りを最後しか見れなかったが、ここまで来ると「新書二、三冊」とか気軽に言っても、とてもどれを読んだらいいのかわからないわけで、NBonline の毎日1冊!日刊新書レビューはよい仕事してるけど、「本の買い方のリテラシー」も必要なのかとため息が出るのの正直なところ。

2008-06-06

[][] はてなブックマークネガコメを原稿料に変える方法  はてなブックマークのネガコメを原稿料に変える方法を含むブックマーク

はてなブックマークのネガティブなコメントが云々、運営元はもっと云々といった話題が時折持ち上がる。ワタシ自身に関して言えば、それほどひどいコメントをつけられたことがないためか、どちらかというとはてなブックマークのあり方にこだわる人が過剰反応に見えてしまう(はてなに関してはいろいろ不満もあるが、それは別の話)。オーストラリアの美しい自然でも見て、リラックスしなさいよ、と。

もっともワタシにしても、以前 id:kozai とか言うよく知らない人に「死ねばいいのに」タグをつけられたことがあり、このときはその圧倒的な言葉の暴力を前に泣き崩れ、寝込んだものである。

冗談はともかく、要はワタシにしてもネガティブなコメントをつけられることはある。しかし、そのすべてに不愉快になるわけではない。ワタシが好きな(!)ネガコメは、せいぜい皮肉の一つでも書いてやる的なもので、そういうコメントを見るとニヤニヤしてしまう。

ただ当方の文章の趣旨を完全に取り違えたコメントをみると、えー、そりゃないよー、と悲しくなるのも確か。対処に困るのが、意図が分からなく、しかもそれが単なるメモ書きでなくワタシに向けられたコメント。最近では、以下のようなものがあった。

akamakura id:yomoyomoさんでも権威に弱いのね……

はてなブックマーク - YAMDAS更新(ピーター・バラカン『魂(ソウル)のゆくえ』) - YAMDAS現更新履歴

id:akamakura さんがわざわざidコールしてくれたのに申し訳ないが、元エントリに対してこういうコメントがつく理由がさっぱり分からず、どう反応していいものか困った。

ロクに面識もない人間に対し、根拠も示さずに「権威に弱い」とネガティブな言葉を言いっぱなしにするのは、実世界であれば紛れもなく失礼にあたる行為だと思うが、ワタシ自身それをネットでまったくやっていないと言い切れる自信は正直ない。この場合、当方は不愉快に思うというよりただ困惑した。

ワタシ自身が権威に強いか弱いかは別として、そもそもピーター・バラカンは権威だろうか。「音楽評論家」といった肩書きを絶対に名乗らない氏はそうした扱いを多分嫌うだろう。それに彼は『魂(ソウル)のゆくえ』の中で、アフリカ・バンバータ以降のヒップホップにあまり興味がもてなくなった理由、最近のネオ・ソウルについてもなじめない理由を取り繕うことなく書いていて、そうした言葉とは遠い人と思うが。

例えばワタシが「ドストエフスキーの『罪と罰』が好きだ」と言ったからといって、いきなり「お前は(ロシア文学の)権威に弱い」と言われることはないだろう。そう言われても仕方ないのは、以下の二つのうちのいずれかではないか。

  • 対象が権威でなかった頃は冷淡だったのに、それが権威になった途端に尻尾を振って誉める
  • 対象の中身を理解しないまま、それが権威だからという理由で付和雷同して誉める

百歩譲ってピーター・バラカンが権威だとしても、ワタシにいずれも当てはまらないだろう。この本が最初に刊行された昔から、この本の「ゴスペルにつながる高揚感」でソウルミュージックを語るという切り口を理解したうえで愛読し、その後復刊を望んできたのだから。

ここで id:akamakura さんが当方の読書記録ではなく、それを告知するはてなダイアリーのほうにブックマークしていることに意味があるのだろうか、と考えた。そして、自分の文章を読み返したのだが……もしかして以下の文章を指して「権威に弱い」と言っているのだろうか。

やはりワタシはこれまでロック中心できたので、ソウルミュージックに関しては未聴の重要アルバムなどいくらでもあるので、本書のディスクガイドに載っているアルバムを Napster で探して聴いているところである。

……そりゃないよー! 何かを起点にして、自分が知らない音を辿ることは、普遍的な音楽との出会い方じゃないの?

それこそ『魂(ソウル)のゆくえ』でピーター・バラカンが書くように、ビートルズやストーンズが、インタビューで自分たちが影響を受けたブルース、R&B について隠すことなく語るのを読んだことが、著者がルーツミュージックを辿るきっかけになったように、ソウルミュージックの入り口に適した本があり、そのディスクガイドに自分が知らないディスクがあるからそれを聴いてみる。それの何がおかしいのだろう。

もちろん聴いたものをワタシが気に入るかどうかは別問題だ。何も考えず「さすが、ピーター・バラカン様の勧めるディスクはどれも素晴らしいでスイーツ」とでも書いてるなら謗られても仕方がないが、実際は違う。

ここまできて、ワタシには件のコメントがかわいそうに思えてきた。折角だから、『魂(ソウル)のゆくえ』を読まなければ出会わなかった可能性が最も高いディスクを紹介しよう、と思い書いたのが「The Hard Way 〜 ソウルミュージック捜査線」である。ジェームズ・ハンターなんぞをまがいなりにも商業ウェブ媒体に嬉々として紹介する人間なんてワタシくらいのものだろう。楽しいじゃないか。

かくしてワタシは id:akamakura のブックマークコメントを Wired Vision の原稿料に変えたのである。

もっともその原稿料は大した額じゃないのだが、それはここでの問題ではない。

akamakuraakamakura 2008/06/06 20:46 確かにこれはして例だったかもしれません。申し訳ありませんでした。

2008-06-04

[][] WIRED VISIONブログ第35回公開  WIRED VISIONブログ第35回公開を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「The Hard Way 〜 ソウルミュージック捜査線」を公開。

今回の文章は少し前から考えていたもので、しかし何より題材が地味なので躊躇していたが、James Hunter の新譜の発売が間近に迫ったので書くことにした。しかし、こういう地味な文章が続けば切られるだろうな。

しかも今回はどうにもうまいタイトルが思いつかなかったので、ピーター・バラカンの別の著作からいただいた。

魂(ソウル)のゆくえ

魂(ソウル)のゆくえ

Hard Way

Hard Way

関係ないが、今回の文章で調べものをしていて、ジョン・スクワイアが音楽活動を止めているのを知ったのは悲しかった。

ポール・グレアムとジェシカ・リヴィングストンの結婚を機に改めて問う。『Founders At Work』の邦訳はいつになったら出るんじゃ! ポール・グレアムとジェシカ・リヴィングストンの結婚を機に改めて問う。『Founders At Work』の邦訳はいつになったら出るんじゃ!を含むブックマーク

Shiro さんの日記で知ったのだが、ポール・グレアムとジェシカ・リヴィングストンが結婚したらしい……が、ポール・グレアム自身のコメントが見当たらないのでちと自信が持てんのだが。

本当であればおめでたいことなのだが、折角ジェシカ・リヴィングストンの名前が出たので、書いておきたい。

10社ばかりに競り勝って版権を獲得した某社は、いったいいつになったら Founders at Work の邦訳を出すんだ!

Founders at Work: Stories of Startups' Early Days

Founders at Work: Stories of Startups' Early Days

本当にこれは大きな損失だよ。ワタシが翔泳社から依頼されて査読してから一年半が経つぞ! いったい某社の編集者は何やってるんだ?

ワタシは翔泳社の編集者に対して、日本語版は梅田望夫さんに序文を書いてもらうのがいいんじゃない? と提案したのだが、その梅田さんの『ウェブ時代 5つの定理』の中にいくつか『Founders At Work』からの引用があることを知ったときは、なんだか情けなくなったよ。

まさか原書のペーパーバック版のほうが先に出たりして。

Founders at Work: Stories of Startups' Early Days (Recipes: a Problem-Solution Ap)

Founders at Work: Stories of Startups' Early Days (Recipes: a Problem-Solution Ap)

モバイル社会研究所の「未来心理」ページがリニューアル モバイル社会研究所の「未来心理」ページがリニューアルを含むブックマーク

以前にも紹介したことがあるモバイル社会研究所の季刊誌「Mobile Society Review 未来心理」のページがリニューアルしている。

ここでも何度か書いている文科系トークラジオ Life(ギャラクシー賞ラジオ部門大賞受賞おめでとう!)の花見で、モバイル社会研究所でこの雑誌を手がけている方とお目にかかったのだった。そのときはワタシが読んでいた増井俊之さんや江渡浩一郎さんの文章について触れたのだが、そのモバイル社会研究所の方に「マンガなら描きますよ」としれっと言ってのけた id:gotanda6 さんに慄いたものである。

ページをご覧になれば分かる通り、面白い人の面白そうな文章がいろいろと並んでいるのだが、購読の申し込みをする方法が分からなくなってない?

フリーエージェント社会の到来』、『ハイ・コンセプト』で知られるダニエル・ピンクの最新刊は「マンガで書かれたアメリカ初のビジネス書」 『フリーエージェント社会の到来』、『ハイ・コンセプト』で知られるダニエル・ピンクの最新刊は「マンガで書かれたアメリカ初のビジネス書」を含むブックマーク

フリーエージェント社会の到来』(asin:4478190445)や『ハイ・コンセプト』(asin:4837956661)といった著作で日本でも知られる Daniel Pink の新刊『The Adventures of Johnny Bunko』が出ているのだが……

The Adventures of Johnny Bunko: The Last Career Guide You'll Ever Need

The Adventures of Johnny Bunko: The Last Career Guide You'll Ever Need

何なんだ Johnny Bunko って。しかもこの本は「日本のマンガのスタイルで書かれたアメリカ初のビジネス書」が売りらしい。おいおい。

詳しくはこの本の公式サイトをどうぞ。果たしてこれも日本語訳されるのだろうか。

[] テリー・ギリアムの極私的最高傑作『バロン』のデラックス・コレクターズ・エディションが出る  テリー・ギリアムの極私的最高傑作『バロン』のデラックス・コレクターズ・エディションが出るを含むブックマーク

少し前に Amazon からのメールで知ったのだが、テリー・ギリアムの『バロン』のデラックス・コレクターズ・エディション(DVD2枚組)が出る。

『バロン』はプロデューサーの浪費などがあり制作が難航を極め、しかも制作費に見合う興行収入を得られなかったためにギリアムは深いダメージを負うのだが、何を隠そうワタシはギリアム映画の中で『バロン』が一番好きである。

『バロン』は前作『未来世紀ブラジル』と対を成していて、つまり『バロン』ではファンタジーが現実に勝利する!

特に素晴らしいのは最初あたりで場末の芝居小屋が一瞬にしてトルコの宮殿に変わる場面で……という話を先日ベンジャミンと飲んだときに延々としたのだが(酔っ払いってイヤですね)、『未来世紀ブラジル』のデ・ニーロ消失、『フィッシャー・キング』のワルツとあわせ、勝手に「ギリアム三大カタルシス場面」と呼ばせてもらっている。

2008-06-02

[] ミスト  ミストを含むブックマーク

エンディングで、後ろの女性客が「ちょwww」と草を生やしていた……

思えばキングの映画化で成功してるものって特殊撮影が必要ないものがほとんどではないか。それこそ『ショーシャンクの空に』や『スタンド・バイ・ミー』のような非ホラー。あるいはホラーでも『ミザリー』のようなサイコホラー、クローネンバーグが明らかにグロ趣味を抑えて作った佳作『デッドゾーン』とか。例外はデ・パルマの『キャリー』か? もっともキャリーは20年くらい観てないからラストシーンしか覚えていないのだが(キューブリック『シャイニング』はキング原作作品としては別にして評価すべきだと思う)。

テレビ映画の『IT』を途中から見始めて、「これは傑作かも!」と盛り上がったところで最後にアレが登場して「ピエロのままでよかったのに…」としなしなと萎えた恨みを今も覚えているが、まともにバケモノが登場する作品は厳しい。

ワタシは原作を読んでないのでそれと比べることはできないが、本作では比較的はじめのほうから怪物がビシバシ登場する。『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボンといえども、『IT』のアレをみて感じた情けなさと同種の感覚を完全に払拭することはできてなかった。

ただこれは少し前に『クローバーフィールド』を観ていたため点が辛くなっているところがあるようだ。フランク・ダラボンは元々『ブロブ/宇宙からの不明物体』などホラー映画の脚本を手がけて浮上した人であり、ワタシにしても本作のショック場面にいちいち過敏に反応してしまったくらいなので(かなり恥ずかしかった)その点についてしっかり作られていたことは確かである。

本作は怪物云々より閉鎖空間での人間関係(の変化)が重要な要素で、キャストは最も有名なのがマーシャ・ゲイ・ハーデンという地味さだが、おなじみウィリアム・サドラーをはじめとして良い役者が揃っていたと思う。

日本人の観客にはマーシャ・ゲイ・ハーデンのような宗教がかった役柄はギャグというか、ただうざいババアとしか思えない人もいるだろう。何軒か店が固まる田舎のモールというアメリカに住む人間にとっての舞台設定の馴染み深さについて Shiro さんに教えていただいたのだが、そうした舞台や登場人物にリアルさを感じられるかがポイントなのだろう。

そして銃の役割。波紋を呼んだ本作のエンディングは銃がもたらすものについて考えずにはいられないわけだが、まぁ、教訓なんぞを引き出そうともしなくとも、「できるだけのことはした」という言葉や息子との約束を守った主人公の行動がどうしようもない形(中略)車の上から女性に冷然と(中略)エンディングはちょっと言葉で簡単に表現できない。観終わったときは、正直上に挙げた女性客同様「ちょwww」という感じだったが、後になってどんどんのしかかってきて、すごくぐったりきた。何にしろ、宣伝文句がまったく誇張でない終わり方だった。

あと本作の音楽はマーク・アイシャムで良い仕事していたと思うが、最後あたりはもっと静謐な感じにしてほしかったな。

マイクロソフトウォッチャー第一人者の意外にも初の著書『Microsoft 2.0』 マイクロソフトウォッチャー第一人者の意外にも初の著書『Microsoft 2.0』を含むブックマーク

eWeek の Microsoft WatchZDNetAll about Microsoft で知られる、マイクロソフトのウォッチに命をかけている Mary Jo Foley 女史の意外にも初の著書が刊行されていた。

Microsoft 2.0: How Microsoft Plans to Stay Relevant in the Post-Gates Era

Microsoft 2.0: How Microsoft Plans to Stay Relevant in the Post-Gates Era

しかし、よりにもよってタイトルが『Microsoft 2.0』ってすごいよな。

Mary Jo Foley の文章って昔は ZDNet 日本版の Anchordesk で翻訳されてたけど、最近はそれがなくて残念である。

[] 『トゥルー・ロマンス』から15年経って  『トゥルー・ロマンス』から15年経ってを含むブックマーク

Digg で知った記事だが、Maxim.com に隠れた傑作『トゥルー・ロマンス』の回顧記事が掲載されている。

監督のトニー・スコット、脚本のクエンティン・タランティーノ、そして主演のクリスチャン・スレーターパトリシア・アークエットの二人を中心とした証言が読める。

タランティーノは『トゥルー・ロマンス』と『レザボア・ドッグス』の両方の脚本をトニー・スコットに読ませ、両方監督したがったトニー・スコットに対し、「どっちかだけだ」とタランティーノが答えたというのは知らなかったな。

この映画についてはテラヤマアニさんも「外連味抑えめに仕上げた傑作」と評していたが、あと付け加えるならとにかくキャストが豪華で、ゲリマン、ブラピ、ヴァル・キルマーサミュエル・L・ジャクソンが脇役で揃っている映画なんてそうそうない。しかもデニス・ホッパークリストファー・ウォーケンという二大狂気俳優が対峙する映画ファンには堪えられない場面もある。

早く廉価版 DVD が出てほしいところ。

トゥルー・ロマンス [DVD]

トゥルー・ロマンス [DVD]

発言小町発の書籍ってまだないの? 発言小町発の書籍ってまだないの?を含むブックマーク

質問回答サイトから『今週、妻が浮気します』(asin:412003609X)や『幕府を作りたいのですが』(asin:4592732421)といった書籍化の例があるが、これは質問回答サイトではないけど、発言小町発の書籍化ってありそうでまだないよね?

ワタシが知らないだけかもしれないが、そんなことをまもなく終了するという発狂小町id:komachimania)を読みながら思ったりした。

それにしても発狂小町の終了は正直残念だ。読売新聞社が「よりぬき小町」をやればよいのだろうがやらないだろうな。

 | 
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2018 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)