YAMDAS現更新履歴

このページは YAMDAS Project の更新履歴ページです。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS1.0

 | 

2010-10-28

[] YAMDAS更新(「新潮45」編集部『殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件』)  YAMDAS更新(「新潮45」編集部『殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件』)を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録「新潮45」編集部『殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件』を追加。

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 (新潮文庫)

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 (新潮文庫)

ホント読んでてイヤになる本だった。

[] Internet ArchiveのOpen Library用ブックリーダーがオープンソース公開  Internet ArchiveのOpen Library用ブックリーダーがオープンソース公開を含むブックマーク

Internet ArchiveOpen Library については三年前に「アーロン・シュワルツ先生の次回作にご期待ください!」で取り上げているが(ただし、現在はもう彼は直接は関わってないはず)、その閲覧ソフトウェア Internet Archive BookReader が、オープンソースとして GitHub にソースコードが公開されている

ソフトウェアの出自や性質からするとオープンソース化自体は自然な流れだと思うが、ライセンスが GNU Affero General Public License v3 なのは注目で、Read.gov などこれを採用したサイトでなされた修正も公開されることになる(はずである)。

ネタ元は O'Reilly Radar

確かにこれは電子書籍ではできない!? 本のドミノ倒し動画 確かにこれは電子書籍ではできない!? 本のドミノ倒し動画を含むブックマーク

アリゾナの古本屋 Bookmans が宣伝用の動画を作っている。ありがちかもしれないが、やはりドミノ倒しって盛り上がるよね。

D

Bookmans のブログによると、本のセッティングと撮影に14時間かかったそうだ。

[] ファクトリー・レコードの故トニー・ウィルソンの墓石をピーター・サヴィルがデザイン  ファクトリー・レコードの故トニー・ウィルソンの墓石をピーター・サヴィルがデザインを含むブックマーク

トニー・ウィルソンが死んでもう三年が経つが、彼が設立したファクトリー・レコードでデザイナーとして数々のジャケットを手がけたピーター・サヴィルがウィルソンの墓石をデザインしていた話を RO69 で知った。

墓石の写真は上のリンクから辿れるが、これが本当に美しくて、さすがピーター・サヴィルと胸が熱くなった。墓石には George Linnaeus Banks の文章が刻まれてるが、これが "Oh Manchester, so much to answer for" だったら……と考えて不謹慎にも笑ってしまった。まぁ、さすがに墓石でブラックジョークかましてもな。

思えばサヴィルは今やサッカー・イングランド代表のユニフォームをも手がけるイギリスを代表するデザイナーなんだね。

D

Factory Records: The Complete Graphic Album

Factory Records: The Complete Graphic Album

[] サイモン・ペグ&ニック・フロストの新作映画『PAUL』はSFコメディ  サイモン・ペグ&ニック・フロストの新作映画『PAUL』はSFコメディを含むブックマーク

@kingink さんのツイートで知ったが、テレビシリーズ『SPACED』や映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ』でおなじみサイモン・ペグとニック・フロストのコンビの新作は PAUL という SF コメディー映画のようだ。

ただ今回は上記三作の監督だったエドガー・ライトは参加しておらず、脚本はペグとフロストによるもののようだ。やはり二人は親友を演じているね。

エドガー・ライトの新作がいかにもワタシが嫌いなタイプの映画っぽくてちょっとがっかりきていたので、こちらに期待することにしようか。

D

まだ WikipediaIMDb にもそれほどの情報はないが、公式サイトによるとイギリスの公開が来年2月、アメリカの公開はその一月後のようだ。日本では公開されるかな。

2010-10-25

[] YAMDAS更新(渡辺由佳里『ゆるく、自由に、そして有意義に──ストレスフリー・ツイッター術』)、もしくは第二次ツイッター本の傾向  YAMDAS更新(渡辺由佳里『ゆるく、自由に、そして有意義に──ストレスフリー・ツイッター術』)、もしくは第二次ツイッター本の傾向を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録渡辺由佳里『ゆるく、自由に、そして有意義に──ストレスフリー・ツイッター術』を追加。

ゆるく、自由に、そして有意義に──ストレスフリー?ツイッター術

ゆるく、自由に、そして有意義に──ストレスフリー?ツイッター術

渡辺さんの本は基本的かつ網羅的な内容だが、目的をニッチに絞ったツイッター本も渡辺さんの本と同時期に刊行されている。

ママのための子育てツイッター入門

ママのための子育てツイッター入門

ツイッターで誰でも簡単に小論文が書ける (YELL books)

ツイッターで誰でも簡単に小論文が書ける (YELL books)

子育てと小論文――正直これをターゲットとしたツイッター本が出るとは思わなかったな。

あと銀色夏生もツイッター本を出してるのね。いや、彼女の名前自体久しぶりに見たよ。驚いた。

銀色夏生です。ツイッター、はじめます。 (幻冬舎文庫)

銀色夏生です。ツイッター、はじめます。 (幻冬舎文庫)

あと驚いたといえば、『純愛ツイッター』という書名にもちょっと面食らった。ツイッターを題材にしたラブコメマンガなんだろうか。

純愛ツイッター (少コミフラワーコミックス)

純愛ツイッター (少コミフラワーコミックス)

そしてウィリアム・シャトナー主演でコメディドラマ化された人気アカウントの本の邦訳ももうすぐ出るようだ。

しかし、この邦訳分かりにくいな。編集者も苦労したんだろう。

[] Facebookがプライバシー侵害を止めない理由、そしてその変遷  Facebookがプライバシー侵害を止めない理由、そしてその変遷を含むブックマーク

我々の仲間である Robert X. Cringely は Facebook は邪悪なのか、それとも単に無能なだけ? なんて不思議がってるけど、両方に決まってるじゃないか。傲慢で強欲なのは言うまでもなくね――という Bill Snyder の文章である。

Facebook も営利企業なわけで、Facebook を10億ドルビジネスにするにはユーザのプライバシーを売り渡すことなく可能なわけはなかろう、と書くと乱暴な要約だが、最近話題になっているからと Facebook に乗り込んでうかれたまま写真だなんだと公開しまくる危険性はユーザ側でもちゃんと認識しておく必要があるだろう。

Wired Vision の「『Facebook』を使わない6つの理由」にもあるが、かつてマーク・ザッカーバーグは自分たちを信頼して情報を預けるユーザをバカ呼ばわりした人物なわけで。

そうそう、なぜ Facebook がプライバシー問題で批判を浴びるのか一目で分かるサイト The Evolution of Privacy on Facebook がある。

screenshot

これは Facebook が登録される各情報の公開範囲をいかに広げてきたか可視化したサイトで、これをみると大方の情報が全体公開になったことが分かる。

[] Wikipediaコンテンツの言語間翻訳を支援するWikiBhasha  Wikipediaコンテンツの言語間翻訳を支援するWikiBhashaを含むブックマーク

Wikimedia blog で、Wikipedia コンテンツの言語間翻訳を支援する WikiBhasha のことを知る。

これは前身の WikiBABEL と同様 Microsoft Research によるもので、Wikipedia のある言語(主に英語でしょうな)のページを内容を充実させたい言語に機械翻訳した結果を編集することを支援するものである。

Microsoft Research India の Aishwarya さんが解説する動画が字幕付きで分かりやすいのではっておく。

D

なぜシリコンバレーは次世代のデトロイトになれないのか なぜシリコンバレーは次世代のデトロイトになれないのかを含むブックマーク

昨年GMの経営が破綻した後、次世代のグリーンカーの作り手としてシリコンバレーのイノベーションに期待をかける向きがあった。

例えば、シリコンバレーが電気自動車のハブになりつつあるとか21世紀の自動車はシリコンバレー文化の恩恵を受けるだろうといった期待込みの報道だが、John Voelcker の文章はこうした思惑に冷や水をかけるもので、以下の三つの理由のため、シリコンバレーは自動車産業には不向きだと論じている。

  1. シリコンバレーはイノベーションとマネタイズのサイクルがとても短いし、ベンチャーキャピタルもそれを求めるが、自動車産業はサイクルが長いし、初期投資額も大きい
  2. シリコンバレーには電気・電子技術者が多いが、家電と自動車ではまったく違う
  3. カリフォルニアは企業がモノ作りするには高くつくし、規制も厳しい

それじゃシリコンバレーを拠点とする Tesla Motors はどうなんだという話が続くのだが、詳しくは原文を読んでくだされ。

ネタ元は Slashdot

Google Mapで全米禁書マップが作られている Google Mapで全米禁書マップが作られているを含むブックマーク

先月末から今月はじめの一週間、禁書扱いになった本に目を向け読書の自由を謳う Banned Books Week だったらしいのだが、2007年から今年までの最近三年間でアメリカで禁書扱いとなった本とその地域を Google Map 上で一覧できるようになっている。

こうしてみると壮観ですな。ピンの立ってない州を見つけるのが難しいくらい。パッと見ではユタ州とニューメキシコ州くらい?

practicalschemepracticalscheme 2010/10/28 01:36 ネバダ、アラスカ、ハワイも? > パッと見ではユタ州とニューメキシコ州くらい?
ひとつの学校の図書室から撤去される、くらいだとあまり広く報道されることもなさそうですから、可視化されるのは良いことですね。

yomoyomoyomoyomo 2010/10/28 08:40 アラスカやハワイはうっかり見落としてましたが、サラ・ペイリンが知事になるアラスカでそうした本がなかったのは逆に意外です。

2010-10-21

パソコンの父が再臨するとき パソコンの父が再臨するときを含むブックマーク

ビジスタニュースのブログに「パソコンの父が再臨するとき」を公開。

これは元々2006年9月に週刊ビジスタニュースに寄稿した文章で、よくもまぁワタシごときがアラン・ケイについて文章を書いたものだと思う。

それでも彼の評伝『アラン・ケイ』を読み直して、最後の文章を導き出せたのは個人的な成果と考えている。

そうした意味で、Web 2.0とやらのレッテルを免罪符にしながら、他人の仕事をネット経由で効率よく安易に利用するだけで個の力を強化した気になる風潮が一段落し、情報基盤をどこに置き、その処理をどう行うかということのバランスが本格的に見直されるとき、我々は再びアラン・ケイの仕事に向き合うことになるだろうというのが当方の予測である。

404 Not Found | このページは存在しないか、すでに削除されています
アラン・ケイ (Ascii books)

アラン・ケイ (Ascii books)

[][] 映画『ソーシャルネットワーク』予告編で流れる"Creep"の話  映画『ソーシャルネットワーク』予告編で流れる"Creep"の話を含むブックマーク

好評いただいている「マルコム・グラッドウェルの苦言と岡田斗司夫の予言」でも触れた Facebook の創業期を描く映画『ソーシャル・ネットワーク』の日本版予告編が公開されている。

D

はてなブックマークのコメントにもあるように、この "Creep" は映画のサウンドトラックには入ってない(この映画の音楽はトレント・レズナーが手がけている)。

THE SOCIAL NETWORK

THE SOCIAL NETWORK

この "Creep" 合唱バージョンは本国版のトレイラーでも使われていて、映画×ロケンロー備忘録にもコメントしたのだが、Scala & Kolacny Brothers によるものだ。

Scala についてはワタシも以前ブログに書いたことがあって……と検索したところ、四年半以上前だった

合唱バージョン "Creep" を気に入った人は、Scala のアルバムを買うのがよいだろう。少年少女合唱団にロック、ポップの名曲、しかもあんまり少年少女の教育の良さそうでない曲を歌わせるというコンセプトの勝利というべきか、そこそこ楽しめるアルバムになっている。

オン・ザ・ロックス

オン・ザ・ロックス

Amazon のページを見る限り、同名アルバムの海外盤(asin:B00009AHNC)には "Creep" が入ってないのに注意。

[] ブライアン・フェリーの新作『Olympia』がウェブでフル試聴できる  ブライアン・フェリーの新作『Olympia』がウェブでフル試聴できるを含むブックマーク

今年はロキシー・ミュージックでフジロックに出演もしたブライアン・フェリーの新作『Olympia』が NPR.org で丸ごと試聴できるよ。

これはベル&セバスチャンのときと同じシステムか。

今回の新作はロキシーのメンバーをはじめ、レッチリのフリーやレディオヘッドのジョニー・グリーンウッド、あとデイヴ・ギルモアやナイル・ロジャースなど豪華ゲストが参加しており、ケイト・モスを起用したジャケットからもかなり気合が入っているのが伺える。

実際聴いてみたが、冒頭でいきなりロキシー・ミュージックの『Avalon』から引用されていて笑った。全盛期並とは言わないし衰えもあるが、それでも聴き応えのある音に仕上がっている。

フル試聴できるのは、アルバムが発売される10月26日までみたいなのに注意。

Olympia

Olympia

オリンピア

オリンピア

Olympia: CD + DVD Edition

Olympia: CD + DVD Edition

ワタシにとっての「フィフス・エレメント」(その人に影響を与え、価値観を構成する要素となった5つの表現) ワタシにとっての「フィフス・エレメント」(その人に影響を与え、価値観を構成する要素となった5つの表現)を含むブックマーク

すっかり乗り遅れたが、空中キャンプにあった「フィフス・エレメント」の話が面白かったので、ワタシも考えてみた。

  1. オレたちひょうきん族
  2. 上田秋成雨月物語
  3. 米長邦雄の将棋
  4. rockin' on
  5. ロバート・フリップ

意図的に高校生のときまでに触れた表現から選ばせてもらった。以下、それぞれについて簡単に解説しておく。

オレたちひょうきん族

ズバリ「ビートたけし」としてもよかったのだが、ワタシが物心ついた小学校二年生のときに始まったあの番組は、ワタシにとっての少年時代そのものであり、今も特別な位置を占めているのは間違いない。

上田秋成雨月物語

小学校五年生のときに買った旺文社版は、未だに実家のベッドの枕元にある。実に四半世紀にわたりワタシの愛読書であり、読んでいてまったく飽きない。

現実と非現実の距離、身体弱き者にとっての信念としての理知とモラルへの執着などワタシの価値観を構成する要素になったと思う。

雨月物語 (ちくま学芸文庫)

雨月物語 (ちくま学芸文庫)

米長邦雄の将棋

米長邦雄の名前を出すと眉をひそめる人はいるだろう。実際彼は毀誉褒貶ある人で、ワタシにしても彼の政治性や女性観とは相容れない。しかし、だからこそ自分が彼の将棋やその勝負哲学に魅了され、棋士らしい衒気あふれる語録を愛し、師事したことは書いておきたい。

彼が悲願の名人位を獲得したときはワタシも喜んだが、翌年の名人戦が始まる頃になって彼の署名が入った免状がほしくなり、慌てて「将棋世界」の通信講座で二段の資格を得るも間に合わず、ワタシの免状には竜王名人羽生善治と署名がある。人生そんなもんだ。

人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ (ノン・ポシェット)

人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ (ノン・ポシェット)

rockin' on

ロキノンは1989年から2004年まで15年読者だった。21世紀になってからは惰性で買い続けていたようなものだが、「オレたちひょうきん族」後のワタシにとってのよりどころであり教養基盤を担ったといってよい。文章の書き方への影響も大きいだろう。

津田大介をはじめとして、ワタシとネット上で交友のある人は rockin' on に批判的な人のほうが圧倒的に多いのだが、ワタシは自分が渋谷陽一信者でありロキノン読者であった過去を自己否定するつもりはない。

ロバート・フリップ

音楽関係では「YMO」にしようかとも悩んだが、1990年8月15日にはじめて聴いたキング・クリムゾンの『太陽と戦慄』は、自分の人生の中で音楽から受けた最大の衝撃だったので。

ワタシが洋楽を聴くようになったのは兄の影響だが、15歳ごろ真剣に洋楽を聴きだしてから彼が聴かないジャンルにも手を出した。兄はワタシが聴く音楽に無関心だったが、唯一クリムゾンを聴き始めたときは強く止められた。

兄曰く、「プログレだけは止めろ。あれを聴くと暗い人間になるぞ。まともな大人になれないぞ」ワタシは兄の忠告を無視し、フリップ真理教の道を進むことになる。あれから20年経ち、兄の言葉は正しかったと言わざるを得ない(笑)

ロバート・フリップの非ロック的なたたずまいも、結構お茶目さんな言動も、何よりギターもとにかく好きなのだ。

他の三人、四人と一緒に仕事をしていく上ではひっきりなしに緊張、不一致、矛盾、困難といったものが生じてくる。その結果として、我々は多くの場合、満足どころか極端な不満、不幸感を手にした。僕のキング・クリムゾン人生を一言で言うなら"悲惨"、この言葉に尽きるよ。本当だ。悲惨そのものだった。それなら何故やるんだ、と言われたら目的を持ってしまったから、としか答えようがない。僕の人生の目的は、幸福を追求することじゃない。そんなのはひどく浅薄な目的だ。幸福、不幸、そのどちらも同等に目的には関係のないものだ。

ロバート・フリップに抱かれたい - YAMDAS現更新履歴
太陽と戦慄

太陽と戦慄

sumimsumim 2010/10/22 04:06 特に日本人によくある勘違いなのですが、件のアスキー刊書籍に収録されている「Personal Dynamic Media (1977)」は、有名なダイナブック構想の論文ではありません。これは後に Smalltalk-72 と呼称されることになる言語付き環境により実現された「暫定ダイナブック」の報告です。

本来のダイナブック構想の論文は、この5年前に書かれた「A Personal Computer for Children of All Ages (1972)」http://www.mprove.de/diplom/gui/kay72.html で、この中ではちゃんと「ネットワーク」という言葉も、ネットを前提としたダイナブックの活用法も紹介されています。

例えば、ダイナブック(文中ではデータベースと紛らわしいですが「DB」と表記)を使う子供達は、ネットを介して仮想図書館で調べ物をし、ネットサーフィンについ目的を忘れてしまう自らを戒めてみせたりすらします。また、ビジネスマンである彼らの父親が、空港でネットに接続し電子書籍の試し読みをする描写、さらに、おそらくダイナブックの持ち主が最初に書くソフトは、ネット広告をフィルタするプログラムだろうというようなケイの皮肉めいた冗談もあります。

ここで欠けているのはネットに無線で接続するという視点ぐらいに思いますがいかがでしょうか。ぜひ一度、目を通されてみることをお薦めします。

yomoyomoyomoyomo 2010/10/22 11:16 御教示いただきありがとうございます。
時間をみつけてA Personal Computer for Children of All Agesを読んでみたいと思います。

Tagu-YuuTagu-Yuu 2010/10/29 12:37 評伝『アラン・ケイ』懐かしい。
この年代って言うと、個人的には、テッド・ネルソンもでしたっけ?
「リテラリーマシン」もなかなか面白く読んだ覚えがあります。

2010-10-18

[] YAMDAS更新(トレイシー・キダー『超マシン誕生 [新訳・新装版]』)  YAMDAS更新(トレイシー・キダー『超マシン誕生 [新訳・新装版]』)を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録トレイシー・キダー『超マシン誕生 [新訳・新装版]』を追加。

超マシン誕生 新訳・新装版

超マシン誕生 新訳・新装版

かなり前に献本いただいていたのに、読むのに結構時間がかかったため、読書記録の公開が遅くなってしまった。もう少し集中して本を読まないとな。

スタートアップのネーミングにおける17の鉄則 スタートアップのネーミングにおける17の鉄則を含むブックマーク

この手の文章はいくつもあるが、これが決定版だと思うので、17個もあんのかよ、と呆れながらもざっと紹介しておく。

  1. 名前が(商標など)法に抵触してないことを確認!
  2. 名前が何をやる企業かのヒントになる
  3. 憶えやすいものにする
  4. 名前を発音したときに曖昧でない
  5. Google検索したときに他とバッティングしない
  6. アルファベット順にしたときに上にくる
  7. 「.com」ドメインが取れる
  8. その名前で Twitter アカウントが取れる
  9. Facebook ページも取れるべき
  10. 名前は短く保つ
  11. 名前から大文字を排除したり、句読点を入れたりしない
  12. 名前に会社のメインキーワードを入れるように努める
  13. 名前は大文字で始める
  14. 自分の名前にちなんだ名前にはしない
  15. 頭字語を使わない
  16. ストーリーを持っているものにする
  17. 複数語からなる名前の場合、文字の並びに注意する(例えば、ExpertsExchange のつもりが ExpertSexChange ととられるとよくないとか)
  18. トレンディーさではなく時代を超える名前を探す

おいおい、17といいながら18あるやんけ。英語限定のものもあるが、ウェブスタートアップの名前は横文字になりがちなので、日本人も注意すべきポイントが入っている。

ネタ元は Hacker News

[] スミスのすべての楽曲をカバーすることを目指すThe Smiths Project  スミスのすべての楽曲をカバーすることを目指すThe Smiths Projectを含むブックマーク

Coverville で知ったが、Janice Whaley というシンガーが今年末までにスミスの楽曲をすべてカバーすることを目指す The Smiths Project をやっているとのこと。

screenshot

このように特定のバンドを対象とするカバー企画は、楽曲すべてをウクレレでカバーすることを目指すブログとかホワイトアルバムのカバーを公開するブログとかビートルズに関するものがあるが、スミスが対象というのが面白いね。

聞いてみるとバッキングは最小限で、Janice Whaley の声が主となっている。ジョニー・マーのファンの方は満足できないかもしれないね。

ザ・ベスト〜サウンド・オブ・ザ・スミス〜

ザ・ベスト〜サウンド・オブ・ザ・スミス〜

[] シングルマン  シングルマンを含むブックマーク

シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]

シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]

1962年のキューバ危機下のロサンゼルスを舞台に、長年のパートナーを亡くし失意の大学教授の一日を描いた映画である。

郊外の家族、同性愛者、銃という小道具、主人公に麻薬の話をもちかける若者、そして何より主人公の「ある一日」を描く映画であるところなど『アメリカン・ビューティー』との類似性を感じた。

思えば『アメリカン・ビューティー』の監督のサム・メンデスはイギリス人で、本作も「ロンドン」という単語が若かりし日の象徴として出てくるが、原作者はイギリス人だったと思う。

そして、主人公を演じるコリン・ファースもしかり。ワタシが以前好きだった女性が好きな男優で、彼の主演作を映画館で観るのははじめてだ。彼の演技は哀しくも心に満ちるものがあった。ワタシが好きなジュリアン・ムーアがさすがに老けたと思わせる撮り方なのに対し、マシュー・グッドなど本作が一番良かったし、主人公と短い時を過ごすスペイン生まれの男性などやはり男が素敵だったね。

アメリカン・ビューティー』はブラックコメディーの秀作で、本作は作風がまったく違うし、映画としてのレベルも遠く及ばないが、クローズアップとスローモーションを多用して視線や匂いへの執着を強調しながら、映画の最後に主人公がある精神状態に到達するまでを丁寧に描いていたと思う。

本作への不満点を一つだけ挙げるなら、バックで流れる音楽が一辺倒でひねりがほしかった。ただ本作も『17歳の肖像』同様ビートルズ以前の時代を舞台にした映画なんだね。

2010-10-14

[] WIRED VISIONブログ第79回公開(マルコム・グラッドウェルの苦言と岡田斗司夫の予言)  WIRED VISIONブログ第79回公開(マルコム・グラッドウェルの苦言と岡田斗司夫の予言)を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「マルコム・グラッドウェルの苦言と岡田斗司夫の予言」を公開。

文章を読めば分かるが、もともとはマルコム・グラッドウェルの文章をネタに一本書くつもりが、なまじ Facebook について触れていたため2倍の分量になってしまったという地獄絵図である。

ちょうど Wired Vision に『Facebook』を使わない6つの理由という記事があったのに入れ忘れた。これだけ長い文章でも、後になってみると、あれもこれもと思ってしまう。

岡田斗司夫のインタビューは、元々以下の tweet で知ったものである。

文章にも書いたように、ワタシは絶対そうはならないねと踏んでおり、秋になったら晒し上げにしてやろうかと思っていたのだが、9月はじめにやらなくてよかった。切込隊長[twitter:@kirik])はどう予想していたのだろうか。

そういうわけで隊長、案外岡田斗司夫の予言が当たるかもしれませんぜ。

Google AppEngine本『Code in the Cloud』の著者は「私が同窓会に参加しない理由」のあの人だった Google AppEngine本『Code in the Cloud』の著者は「私が同窓会に参加しない理由」のあの人だったを含むブックマーク

The Pragmatic Bookshelf から Code in the Cloud という本が来月出るのを知る。

著者の名前に見覚えがあるなと思ったら……全米のギークが涙した告白「私が同窓会に参加しない理由」の Mark C. Chu-carroll やないの。

思えば彼は現在 Google に勤務しており、Google AppEngine の本を書いても全然不思議じゃないのだが、本業よりも科学系ブログ Good Math, Bad Math(今年夏に移転していた)の人というイメージが強かったためすぐに結びつかなかった。

本書が彼にとって初の著書となる。

[] パティ・スミスの回想録『Just Kids』が全米図書賞最終候補に  パティ・スミスの回想録『Just Kids』が全米図書賞最終候補にを含むブックマーク

パティ・スミスの回想録『Just Kids』が全米図書賞の最終候補に選ばれている。この本の存在自体知らなかったので驚いた。

Just Kids

Just Kids

自伝というより60〜70年代の若かりし頃の回想録のようで、軸となっているのは表紙でも彼女と並んでいるかつて恋人でもあったロバート・メイプルソールとの関係のようだ。以前紹介したライブパフォーマンス動画メイプルソープについて語る動画があったのはそういうことだったのか。

70年代のパティ・スミス(とロバート・メイプルソール)については、何度も書いているが『プリーズ・キル・ミー』もお勧め。この二人がマクシズ・カンサス・シティの前に立ちながらなかなか中に入れなかった話など面白い逸話もあるよ。

[] モリッシーの今お気に入りのシンガーは?  モリッシーの今お気に入りのシンガーは?を含むブックマーク

最近も中国人を劣等人種と言い放つなど相変わらず物議をかもしたりもしたモリッシーだが、まだレコード契約も結んでいない Doll and the Kicks というバンドが最近のお気に入りで、そのリードシンガーである Hannah Scanlon のことを特に評価しているとのこと。

折角なので YouTube で動画を探したら、RAWsession でのライブ動画がなかなかよかったのではりつけておく。

正直 Hannah Scanlon は全然美人とは思わないが、ボーカリストとしては良い資質を持っていそうで、モリッシーがお気に入りなのも分かる気がする。

D

D

D

モリッシーといえば、『Bona Drag』の20周年記念盤が出ているね。

Bona Drag: 20th Anniversary Edition

Bona Drag: 20th Anniversary Edition

羽生善治の将棋への献身と『Masters of Shogi』 羽生善治の将棋への献身と『Masters of Shogi』を含むブックマーク

今将棋関係のニュースというと、何と言ってもあから2010が清水市代女流王将に勝利した話題だろうが、それではなく羽生が防衛した王座戦の話。

日本経済新聞夕刊に掲載されている王座戦の観戦記は、第一局が柳瀬尚紀、第二局が若島正という当代きっての(将棋ファンの)翻訳家が担当しているのだが、10月12日の若島正氏の文章を長めに引用させてもらう。

 イギリスの将棋愛好家として知られ、『羽生の世界』(英語版)という本まで作ったことがあるトニー・ホスキングが、先ごろ『マスター・オブ・ショウギ』という新刊を自費で出版した。この本は、古今の名局80局を羽生王座が選び、それぞれの急所の局面について解説を付けたもので、日本語版が出ないのが残念なほどである。江戸時代から現代にいたるまでの名棋士とその代表的な名局を取り上げ、それに羽生王座が現在の目から見た詳細な解説を加えた名局集が出版されたら、どれほどすばらしいだろう……とわたしは夢見ることがある。そういう本が出てこそ、文化としての将棋を後世に伝えることができるのではないか。

 それはともかく、こうしたあまり人目につかないところでも、羽生王座が(おそらくは無報酬で)将棋界にとって有意義な仕事をしているという事実に、わたしは感動してしまう。

これにはワタシも感動した。羽生さん素晴らしいよ。それに読みたいぞ、その本。

検索してみたら Masters of Shogi がその本のようだ。確かに江戸時代の名人に始まり、木村、塚田、升田、大山、中原、米長、谷川、加藤から同世代の佐藤、森内にいたるまで歴代の名人の名前が並んでいる。

Masters of Shogi: Games Collection

Masters of Shogi: Games Collection

一応 Amazon にもページはあるが、「この本は現在お取り扱いできません」とのことで残念なり。

2010-10-12

[] キアヌ・リーブスに'Sad Keanu'ミームを直撃したインタビュー  キアヌ・リーブスに'Sad Keanu'ミームを直撃したインタビューを含むブックマーク

取り上げるのを忘れていた。キアヌ・リーブスのインタビューなのだが、注目なのは公園のベンチでの1人ランチをパパラッチされて以来ネットに広まった Sad Keanu ミームの話を直撃しているところだ。

インターネットに広まってるんですが、ネットで「Sad Keanu」もの見たことあります?

パブリシストが写真を見せてくれたんだけど、ないな。

写真一枚じゃないんですよ。何百万もあるんです。フォトショップ加工で猫の隣に座ってるやつとか『パルプ・フィクション』に登場するやつとか『ブレックファスト・クラブ』のキャストに混じってるやつとか百万通りありますよ。そうしたのをごらんになったことありません?

うわっ、そいつは可笑しいね! いや、ないよ。見たことないんだ。

ホント何百万もあります。"Sad Keanu" でググれば分かります。やったことありません?

(笑)ないって。

真面目な話、これは人々がいつもあなたの胸のうちを何とかして知りたいと思っていることが、役者であるあなたの最大のアピールの一つであるからこそ起きていることだと思うんですよ。あなたが何を考えているのか、なぜあなたは悲しげなのか……そう思う人たちが何千もいるという。

うわ、それじゃ、何? そういう人たちが僕の写真の隣に他のものを置いてるというわけ?

そうなんです! 例えば、今お見せしているのはバンクシーの落書きっぽいやつ、あなたの隣にパンダがいるやつです。

そいつはすごく可笑しいね。

チアリーダーと一緒のあなた。だけどあなたは彼女に気付いていない……

ああ、面白い。つまり、彼らはパパラッチの撮った写真を別の文脈にあてはめてるわけだね? おかしいな。

正にそういうことです。

うん、これは害のない健全な娯楽だ。

記事中のリンクがおかしかったので、分かるものは個別リンクを修正しておいた。それはともかくキアヌすっげーいい奴じゃん!

The Matrix [Blu-ray]

The Matrix [Blu-ray]

リビアの管理下にある.lyドメインの利用は避けるべき? リビアの管理下にある.lyドメインの利用は避けるべき?を含むブックマーク

少し前にこのエントリを Hacker News で見かけたときは不明にも正直あまり注意を払わなかったのだが、ウェブの父ティム・バーナーズ=リー卿も Twitter でこの問題について呼びかけているのに気付いた。

そしてその後に彼は Huffington Post にリンクをはっているのだが、そのエントリは件の Ben Metcalfe の話が中心である。

要は、Ben Metcalfe らが立ち上げた vb.ly が、それ自体は単純な URL 短縮サービスなのにリビアのドメイン管理局に「イスラム法に反した」と判断されて一方的にドメイン剥奪されちゃったとのことで、リビアの管理下にある .ly ドメインを使うのはリスクが大きいよという話。

確かに URL 短縮サービスで .ly ドメインを使っているところは多い。例えばワタシが Twitter にフィード情報を流すのに使っている twitterfeed にも bit.ly を使用している。

その bit.ly は未だ猛烈成長中とのことだが、リビア当局の気まぐれで足元を掬われる恐れがあるわけだ。ふーむ、設定を変えるべきなのか……

[追記]id:practicalscheme さんにコメントで教えていただいたが、vb.ly の件について Nic.ly から声明が出ている

[] 昔の恋人がくれたカセットテープを晒す極悪ブログが本になっていた  昔の恋人がくれたカセットテープを晒す極悪ブログが本になっていたを含むブックマーク

こないだ津田大介が「ちんさや」に出演したとき、恋人にマイテープを編集して贈る話(この番組的には「クリスタル・アイズ」という名称がつけられている)になり、津田っちは好きだった女性にピチカート・ファイヴの『女性上位時代』をプレゼントした話をしていた。

ワタシもこれについては From Crystal Eyes To Music Dust という文章を書いたことがあり、その中で紹介した昔の恋人がくれたカセットテープを晒す極悪ブログ CASSETTE FROM MY EX のことを思い出し、久しぶりにアクセスしたら、このブログは一年前書籍化されてたのな(笑)

Cassette From My Ex: Stories and Soundtracks of Lost Loves

Cassette From My Ex: Stories and Soundtracks of Lost Loves

いやー、笑いながらもひきつる感覚があるな。ワタシも昔テープを送った女性に選曲晒されたら死にたくなるかもしれん。

[] (動画あり)ジョニー・デップジャック・スパロウ船長に扮して小学校をサプライズ訪問  (動画あり)ジョニー・デップがジャック・スパロウ船長に扮して小学校をサプライズ訪問を含むブックマーク

ロンドンで『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの四作目を製作中のジョニー・デップについては、イギリスの料理が口に合わず、日本料理チェーンの麺を周囲に宣伝という苦笑いなニュースが伝わっているが(しかもその日本料理店が、日本人から良い評判を聞いたことがないのも微妙さに拍車をかけている)、ジャック・スパロウ船長に扮して小学校をサプライズ訪問するというサービス精神旺盛なところをみせている。

D

Boing Boing でその動画を知ったのではっておくが、ちゃんと役になりきってますな。

個人的には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズはもうカンベンなのだが、こういうの素敵よねぇ。

practicalschemepracticalscheme 2010/10/12 01:29 lyドメインの話ですが、nic.lyからもコメントが出ていて、vb.lyの言い分とは食い違っています。 http://nic.ly/anvp.php
一概にvb.ly側の話だけを鵜呑みにするのもまずいかと。他にもhackernewsでvb.lyの主張とは異なる見解を述べてるblogが出てたと思うんですがリンク失念。
Tim-Berners Lee のポイントはリビアがどうこうというよりurl shortenerという仕組み自体への警鐘なのかなと思いました。urlという概念そのものを揺るがし兼ねない仕組みなわけですから。

yomoyomoyomoyomo 2010/10/12 01:42 Nic.lyの声明を追記させてもらいました。
確かにティム・バーナーズ=リーはURL短縮サービスの利用を避けるべき、と書いてますね。そちらの方が大きいのか……

2010-10-07

「ちんさや リターンズ」収録を見学した 「ちんさや リターンズ」収録を見学したを含むブックマーク

旧聞に属する話だが、ラジオ番組「ちんさや リターンズ」の収録を見学した。

f:id:yomoyomo:20101007000135j:image

きっかけは先週金曜日の津田大介の tweet である。

これにはのけぞった。というのも、彼はその前週にも第2回福岡ツイッターサミットのために来福しており(ワタシは非参加)、二週続けてとは思わなかった。

「ラジオ番組に出演」という時点でそれが「ちんさや」であるのは予想できたので、すかさず浅原プロデューサに Twitter で「収録見学させろや」と DM を送ったところ、入れ違いに津田大介から「お前来いや」DM が来て笑った。

スタジオに差し入れのビールを持って出向いたところ、津田っちが普通に津田ギャルを連れてきていた。津田ギャルが福岡にも実在し、しかもそれがステキなメガネ女子なのに嫉妬したね!

レギュラー出演者とは7月の第1回福岡ツイッターサミットのとき以来だが、番組収録現場に足を踏み入れるのは、自分が出演(笑)したおよそ2年前以来となる。林さやかさんがいつも以上に美しくて、もう目を合わせることすらできないほどだった。

(やり方を間違っているのか ustream のアーカイブのはてなダイアリーへのはりつけがうまくいかない……不具合じゃないのか?)

実際に音が入るのは開始約12分後、津田っちが入るのは30分後だが、放送禁止用語連発の本当にひどい有様で、サブで笑い転げていた。この回、絶対アーカイブされないと思っていたよ。

でも、さすが1973年組の星なだけあってまともに聞かせる話をしているところが「時代の寵児(本人談。けっ)」たる所以であり、ちんさんの手腕だろう。でも、津田大介が2006-2007年に自己改造したという認識は意外だった。

あとワタシの心が狭く文章の性格が悪いとか、津田大介とワタシがチューした話とか、なぜかワタシにもちょっとだけ矛先が向いている。

こうしていつも聞いているラジオ番組に、津田大介という顔なじみが初めて入った収録を聞いて思ったのは、「ちんさや」というのは本当にヘンなラジオ番組であるということだ。

この回は今週土曜日にオンエアされ、その内容はポッドキャストでも配信されるが、生森ディレクターの生森マジックが炸裂し、これだけのグダグダな内容が30分にまとめられるのである。

余談だが、収録後の津田大介と夫人のキキさんとのやりとりが微笑ましかった。

f:id:yomoyomo:20101007000136p:image

最近も日本語入力競う「ツダリンピック」で津田大介が大会委員長とか驚くというか呆れたが、この人ははこういう無防備さがあるからあまり嫌われないのだろう。

山形浩生訳『〈反〉知的独占 ―特許と著作権の経済学』の約40ページ分が期間限定無料ダウンロード可能 山形浩生訳『〈反〉知的独占 ―特許と著作権の経済学』の約40ページ分が期間限定無料ダウンロード可能を含むブックマーク

仲俣暁生さんの tweet 経由で知ったが、おなじみ山形浩生と守岡桜コンビが手がけたミケーレ・ボルドリン、デイヴィッド・K・レヴァイン『〈反〉知的独占 ―特許と著作権の経済学』がNTT出版のサイトでおよそ40ページ分の PDF ファイルが無料でダウンロードできる。

screenshot

ワタシもまだダウンロードしただけだが、メールアドレスやら名前の記入などなしにいきなり落とせたのにちょっと驚いた。

この本については、訳者自身のコメントが参考になる。

最初レッシグのまねっこ本かな、と思っていたのと、とにかく言葉遣いの端々から左翼っぽい、それも中二病左翼っぽい部分が散見されて、あまり気乗りがしなかったというのがあるが、実際に読んでみるとどうしてどうして。大した本だった。とにかくいまある知的財産権支持論をほぼすべて粉砕。それも著作権よりは特許のほう。

Books that I wrote/translated

山形浩生というと、この本の一週間前に『「歌」を語る 神経科学から見た音楽・脳・思考・文化』という別の訳書の刊行も控えている。

今年中にあと一冊くらい出るだろうし、毛沢東の伝記がゆうに二冊分の分量があったことを考えると、今年も10冊くらい訳したのだろうか。まったく大した人である。

ただこないだ「”Web廃墟”貼ってくれ」というのにプロジェクト杉田玄白が挙げられていたのは悲しかったな。

[] ベル&セバスチャンの発売前新譜がアルバム丸ごと試聴できる!  ベル&セバスチャンの発売前新譜がアルバム丸ごと試聴できる!を含むブックマーク

上の PDF ファイル無料公開もそうだが、最近は少々のフリー戦略には驚かなくなったが、これは文字通り耳を疑いたくなった。

NPR.org のページでベル&セバスチャンの新譜『Write About Love』が試聴できるのだ。数曲でなく全曲を、である。しかも、最初の30秒とかでなく、曲まるごとである。

そう、アルバム丸ごとなのだ!

しかも上記ページは、アルバム丸ごと試聴できるリンクもあれば、各曲のリンクもあるという親切設計(笑)。そこまでするか。

早速聴いてみたが、スチュワート・マードックの曲作りの円熟とベルセバらしさの両方を感じることができるアルバムである。しかし、スチュワート・マードックの儚げな歌声が好きな人間からすると、女声ボーカルが彼と同じくらいフィーチャーされているところはちょっと…かも。

試聴できるのは、アルバム発売日の10月12日まで。

Write About Love

Write About Love

[] あなたが選ぶデヴィッド・ボウイの名曲20曲  あなたが選ぶデヴィッド・ボウイの名曲20曲を含むブックマーク

ワタシも以前取り上げた『Station to Station』の再発にあわせ、NME.com でデヴィッド・ボウイの最高の曲を選ぼう企画をやっている。

ワタシも一曲投票しようかと思ったが、折角なのでボウイの名曲20曲をざっと選んでみる(カッコ内はその曲を含むアルバム)。並びは単に時代順で、順位ではありません。

  1. The Man Who Sold the World(The Man Who Sold the World
  2. Changes(Hunky Dory
  3. Life on Mars?(Hunky Dory)
  4. Five Years(The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars
  5. Ziggy Stardust(Ziggy Stardust)
  6. Suffragette City(Ziggy Stardust)
  7. Rock 'n' Roll Suicide(Ziggy Stardust)
  8. All The Young Dudes / Oh! You Pretty Things(Ziggy Stardust: The Motion Picture
  9. Rebel Rebel(Diamond Dogs
  10. Fame(Young Americans
  11. Golden Years(Station to Station
  12. Word on a Wing(Station to Station)
  13. TVC 15(Station to Station)
  14. Sound and Vision(Low
  15. Warszawa(Low)
  16. 'Heroes'("Heroes"
  17. Ashes to Ashes(Scary Monsters (and Super Creeps)
  18. Modern Love(Let's Dance
  19. Blue Jean(Tonight
  20. Dead Man Walking(Earthling

ライブ盤におけるメドレーを選んでズルしたが、"Be My Wife" とか "Stay" とか "Beauty and the Beast" も入れたかった。やはり70年代の曲が中心になっちゃうね。

STATION TO STATION SPECIAL EDITION

STATION TO STATION SPECIAL EDITION

2010-10-04

[] YAMDAS更新(Facebookの報い)  YAMDAS更新(Facebookの報い)を含むブックマーク

Technical KnockoutFacebookの報いを追加。Anil Dash の文章の日本語訳です。

映画 The Social Network 公開記念、というのはウソで、少し前の「FacebookとGoogleのごう慢さは社会文化的無知の表れ」という Facebook のプライバシー問題についての記事で知って興味を持った文章である。読んでみると、一方的にマーク・ザッカーバーグを貶める内容でないので訳してみた。

それにしても『The Social Network』はかなり評価が高いようだが、マーク・ザッカーバーグとしちゃたまったものじゃないだろうな。でも、社員が大挙して観に来たという話は面白かった。

早速ローレンス・レッシグSorkin vs. Zuckerberg という批評を寄稿していて、エンターテイメントとしては面白いが、アーロン・ソーキンの脚本が伝えるメッセージを批判している。

ワタシが Facebook について「This Year's Model」という文章を書いたのが3年前だが、その後も Facebook の勢いは衰えず、今では全米2位の動画サイトでもあり、リクルートとの提携など日本でも大分名前が通るようになった。

「インターネットOS」に一番近い企業のひとつである Facebook は Anil Dash の文章にもあるようなプライバシー問題を抱えながらも快進撃を続けるのか。

[] オープンソースハードウェアサミットとMaker Faire New York  オープンソースハードウェアサミットとMaker Faire New Yorkを含むブックマーク

以前紹介した Open Hardware Summit が開催されていた。

オープンソースハードウェアの定義 OSHW がこのサミットでバージョン1.0になるのかと思ったが、そうじゃなかった。でも、バージョン0.4になって大分固まってきた感じだね。

このサミットはニューヨークで開催されたが、Maker Faire New York と同時期にあわせたのかな。

なんかティム・オライリーもジェットポニーにまたがっていたようだが、相変わらずムチャした賑やかなイベントだったようだね。

D

日本版 Maker Faire というべき Make: Tokyo Meeting 06 は 11/20、21に東工大にて開催されるよ。

Make: Technology on Your Time Volume 10

Make: Technology on Your Time Volume 10

[][][] 3DオーサリングツールBlenderによって制作されたアニメーション『Sintel』が公開  3DオーサリングツールBlenderによって制作されたアニメーション『Sintel』が公開を含むブックマーク

Blender Foundation によりショートフィルム Sintelクリエイティブ・コモンズの表示3.0ライセンスで公開され、サイト上からダウンロードできるようになっている。YouTube でも丸ごと見れる。

人間の少女とドラゴンの哀しいストーリーで、字幕も8ヶ国語対応とかすごいね。残念ながら日本語はないが、英語字幕で十分ストーリーは分かる。

D

公開元からピンと来た人も多いだろうが、Sintel はオープンソースの 3D オーサリングツール Blender によって作られたもので、ハリウッドのメジャースタジオは一切関わってないインディペンデントの仕事らしい。

Blender Foundation から公開されたショートフィルムは Sintel が三本目とのことだが、いやはや、こういう見事な出来のアニメーションがオープンソースにより作られ、自由にダウンロードできる時代なんだね。

マスタリングBlender

マスタリングBlender

[] アンディ・ウォーホルの復刻バイオグラフィー『The Autobiography and Sex Life of Andy Warhol アンディ・ウォーホルの復刻バイオグラフィー『The Autobiography and Sex Life of Andy Warhol』を含むブックマーク

The Autobiography and Sex Life of Andy Warhol だが、元々は1971年に刊行された本の復刻だそうで、今年6月に出ていたのね。もちろん新版はいろんなアップデートが入っている模様。

The Autobiography and Sex Life of Andy Warhol

The Autobiography and Sex Life of Andy Warhol

上でリンクした USA Today の記事には、この本からルー・リードのインタビューが抜粋されている。もちろんウォーホルとの関わりについてで、これまで何度も語られてきた話なのだが、ウォーホルから学んだことは何かと聞かれ、"Ways of being a nice person." と答えているのが少し可笑しかった。

Songs for Drella

Songs for Drella

[] スライドホイッスルで演奏する「ボヘミアン・ラブソディ」に笑った  スライドホイッスルで演奏する「ボヘミアン・ラブソディ」に笑ったを含むブックマーク

これは笑った。クイーンの名曲「ボヘミアン・ラブソディ」をスライドホイッスルで演奏しているのだが、PV をデタラメに再現していて笑ってしまった。

D

車の中で歌うのは、映画『ウェインズ・ワールド』からの引用だろうね。

Greatest Hits 1 & 2

Greatest Hits 1 & 2

 | 
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2018 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)