Hatena::ブログ(Diary)

The things we like. このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-01-27 ものアプリハッカソンに参加して このエントリーを含むブックマーク

2013年1月26日と27日の2日間で行われた「ものアプリハッカソン」に参加したのでその記録を書きます。

公式WEBサイトはこれ。

http://www.innovation-osaka.jp/ja/events/000003/

TechWaveでも紹介されてました。

http://techwave.jp/archives/51775805.html

読んでくれる人に失礼のないよう、最初に断りを入れると、

この文書は、"ただのログ"です。

どんなイベントだったか知りたい人のために、

参加者ブログ見つけ次第、下記にリンク貼っていますので、

こちらをご覧下さい。

http://blog.factory70.com/diary/mono-appli-hackathon-1

http://arduino-japan.com/article/87

http://d.hatena.ne.jp/forest1040/20130131/1359622531

http://www.kumikomi.net/archives/2013/02/rp03hack.php?page=1

http://doogdesign.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

http://smash-panic.com/creativenture/mylog/?p=381

http://www.studio-bloom.net/%E3%82%82%E3%81%AEx%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AB%E3%82%BD%E3%83%B3/

http://www.kumikomi.net/archives/2013/02/rp08hac2.php

ぶっちゃけ、WEBサイトの表記や表現が不評で前評判がよくなかった(後述)けど、

参加者してみて感じた結果は、すごくよかったです。


モノ=Arduino x アプリ= Androidなイベントで、サーバーサイドメインな自分が参加していかがなものかと思っていましたが、考えてみると、サーバーサイドのバックエンド側の人間として貢献できる事は多いにあると思って参加しました。


サーバーサイドを生業にしながらも、この分野は2012年はじめに強烈に関心を持った事もあって、

パーツ買い込んだりしていたので、これをきっかけに的な事を考えていました。


1日目:アイデアワークショップ


最初はGOB LabのYさんの話で始まりました。

・プロボクサーでも試合をデザイン、設計する

・市場調査で2%しか欲しくないものでも、欲しい人がいる

・ユーザーの想定を裏切る = インサイト

・マス→セグメント→インサイト←実在の一人/具体的な人

バイアスをブレイクした瞬間に、実現障壁が多くでてきて解決しようとすると機能が多くなる

・実現障壁を解くには、複数の価値を一発実現するアイデア

・何度も何度も意図的にイノベーションを起こす


GOB LabのYさんのファシリテーションで、

4人1チームで、ニーズとインサイトを見つけるワークをします。

あるフレームワークに沿って、アイデアワークするというものでした。


プロダクトの作り方

・ユーザー発見:実在の1人のユーザーを発見する

・ユーザー理解:ユーザー体験/経験を見る、聞くことで、その状況をリアリティをもってイメージ

・目的の定義:ユーザーの発言、行動などの情報を基に、ユーザーが実現したいと思っている事とユーザーも認識していない要素は実は実現したい本当の目的を定義

・アイデア発想:バイアスをブレイク、複数要件を一発実現

プロトタイプ:形にする

・テスト:フィードバックをもらう


次の3つから1つテーマを選ぶ

1. 家族のコミュニケーションを革新するおもちゃを創りだせ

2. 「カワイイ」で旅行経験を確信するプロダクト

3. オフィスでの生産性を向上させるロボット



我々のチームはテーマ1を選定。

理由は、ユーザー発見ワークで、下記問題が身の回りにあることに着目したからです。

・両親の会話がない、離婚してほしくない

・遠隔の一人暮らし老人、電話が多い


ニーズからインサイトを見つけるコツは以下

・本人を理解する

・本人のバイアスをはずす

・非常識を許す


大前提を否定してみる

なぜなぜを問いつめる


マップからインサイトを得るワークショップもしました。

・孫の成長を記録したい→動画をもとに会話したい

・家族の思いでを残したい→家族をひとつのこまにみたてた、自分の理想を得たい。思い通りにいかない現実を映像でいい家族を実現したい

・家族のつながりを感じたい→自分のことを忘れてほしくない

・家族の思いでのいい部分を残したい→自分のやってることを認めてもらいたい

まとめると、

ニーズ:家族の生活を記録として残したい

しかし、本当は、、

インサイト:良い家族を築いたという達成感を得たい

→自分が正しかったということを確認したい

 →自分がこの世に存在していることを実感

→寂しさを感じたくない


実在の一人について深堀りして、

経験に着目してニーズを分析してインサイトを見つけていきます。

確信したアイデアを革新させるために、対極のことを考えました。




ワーク自体は、こんな感じで、d.thinking



夕方には疲れてヘトヘトの状態でした。

ヘトヘトでもプレゼンします。

プレゼン形式は以下

・製品コンセプト

・紙芝居(ない/ある)

・製品デザイン


発表されたものの一部をあげると、

・自分の気持ちを分かち合える→感じている事を増幅して新たな分かち合い

・離れて住んでいる、冷えた夫婦間→気軽に発信できる、面と向かって話せない事を通知→「あのね」声をデバイスにかけると、誰かが反応してくれる

・おばあちゃんのぽち袋を見て、形に残る物をのこしたい→自分の事をだれかに覚えておいてほしい→日常の生活を通して無理なくコミュニケーションとれるようにしたい→仏壇の鈴を鳴らすと若者へ通知され鳴らし返す、ちょっとしたコミュニケーションできっかけ。なんとなくおばあちゃんの雰囲気。

(個人的に、これが一番面白いと思った)

・働くママ、思い出をつくりたい→ママ友との会話を旦那に角が立たずに知ってもらいたい。旦那に子育てに参加してほしい→子育てを共有したい。→プラネタリウム x ブレスレッド → 遠隔で子どもを寝かせる

・親子の会話を促す親父ロボ

・一緒に育てるもの

・旅行好き30代女性→かわいいと言われたい→写真サイズの絵はがきを出力できる、ホテルのフロントにあったら出力、日本に送る→ホテルのクーポン、タダでハガキを送信できる、

・寂しさを感じたくない→自分の感情を自覚して、負の感情を相手にさりげなく伝える

など


運良く自分たちのチームアイデアを実装へとつなぐことができました。

自分たちのアイデアは、怒りを感じたらイカを握って、相手にさりげに伝えるというもの。



19:00からのCEREVO岩佐さんの話が、想像以上によかったです。

Why HW Startup:

スーパーニッチ、グループ、縦軸が細くなってる、難/金/危が下がってる、クラウドファンディングアジア活用



1日中激しくアイデアワークするのは、2004年に受講したアタッカーズビジネススクール以来の気がします。

ってか、それと比較すると、3,000円は安いですね。安すぎますね。

私はそう思います。




2日目:ハッカソンプレゼン


メンバーが2倍に増えました。4→8人です。

GOB LabのYさんの説明では、メンバー増強だということだそうです。

確かに、自分たちのチームにJoinしてくれたHW技術者は、

後にいなくてはならない存在でした。


さて、作業開始したわけですが、

Arduinoで仕事をしていたり、趣味にしている熟練者はほとんどいませんでした。

チームメンバーは、1日目の夜に本格的に触り始めた人がほとんどです。

どうなることやら、、


主にArduino, Android, Server, コンセプト/UI/プレゼンのチームに2,3人で分かれて分業。

つくるものが、シンプルでハッキリしていたから、

かなりの割合で No Talk, All Action 状態です。


最初じぶんの頭の中で考えてたプロトタイプはこんなんでした。

・ボタンを押したらLED

Androidへボタン押した回数を通知

Androidのデータをサーバーアップロード

サーバーへ追加されたデータを表示(履歴)

サーバーのデータ表示されてる部分の送信ボタン押したら、メール飛ぶ

・メールにURLかかれてるので、URLにアクセスしたら確認画面

・確認画面で、送信したら、相手にメール


私はServer担当だったので、AWSEC2インスタンス立ち上げて、

Python入れて、Django入れて、DB設定して、Androidからのレスポンスを受け取って処理して、

HTMLJSONデータ返して、というものをつくる役目でした。

あと2人ぐらい手が欲しかった。。


はい、気がつけば4時です。プレゼン開始1時間前です。


しかも、いきなり、ユーザーテストするので、人を派遣しますと言われます。

でも、テストするようなモノができる直前です。大事な時間です。


こんなタイミングでユーザーテストの意味がありません。

みんな黙々と作業しますが、人がいいHWエンジニア派遣された人につかまってしまいました。

意味のない事に時間を裂かれて困っているのを見かねて、ついつい言っちゃいました。

「今は作る時間が必要でうす。ユーザーテストは意味がありません。」

派遣されたというか、スタッフの方にも申し訳なかったのですが、

主役は私たちです。

言いたい事は、はっきり言うべきだと思ったのです。


そんなこんなで、つぎはぎで、各パーツのInterfaceを確認して、

プレゼン準備ドタバタで仕上げました。



っで、できたのが、これ。

「怒りを愛にカエル君」(英語名どうしよう。。。)

f:id:yonesaka:20130128014007j:image


写真のHW部分を作ったエンジニアのKさん,Sさんが、

機転を利かせてブザーやクッションつけたり工夫なかったら、

見せる部分ってのが少なかっただろうと思うと、ほんと感心します。



審査の結果、惜しいで賞(?)


審査員の方からいただいた講評は、自分たちにない視点満載で、今後のプロジェクトに参考になる意見ばかりでした。

・価格設定の視点

・シンプルさの重要性

先進的なものの見方

・PIVOT



さて、このプロトタイプを仕上げるべく、活動継続していくつもりです。




--------------------

余談ですが、自身、主催する中の人と働く場所が近かったので、開催前の情報が少しだけ入ってきたりしていました。

全く初だらけのイベントで、前例のないことに挑戦するイベントだったようです。

しかも、行政が主催。。。(様々な制約があることはよく耳にはさみました)

そんな主催側の事情もあったわけですが、絶対に成功させる!と意気込む方を応援したいと思って、失礼を承知で、参加者として事前に色々つっこませていただいたりもしました。

もちろん、自分としても同じ想いを共有していましたので。

(ほんとに、M.Tさん、C.Tさんの懐の深さには脱帽です。)

今までの自分であれば、そんなことしても自分に得はないと思うのでしたが、2012年末に参加した勉強会でのK.Aさんの言葉「何か言いたかったら、参加してからいいましょう」「イベントの方向性やコンセプトは素晴らしい」と言っていたので、色々意見伝えたいし、参加するので自分も意見を言ってみようと思ったのです。

そして、私と周りから聞こえてきた、イベントに対して感じるもやもやを伝えたことは以下のようなことでした。

ハッカソンという言葉はさておき、ワークショップハンズオンという意味が強いかもしれない

・自分のようにAndroidはサンプルプログラム動かす程度のWEB中心のソフトウェアエンジニアは厳しいかも。

・一見面白そうに思う

・募集にあるWEBプログラマーという表現がただしくない

JavaができてAndroid端末持参って、Androidプログラマーの方が近い

ADKで何か作った事ある人というのが正しくないか?

・ある意味、AndroidTwitter連携やDataをWEBに蓄積するような場合はWEB系もやったことある事は必要でしょうけど

Android系トップクラス開発者でも2日間で何か形になるものを作るのはきびしい

Arduino+ADKは難しい

・何かつくるのであれば長期的な期間イベント(MashupAwardやMSUC2013など)でないと結構厳しい

・そもそもハンズオンとハッカソンを混同してるようにみられる、どっちかわからない

・Tech/Geek Communityでいうハッカソンの趣旨と大きく乖離しているのでGeekは敬遠するのではないか

・専門外のハッカソンに参加しても歯が立たない、というかそもそも参加するの場違い

・専門外のハンズオンなら参加してもいいかも

・そもそも誰にどうなってもらいたいのかよくわからない

・通常ハッカソンイベントで3千円の参加費というのはレア

・この分野に詳しい人に中心的な事を決めさせたり告知文をチェックしてもらうと見え方も違うのでは?

・初対面同士の人で4人以上のチームだと意見まとまりにくくなるけど、収拾つくのか?


結果、こういった不安要素はほどんど当日は感じませんでした。

何事もそうですが、最大限努力すれば、問題は解決に向かうんですね。