米沢嘉博記念図書館報 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-02-01

[][]すがやみつる展:『ゲームセンターあらし』とホビーマンガ 17:15 すがやみつる展:『ゲームセンターあらし』とホビーマンガを含むブックマーク すがやみつる展:『ゲームセンターあらし』とホビーマンガのブックマークコメント


次回2月1日(金)からの企画展示のお知らせです。


f:id:yonezawa_lib:20130110165713j:image:w300:left

米沢嘉博記念図書館 企画展

すがやみつる展:『ゲームセンターあらし』とホビーマンガ


 マンガ家すがやみつる氏の代表作『ゲームセンターあらし』(連載:1978〜83年)は、ビデオゲームを主題に据えた世界初のマンガです。ファミコンが登場する以前の時代に、アーケードゲームの魅力を作品に導入し、当時の少年たちの憧れを大いにかきたて、コロコロコミック誌で『ドラえもん』と人気を二分する大ヒットとなりました。その成功は後に、玩具メーカーなどとのタイアップにより特定のホビーをフィーチャーする「ホビーマンガ」のジャンルを、男児誌で成立させることになりました。

 すがや氏は『あらし』のほかにも、ホビーマンガの先駆となるさまざまな作品を展開しました。ラジコンやプラモデル、パソコンなど、扱われたホビーも多岐に渡ります。とりわけ『こんにちはマイコン』(1982年)はホビー向けパソコンの黎明期に、多くの少年たちをパソコン趣味へと誘いました。

 この展示では『ゲームセンターあらし』を中心に、後のホビーマンガへとつながるすがや氏の作品群を原画で展示するとともに、そこに描かれたゲームやホビーを紹介し、当時の少年文化の一角とマンガとの関係に光をあてます。


■主催

明治大学 米沢嘉博記念図書館

問い合わせ:米沢嘉博記念図書館 〒101-8301 東京都千代田区猿楽町1-7-1

TEL:03-3296-4554


■すがやみつる略歴

 1950年生まれ。静岡県出身。石森プロを経て、1971年に『仮面ライダー』(原作:石森章太郎)でマンガ家デビュー。テレビマガジン誌や小学館の学年誌、コロコロコミック誌などで男児向けのマンガを多数連載し、『ゲームセンターあらし』と『こんにちはマイコン』の両作品により、1983年に小学館漫画賞(児童漫画部門)を受賞。その後、大人向けの実用マンガや架空戦記ものの小説などを発表するかたわら、インターネット普及前のパソコン通信の時代にモータースポーツをテーマとした電子掲示板を運営し、第1回ネットワーカー大賞・個人賞、第1回モータースポーツ大賞を受賞。2005年より早稲田大学にて人間情報科学、教育工学を専攻し、2011年同大学大学院修士課程修了。2013年4月に京都精華大学マンガ学部専任教員就任予定。


会場:米沢嘉博記念図書館1階展示コーナー(〒101-8301 東京都千代田区猿楽町1-7-1) 入場無料

期間:2013年2月1日(金)〜6月2日(日)

月/金=14:00〜20:00 土/日/祝=12:00〜18:00

休館日:毎週火・水・木曜(ただし祝日は開館)。

※特別整理などで休館する場合があります。当館HP、または開館日に電話で確認・お問い合わせください。