日記

2011-05-07

Magic Onlineをやりはじめた。

スタンダード環境で復讐蔦のデッキを構築中。

遊戯王の経験からカードアドバンテージの重要性を再認識させられたので、

カードアドバンテージをとれそうなデッキを考えたい。                       

2011-04-16 原発に対する危機感の正しい立ち位置

先日、ニコニコ動画の生放送で、現状の原発事故による放射線物質拡散に対する危機感、あるいは原発そのものに対する危機感をどのように持つべきかというような話がされていた。その放送ではかなり客観的な立場をとっていて、原発事故より以前に原発に対して過剰に危機感を持っていたといわれる人たちの言説がやや説得力を持ってきているから、中庸の立場は原発事故よりやや危機感を持つほうに傾いている。しかし、過剰に危機感を持ちすぎず、今の中間的な位置を認識し、いろいろなメディアから情報を仕入れ、デマに踊らされないようにしたほうがよいというような内容だった。放送を見ていたときはその通りだと思っていたのだが、放送中にやたら危険と安全との中間位置を強調していたのが気になった。さも中間位置にいることが、正しい立場であるような言い方だったが、原発に対する危機認識の正しさを、中間的立場が何ら保障するものではないからだ。同じ正しい情報を得たとしても、その情報に対してとる態度や得る感情は人それぞれだ。大丈夫だろうと関東にとどまる人もいれば、西へ逃げる人もいる。危機感のミドルポイントを知って、それを正しい危機感認識だと思うのは、メタ的な危機認識であり、数ある危機認識の一つでしかない。

結局個々で判断して、行動するしかないのだけれど。

2011-04-03 新生活

この日記には基本的に本やゲームの感想を書くところにしていて身の回りの日常についてはほとんど言及しないのだが、やはりひとつの節目のなので記しておく。働き始めた。

2011-02-20 まどか

さやかの可哀想な姿が可愛い。

2011-02-11

普段は本やゲームの感想中心で、自分語りはしないのだが、どうもそうもいってられない。

しかし、啓蒙書の内容を自分にあてはまて書くのである意味では感想でもある。

なぜあなたはその仕事を先送りしてしまうのか?という書籍について。


世の中にはやらないといけないことを先のばしにしてしまう人がいる。私もそうだ。夏休みの宿題はぎりぎりまでためこんできた。


修士論文をしあげねばならない。

この行動をさまたげるのはなにか。

妨害するものたち:

自分が評価されないのではないのかという恐怖心

指導教官からのお叱り

過去のいや体験。

想像上の他者からの評価

時間がない。焦るのは当然。

評価はいいにこしたことはないが、相でない場合もありえる。死ぬわけではない。

他の人との比較。比較されるが、別にどうということはない。


不合理な信念:

完璧でなければならない→完璧な人間はいない。

しなければならない→したい

修論をしあげねばならない。→興味の対象について調べることである。interest

ごほうび→みるき

Connection: close