Hatena::ブログ(Diary)

エニアグラムとか… このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-05-17

デーブ・スペクターさんと姜尚中さん

| 02:50 | デーブ・スペクターさんと姜尚中さん - エニアグラムとか… を含むブックマーク デーブ・スペクターさんと姜尚中さん - エニアグラムとか… のブックマークコメント

僕はこうして日本語を覚えた

僕はこうして日本語を覚えた

姜流(DVD付) (AERA Mook)

姜流(DVD付) (AERA Mook)

デーブ・スペクターさんと姜尚中さん、お二人は間違いなくタイプ5だと思います。

デーブ・スペクターさんは、しょうもない(ダジャレを中心とした)冗談が好きな所が非常にタイプ5的です。
いつも一歩引いた所からの論評が多いのもタイプ5的です。

姜尚中さんは日曜美術館の司会をされたのを見て、いかにもタイプ5的だと思いました。

  • あの落ち着いたしゃべり方!

が、まさにタイプ5の典型です。

どこまでもクール、リアルにクール、born to be cool!

お二人とも文化人として大活躍されていますが、どこか飾らない、素直な心が垣間見えるのがタイプ5としての魅力だと思います。。

2011-05-05

稲垣吾郎さんと竹野内豊さん

| 08:02 | 稲垣吾郎さんと竹野内豊さん - エニアグラムとか… を含むブックマーク 稲垣吾郎さんと竹野内豊さん - エニアグラムとか… のブックマークコメント

D

サイコドクター DVD-BOX

サイコドクター DVD-BOX

稲垣吾郎さんと竹野内豊さん、お二人ともタイプ5に間違いないと思います。

常に冷静なタイプ5! SMAPのコンサートで他のメンバーが上半身裸になっても絶対脱がなかったという吾郎ちゃんのエピソードを聞いた時、いかにもタイプ5的だなぁ。。と思いました。

お二人ともクールな二枚目キャラです。別にわざとクールを気取っているわけではなくて、感情を表に出すことが苦手なだけなんです。

竹野内豊さんはバラエティにほとんど出演しませんが、面白いこと、特にしょうもなくて面白いことは大好きなはずです。
もう少し歳を取って、コントとかに出演したらいい味を出すのではないでしょうか?

2011-04-16

ビートたけしさんとタモリさん

| 21:14 | ビートたけしさんとタモリさん - エニアグラムとか… を含むブックマーク ビートたけしさんとタモリさん - エニアグラムとか… のブックマークコメント

f:id:yoshii_hiroto:20121028144557j:image:left

タモリのTOKYO坂道美学入門

タモリのTOKYO坂道美学入門

ビートたけしさんとタモリさん共にタイプ5に間違いないと思います。

お二人とも博学で、しょうもない面白い事好き、そして時に見せる鋭い批評観。この3つの特性はタイプ5の顕著な特性です。

ビートたけしさんは「たけし軍団」を率いているということで、タイプ8だと勘違いされる専門家の方も多いですが、<絶対に>タイプ8ではないと思います。

オールナイトニッポンとか北野ファンクラブとか、超くだらない面白いことはタイプ8では絶対できません。また、鋭い批評はしますが、決して怒りを面に出さない。この態度はタイプ5独特です。タイプ8だと他人を批判する場合、必ず自分の怒りが前面に出てしまいます。

タモリさんの場合も、タモリ倶楽部にブラタモリ、しょうもない面白いこと、博学が全面に出ています。

また、さんまさん(タイプ7)はお二人と長い間仕事をなさってきましたが、たけしさんとタモリさんが一緒に長い間仕事をしたことはありません。(特番などではあるが。。)
これも二人が同じタイプである一つの証拠です。

同じタイプの人々は、親友、コンビ、恋人、夫婦には決してなれません。

2009-08-01

オードリー

| 15:22 | オードリー - エニアグラムとか… を含むブックマーク オードリー - エニアグラムとか… のブックマークコメント

D
久々にアップです。
今、人気絶頂のオードリーですが、

  • 春日くんはもちろんタイプ7
  • 若林くんはタイプ5

だと思います。
春日くんはタイプ7ですが、冒頭の動画にある通り、さんまさんとは普通に絡んでいます。(若干、さんまさんもやりにくそうですが..)多分、さんまさんと春日くんはタイプ7の中でも少し違うサブタイプなのでしょう。
タイプ7の中でも一番似ている大物は、とんねるずの貴さんです。食わず嫌い王には、まだ出ていないと思いますが、出演したら多分、貴さんに強烈に突っ込まれて、アタフタすると思います。
(エニアグラム初心者への解説)
タイプ7(自由を愛するナルシスト)の特徴として、人前で堂々として目立つ演技ができる、というのがあります。自分のこだわっていることを披露する場合は特にそうですが、そうではなく、たとえネタ、演技であっても、臆することなく堂々と振舞います。春日くんは高飛車キャラを演じているとは思いますが、その演じ方が堂々としています。この感じが他のタイプにはない独特の特徴です。そして、この感じに非常に似ているのがとんねるずの貴さんです。若い人は知らないと思いますが、昔、貴さんも(高飛車キャラではありませんが)やんちゃキャラで名をはせていました。この目立ち方、堂々とした感じが非常に似ています。

次に、若林くんですが、春日くん程キャラが立っていないので、わかりづらいと思います。
しかし、私の絶対タイプ感からすると、タイプ5に間違いないと思います。
あの少し内にこもったような感じ、私のタイプ5センサーにビシビシきます。
タイプ5とタイプ7のお笑いコンビといえば、そう、ひょうきん族のたけしさんとさんまさんです。
オードリーもごく最近まで、若林くんがボケで春日くんがツッコミだったようです。
多分、タイプ5とタイプ7が組めば、普通、そうなると思います。
しかし、二人の実力が足りなかったか、それとも時代にそぐわなかったのか、わかりませんが、売れなかったようです。そこで、ボケとツッコミを入れ替えたら、人気に火がついたという結果になりました。

私も昨年からオードリーには注目していましたが、春日くんのボケは普通のボケではありません。変なツッコミをする、というボケで、非常に新しいです。(多分、ネタは若林くんが書いていて春日くんがシナリオ通りに演じているんだと思いますが)この新しいツッコミボケに超はまったのが、タイプ7春日、だったわけです。

2009-06-20

タモリさん

| 05:14 | タモリさん - エニアグラムとか… を含むブックマーク タモリさん - エニアグラムとか… のブックマークコメント

D

タイプ5独特のおとなしい感じはあまりありませんが、タモリさんはタイプ5に間違いないと思います。

  1. 博学、雑学、地図、好き
  2. ダメな人や物に、単純なダメ出しをしない態度
  3. 一貫してピンでやっている所

タイプ5的な要素を並べると、こんな所でしょうか?

YouTubeでタモリさん検索したら、またまたお宝映像発見!
D
もの凄く貴重なスリーショットです。(フジさんに合唱。それにしても、3人とも若いなぁ..)
もちろん同じタイプ(タイプ5)の大物共演だからです。
こういう映像がリンク一発で貼り付けられるっていうのも、いい時代になりましたなぁ..(オヤジ臭せ!)

今回の映像で登場した方々へのリンク
黒柳徹子さん
ビートたけしさん
さんまさん

2009-06-06

茂木健一郎さん

| 15:49 | 茂木健一郎さん - エニアグラムとか… を含むブックマーク 茂木健一郎さん - エニアグラムとか… のブックマークコメント

モギー(マイナーなあだ名らしい)こと茂木健一郎さんの登場です!
まだ面識がないので、もちろんご本人に確認したわけではありませんが、茂木さんはタイプ5だと思います。(誠に勝手ながら、タイプ5の典型的表情のモデルにさして頂きました。)

9タイプス

9タイプス

この日記を書くために、茂木健一郎 クオリア日記を見てみました。そして、また確信しました。タイプ5に間違いないです。
タイプ5の顕著な特徴の1つとして(全てのタイプ5ではないですが..)

  • まるで独り言のように

マメに日記を書くというのがあります。、茂木健一郎 クオリア日記はこれの典型例だと思いました。
もちろん、ブログの形をしている以上、読者の反応とか気にしている部分もあるでしょうが、おそらく、本人的には文章を書くこと自体が好き、というか、癒しなのではないか?と思います。
他にタイプ5的な特徴を挙げると

  • とにかく博学(知識好き)
  • イタズラ好き(に見える)
  • 空気を読んで、今自分が言うべきことを探す

といった所でしょうか..

2009-06-02

吾郎ちゃん

| 18:41 | 吾郎ちゃん - エニアグラムとか… を含むブックマーク 吾郎ちゃん - エニアグラムとか… のブックマークコメント

SMAPのトリを飾るのは吾郎ちゃんです。
おそらく吾郎ちゃんはタイプ5だと思います。
ワイン等の造詣が深いことは有名ですが、うまいワインを追い求めるというよりは、ワインの知識を楽しんでいる、という感じです。
静かなしゃべり方もタイプ5的で、SMAPの中では最もおとなしいキャラクターといえると思います。
タイプ5という仮説が正しければ、まじめそうに見える外見とは異なり、中身は相当イタズラ好きではないか?と思います。
少し前、ミュージックステーションに吾郎ちゃんが出演した時、タモリさんに対して「僕と同じ匂いがする」というようなことを言っていました。私にとっては、タモリさんは典型的なタイプ5なので、この時、「吾郎ちゃんは感づいているな..」と一人うなづいていました。

2009-05-25

ビートたけしさん

| 04:48 | ビートたけしさん - エニアグラムとか… を含むブックマーク ビートたけしさん - エニアグラムとか… のブックマークコメント

タイプ5の典型は、ビートたけしさんです。
皆さんご存知の通り、ツービート時代からボケ役として活躍していて、「赤信号皆で渡れば恐くない」という伝説の格言?を創り出しました。
客観的でどこか冷めたような観察眼はタイプ5特有です。また、あのぼそぼそっとした話し方もタイプ5によくある感じです。
映画監督、アーティスト(絵画)、科学的知識、など色々な物に興味を持って、静かに深く追求していきます。
そして何よりタイプ5的なのは、コメントを求められた時に、決して当事者を攻撃するようなコメントはしない、ということです。
誰がどう見たってそいつが悪いというような状況(悪ければ悪いほど)でも「○○は、バカだね」とか「どうしてそんなことをするかな?」というコメントは決してしません。
「バカだね」とか「なんだかなぁ」という台詞自体は、たけしさんがよく口にするので、上記のことを意外に思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし、よーく観察すると、そういう台詞はボケた人を賞賛するような気持ちで言っていることに気づきます。つまり、客観的に見て、悪い、ダメな人に対して言っているのではなく、ずっこけた人に対してのツッコミとして言っているのです。