Hatena::ブログ(Diary)

42%memo

2007-05-26

女流監督

というのは結構好きです。独特な感性や繊細な表現、女性を描くときはもちろん男性の監督ではとても出来ない表現をさらっとやられたときにはもう脱帽もの。なんというか自分の持ってない思考で映画を作られるのを見ると新鮮なショックを受けます。それが同じ日本人での場合は尚更。同じ国に住んでて異質な個性を感じる、過去にあった何かの延長ではない表現を期待させる。60回記念のカンヌ映画祭が開催中ですが、コンペティションにノミネートされた河瀬監督は女流という枠を超えた懐の深さを感じる、とても好きな監督です。日本映画界の女神になれることを期待してます。