Hatena::ブログ(Diary)

仮想化する僕たち

2009-07-24 iphoneアプリをAdhoc配信で貰った場合のインストール方法まとめ

[]iphoneアプリをAdhoc配信で貰った場合のインストール方法まとめ iphoneアプリをAdhoc配信で貰った場合のインストール方法まとめを含むブックマーク

tumblr.picsのiphone版のモニターユーザテストで、開発中のアプリケーションを配布しているのですが、adhocからのアプリインストールが簡単ではないようなのでまとめてみました。

他の場合でも参考になると思いますのでご利用ください。


○○.ipaの場合

送られてきたファイルが○○.mobileprovisionと○○.ipaという組み合わせの場合、iphoneの接続されたitunesがあれば簡単にアプリケーションインストールすることができます。

f:id:yositosi:20090724013151p:image


上の2つのファイルを選択して、itunesライブラリドラッグ&ドロップするとアプリケーション画面が表示されます。

f:id:yositosi:20090724013149p:image


アプリケーションの一覧の中に、これからインストールしたいアプリケーションがあるはずです。あとは、左側のメニューの中のデバイスの項目から自分のiphoneを選択して、アプリケーションタブを開きます。

f:id:yositosi:20090724013113p:image


アプリケーションタブのリストには今までインストールされたアプリケーションが並んでいますが、この中に先ほどのアプリがあるはずですので、チェックマークを付けたら、右下の適用ボタンをクリックして、iphoneアプリケーションインストールしましょう。

構成が間違っていない場合は、スムーズにインストールが完了してアプリケーションをご利用いただけるはずです。




windowsの場合

アプリインストールにはiPhone構成ユーティリティ2.0を使います。まだインストールしていない方はappleからダウンロードしてきてインストールしましょう。

iPhone 構成ユーティリティ 2.0

インストール時に.Netが要求される場合があると思いますが、その場合はこちらを先にインストールする必要があります。

Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1

インストールが終わったらiphoneとPCを接続して構成ユーティリティーを起動してみてください。

f:id:yositosi:20090724003533p:image


自分のiphoneの名前がデバイスのところに表示されれば正しく認識できています。

f:id:yositosi:20090724003532p:image


次にAdhocで渡されたアプリと認証用のファイルを用意します。○○.mobileprovisionと○○.zipというファイルだと思います。

f:id:yositosi:20090724003531p:image


このうち○○.zipのままでは使えませんので、zipファイルを解凍してください。○○.appというフォルダが出来ると思います。

iphoneを接続した状態の構成ユーティリティーの左メニューから「アプリケーション」を選択してください。


f:id:yositosi:20090724003530p:image



そうしたら、右側のテーブルに先ほど解凍して出来た○○.appと○○.mobileprovisionを2つ選択した状態でドラッグ&ドロップします。そうしますと、インストールしたいアプリケーションがテーブルに一行追加されると思います。

最後は、左側メニューのデバイスの項目にある自分のiphoneを選択して、右側のタブから「アプリケーション」を選択してください。そうすると、テーブルにインストール済みのアプリケーションが並んでいて、その中に先ほど登録したインストールしたいアプリケーションが増えているはずです。

f:id:yositosi:20090724003529p:image


「install」をクリックするとiphone内に登録したいアプリケーションインストールされます。

もしデバイスの判定でエラーになる場合は、登録されているデバイス番号が間違っている可能性がありますので、アプリの管理者にご連絡ください。



macの場合

windowsと同様の手順ですので簡単に説明します。まずiPhone構成ユーティリティ2.0をダウンロードしてきてインストールします。

iPhone構成ユーティリティ2.0

これを通常アプリケーションインストールするのと同様にマウントしてインストします。構成ユーティリティーはアプリケーション>ユーティリティー>iphoneConfigurationUtilityに作られています。

f:id:yositosi:20090724003528p:image



ダブルクリックしてアプリケーションを起動して、iphoneを接続します。上手く認識されれば、左メニューのデバイスの項目に自身のiphoneが表示されるはずです。

次にAdhocで配信されてきたアプリケーションインストールします。windowsと同様に○○.mobileprovisionと○○.zipを用意してください。そして、○○.zipダブルクリックしてファイルを展開してください。中から、○○という名前のアプリケーションが表示されると思います。

f:id:yositosi:20090724003527p:image



この作られたアプリケーションと○○.mobileprovisionを構成ユーティリティーのアプリケーションの項目にドラッグ&ドロップします。すると、追加したいアプリケーションの行が出来るはずです。

f:id:yositosi:20090724003526p:image


あとは、左メニューから自分のデバイスを選択し、アプリケーションタブから、インストールしたいアプリケーション横の「インストール」ボタンをクリックするだけです。

プロビジョニングファイルとデバイスのチェックに問題がなれば正しくインストールされるはずです。