Hatena::ブログ(Diary)

シコウサクゴ() このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-27

the Great Buddha in Kamakura

 大仏のことを英語で"Great Buddha"というらしいです。最近の英語のレッスンで知りました。というわけで、先日、鎌倉に行ってきました。


 鈍行で約2時間半。この時期って秋の紅葉シーズンですよね。そんな時期に鎌倉というベタな場所を選んでしまったので、電車とかとても混むのではないかと思っていたのですが、平日ということもあり、なんとか座席に座って行くことが出来ました。

 鎌倉駅に着いたらもう12時過ぎだったので、鎌倉パスタでランチを食べました。平日だからなのか、鎌倉にくるお客さんの年齢層のせいなのか、お客さんが少なかった。それはむしろうれしいことなんですけれども。でも味は美味しかったですよ。

 お腹いっぱいで幸せになったところで、まずは鎌倉駅周辺から散策することに。事前調査では、まずは「段葛」なるものからスタートするはずだったのですが、みんなが向かう方へと歩いていったら、「小町通り」に出てしまったようです。

f:id:yosshi71jp:20101124135230j:image

 小町通りはにぎやかでしたねー。写真じゃ分かりにくいですけど、今回の鎌倉の旅の中で一番人がいました。で、5分くらい歩いたところで人力車の車夫の方に捕まり、いろいろ話を聞いていたら、この道を行くよりも一本隣りの道を歩いた方が楽しめるとのこと。人力車はお財布と相談してお断りしましたが、人懐っこい笑顔のとってもいい人でした(笑)。

 途中で右曲ってみると大きな通りに出て、真ん中に一段高い通路のようなものがある。どうやらここが段葛らしい。

f:id:yosshi71jp:20101124140257j:image f:id:yosshi71jp:20101124140404j:image

 葉っぱも落ち、ちょっと残念な感じになっちゃってました。実は、段葛は桜の名所らしく、春の段葛はこんな感じでとてもきれいみたいです。次は春の段葛を見てみたいです。ちなみに、隣りの白い犬はカイ君です(笑)。じゃなくて、段葛でお留守番中のイヌです。


 段葛をずっと歩いて行くと、目的地の鶴岡八幡宮です。

f:id:yosshi71jp:20101124140445j:image f:id:yosshi71jp:20101124140745j:image

f:id:yosshi71jp:20101124141819j:image f:id:yosshi71jp:20101124141636j:image

 きちんと参拝してきました。鶴岡八幡宮には「鳩みくじ」というのがあり初めて見たのですが、普通のおみくじが100円のところ、この鳩みくじは200円。一体鳩みくじとは何なのだと気になって仕方なかったので、鳩みくじをやってきました。そしたら、普通のおみくじに鳩のストラップが付いてるというものでした。僕はちょっと「待ち人くるぽっぽ」みたいなのを期待したのですが、そんなにふざけてはいないみたいです(笑)。あと右下の写真は、今年の3月に倒れた「大銀杏」の写真です。見にくいかも知れませんが、新しい芽が木から出ています。これが数年、数十年と成長すると前みたいな木になるんですかねぇ。


 再び鎌倉駅へ戻り、今度は江ノ電に乗って大仏を見に高徳院へと向かいました。YUI好きの僕は江ノ電という言葉にビビビとくるわけですけど、まぁそんなことはどうでもいいとして、海沿いにゆっくり走る江ノ電はなかなか癒されました。そして、江ノ電長谷駅から10分ほど歩いて高徳院に着きました。

f:id:yosshi71jp:20101124152953j:image

大仏の後ろに見えるイチョウの葉が西日で鮮やかに光ってたのが印象的です。大仏の中にも入ってきましたが、本当に真っ暗で狭い。通路はすれ違うのもやっとなくらいでした。

 

 以上で鎌倉の旅は終わりです。修学旅行か何かで鎌倉に行ったような行っていないような、そんな記憶があやふやな感じですが、少年時代に行くのとはまた違う感じで楽しめたかなと思います。次は奈良大仏ですかね(笑)

2010-11-03

大奥のアウェイ感

 今年に入ってから急に映画を見るようになりました。個人的にですが、映画を見るときは暖かいポップコーンと冷えたコーラの組み合わせが最高です。それがなかったら行かないというくらいです。今日も寒かったですが、冷えたコーラと暖かいポップコーンを買って「大奥」を見てきました。



 映画館の予告CMで何度か流れていて、大奥は全然興味なかったんですが、「男女逆転」ってところに興味があって見に行きました。あらすじは、公式ホームページを見ていただきたいのですが、簡単にいうと男女比が1:4になったら1700年くらいの日本はどうなるのかいうものです。

 

 感想は僕的にはちょっと・・・と思った。なんていうか、ある意味夢オチのパターンと言える感じで、「いろいろ大変だったけど、結局元通り」みたいな感じ。終わりもちょっとザックリしてる。

 そんなことよりも、上映中のアウェイ感がすごかった。なにせ終始きれいな男の人達のBL的要素がかなりあり、「あれ、俺楽しくないぞ」みたいな印象を持った。「男女逆転」という言葉から、僕は勝手に女性が強くて男性が弱いのような現代の日本的な社会の極端な例を想像していたのだけど、想像よりすごかった。っていうか、男少ないのに男同士のあれこれになるとは思わなかった。これは男が観に行く映画じゃなかったんだろうなーと思って、映画が終わった後に周りのお客さんを見てみたのだが、男は僕しかいなかった。もし見に行く方がいらっしゃいましたら、男同士で行くのはやめとくべきです。