Hatena::ブログ(Diary)

吉林野日記

2018-12-29

善く生きるための社会学の草稿

20:17

ソクラテスの言葉が象徴するように、〈善く生きる〉ための思索は、遠く古代ギリシャにまでさかのぼることができる。しかし本稿では、それを19世紀末のロシア思想を、その源流として位置づけたい。というのも19世紀末のロシア思想は、その後、20世紀初頭により彫琢されたかたちで、ロシア社会学に組み込まれていったという事実があるからである。そればかりではない。後になるとロシアをはなれ、スラヴ語圏へ伝わり、ひいてはそれが欧米の社会学にまで浸透していったという重要な社会学史的事実があるからである。もちろんその事実は、単に学説史から推測するだけでは浮かび上がってこない事実である。


論文

no title

辞書

刹鈞瑁? 頌髑褌? 靮蓊鞐浥? ?.?. ?闔矗 | 節瑯? - 潜辮 | MOCHOLA.ORG

・亡命ロシア人の出発点として、1922年「哲学者の蒸気船」は象徴的。

・(チェコの)モラビア出身のフッサール→フッサール→バーガー/ルックマンの流れ。

ソローキンの主著『社会文化的動学』に、ロシア人の協力者がいる。しかも、かなりの数。コミット具合は別にして、亡命知識人のつながりという観点からは興味深い。昔々、博士課程でやれたらいいなと思っていた。ロシア人移民辞典を引き引き調べていたが、記載がないものがあったり、それよか語学力のことがあったりして、あまりうまくいかなかったので途絶していた。だから20年の積年の宿題みたいなものだ。

 今日、何気なくネットで検索していたら、いい辞書が発見できて、一気に、調べ物がはかどった。これを元に、昨年のプラハでの調査などともつなげ、プラハのロシア人サークルの研究にも手がつけられそうだと喜ぶ。ソローキンが協力者として挙げている、ロスキーやストルヴェなど、比較的著名な学者はともかく、

 音楽家 クセヴィツキー

 ユーラシア主義者 サヴィツキー

 軍事理論家 ゴローヴィン

 などの名も目に留まり、とんでもなくすごい組み合わせだと驚いた。文学の分野でやられている亡命ロシア人研究では、音楽や芸術にまで対象が広げられているが、まさかソローキンでさえ、そんな風になるとは思ってもみなかった。

2018-11-27

ペルシア人の手紙 上

10:53

第十一信 ユスベクからミルザへ / p42

第十二信 ユスベクから同じひとへ / p47

第十三信 ユスベクから同じひとへ / p50

第十四信 ユスベクから同じひとへ / p53

利己主義であったトログロディット人が滅びつつあったときに、例外的に利他主義的であった生き残りが、繁栄したという話。


100万人の哲学 (1973年)1973

ダゴベルト・D.リューンズ、 菊川 忠夫

よく生きる

岩田 靖夫 著

今井仙一 1900-1972

2018-11-26

世界聖典全集

10:39

CiNii 図書 - 世界聖典全集

1

アエ゛スタ經

木村鷹太郎譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.4-8 世界聖典全集 前輯8-9

上 , 下

所蔵館25館

2

アイヌ聖典 : 全

金田一京助譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.10 世界聖典全集 後輯14

所蔵館29館

3

世界聖典外纂 : 全

高楠順次郎[ほか]著 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.12 世界聖典全集 後輯15

所蔵館22館

4

埃及死者之書

田中達譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930 世界聖典全集 前輯10,11

上 , 下

所蔵館19館

5

新約全書解題

高木壬太郎著 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.10 世界聖典全集 前輯12

所蔵館20館

6

四書集註

宇野哲人譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930 世界聖典全集 前輯2,3

上 , 下

所蔵館25館

7

道教聖典 : 全

小柳司氣太, 飯島忠夫譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.3 世界聖典全集 後輯2

所蔵館19館

8

日本書紀神代巻 : 全

加藤玄智纂註 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.2 世界聖典全集 前輯1

所蔵館26館

9

舊約全書解題 : 全

石橋智信著 ; 世界文庫刊行會編

改造社 1930.8 世界聖典全集 後輯12

所蔵館18館

10

聖徳太子三經義疏

高楠順次郎[ほか]譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.3-1930.7 世界聖典全集 前輯4,5

上 , 下

所蔵館25館

11

舊約外典 : 全

杉浦貞二郎譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.9 世界聖典全集 後輯13

所蔵館20館

12

耆那教聖典 : 全

鈴木重信譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1930.9 世界聖典全集 前輯7

所蔵館25館

13

ウパニシャット全書

世界聖典全集刊行會編

改造社 1929.10-1930.9 世界聖典全集 後輯3-11

1 , 2 , 3 , 4 , 5 , 6 , 7 , 8 , 9

所蔵館29館

14

印度古聖歌 : 全

高楠順次郎譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1929.12 世界聖典全集 前輯6

所蔵館26館

15

コーラン經

坂本健一譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1929.10-1930.12 世界聖典全集 前輯14,15

上 , 下

所蔵館27館

16

新約外典 : 全

杉浦貞二郎譯 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1929.11 世界聖典全集 前輯13

所蔵館32館

17

古事記神代巻 : 全

加藤玄智纂註 ; 世界聖典全集刊行會編

改造社 1929.11 世界聖典全集 後輯1

所蔵館22館

2018-11-22

CRITICISM

14:57

CRITICISM

Can we say that the essentials of the above theories are scientifically proved and accurate? I am afraid not. They are very sympathetic, and therefore tempt belief, but a serious scientific scrutiny shows their fallacies.

上記の〔「生存競争」の社会学的解釈に関する〕理論の本質は、科学的に明らかで、正しいと言うことができるのだろうか。残念ながら、そうではない。それらは非常に共感でき、信念をくすぐるものがあるものの、慎重な科学的検討によると、それらは誤りであることがわかる。(1928: 321)

In the first place, it is not true that among animals the struggle for existence assumes only the forms of elimination, extermination, and devouring of other organisms. We cannot say this of the majority of plants, or of many of the non-camivorous animals. Besides, as a series of biologists have shown, the victory in the struggle for existence has not necessarily belonged to the most voracious beasts. Very often it has been obtained by those species which have been less cruel and voracious. 21 Furthermore, Kropotkin and many other investigators have shown that mutual aid is in no way restricted to human societies. It is quite common among animals We cannot even say that the higher the place occupied by species on the “ladder of life” the less voracious they are. Such an assumption is quite false. Moreover, there is some truth in the ironical remark of Montaigne that "war is a specific characteristic of the human species”; and in a no less ironical epigram of Shaftesbury that Hobbes’ famous “homo homim lupus est” is an insult to wolves, because they are less rapacious and cruel toward one another than is man toward man.

These facts are sufficient to show the fallacy of Novicow’s statement that, as we proceed from the lower to the higher animals, and from the animals to man, “the physiological struggle for existence” tends to disappear The facts do not support such a pleasant “generalization” at all. 22 Now, considering man, can we say that the above scheme of the evolution of the inter- and intra-group struggle for existence is accurate? I am afraid it is not. In his later book, Novicow himself indicates that, at the beginning of his history, man was “a fruit-eater” and not “a flesh-eater,” and that man's strong herd-instinct made a peaceful fellow out of him. Only when the development of man’s intellect broke the power of this instinct, did war appear in human history 28 All this is but a speculation ; but yet it shows Novicow’s contra diction of his own statement that, in the course of human history, the struggle for existence has been perpetually decreasing, passing from the physiological to the intellectual form. Turning from this speculation to the facts, can we say that primitive man was more rapacious, bloodthirsty, and warlike than civilized man, as we are told by Novicow, Vaccaro, Sumner, Keller, and even by S R. Steinmetz , 24 not to mention a crowd of incompetent asserters ? If the facts, as far as they are known, do not permit us to answer the question negatively, still less do they permit us to answer it positively Now we certainly know that a “savage” is in no way similar to a cruel, bloodthirsty, and voracious beast, as he has been often depicted 25 The passage from the lowest hunters to the highest agricultural groups among the simple peoples is certainly great If the criticized theory were right we would have to expect that war would be less known to, and the treatment of the vanquished more humane among, the high agricultural peoples than among the lowest hunters Facts, however, do not support this expectation The following table, in which the results of a study of 298 simple peoples are summarized, shows this. Only in nine cases has “no war” been found, and these instances have not been taken from among the high agricultural peoples, but from among the lower hunters and the lower agricultural peoples This leads the authors of the study to the conclusion that “organized war rather develops with the advance of industry and of social organization in general ” 28 The table is as follows :


21) See the corresponding facts in Mitchell, op at,, Chap II

22) It is curious to note that in his later book, in the heat of his criticism of sociological Darwinism, Novicow himself indicates that among animals, war, as a struggle of one group with another, is extremely rare, as is also an individual “physiological” struggle among the members of the same species War is a conspicuous trait of human society See Novicow, La critique de Darwimsme social, pp. 43, 47-48, 61, 153.

23) Novicow, ibtd , pp. 50, 53, 207. A similar speculation is repeated by Nicolai in his superficial Die Bxologu its Kritgts, Vol I, pp. 29-32 Nicolai practically follows Novicow’s work.

24) As we shall see, Dr Steinmetz very vigorously claims that war will not disappear m human history, and he is one of the most prominent scientific defenders of war Nevertheless, he also states that "war is the usual business” of primitive tribes; that “dte Wtldtn, rvahrsckeinkch nach der aUtersien Stufe, bludthurstig waren und ikre Kntgt tn der grausamsten Wetst mil ungeheueren Verliuten an Mmschen fsthren. ’ ’ — Steinmetz, Die PhUosophte its Kneges, pp. 55-57, 190, Leipzig, 1907.

25) See Wests rmasck, E , The Origin and Development of Moral Ideas, Vol I, pp. 334 ff , Chaps. XIV, XV, XVI, London, 1906

2018-11-20

ギディングス本

16:53

Giddings, Franklin Henry, 1855-1931

The priciples of sociology,1921.(第3版)

○社会学原理 . 社会学要論

ギッディングス著 ; 内山賢次訳 . ウオード著 ; 内山賢次訳

春秋社 1929.6 世界大思想全集 37


The elements of sociology : a text-book for colleges and schools

Macmillan 1898

○社會學通俗教科書(抄訳)

ギッヂングス著 ; 神永文三譯

新潮社 1925.5 社會哲學新學説大系, 8

○社会學(完訳)

フランクリン・ヘンリー・ギヂングス著 ; 警醒社書店編輯部訳 ; 元田作之進閲

警醒社書店 1906.11

The responsible state : a reëxamination of fundamental political doctrines in the light of World War and the menace of anarchism, 1919

○三重組織の國家 . 責任國家論

Rudolf Steiner著 ; [坂本義雄譯] . Franklin Henry Giddings著 ; [鹽見清譯] ; 大日本文明協会編

大日本文明協会事務所 1922.3

○国家の権義

ギッディングス著 ; 大石熊吉訳

広文館 1922.2 政治社会研究叢書 第2編

The responsible state.


The theory of socialization : a syllabus of sociological principles for the use of college and university classes, 1897

○社會學提綱

ギッテングス著 ; 市川源三譯

普及舎 1901.8

The principles of sociology : an analysis of the phenomena of association and of social organization, 1896

○社會學: 全

ギッヂングス著 ; 元良勇次郎閲 ; 遠藤隆吉譯

東京專門學校出版部 1901.8 再版 早稲田叢書

○社会学理の研究

Franklin H.Giddings著 ; 赤松寛美解

日本読書協会事務所 1922

2018-11-11

2018-10-31

ロシア革命と亡命思想家 1900-1946 目次

05:23

ロシア革命と亡命思想家 1900-1946 目次

まえがき 御子柴道夫 5

第I章 新世紀をむかえて1900-1904

ウラジーミル・ソロヴィヨフ

反キリスト物語1900 12

時代のリトマス紙—ソロヴィヨフの終末論の継承 堀江広行 41

第II章 革命そして立憲君主制1905-1913

セルゲイ・ブルガーコフ

ロシア革命における人神宗教1908 52

セルゲイ・ブルガーコフの宗教観とマルクス主義解釈の一断面 渡辺圭 93

第III章 第一次世界大戦そして帝国崩壊へ1914-1916

エウゲニイ・トルベツコイ

戦争とロシアの世界的使命1914 102

第一次世界大戦とエウゲニイ・トルベツコイ—民族的対立、宗教的対立を越えて 大山麻稀子 117

第IV章 革命そしてボリシェヴィキ政権へ1917-1920

ニコライ・ベルジャーエフ

政治革命と社会革命について1917.4 128

ロシア幻想の破滅1917.11 136

革命後の思想1918.10 146

ベルジャーエフの生涯 内田健介 157

ベルジャーエフによるロシア革命の検証—平等、そして自由 大山麻稀子 161

第V章 ソヴィエト政権の逡巡そして亡命社会の成立1921-1927

パーヴェル・ノヴゴロツェフ

聖なるものの復興1923 168

パーヴェル・ノヴゴロツェフの生涯と法思想 渡辺圭 192

第VI章 独裁政権へ1928-1938

イヴァン・イリーン

力による悪への抵抗に関して1931 202

イリーン—人と思想 堀江広行 226

第VII章 第二次世界大戦1939-1946

ゲオルギイ・フェドートフ

いかにしてファシズムと戦うべきか1943 238

ロシア霊性の語り部—G・P・フェドートフの生涯と思想 渡辺圭 258

「ポスト革命」派とフェドートフの思想 新井正紀 264

セミヨーン・フランク

ユートピア主義の異端1946 269

フランク—人と思想 木部敬 288

翻訳出典 295

「ロシア革命と亡命思想家」年表1900-1946 428

2018-10-23

2018-10-11

亡命知識人のアメリカ

00:32

no title


マクシム・コヴァレフスキーのマルクスとスペンサー回想


AA

no title

定住

ズナニエツキ(1985-1958)、1932年、ポーランド

ソローキン(1889-1968)、1922年、ロシア

ラザースフェルド(1901-1976)、1933年、オーストリア

バーガー(1929年-2017)、オーストリア

フロム(1900-1980)、1934、フランクフルト

ライヒ(1897-1957)、1940、オストリアハンガリー


帰国

シュッツ(1899-1960)

ルックマン(1927-2016)、スロヴェニア

2018-10-10

ロシア・コスミズムの古典

14:37

フェオドロフ『共同事業の哲学』高橋輝正訳(東京:白水社)、昭和18

目次

標題 / (0003.jp2)

目次 / (0007.jp2)

序文 / 7 (0004.jp2)

譯者序 / 19 (0010.jp2)

エヌ・エフ・フェオドロフ小傳 / 25 (0013.jp2)

第一篇 共同事業の哲學的根據 / 29 (0015.jp2)

一 武器と共同事業 / 31 (0016.jp2)

二 學者の本分 / 35 (0018.jp2)

三 自然調節の意義 / 37 (0019.jp2)

四 無學者より學者への訴願 / 38 (0020.jp2)

五 知行の分離 / 40 (0021.jp2)

六 親和の問題 / 43 (0022.jp2)

七 無學者の無力 / 44 (0023.jp2)

八 不親和の問題 / 45 (0023.jp2)

九 不親和と文化 / 47 (0024.jp2)

一〇 個と類 / 48 (0025.jp2)

一一 親和の意義 / 52 (0027.jp2)

一二 學者の任務 / 55 (0028.jp2)

一三 實證論と批判論 / 60 (0031.jp2)

一四 個人主義 / 65 (0033.jp2)

一五 進歩と復活 / 68 (0035.jp2)

一六 復活の意義 / 85 (0043.jp2)

一七 行爲なき知識 / 87 (0044.jp2)

一八 當爲の知識 / 91 (0046.jp2)

一九 人の子の生活 / 94 (0048.jp2)

第二篇 共同事業の解決 / 101 (0051.jp2)

一 祖先崇拜と宗教 / 103 (0052.jp2)

二 信仰の試煉 / 122 (0062.jp2)

a 三つの試煉 / 122 (0062.jp2)

b 三つの信仰 / 125 (0063.jp2)

c 三位一體神の規範 / 127 (0064.jp2)

d 國防の意義 / 137 (0069.jp2)

三 囘教の試煉 / 143 (0072.jp2)

四 異教と正教 / 144 (0073.jp2)

五 統一の問題 / 149 (0075.jp2)

六 神の超越性と内在性 / 152 (0077.jp2)

七 三位一體神の意義 / 154 (0078.jp2)

八 統一と三位一體神 / 162 (0082.jp2)

九 最初の人の子 / 163 (0082.jp2)

一〇 父の死と追悼 / 168 (0085.jp2)

一一 信仰の象徴 / 171 (0086.jp2)

a 存在と當爲の知識 / 176 (0089.jp2)

b 存在と當爲の行動 / 181 (0091.jp2)

一二 信仰の限定 / 194 (0098.jp2)

一三 人類の現状 / 198 (0100.jp2)

一四 神性の本質 / 208 (0105.jp2)

一五 共同的類的義務 / 211 (0106.jp2)

一六 善について / 218 (0110.jp2)

一七 戒律と義務 / 223 (0112.jp2)

一八 對立の原因と科學 / 228 (0115.jp2)

一九 安息と復活 / 230 (0116.jp2)

二〇 父に對する奉仕 / 232 (0117.jp2)

二一 歴史の意義 / 233 (0117.jp2)

二二 五十年祭 / 236 (0119.jp2)

二三 基督教的事業の本質 / 238 (0120.jp2)

二四 基督教の現状 / 255 (0128.jp2)

二五 分裂の原因 / 258 (0130.jp2)

二六 異教と復活 / 260 (0131.jp2)