与太郎プログラマの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-02-12

Ruby 1.9.2 と Rails 3.2 で、rake test に色をつける。ついでに自動テストも。

仕事で使わないとほんと腰が重い。Ruby 1.9とRails3をやっと使ってみる。

Rails1や2のころはテストを書く作業が大変だった。とくにfixturesのメンテナンスが洒落にならない。最近はfixturesではなくモックを使うプラグインが出て来ているとかで、多少楽になっていればいいなと思う。

試しに作ったプロジェクトで rake test とテストを実行したら色がついてなくて素っ気なさすぎるので、まず成功は緑、失敗は赤で表示するよう設定。ついでにautotestも入れてみよう。

via. http://seanbehan.com/ruby/color-output-with-testunit-autotest-and-ruby-1-9/


RailsプロジェクトのGemfileを修正してテスト実行時に、"test-unit"、"minitest"、minitestで結果表示を書式化する"turn"、"autotest"、以上を使うよう設定。

group :development, :test do
  gem 'test-unit'
  gem 'minitest'
  gem 'turn'
  gem 'ZenTest'
  gem 'autotest-rails-pure'
end

そんでbundleを実行して必要なGemインストール

$ bundle install

test/test_helper.rb に以下を追加。

require 'test/unit/ui/console/testrunner'
class Test::Unit::UI::Console::TestRunner
  def guess_color_availability 
    true 
  end
end

テストを走らせてみる。

$ rake test

テスト結果が色付きで表示されれば成功。続いて自動テストを実行する。

$ bundle exec autotest

以後ソースコードを保存するたびにテストが走る。RSpecとかShouldaとかはまたおいおい。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yotaropg/20120212/1329033201
Connection: close