ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

四谷書房日録 このページをアンテナに追加 Twitter

2018-05-19

岩井克人が選んだ「資本主義について考える」本

加藤秀俊『社会学 - わたしと世間』 (中公新書)


社会学 - わたしと世間 (中公新書 2484)


2018-05-18

神藏美子『たまもの』 (ちくま文庫)

追悼 トム・ウルフ

2022年、新宿歌舞伎町が変わる

2018-05-16

サンデー毎日」5/27号より「本棚探偵」スタート

Pen 6/1号「特集:クリエイターを触発する、軽井沢の森へ。」


Pen (ペン) 「特集:クリエイターを触発する、軽井沢の森へ。」〈2018年6/1号〉 [雑誌]


米国作家 トム・ウルフ死去

サンデー毎日」5/27号より「本棚探偵」スタート

サンデー毎日」5月27日号からの新連載「本棚探偵」の紹介です。サブタイトルは「そこには人生と人柄が詰まっている!」。

初回FILE01では町田康さんの本棚が取り上げられています。各自の本棚の様子は写真ではなく、イラストで見ることができます。(写真でも良かった気がします。が、どうでしょう)。

どちらにしても、本棚を通して、その人の人生と人柄を眺めることができれば良しでしょう。ちょっと楽しみな新連載です。

2018-05-15

大貫卓也『Advertising is』グラフィック社

是枝裕和監督『万引き家族』6月8日公開

Netflixの世界契約者数が1億2500万人に

2018-05-14

本の雑誌編集部『絶景本棚』(本の雑誌社)

2018-05-13

六本木の青山ブックセンター閉店へ

5月5日のブログに「筑摩書房と青山ブックセンター本店」についての記事を書きました。後日、5月9日付日本経済新聞で「六本木の青山ブックセンター閉店へ 本離れ 著名店も直撃」を読んで驚きました。

何とあの六本木の青山ブックセンターが閉店!? 同書店は6月25日に、38年の歴史に幕を下ろすといいます。これには唖然としてしまいました。いい書店であっただけに、何とも残念です。しかし、これが書店業界の現状です。

せめて本店だけは継続してほしいと思いますが、このままの状態ですと、六本木の青山ブックセンターと同じ結果になることは明らかです。これは業界にとっても、本好きにとっても深刻すぎる問題です。

2018-05-12

開高健著/小玉武編『開高健ベスト・エッセイ』(ちくま文庫)