ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

四谷書房日録 このページをアンテナに追加 Twitter

2016-12-07 (水) 東京 曇り 11℃/5℃

12/07のTweets

2016-12-06 (火) 東京 晴れ 17℃/8℃

12/06のTweets

▶この頃のAmazonの事業展開に勢いを感じます。この記事の「Amazon Go」 もそうです。Amazonは 21世紀のウォルマートをめざしているのか。今後の動向に注目です!

2016-12-05 (月) 東京 晴れ 18℃/8℃

自動翻訳は言葉の壁を超えるか

昨日のツイートから「ニューラルネットワークによる高精度翻訳「Microsoft Translator」が日本語対応」の記事を紹介しました。

これを試してみましたが、予想以上に品質が良かったと言うのが実感でした。翻訳の技術の進歩はまさに日進月歩です。

新聞では、2050年には中国語を第一言語とする人口が英語を大幅に上回るといいます。国際語=英語の時代から多言語化の時代へ。そんな様相を呈してきました。

日本でも2020年にむけて自動翻訳システムの開発を推進しています。このほかスマートフォン向けの多言語音声翻訳アプリ開発も加速しています。

いままでのような言葉の壁はアプリによって、普通の会話ができるようになり、いろいろな人たちを自在に対話することができるようになります。

そうなると、言葉のカベを意識することなく、コミュニケーションができ、今まで交流できなかった人たちとも新しいつながりが生まれます。

この自動翻訳が人と人をつなぐ新しい言葉の架け橋になるかどうか。それは今後のアプリの品質向上にかかっています。

2016-12-04 (日) 東京 晴れ 16℃/7℃

12/04のTweets

2016-12-03 (土) 東京 晴れ 16℃/6℃

今日の拾いもの

最近、新著の好みが少し変わってきています。いままでですと、岩波・中公・文春等をチェックするのですが、近頃は講談社現代新書も手に取ることが多くなっています。私の関心が変わったのか、現代新書の編集が変わったのか?

古本ではなぜか新書が注目されていません。あまりにもなのですが、それでも、いい新書は多々あります。均一の箱の中で、文庫以上に新書(それも現代新書)を注目するようになったのは吉増剛造さんの新書『我が詩的自伝』を読んだからでしょうか。

今回も、いつものコースを巡回し、次の新書を拾いました。いつもとは違う選書ですが、こうした気分転換もいいでしょう。自分の好みの本ばかり読んでいると、マンネリになります。そうならないために、異なった分野の本を読むことも必要です。


〈未来〉のつくり方 シリコンバレーの航海する精神 (講談社現代新書)       「タレント」の時代 世界で勝ち続ける企業の人材戦略論 (講談社現代新書)


しかし、なぜ現代新書が気になるのか。おそらく編集者と私の何かが同期しているからでしょう。それが何なのか。その解はまだ見つかっていません。

12/03のTweets

2016-12-02 (金) 東京 晴れ 16℃/9℃

西荻・音羽館が休業 !?

2016-12-02の「okatakeの日記」を読むと、何と西荻・音羽館が「12月から1月の半ばあたりまで」、休むと言います。岡崎さんはその理由をブログに書いています。詳細はこちらを。

一言でいうと、店長の広瀬さんが古書組合の理事になり、その仕事が多忙を極めているとのこと。例えば、荻窪のささま、西荻の音羽館や盛林堂が、万が一閉店したら、もう世も末でしょう。

そうでなくてよかった(そんなはずもないのですが)と思いつつ、音羽館の再開を心待ちにしています。

12/02のTweets

2016-12-01 (木) 東京 晴れ 14℃/6℃

12/01のTweets