Hatena::ブログ(Diary)

裕’s Object Relational World このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

サイコセラピー(精神療法・心理療法) & 精神分析(的サイコセラピー) & 対象関係理論

精神分析家、精神療法家とその理論
アドラー ビオン サリヴァン バリント タスティン フェレンツィ ラカン  フロイト アナ・フロイト クライン カーンバーグ  フェアベアン   オグデン  フークス  ジェイコブソン  ユング  コフート  マーラー  マスターソン  ロジャーズ  ウィニコット

コンテンツ
  プロフィール(連絡先 献本歓迎)  researchmap  最近の関心   非実用言語学   心理職国家資格化   心理主義批判  英単語  メモ  未読書籍管理(メディアマーカー)  読了本(読書メーター)  Power Games  新世紀エヴァンゲリオン分析  集団療法   学生相談関連書籍   この日記のはてなブックマーク数   bookmarks(this blog)  裕's ブックマーク  書庫  20090411231228

2010-01-26 Tue

精神科医、タフでなければ生きられない 「激励禁忌神話の終焉/井原裕」

|  精神科医、タフでなければ生きられない 「激励禁忌神話の終焉/井原裕」を含むブックマーク  精神科医、タフでなければ生きられない 「激励禁忌神話の終焉/井原裕」のブックマークコメント

 「うつブーム」の現在、こういうタイトルにするのは売れ線かもしれないけど、ちょっとミスリーディング。このタイトルでは誰しもうつ病本と思うではないですか。それで読むのを後回しにして失敗しました。

 もちろん「うつ」はこの本にとっても大事な要素です。「激励」という訳はともかく encourage = 勇気を与えることがどうしてうつ病にとって禁忌なのか、「統合失調症の患者は病識がない」と同じくらい問題ある一般化ではあります。

 でもやっぱりこの本の本質は「ハードボイルドの主人公としての精神科医」でしょう。ぼくがタイトルつけるなら「精神科医、タフでなければ生きられない」「ハードボイルド精神科医、病院を行く」、そんな感じ。

 最初は筆者の圧力にちょっとたじたじとなっていましたが、読み進めるにつれてほんとうにハードボイルドのヒーローが犯罪に巻き込まれいてくのを読むみたいな興奮を覚えながらページをめくりました。

 5分間診療でいかに有意義な精神療法を行うか、病院へのクレーマーへの対処法、いかに少ない抗うつ薬で治療を行うかなどなど。

 あーこれハードボイルドじゃん、と思っていたらほんとうに「精神科医はタフでなければ生きられない。やさしくなければ精神科医の資格がない」(手元に本がないので微妙に違うかも)という一節があってちょっとしびれました。

 お勧めです。

激励禁忌神話の終焉
激励禁忌神話の終焉
日本評論社 2009-09
売り上げランキング : 115747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
若者の「うつ」―「新型うつ病」とは何か (ちくまプリマー新書)
そだちの臨床―発達精神病理学の新地平 (こころの科学叢書)
NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる
「本」を遊ぶ―神田橋條治書評集
うつ病臨床のエッセンス (笠原嘉臨床論集)


 タイミング良く新刊も出るようです。

精神鑑定の乱用
精神鑑定の乱用
金剛出版 2010-01-30
売り上げランキング : 8070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(←べ、別にクリックしてほしいわけじゃないからね。勘違いしないでよねっ!)

asegaasega 2010/01/28 20:55 面白そうな本なので今後の予定リストに入れました(^^)確かにタイトルは誤解を与えそうですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/you999/20100126/p2