Hatena::ブログ(Diary)

裕’s Object Relational World このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

サイコセラピー(精神療法・心理療法) & 精神分析(的サイコセラピー) & 対象関係理論

精神分析家、精神療法家とその理論
アドラー ビオン サリヴァン バリント タスティン フェレンツィ ラカン  フロイト アナ・フロイト クライン カーンバーグ  フェアベアン   オグデン  フークス  ジェイコブソン  ユング  コフート  マーラー  マスターソン  ロジャーズ  ウィニコット

コンテンツ
  プロフィール(連絡先 献本歓迎)  researchmap  最近の関心   非実用言語学   心理職国家資格化   心理主義批判  英単語  メモ  未読書籍管理(メディアマーカー)  今読んでいる本(読書メーター)  Power Games  新世紀エヴァンゲリオン分析  集団療法   学生相談関連書籍   この日記のはてなブックマーク数   bookmarks(this blog)  裕's ブックマーク  書庫  20090411231228

2010-05-01 Sat

知られざるサブカルチャー 「教養としての官能小説案内/永田守弘」

|  知られざるサブカルチャー 「教養としての官能小説案内/永田守弘」を含むブックマーク  知られざるサブカルチャー 「教養としての官能小説案内/永田守弘」のブックマークコメント

 官能小説とかいっても自分の中では宇野鴻一郎とか川上宗薫とか30年以上前でストップしている、というかビデオの普及によって「Oの物語」とかいった文学的ポルノグラフィーのわずかな流れ以外は駆逐されたと思っていた。でもニッチなようにみえて一定の市場は確保されているのですね。後半部分とかはまったくきいたこともないような作家のことを初めて目にしました。

 とはいっても作者はそうした伝統的官能小説の流れにいる人だから、取り上げる作品は商業ベースのものだけでネット上のSSとかはまったく言及もないので、そこらへんを含めた本とウェブにおける官能小説の相互影響などについて研究する人がいたら面白いと思うのですが、両方に精通した人とかあんまりいそうもありませんね。

教養としての官能小説案内 (ちくま新書)

教養としての官能小説案内 (ちくま新書)
官能小説「絶頂」表現用語用例辞典 (河出i文庫) 性的なことば (講談社現代新書 2034) 同性愛と異性愛 (岩波新書) 女はポルノを読む―女性の性欲とフェミニズム (青弓社ライブラリー) 衆愚の時代 (新潮新書)
by G-Tools

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/you999/20100501/p3