Hatena::ブログ(Diary)

裕’s Object Relational World このページをアンテナに追加 RSSフィード

サイコセラピー(精神療法・心理療法) & 精神分析(的サイコセラピー) & 対象関係理論

精神分析家、精神療法家とその理論
アドラー ビオン サリヴァン バリント タスティン フェレンツィ ラカン  フロイト アナ・フロイト クライン カーンバーグ  フェアベアン   オグデン  フークス  ジェイコブソン  ユング  コフート  マーラー  マスターソン  ロジャーズ  ウィニコット

コンテンツ
  プロフィール(連絡先 献本歓迎)  researchmap  最近の関心   非実用言語学   心理職国家資格化   心理主義批判  英単語  メモ  未読書籍管理(メディアマーカー)  今読んでいる本(読書メーター)  Power Games  新世紀エヴァンゲリオン分析  集団療法   学生相談関連書籍   この日記のはてなブックマーク数   bookmarks(this blog)  裕's ブックマーク  書庫  20090411231228

2006-03-06 Mon

東電OL殺人事件/佐野眞一

|  東電OL殺人事件/佐野眞一 - 裕’s Object Relational World を含むブックマーク  東電OL殺人事件/佐野眞一 - 裕’s Object Relational World のブックマークコメント

【購入数】★

 桐野夏生「グロテスク」のモデルとなった売春を行っていた東京電力エリートOL殺人事件のルポルタージュ。全体としては被告人のネパール人の冤罪事件という側面に焦点が当たっているが、最後のほうで精神科医の斎藤学氏が登場して、被害者の心理分析を行っている。

東電OL殺人事件
東電OL殺人事件佐野 眞一

新潮社 2000-05
売り上げランキング : 23,189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
東電OL症候群(シンドローム)
グロテスク
誰が私を殺したの―三大未解決殺人事件の迷宮
ニッポン発情狂時代―性の王国
宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオ


境界性人格障害=BPD はれものにさわるような毎日をすごしている方々へ/ポール・メイソン&ランディ・クリーガー

|  境界性人格障害=BPD はれものにさわるような毎日をすごしている方々へ/ポール・メイソン&ランディ・クリーガー - 裕’s Object Relational World を含むブックマーク  境界性人格障害=BPD はれものにさわるような毎日をすごしている方々へ/ポール・メイソン&ランディ・クリーガー - 裕’s Object Relational World のブックマークコメント

【購入数】★★

 境界パーソナリティ障害の周囲にいる人のための、いかにもアメリカらしいセルフ・ヘルプ本です。困っている家族や友人にとっては確かに役に立つかもしれませんが、あまりにもパーソナリティ障害を実態として扱うことには弊害もあるように思います。

  • xxiii 「無限地獄」 → 「終わりのない地獄」という意味でしょうが、仏教用語の「無間(むけん)地獄」(間断のない苦しみが続く地獄)と紛らわしいので、どちらかにした方がよいでしょう。「無間」とはサンスクリット語 avici の漢訳であり、avici は直接日本語にも「阿鼻」(阿鼻叫喚、阿鼻地獄の「阿鼻」)として入っていますので、ややマニアックですが「阿鼻地獄」でもよいかも。
  • p.142 誰かに境界性人格障害のことを説明してみたらどうなる?額にまんじを焼き付けられて「Helter Skelter(驚きだぜ)」って合唱されちゃうわよ。→ チャールズ・マンソン(女優シャロン・テート殺人で有名なカルト宗教家)みたいに額にまんじを焼き付けられて、「Helter Skelter」(ビートルズの曲:マンソンは白人と黒人の最終戦争を歌った曲と解釈した)を歌われちゃうわよ。http://www.strangepersons.com/images/content/109920.jpg
  • p.300 「ノルエピネフリン」 → 「ノルアドレナリン」 日本ではこれが通称。

境界性人格障害=BPD(ボーダーライン・パーソナリティー・ディスオーダー)―はれものにさわるような毎日をすごしている方々へ
境界性人格障害=BPD(ボーダーライン・パーソナリティー・ディスオーダー)―はれものにさわるような毎日をすごしている方々へポール・メイソン ランディ・クリーガー

星和書店 2003-04
売り上げランキング : 4,192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
境界例の治療ポイント
境界性人格障害(BPD)のすべて
境界例と自己愛の障害―理解と治療にむけて
パーソナリティ障害―いかに接し、どう克服するか
ボーダーライン―自己を見失う日本の青年たち


カウンセラーの守秘義務に関する民事判例

|  カウンセラーの守秘義務に関する民事判例 - 裕’s Object Relational World を含むブックマーク  カウンセラーの守秘義務に関する民事判例 - 裕’s Object Relational World のブックマークコメント

 東京地方裁判所(第一審)平成7年月22日 平成4年(ワ)第12646号(抜粋)

カウンセラーと相談者の間には、医師と患者との間の治療契約に類似したいわば心理治療契約ともいうべき契約が成立しており、カウンセラーは面接により知りえた相談者の私的事柄や心理状況については守秘義務があるから、相談者に無断で、年齢、学歴、職歴、家族関係、異性関係等につき、書籍に公表したことに対しては、債務不履行に基づく損害賠償責任を負う。

行灯ザラメ行灯ザラメ 2006/03/08 23:56 貴重な症例、あ、失礼、判例だと思いますわ。でも、これは刑法の守秘義務ではなくて、民事での契約違反の問題だということが大事ではないのかしら?

裕 2006/03/09 00:02 ご指摘の通りです。タイトルを詳しく改めました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証