日々是メイソウ

2006-02-27 ここはひどい以下略

スキージャンプのルールについての雑感

| 00:46

世間様に向かって欝だとか書いたまま放っておいて何になるんだこのサイト記念で、トリノオリンピックが終わった今更になってそれをネタにする俺。

なんとも、国民の皆様の高い期待に反した結果に終わったらしいオリンピックでして、安藤選手や今井選手、成田選手、マスメディアなどいろいろ叩かれまくっていて、ニヤニヤしてしまいますな。ソルトレークの結果とだけ比較すると、金1、4位5っていうのは、そこまで悪くは無いですよね。長野はホームグランドだったこともあるし。荒川の金に飲まれた感じになったけど、アルペン回転の活躍はもう少し報道しても良いんじゃねえの!?

で、本題のスキージャンプ。どうも、ネットを徘徊していると、「日本人に不利」なルール変更への怒りの声が目立ちますけど、ちょっと切れすぎじゃないですかね?

長野五輪での日の丸飛行隊の大活躍はもはや過去の事になってしまった今日この頃。その原因の一つとして盛んに取り上げられているのが、スキー板の長さ制限の変更。それまで、「身長+80cm」だった板の長さが、長野五輪後「身長*146%」に変更されたことで、身長が高い選手は従来より長い板を使えるようになり、低い選手は短い板を使うことになりました(他にも日本が活躍するたびにルールが変更されているらしいですが、詳しくは調べてません・・・が今回僕が書くことには、さほど影響しないんじゃないか、な・・・)。ジャンプでは空気抵抗がより大きい方がより長く遠くへ飛べるわけなので、短いスキーを使うことになる身長の低い選手には不利になるわけです。で、日本人は平均身長が低いので、日本人に不利、というわけで、まあ、わざわざ解説する必要も無いくらい知れ渡っているような気もしますけど。

これが、日本人に不利になるように仕組まれたルール変更で、不公平だ、というのが最近の一般的な(気がする)見解です。で、まあ、長野五輪の後という時期を考えても、その後の日本人の不調を見ても、それが全く間違ってるとは言いません。しかし、それに単純に不満を言っても・・・。どうにも、被害者意識が強く過ぎるんじゃないですか、と。

そう思う理由として、まず、現在のルールが身長の低い人に不利であるならば、従来のルールは身長の高い人にとって不利なルールだった、と見ることもできると言うことがあげられます。「身長+Xcm」と「身長*X%」の客観的な公正性は、さほど違うとは思えません。単純に、身長に対して身体の表面積と体重がそれぞれ2乗、3乗の関係にあるなら、後者のほうがむしろ公正な気さえします(この辺、明らかに後者のほうが不当だ、というのならば話は変わりますが)。

次に、身長の低い人に不利なルール変更しかなされていないわけではないこと。原田選手が体重が軽すぎて失格になったことは記憶に新しいかと思います。これは、身長が高くて体重が軽い選手に有利であると言われるようになったため、選手たちがこぞって無理なダイエットをするようになったことを懸念して、体重の軽すぎる選手は、やや短い板しか使えないようにする規制をつけたものです(BMI(=体重を身長の2乗で割ったもの)が一定以下の選手に対して、板の長さの制限を厳しくした)。これは、単純に身長の低い選手に有利、とは言えませんが、少なくとも長野五輪後のルール変更とは違う趣旨のものでしょう。

最後に、まあ、これはおまけですが、身長の低い選手にも強い選手がいること。アダム・マリシュ選手(強いらしい)などは、不利といわれる174cm以下のようです。この辺は、それだけを持って、一般に身長の低い選手に不利かどうかを論じることは出来ないと思われるので、議論の補強として。

ルールと言うものは、その競技に参加する人が概ね納得できる、公正なものでなくてはならないと僕は思います。日本人の活躍のたびにルールが変更され、日本人に不利になる、ということが意図されて行われているならば(それは否定しづらい面もあるように思います)、確かにルールの公正性を損ねることになります。しかし、身長に低い人間に不当に有利になるルールを放置しておくことも、また、公正性を損ねるわけです。不当な意図と言うのは残念ながら証明しづらい。そして、耳の痛いことも真摯に受け止める人も残念ながら少ない。それどころか、反発すら生みかねません。不当だ、不公正だ、という主張は、客観的に支持できるだけの証拠が無ければ、跳ね除けられるのみです。しかし、逆に言えば、客観的に公正性が高いルール変更ならば認められる余地はあるわけです(BMI規制のように(欧米選手の体調に配慮しただけなのかもしれませんが))。であるならば、いたずらに議論を硬直化させるような怒りの声を上げるよりも、本当に公正なルールとはどういうものかをきちんと提示することが必要ではないでしょうか。

と言ったものの、一定の声が持つ力は大きいし、誰もがアイデアを出せるわけじゃないので、不公正なことに怒る感性は重要だとも思いますけどね。その辺バランスの問題で、個人的に現状が多少冷静さを欠きすぎではないかと思った次第でした。ちなみに、見かけた代案は一つしかなくて、身長別にしてはどうか、というものなのですが・・・どうでしょうね。良さそうな気もしますけど、わざわざそれを取り入れますかね・・・?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yowie/20060227/1141055181
Connection: close