yoyaのメモ

2009/03/31(Tue) Skype ファイル転送禁止 reg

[]Skype ファイル転送禁止 reg

Skype にファイルをドロップするだけでバラ撒かれるのは怖いよね。

という話をしたところ、同僚から以下の URL を教わりました。

レジストリ編集で Skype のファイル転送を禁止する方法は以下の通り。

HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Policies/Skype/Phone
,DisableFileTransfer, REG_DWORD = {0,1}
【REG_DWORD = {0,1}】の意味は、’0’は許可を、’1’は禁止を示します。

ついでに、手動でレジストリを編集するのが怖いとか面倒という人向けに、

reg ファイルを用意しました。*1

.reg ファイルを手元に保存して、クリックして実行するとレジストリ

書き変わり、 Skype でファイル転送が出来なくなります。

(送信も受信もできないので注意)

一応、Windows Vista の Skype3 と Skype4 で動作するのは確認してます。

同じようにお困りの方がいましたら、どうぞお使い下さい。

戻したい場合

やっぱりファイル転送ないとダメ。

という人用に転送禁止を解除する reg ファイルもあります。

こっちは動作確認してないけど、きっと動くはず… 動作確認しました

*1:自分が管理する複数台のPCで、regedit コマンドを使うのが面倒というだけですけど

2008/10/05(Sun) Skype on Linux がメモリを使いすぎる問題 (3)

[][] Skype on Linux がメモリを使いすぎる問題 (3)

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND
27944 yoya      15   0 94656  45m  13m S 41.9  4.6  11:01.74 skype

問題なかったので、次はボットをつないで様子を見ます。

2008/09/30(Tue) giftransmask

[]Skype on Linux がメモリを使いすぎる問題 (2)

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND
11222 apache    22   0 53708  21m 5720 D 11.3  2.2   1:58.63 httpd
27944 yoya      15   0 91388  42m  13m R  0.7  4.2   4:02.70 skype

とりあえず動かしっぱなしでも問題はなさそうなので、次は、 Windows Skype から同じアカウントでつないで様子を見ます。

更に、これでも問題がなかったら、 PHP で bot をつないで(Windows Skype は止めて)みようかと。

切り分け切り分け。

2008/09/26(Fri) Skype on Linux がメモリを使いすぎる問題

[]Skype on Linux がメモリを使いすぎる問題

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND
31651 yoya      16   0  782m 652m 3164 R  0.7 65.2 194:34.40 skype

えーっと… メモリ1G で 65% 食ってるのって、幾らなんでも太りすぎ。(´Д`;)

Skype 再起動

  PID USER      PR  NI  VIRT  RES  SHR S %CPU %MEM    TIME+  COMMAND
25343 yoya      15   0 80376  33m  11m S  1.0  3.3   0:02.03 skype

とりあえず、原因を切り分ける為に Skype bot を止めました。

2008/09/24(Wed) Skype API wrapper class (PHP) を試してみた (4)

[][]Skype API wrapper class (PHP) を試してみた (4)

何時の間にか作者に捕捉されてましたw

github での fork & pull をお望みのようなので、

github にアカウントを作成*1して、何も考えず fork 。

手元に持ってきて手動 merge 開始。

git clone git://github.com/yoya/php-skype.git

適当にいじって動かすのは簡単ですが、 commit を意識するなら真面目にいじらないと

です。例えば、Char.php の配列のメッセージを追加するにも並び順 (このコードの場合、

どの protocol version で追加されたものか) を崩す訳にはいきませんし。

とりあえず間違えようのない*2 debug メッセージを isDebug で分岐する所だけでも、

時間を見つけて commit してみようかしら。

*1:自分のピクチャを貼り付けたいけどメニューが見つからず。むー。

*2:とはいいつつ、(isDebug() == false) とか == FALSE とか、 === false か、はたまた (! isDebug ( にするかは周りのコードにあわせた方が良いので、間違いようが無いというのは言いすぎかも。見たところ、一番初めのもののようでした。まぁ、自分も一番初めのが好きだし、そもそも (! isDebug( は C 言語脳的っぽくて嫌んです。:)