Hatena::ブログ(Diary)

ysakataの日記 このページをアンテナに追加

2008-05-21 (Wed)

[] Requirements are always changing 19:08  Requirements are always changing - ysakataの日記 を含むブックマーク  Requirements are always changing - ysakataの日記 のブックマークコメント

「要求は変化する。Boehm は間違っていた、と DeMarco が暴いた。」というYourdon のブログ

Yourdon曰く。。

2007年5月ICSEで、ぼくらの世代にとてっての「ソフトウェア開発の先生」たちが集まったパネルディスカッションミネアポリスにて開催されていた。参加者は、Fred Brooks, Jr., Tom DeMarco、Barry Boehm、Linda Rising、Tim Lister, Ed Yourdon.

パネルの中で、「どうしてソフトウェア開発の人系の視点(people side)が、アジャイルという言葉で発見されるのにこんなにも時間がかかったのか。」という質問があった。すると、Tom DeMarco がマイクをつかみ、

Tom 「それは、すべて Bary Boehm の責任なんだ。」

といい始めた。Baryはここで目を丸くしたらしい。

Tom 「Barryのあの曲線、ソフトウェアの修正コスト曲線が発表されたおかげで、みんな要求をはじめにちゃんと決めないと、という洗脳にあったんだ」

Barry 「そうだ、Tomは正しい。その時代ぼくがいたドメインでは、要求を決めることができたんだ。だから要求を先に決めることは理にかなっていた。でも、80 年以降は変化が大きくて、そんなことはなくなってしまった。要求は変化する。先にすべて決めるなんて無理だ。今ではみんながこの指数関数のように変更のコストが高くなる、というグラフに洗脳されてしまって、すべてを先に決めないといけない、と思っている。そして、みんなのその固定観念をを変えること自体を難しくしてしまったからだ。」

 俺もずーっとその洗脳をされてしまっているし、Boehmの曲線はいつも使う。

ただ、だからといってAgileでの提唱のすべてがよいとは思えない。要件工程(ってすでに考えがwaterwallやな)でいえば、顧客と一緒に開発することで適切な要件抽出をというような話があるが、ふつーステークホルダはたくさんいて言うことが違う。みんな集めて開発していたらNASAコントロールセンタのような大画面が必要であろう。

f:id:ysakata:20080522004810p:image

f:id:ysakata:20070523131332j:image

2008-04-30 (Wed)

[] 昭和の人のポーズ 23:27  昭和の人のポーズ - ysakataの日記 を含むブックマーク  昭和の人のポーズ - ysakataの日記 のブックマークコメント

デイリーポータルZの記事から。

母の恋というネタは結構心温まる話だが、それ以上に団塊な人って団塊なポーズを取るよね。

母の恋

f:id:ysakata:20080430233453j:image

−−−−−−

ところで、ポータルZ管理人の林さんの記事。

昭和の写真を撮る

やっぱり林さんは天才だ。この人もっと世の中的に注目されてもいいと思うのだが。

最近とった写真がものすごく父親に似ていた。

若い頃の父親の写真にそっくりだった。服をむかし風にして写真が色あせたらどっちがいまの写真か分からないかもしれない。

どっちが親でどっちが子供か。どっちが21世紀でどっちが20世紀か。ちょっとした細工で写真が一気に昭和の雰囲気になるのは興味深い。

その他、最近の林さんの神記事

2008-04-08 (Tue)

[] 執筆者がサラリーマンじゃない 23:07  執筆者がサラリーマンじゃない - ysakataの日記 を含むブックマーク  執筆者がサラリーマンじゃない - ysakataの日記 のブックマークコメント

 よく眠るための12の方法

gizazine

よく眠るための12の方法

明日の用事に備えて絶対に寝ておかなくてはならないのになかなか眠れないことはありませんか?そういうときに使える12の方法があるそうです。覚えておいて損はないかも。

記事自身は比較的どうでもよいのだが、この記事異常に文末が「~そうです」で終わるし文章全体として責任回避な記述で構成されている。この執筆者は会社で、「一人称で語れ」とか言われてこなかった種の人なんだろうか。

 さっき

さっきココイチでカレー食べていたら、横の人が「それは要するに大なり小なりですよ」とか言っていた。「大なり小なり」ってたぶん副詞だから、そういう使い方はしないんだろうからか、ものすごく違和感の残ったまま会話に置いてけぼりを食らった感じ。

yoshidaeiyoshidaei 2008/04/09 00:35 大は小を兼ねるって言いたかったんだったりして…。

2008-03-27 (Thu)

[] バランスが大切 23:46  バランスが大切 - ysakataの日記 を含むブックマーク  バランスが大切 - ysakataの日記 のブックマークコメント

仕事でうまくやるには

「自分の信じるものを追求する」

「しかしお客様に喜んでいただくことを常に念頭に置く」

「マーケティング手法や理論はそのための手段として活用する」

というバランスが大切なのだと思います。

マーケティング理論やリサーチで、イノベーションは起こせない

工学と宗教どちらも大切。バランスが大事。最近特にそう思う。

ぴよぴよ♪ぴよぴよ♪ 2008/03/28 01:41 まさにその通りだね!

信念をもち、貫き通す何かが必要だし、お客様に喜んでいただける「親切心」は何よりも付加価値になるし、マーケティング手法や理論は、あくまでも道具であって、使い方や応用力が重要だよね☆

ysakataysakata 2008/03/28 09:14 ぴよぴよさんは特に上二つは当たり前のように持っていると思うのだけど、自分みたいな机上屋さんは自分の好きなものを対象にその解決手段になりえる手法や理論だけの世界で満足しがちなので、本当の目標が二つ目にあるということを肝に銘じなくてはというのと、逆にそう思って改めて理論や手法を見直すと有名で定着しているな手法は確かに良く出来ていると改めて思う。ということでどっちも大事というのが最近ようやく体感できるようになってきた。

2008-03-26 (Wed)

ysakata2008-03-26

[] 新しい楽しみが増えた&かっこいい男 22:16  新しい楽しみが増えた&かっこいい男 - ysakataの日記 を含むブックマーク  新しい楽しみが増えた&かっこいい男 - ysakataの日記 のブックマークコメント

SouthParkビデオクリップ全面公開

サウスパーク、公式サイトで全エピソードの完全版を公開

テレビ番組「South Park」のファンに朗報だ。ウェブサイトSouth Park Studiosで、「South Park」のエピソードをオンラインで合法的に閲覧できるのだ。

見てみた。スラングでない部分はなんとかわかる。サウスパークは好きだから今後も見てみよう。iPodに落とせるならいいのだが。


 snoopのしゃべりはかっこいいのか?

Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)と言えば、

その他より頭ひとつ抜きん出たワルさとクールさ、

そしてお茶目さによって、

ヒップホップ界でも1、2を争うイケメンとして有名です。

(snip)

以下の動画は、そんな彼のインタビュー映像です。

まあ話してる内容(「ステージに立つ前は必ず草吸ってるってホント?」)は無視して、

口調、声のトーン、表情にご注目ください。

確かにこんな風に話されたら、

女性はイチコロかもしれないですね。

そうなのか??なら、俺もこういう感じでしゃべるか。

↓これ

D

yoneyone 2008/03/28 01:16 でも、弊社資料によくあるような、緻密な絵を書くのが難しそうです。。。使いこなせれば便利そうなんですけどねぇ。

ysakataysakata 2008/03/28 09:11 それは、御社資料が口頭で説明するためというよりは、後で見てもわかるようにするためになっているからでは :−P

細かい資料で発表があまりうまくないと正直何を言っているのかわからないことが多い。

2008-03-25 (Tue)

[] ほかの方のblogから- 最後は人の心、乗せてはいけない広告 00:02  ほかの方のblogから- 最後は人の心、乗せてはいけない広告 - ysakataの日記 を含むブックマーク  ほかの方のblogから- 最後は人の心、乗せてはいけない広告 - ysakataの日記 のブックマークコメント

 タイム・コンサルタントの日誌から

− 当時はちょうどAPS(先進的生産スケジューラ)が現れはじめたころでした。また、ECRのような米国の小売業と製造業の協調的な取り組みが紹介され、ゴールドラットのTOC理論も出てくるなど、なんだかこれから新しいわくわくするような動きが現れて、古くさい企業単位の風習を乗り超えるような期待を感じたのですが。

− 「はは。いかにも夢見がちな君らしい発想だな。」Rさんはやんわりと私をいなした。

続きは「サプライチェーン・マネジメントの実現をはばむもの

このようになることはスティグリッツのミクロ経済学に指摘されているのだが、新しい理論や手法はそれを解決すると皆理由もなく期待するのだ。だから慎重に進めていくというスタンスが正しいのだ。

 小鳥ぴよぴよ

「絶対に載ってはならない広告」

某学研で働く友だちが、

久しぶりに一緒に飲みに行った時、

僕に雑誌「ムー」をくれました。

「わー懐かしい」とか言いながら

みんなでパラパラとめくっていたのですが……

続きは「絶対に載ってはならない広告

確かにムーにそれはまずいだろ。