pêle-mêle RSSフィード

『スローブログ宣言!』[amazon][bk1][gihyo]
『[はてな]ではじめるブログ生活』[amazon][bk1][hatena]

yskszk appears by courtesy of Yoshiki's Page
2003 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

キーワード登録されている単語は、マウスポインタを合わせると、テクストとバックグラウンドの色が変化します。コメントは「はてな」の登録ユーザーでなくても投稿できます。はてなダイアリー以外のブログからのトラックバック用URLは、「コメントを書く」の下に表示されています。

日仏交流ブログ"Le Spleen de Tokyo"、随時更新中!

 | 

2004-07-29 百合烏賊の原稿書き上げ気が抜けて

無念

福岡は西日本短大付、新潟は日本文理が甲子園に

わが母校は決勝戦で敗退し、甲子園初出場の夢を絶たれた。無念。もし優勝したら、甲子園に行きたかったな。新潟県代表のつねとして、どうせ一回戦で負けるのだろうから、滞在費もかかるまい。

例えば私はスティーリー・ダンにはいくら払っても惜しくない。

ユーザー置き去りの著作権攻防戦

オレはグフタフ・マーラーには、いくら払っても惜しくはない。著作権保護期間を思い切りすぎているが。

utada

宇多田ヒカルの全米デビューシングル「Devil Inside」が、iTunes Music Storeで試聴できる。打ち込みのドラムがドンツクタカツクしていて、かなりいい曲(とてもではないが、音楽に関する「批評もどき」を商業誌で発表している人間が書く文章とは思えない)。「安易なJASRAC批判には生産性がない」と訴えているオレではあるが、こういう曲が日本国内では試聴しかできない現状に直面すると、JASRACを安易に批判したくなってしまう。

ちなみに試聴したいひとはiTunesを起動させ、右上の検索ウィンドウで「utada」と入力するとよろしいかと。

ニュースサイト著作権

はてな」を見ていると、ただ単に興味深いニュース、面白いサイトのURLを羅列しただけのサイトを見かけることがある。そしてこうした「個人ニュースサイト」に対して、「創造性がない」と批判するひとがいて、オレもまたその意見に同意する。しかし厳密に言えば、これらのサイトもまた「著作物」である。名和小太郎は『ディジタル著作権』で、「人名電話帳は誰が作っても同じになるので、著作物性はないが、職業別電話帳ではデータの並べかたは一意的ではなく、編集者ごとにとって異なるので、著作物性はある」としている。

すなわちアサヒ・コムのアクセスTop30や、はてなダイアリー注目URLのように、機械的に集計しているだけのリンク集には著作物性はない。しかし個人ニュースサイトの場合は、ニュースを取捨選択する段階で、その日記の作者の「思想や感情」(「このひとは音楽が好きで、プロコピーライト的な政策には反対しているのだな」、「このひとは政治問題に関心があり、『右寄り』の立場を取っているのだな」)が、たとえコメントがまったくなく、URLをずらずら並べているだけでも判る。ゆえにニュースサイトも「著作物」だと思うのだが、この考えは間違っているだろうか。

法的な文脈での「著作物性」と、「アート」的な文脈での「クリエティビティ」のすれ違っているからこそ、著作権に関する議論は深めたくてもめられないのだろう。

サイコロ

水曜どうでしょう」のサイコロシリーズを、DVDでリリースされているものはすべて観る。北海道から離れずに生活してきたひとは、「本州」に対して非常に大雑把な地理感覚しか持っていないことが判る。

そういえば大学院修士課程を出て東京の会社に就職するまで、ほとんど札幌で生活してきた友人は、「京極夏彦の『魍魎の匣』をはじめて読んだとき、作中に出てくる地名が実在のものなのかどうか判らず、ほとんど『異世界ファンタジー』として読んでしまった」と語っていた。オレも中学生のときに山田正紀の『虚栄の都市』を読んで、似たような感想を持ったのだが、さすがに「異世界ファンタジー」とまでは思わなかったなあ。

originalovebeeroriginalovebeer 2004/07/30 01:59 ヴェーベルンと書くかと思っていたが、お株を奪われた(笑)。▼ところでかなり以前に坂本龍一が「どんな曲でも同じ値段というのは理不尽だ」という意味の発言をしたことはなかったっけ? 『BGM』の裏ジャケってそういう絡みなのかなぁと思ったものだが。

yskszkyskszk 2004/07/30 02:15 すんません。じゃ、オレはドビュッシューの線で(「線で」って何だよ)。たしかそれは故Wired日本語版のインタビューじゃないかなあ。まあ、あのおっさんは最近、いたるところで同じことしか発言していない気もするのだが(笑)。

yskszkyskszk 2004/07/30 02:16 『BGM』は「アルファレコードの予算をこんなに食い潰してすみません」という謝罪の意があるんじゃないかと。わけがない。

naja-najanaja-naja 2004/07/30 13:50 「ユリイカ」の原稿アップ欣快の至りです。はっぴいえんども好きなので、近所の本屋でユリイカ9月号を注文して待ちかまえております(笑)。ところで本日は著作権料の話のようですが、じゃあわたしは「モンポウにならいくら払っても惜しくない」ということでひとつ。

yskszkyskszk 2004/07/30 14:53 オレも「欣快」と言いたいところだが、怒涛のような書き直しのリクエストがあ(笑)。この週末は原稿をリライトするだけで終わってしまいそうです、はふ。

 | 

2004年3月13日以降のページビュー数:約28,000+2087196 RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/yskszk/