pêle-mêle RSSフィード

『スローブログ宣言!』[amazon][bk1][gihyo]
『[はてな]ではじめるブログ生活』[amazon][bk1][hatena]

yskszk appears by courtesy of Yoshiki's Page
2003 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |

キーワード登録されている単語は、マウスポインタを合わせると、テクストとバックグラウンドの色が変化します。コメントは「はてな」の登録ユーザーでなくても投稿できます。はてなダイアリー以外のブログからのトラックバック用URLは、「コメントを書く」の下に表示されています。

日仏交流ブログ"Le Spleen de Tokyo"、随時更新中!

 | 

2006-12-12

著作権保護期間は延長すべきか 賛否めぐり議論白熱

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/12/news063.html

このシンポジウムが開かれるとはやめに知っていたら、上京の予定を繰り上げていたところであった(仕事の打ち合わせなどがあり、13日と14日に上京するのだ)。

そんなことはともかく三田誠広の発言があまりにも面白すぎるので、ちょっとばかり揚げ足を取ってみる。

芸術家お金のために創作している訳ではないが、『誰かにちょっとほめてほしい』と思っている。著作権は、50年後や70年後に誰かにほめてもらうための権利。著作権が切れ、自分の作品がフリーで出回ったり100円ショップで売られたりするのは嬉しくない」

マーラーボードレール坂口安吾も(以下、いろいろいすぎるので略)著作権保護期間は過ぎているが、オレは彼らの作品への賛辞を惜しむつもりはない。今後も誉めて誉めて誉めまくってやる。それに100円ショップで粗雑なコピー商品を買ったこともない(そもそもマーラー交響曲なんて、100円ショップでは手に入らない)。それに作者の死後の話をしているのに、「ほめてもらうための権利」を主張すること自体がおかしい。どうも彼の頭のなかでは創作者の立場と鑑賞者の立場が、うまく整理されていないのではないか。誉めるのは鑑賞者が自発的におこなう行為であり、創作者が強要するものではない。

太宰治さんの作品は、妻子の存命中に著作権が切れた。生きている間に著作権が切れるのは、奥さんや娘さんにとっても寂しいことではないか」――三田さんはこう訴える。「娘さんは残りの人生、父親の著作権が切れたまま生きなくてはならない」

太宰治夫人の津島美知子が死去したのは1997年で、太宰治自殺したのは1948年著作権保護期間は50年なのだから、夫人が亡くなった時点では権利は存続していた。こんな引き算もできないのか。

それに太宰治の次女が現代日本を代表する女性純文学作家であるのは、誰もが知っているところ。しかし上の発言では、まるで太宰の娘は太宰の著作権だけを心の支えに生きているようではないか。文学者としてすで自立している女性に対して、これは失礼な発言である。というか同世代で同業者なんだから、太宰の著作権についてどう思うか、本人に直接訊けばいいではないか。そんな機会はいくらでもあるだろう。

ういういかにもすきだらけの文章のすきをねちねちと拾い上げるのは、あまり気分のいいものではないね。もうやめる。

yomoyomoyomoyomo 2006/12/13 01:26 >本人に直接訊けばいいではないか
そうそう! それは思いました。聞きもしないで勝手に代弁するなよと
安吾の息子さんとかいくらでも聞ける対象はいるわけで、そうした遺族の意思を確かめる調査をやるのも文芸家協会理事(かな?)の仕事でしょうに

yskszkyskszk 2006/12/13 01:39 三田氏の発言は個人的な憶測だけで好き勝手なことを言っている印象が強すぎ、各種のレポートを読んでいてうんざりしました。
いい機会なのだから、池澤夏樹やよしもとばなな(彼女の父親は存命中だけど)といった二世作家を集めた大規模なアンケートや座談会をやったほうがいいかもしれません。

citizen-hyomicitizen-hyomi 2006/12/13 23:19 三田誠広ですか…
彼のような人がいっぱしの「オーソリティ」とか「知識人」として流通する仕組みそのものの問題という気がします。根は深そうですよ。
私は今でも彼が某全国紙で『動物のお医者さん』(佐々木倫子)を褒めるのに、自分でも飼ってるハスキーの話しか書かなかったことを由々しきことだと思い続けています。

話は変わりますがお久しぶりです。大変だったようで驚いています。どうぞご自愛ください(言わずもがな、と言われそうですね)。

yskszkyskszk 2006/12/14 00:03 なんでこのひとが「著作権問題に詳しい作家」扱いされているかさっぱり判りません、三田誠広。単に声がでかかっただけじゃないかと。

おかげさまで体調は無事に復調中です。復調するのがあまりにもはやいと、自分の肉体を過信してまたもや同じような失敗をやらかす可能性もあるのですが(笑)。

 | 

2004年3月13日以降のページビュー数:約28,000+2080567 RSS feed meter for http://d.hatena.ne.jp/yskszk/